格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 予約方法について

2019.08.22

【最安値】国内航空券を安く買う方法&海外旅行の飛行機チケットを格安に購入するコツ・おすすめ航空券販売比較サイト

飛行機
Pocket

飛行機に対して「運賃が高い……」、というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし、早めの予約で割引が適用される運賃プランやLCCの利用、また予約するタイミング・時期・曜日に気をつけるなど、じつは航空券を安く買う方法は意外と多くあるのです。

そこでこの記事では、そんな航空券を安く買う方法を詳しく解説していきます。本記事を参考にして、飛行機に安く搭乗しましょう!

目次

1.最安値で飛行機チケットを購入するなら航空会社ごとに運賃比較!
2.飛行機出発まで時間あり→早期予約で格安航空券を購入
3.飛行機出発の直前→株主優待割or当日予約・購入可能なチケットを購入
4.LCC飛行機で格安航空券を安く買う|セールの利用/予約はインターネット/手数料に注意
5.割引運賃チケットの予約・購入前に知っておくべき2つの注意点
6.【航空券を安く買うコツ】予約のタイミング・時期・時間帯・曜日
7.マイルで航空券を格安に購入する方法はある?
8.ホテルなどに宿泊予定の旅行目的→旅行会社ツアーを利用する方法もあり
9.海外旅行目的→海外チケットを安く購入するコツ&航空券販売比較サイト2選
10.まとめ

※ソラハピでは海外路線の取り扱いはなく、国内路線のみの取り扱いとなっています。

1.最安値で飛行機チケットを購入するなら航空会社ごとに運賃比較!

パソコンを操作する男性
航空券を安く買うための基本中の基本となるのが、運賃比較です。これは、航空会社ごとの運賃比較を指します。では、なぜこの運賃比較が大切なのでしょうか?

なぜ運賃比較が大切なのか

結論からいうと、航空会社ごとの運賃比較が大切な理由は、同じ路線であっても運賃が大きく異なる場合があるためです。

希望路線を複数の航空会社が運航しているなかで、運賃の高い航空券を選んでしまっては非常にもったいないですよね。よって、航空券を安く買うためにも航空会社ごとの運賃比較は大切なのです。

その際、この運賃比較を航空会社ごとの公式サイトを利用しておこなう、という方法があります。しかし、この方法はそれぞれの公式サイトを行ったり来たりしなければならないため、手間・時間がかかってしまうこともあるでしょう。そのようなときは、当サイトのソラハピを利用することがおすすめです。

ソラハピで格安航空券を手に入れよう

ソラハピは、国内主要航空会社の格安航空券を多く取り扱う航空券販売サイトです。そんなソラハピでは、出発地・到着地・出発日の3つの項目を選択するだけで、その路線を運航する航空会社の航空券を安い順にラインナップしてくれます。

そのため、航空会社ごとの公式サイトを利用した運賃比較よりも、簡単で早く安い航空券を見つけることが可能なのです。また、運賃比較をする前段階である、「希望路線をどこの航空会社が運航しているのか?」、ということも調べる必要はありません。

航空券を安く買うためにも、航空会社ごとの運賃比較は必須です。そのようなときには、ぜひソラハピを利用してみましょう!

※ソラハピでは海外路線の取り扱いはなく、国内路線のみの取り扱いとなっています。

2.飛行機出発まで時間あり→早期予約で格安航空券を購入

メモする女性
航空券を安く買うためには、どのような運賃プランが存在するかを知っておくことも大切です。そこでここでは、そのなかでも早めに予約することで大きな割引が適用される運賃プランについて紹介していきます。

なお、この運賃プランは、搭乗の〇日前までに予約してください、というように期限が設けられています。また、この予約期限は航空会社によって異なることもあるため、国内主要航空会社7社についてそれぞれ見ていきましょう。

JAL

国内大手航空会社であるJALで設定されている、早めの予約で割引が適用される運賃プランは8つあり、それぞれ搭乗日の75・55・45・28・21・7・3・1日前が予約期限となっています。なかでも大きな割引が適用されるのは、75日前が予約期限となっているものです。30,000円を超える運賃が、なんと10,000円を切るほどになることもあります。

搭乗日の75日前が予約期限となっているので、予定が決まっているという方は利用してみてはいかがでしょうか?なお、JALの航空券を安く買う方法はまだ他にもあります。詳しくは「JALを安く買う予約方法|航空券・チケットの割引運賃・便利に検索・購入する方法【国内線・国際線】」をどうぞ。

ANA

JALと同じく、国内大手航空会社であるANAにも早めの予約で割引が適用される運賃プランは設定されています。その種類は7つあり、それぞれ予約期限が搭乗日の75・55・45・28・21・3・1日前となっています。

そして、これもまたJALと同じくですが、75日前が予約期限となっているものが割引としては非常に大きくなっています。なお、ANAには他にも多くの割引運賃プランが存在します。「ANAを安く買う方法はコレ!意外と知らない割引テクニックを解説」にて詳しく紹介していますので、こちらもあわせてご覧ください。

エアドゥ

北海道を拠点に路線を展開している航空会社、エアドゥでは、早めの予約で割引が適用される運賃プランが7つ設定されています。予約期限はANAと同じで、それぞれ搭乗日の75・55・45・28・21・3・1日前

少々ローカルな航空会社という印象を受ける方も多いかもしれませんが、その割引の大きさは非常に魅力的で大手航空会社にも引けを取りません。

詳しくは「エアドゥ(AIRDO)を安く買う方法とは?割引運賃で格安航空券を予約しよう」をどうぞ。どれほどの割引となっているのか、またその他のエアドゥの航空券を安く買う方法についても解説していますよ。

スカイマーク

スカイマークは、国内においてANA・JALという大手航空会社に次ぎ登場した航空会社です。そんなスカイマークには、予約期限が搭乗日の3・1日前という2種類ですが、割引運賃プランが設定されています。

しかし、種類の少なさとは反対に割引は非常に大きくなっています。また、比較的搭乗日の直前であっても利用できるため、人気もとても高いのです。

詳しくは「スカイマークを安く買う!格安で航空券が手に入る『割引運賃』とは?」をどうぞ。実際の割引の大きさや、さらにスカイマークの航空券を安く買う方法について解説していますよ。

スターフライヤー

スターフライヤーは、安い運賃・充実したサービスで人気の航空会社です。そんなスターフライヤーには、予約期限が搭乗日の80・60・45・28・21・7・3・1日前となっている、8つの早めの予約で割引が適用される運賃プランが設定されています。

80日前が予約期限となっているものに関しては、「そんなに事前に予約しなければならないのか!」、と思われる方もいるかもしれませんが、その分割引の大きさはトップクラスです。なんと、普通運賃より25,000円以上安くなることも。

詳しくは「スターフライヤーを安く買う方法とは?予定確定なら早めに予約すべし」をどうぞ。

ソラシドエア

首都圏と九州間の路線に強いのが、このソラシドエアです。そんなソラシドエアには、予約期限が搭乗日の75・60・35・28・14・7・3・1日前となっている8つの割引運賃プランが設定されています。

75日前が予約期限となっているものは、大手航空会社のJAL・ANAにも設定されています。しかし、ソラシドエアではなんと安さでこれらの大手航空会社を上回ることもあるのです。その気になる運賃や詳細に関しては「ソラシドエアを安く買うなら「バーゲンシリーズ」がおすすめです!」をどうぞ。

FDA

FDAは静岡を拠点に、日本各地の地域と地域をつなぐローカルな路線を展開している航空会社です。そんなFDAでは、予約期限が搭乗日の45・7・1日前となっている3つの割引運賃プランが設定されています。

なかでも45日前が予約期限のものに関しては、なんと最大で76%という割引率となっているのです。また、1日前が予約期限となっているものも最大56%の割引率となっているので、直前であっても比較的安く飛行機に搭乗することができる点が魅力。実際にこの割引運賃プランが適用されてどれくらいの運賃になるのかなどの詳細については、「FDAを安く買うには割引プランを使おう!割引率が最大でなんと76%?」をどうぞ。

早めに予約することが必ずしも最安値とはならない

ここまで紹介してきたように、航空券の早めの予約で大きな割引を受けられる運賃プランを利用することで、非常に格安に飛行機に搭乗できます。航空券を安く買う上では、この方法が基本となります。

しかし、早めに予約することで必ず最安値の航空券を手に入れられるわけではない、ということは覚えておきましょう。

飛行機の航空券の運賃というものは、電車などとは異なり、変動することがあります。また、後述で詳しく紹介しますが、近年では、LCCいわゆる格安航空会社が台頭してきています。そんなLCCでは非常に格安に航空券を予約・購入することが可能なのです。

このように、飛行機の航空券の運賃というものは常に一定である、というものではありません。さまざまな要因によってその運賃は変動することがあるので、それらを考慮しつつ、自分の状況においては何が最安値となるのかをしっかり見極めるようにしましょう。

3.飛行機出発の直前→株主優待割or当日予約・購入可能なチケットを購入

空港
さて、前章では予定まで期間に余裕のある場合の、航空券を安く買う方法について解説してきました。基本的には搭乗予定日よりも早めに予約することで、大きな割引が見込めるというものでしたね。しかし、なかには「急に飛行機に搭乗しなければならなくなった!」、という方もいるでしょう。じつは、そのような場合でも航空会社によっては航空券を安く買うことができる割引プランはあるのです。

搭乗日当日でも買うことができる割引プランの航空券種類

搭乗日当日に買うことができる安い航空券には、いったいどのような割引プランがあるのでしょうか?基本的に搭乗日当日に買うことができる安い航空券は、大きく以下のような種類に分類されます。


・株主優待券を適用した航空券
・空港で直接購入できる年齢制限付き航空券
・当日まで購入可能な地域限定の航空券

それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

株主優待券を適用した航空券

まず株主優待券についてですが、これは航空会社側が株主に対して贈る航空券の割引券のようなものです。株主優待券を適用した航空券は主に普通運賃の半額になるケースが多く、半額にならないものでも25%オフなど、非常に大きな割引率を誇ります。また、この株主優待券の効力は予約時期のタイミングに左右されることがないため、航空券を当日に予約しなければならないという状況には非常にうれしいものとなっています。

そのため、株主優待券を使えば搭乗日当日であっても非常に安く航空券を手に入れることが可能となっているのです。

とはいえ、この株主優待券を株主以外の方が手に入れるには金券ショップやネットオークションなどを利用しなければなりません。しかし、急に飛行機に搭乗しなければならないという状況では、そのような時間がないこともあるでしょう。そのようなときには、当サイトのソラハピがおすすめ

ソラハピでは、株主優待券がすでに適用された航空券を販売しているのです。そのため、わざわざ金券ショップなどで株主優待券を探す手間も省けます。急いでいるけど航空券を安く買う方法を探している、という方はぜひソラハピを利用してみてください!

※ソラハピでは海外路線の取り扱いはなく、国内路線のみの取り扱いとなっています。

空港で直接購入できる年齢制限付き航空券

搭乗日当日に買うことができる安い航空券としては、空港で直接販売している割引プランの航空券を買うという方法があげられます。しかし、この航空券には年齢制限が設けられていることが多いようです。例として、JALで設定されている空港で直接購入できる航空券について見てみましょう。

割引プラン航空券の種類 概要
スカイメイト ・12歳以上25歳以下が対象
当日シルバー割引 ・65歳以上が対象

なお、このような搭乗日当日でも直接空港で買うことができる割引プランの航空券は、他にもANA・スカイマーク・スターフライヤー・ソラシドエア・FDAなどにも設定されています。また、航空会社によっては年齢以外にも飛行機に空席があるとき限定であったりそもそも空港でしか買うことができなかったりと、制限が設けられていることがあります。

このように細かな年齢制限や注意事項などが異なりますので、それぞれ事前に確認しておくようにしましょう。

当日まで購入可能な地域限定の航空券

先ほどの当日空港で直絶買うことができる航空券は、制限が年齢に対してかけられていました。じつは他にも、当日まで買うことができる少し変わった制限のかかった航空券も存在するのです。それが、地域限定という制限のかかっている航空券。ここでは、例としてエアドゥを見てみましょう。

割引プラン航空券の種類 概要
北海道発往復運賃 ・行きが北海道発で帰りが北海道着で往復する際に適用
道民割引 ・北海道に本籍がある方または在住の方、勤め先の会社の本社が北海道にある方が利用可能

利用できる方は少々限られるかもしれませんが、これらのような航空券も通常よりも安く買うことができる割引プランとなっています。なお、今回はエアドゥを例に出しましたが、他にもスターフライヤーにも地域限定の割引プランの航空券が設定されていますよ。

航空券を、搭乗の数日前などの直前でもできるだけ安く買う方法をもっと詳しく知りたいという方は、「飛行機の直前割引運賃を利用して安く搭乗する方法|ANA・JAL・LCCなどで利用可能な航空券/予約時の注意点を紹介」、もあわせてどうぞ!

4.LCC飛行機で格安航空券を安く買う|セールの利用/予約はインターネット/手数料に注意

LCC
LCCを利用する、というのも航空券を安く買う方法のひとつです。そもそもLCCとは、人件費や燃料費などでコストカットをすることで航空券を安く提供している、格安航空会社のことを指します。そんなLCCはもともとの航空券でも十分安いのですが、さらに安くするコツがあるのです。

LCCのセールは格安|公式サイトなどで開催情報をチェック

LCCのなかには、不定期にセールを開催している航空会社もあります。このセールを利用すると、運賃が航空券とは思えないほどの安さになることがあるのです。

例えば、2019年3月に開催されたLCCであるピーチのセールでは、なんと最安値区間で777円という運賃だったこともあります。また、LCCのジェットスターにおいても同時期に成田空港~新千歳空港という人気路線で1,000円~という運賃でセールを実施していました。

なお、これらのLCCのセールは、前述の通り格安です。また、当然座席数の制限もあります。そのため、セールが開催されてすぐに格安航空券が売り切れになってしまうことも。そのため、参加に出遅れないようにするためにも、セールが開催されるタイミングを見逃さないようにすることが大切となります。

このようなセールは不定期に開催されるものではありますが、航空会社の公式サイトやメルマガ、また公式SNSなどで情報を入手することは可能です。LCCの不定期開催のセールで格安航空券を利用したいという方は、これらを駆使して参加に出遅れないようにしましょう。

いずれにせよ、LCCで開催されるセールを利用することができれば、航空券を安く買うことができます。もしセールが開催されているのであれば、利用してみるのもひとつの手であるといえるでしょう。

なお、これらのピーチ・ジェットスターというLCCには、セール以外にも航空券を安く買う方法があります。詳しくは「ピーチを安く買う方法とは?お得な航空券セールで予約・購入するコツ」、「【格安】ジェットスター(jetstar)を安く買う方法はセールだけ?予約のコツを紹介」をどうぞ。

LCCを利用する上での注意点

LCCの利用を、航空券を安く買う方法のひとつとして紹介しましたが、じつは利用する上ではいくつか注意点があるのです。これらの注意点を知っておかなければ、「結局そこまで航空券を安く買うことができなかった……」、ということにもなりかねないので、ここで解説していきますね。

LCCを利用する上での注意点は、大きく予約手段手数料の2点があげられます。

まず予約手段に関してですが、航空券を安く買うためにも予約する際にはインターネットからおこなうようにしましょう。その理由は、LCCが安く航空券を提供する代わりに人件費を削減しているため。

基本的には航空券の電話予約・空港カウンターでの予約も可能となっているLCCですが、人件費を削減するために対応人員を削減している場合が多いのです。その結果、電話空港カウンターで航空券の予約をすると、追加で1,000円~3,000円ほどの追加料金が発生してしまうことがあります。そのため、極力インターネットで航空券を予約するようにしましょう。

次に手数料に関してですが、まず手荷物に関する手数料があげられます。LCCでは、手荷物を預ける際に追加で手数料が発生することがあるのです。この理由は、飛行機を軽くして燃料費を削減するためといわれています。

とはいえ、まったく手荷物を預けることができないわけではありません。追加で1,000円~3,000円ほどの手数料を支払ったり、手荷物の重量上限の高い運賃プランを利用したりすれば、預けることは可能となります。

また、座席を指定する際にも手数料が発生する場合があります。なお、この手数料に関しても、運賃プランによっては無料で座席指定をすることができるものもあります。

このように、LCCでは航空券自体を安く提供するために、さまざまなコストカットをしており、その影響で手荷物の預託や座席指定、また予約する際にも追加で料金が発生することもあります。運賃プランのグレードを上げたりすることで手数料無料となる場合もありますが、そのせいで実質的にそこまで安くならなかった、なんてことになったら元も子もありませんよね。そのため、LCCを利用する際には、単純な航空券の運賃だけを見るのではなく、そのような追加で必要となる費用もしっかりと把握しておくようにしましょう。

5.割引運賃チケットの予約・購入前に知っておくべき2つの注意点

チェックリスト
ここまでは航空券を安く買う方法として、早めの予約で割引が適用される運賃プラン・搭乗日当日でも買える割引プランの航空券を解説してきました。これらの割引プランは運賃が安く、魅力的な航空券です。しかし、利用する前に必ず知っておかなければならない注意点があります。それは、キャンセル予約変更についてです。

割引プランの航空券は、その安さゆえに少々制限がかけられているのです。まずキャンセルについてですが、基本的にキャンセル自体は可能となっています。しかし、注意しなければならないのが、予約便の出発前でも取消手数料が発生する場合があるということ。また、予約便の出発後のキャンセルに関しては取消手数料が運賃の100%分発生するという場合もあるのです。

次に予約変更に関しては、割引プランの航空券はほとんどの場合、不可となっています。そのため、急に予定が変わり予約変更をしなければならなくなった場合は、キャンセルをしたのち再度航空券を予約・購入する必要があるのです。一般的に普通運賃と呼ばれる航空券は、予約便の出発前であれば予約変更が可能となっていることを踏まえると、この点に関してもやはり制限は少々厳しいといえますね。

これらのように、基本的に割引プランの航空券はキャンセルや予約変更をしようとした場合、思わぬ出費をしなければならなくなることもあるのです。そのため、利用する際は事前に割引プランの航空券の概要をしっかりと把握しておくようにしましょう。

6.【航空券を安く買うコツ】予約のタイミング・時期・時間帯・曜日

就航路線が多いのはセントレア!
航空券を安く買う方法は、割引プランやLCCを利用するというだけではありません。航空券を買う以前に、ちょっとした工夫をすることで安くできることもあるのです。そんな航空券を安く買うコツを、ここでは紹介していきます。

安くなる時期・タイミングを見極める

航空券を安く買うコツとしては、安くなる時期・タイミングを見極める、ということがあげられます。つまり、繁忙期を避けるということ。

航空業界には、利用客数が増える繁忙期というものがあります。そしてこの繁忙期においては、航空券の運賃は高めに設定されているのです。実際に、ANAで羽田空港から新千歳空港という路線を利用した際を例に見てみましょう。

搭乗日 普通運賃
2019年8月21日 38,260円
2019年10月21日 36,760円

※2019年8月21日時点の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

上記の表においては、8月の方が繁忙期に当たります。そして、その8月の方が運賃が高くなっていることがわかりますね。この時期は、いわゆる学生などの夏休み期間。よって、利用客数が増えるため運賃が高めに設定されているのです。また、繁忙期としては以下のような場合もあげられます。


・年末年始
・春休み期間

これらの時期は、旅行や帰省などで飛行機を利用しようと考える方が多くなるのです。そのため、自分自身の予定を変えることが可能であるという場合は、これらのタイミングを避けてみてもよいかもしれませんね。

なお、この繁忙期、またその逆の閑散期というものは、1年を通して見てみると他にもまだまだ存在します。そのような時期・タイミング、そしてシーズンを詳しく知りたいという方は、「飛行機の繁忙期に航空券料金を安くする方法|LCC・割引運賃の利用/利用者の多い時期・シーズンを避けよう」や、「【国内線/国際線】飛行機の閑散期・安い時期はいつ?シーズン・曜日などで変動する安い運賃を狙おう」、を参考にしてください。これらの記事では、そんな繁忙期でも飛行機の航空券を安く買う方法も紹介していますよ。気になった方は、こちらもあわせてどうぞ!

時間帯や曜日によっても運賃が変わる?

時期・タイミング、またシーズン以外にも、航空券の運賃は飛行機がフライトする時間帯や曜日によって変わることもあります。実際に、スカイマークの3日前が予約期限となっている割引運賃プランを利用した際の、羽田空港から新千歳空港という路線を例に見てみましょう。

時間帯 2019年9月10日
火曜日
2019年9月14日
土曜日
6:45→8:20 12,360円 24,460円
12:20→14:00 13,260円 21,460円
21:30→23:05 9,160円 12,360円

※2019年8月21日時点の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。
※時刻表は一部を抜粋したものになります。

時間帯について見てみると、朝または夜の便が比較的安くなっている傾向にあります。また、曜日に関しては土曜日よりも火曜日の方が大幅に安くなっていますね。

このように、航空券は時間帯や曜日によって大きく運賃が変わることもあるのです。そのため、航空券を安く買うコツとしてはこれらの時間帯や曜日を避ける、というのもひとつの手であるといえるでしょう。

なお、どの曜日なら航空券を安く買うことができるのか詳しく知りたいという方は、「航空券の安い曜日はいつ?値段を安く買うなら予約・購入時期&タイミング&出発時間帯にも注意が必要!」、をどうぞ。また、航空券の安い時間帯に関しては、「【航空券の安い時間帯とは】曜日で安く買うことができるタイミングが違う?海外航空券予約時のコツも解説」、にて詳しく紹介していますよ。

こんな航空券を安く買うコツもある

航空券を安く買うコツとしては、他にも以下のようなことがあげられます。


・航空券を片道ずつ予約・購入する
・発着空港を変えてみる

飛行機を利用する際には、ひとつの航空会社で往復分の航空券を予約・購入するという方が多いでしょう。しかし、あえて片道ずつ手配することで安く済む場合もあるのです。

つまり、往路と復路で利用する航空会社を変える、ということ。例えば、行きはA社の航空券が安いけど、帰りはB社の航空券が安い、というように。

そのため、航空券を安く買うためにも、航空会社ごとの運賃比較はもちろん、往路と復路をわけて考えてみてもよいでしょう。

また、希望路線の発着空港を変えてみるということも航空券を安く買うコツのひとつです。これはどういうことかというと、例えば東京から大阪へ飛行機で移動しようとしたとします。その場合、東京では羽田空港と成田空港を、大阪では伊丹空港と関西国際空港を利用することができますよね。そのため、それらを組み合わせることで路線は複数になり、さらにそれぞれで航空券の運賃が異なることがあるのです。

なお、これは実際の目的地がどこなのか、ということも考慮する必要があります。そのため、自分の予定と相談しながら、融通が利くという場合におこなってみるとよいでしょう。

7.マイルで航空券を格安に購入する方法はある?

航空会社のなかには、マイルが貯まるポイントシステムのマイレージプログラムというものが設定されているところがあります。代表的なのが、ANAとJALでしょう。航空会社のポイントプログラムということで、「航空券の運賃に対して割引として利用できるのではないか?」、と思われている方も多いはず。

そこでここでは、そんなマイレージプログラムによって航空券を安く買うことができるのか、ということについて紹介していきます。

マイルで直接割引適用は不可だが特典航空券と交換は可能

マイルというものは基本的に、飛行機に搭乗するごとにその路線・航空券の種類に応じて付与されていくポイントです。そして気になるのが、マイルが航空券の割引として利用できるのかどうか、ということ。

結論からいうと、マイルで直接航空券を安くすることはできません

では、マイルはどのようなシーンで利用できるのでしょうか?マイルの使い道としては、以下のようなものがあげられます。


【マイルの使い道例】
・国際線アップグレード
・ホテルやレストランなどのクーポン
・提携先のポイントや商品などと交換
などなど

なお、上記の使い道以外にも、なんとか航空券に対しての特典を受けたいという方には、特典航空券というのもありますよ。これは、一定のマイルを貯めることで航空券と交換できるというものです。なお、この特典航空券はどれくらいのマイルと交換できるのか、どの路線で利用できるのかなど、航空会社ごとにルールが異なるため、利用する際にはしっかり確認しておくようにしましょう。

マイルの貯め方|ソラハピでも貯められる?

前述にもありますが、マイルというものは基本的に飛行機への搭乗によって貯まっていきます。しかし、じつは他にもマイルを貯めるすべはあるのです。

それが、クレジット機能の付いたマイレージプログラム会員になること。この会員になることで、クレジットカードでの支払いごとにマイルが付与されていくのです。つまり、飛行機に搭乗せずとも、日ごろの買い物時などでもマイルが貯められるということになります。なお、クレジット機能の付いたマイレージプログラム会員は年会費などが発生する場合もあるため、申し込む際などは航空会社ごとの公式サイトでしっかりと調べるようにしましょう。

ちなみに、マイルは飛行機に搭乗することで貯められるということはすでにお伝えしましたが、当サイトのソラハピで航空券を予約・購入することでも貯めることは可能となっていますよ。なお、マイルが貯まるかどうかは航空会社・航空券の種類によって異なるため注意が必要です。詳しくは、各航空会社の公式サイトで確認しましょう。

8.ホテルなどに宿泊予定の旅行目的→旅行会社ツアーを利用する方法もあり


航空券を安く買う方法は、まだ他にもあります。それが、旅行会社などのツアーを利用するというもの。実は、航空会社で航空券を予約・購入するよりも安い場合があるのです。また、旅行目的で飛行機の利用を検討しているという方には、おすすめな方法となっていますよ。

航空会社が旅行会社などに販売している航空券は安い

航空会社が販売している航空券は、実は以下のように大きく2つにわけられます。


・PEX航空券
・IT航空券

PEX航空券とは、航空会社が個人に対して販売している航空券のこと。本記事内でも紹介している、早めに予約することで割引が適用される航空券などが、これに当てはまります。

一方IT航空券とは、団体、つまりツアー用に旅行会社などに販売されている航空券のことです。この航空券は、旅行会社などにまとめて販売されていることもあり非常に安価となっています。なお、ルートや日程の変更が不可となっている場合が多いようです。

これらのことから、このIT航空券を販売している旅行会社などで航空券を買うことで、安く買うことができる場合があるのです。また、旅行目的であるという場合は、旅行会社のツアーを利用することには他にもメリットがあります。

ホテルや観光プランもセット

旅行目的で飛行機を利用する場合、当然費用としては航空券以外にも考慮しなければいけません。例えば、ホテルなどの宿泊費用や目的地に到着してからの観光費用など

また、せっかく旅行に行くのであれば、限られた時間を有意義に過ごしたいですよね。そのため、観光プランをしっかり練る必要もあるでしょう。

しかし、ツアーではホテルなどの宿泊も観光プランもセットになっているものもあります。さらに、航空券を含めてそれらの費用を合計すると、ツアーを利用する方が総合的に安いなんてこともあるのです。

なお前述でも触れましたが、このような旅行会社などがツアーとして販売しているIT航空券は、ルートや日程の変更ができないなどの制限があるため、この点には注意するようにしましょう。

9.海外旅行目的→海外チケットを安く購入するコツ&航空券販売比較サイト2選

神戸から羽田への運賃
ここまでは、主に国内で飛行機を利用する際の航空券を安く買う方法についての内容でした。しかし、なかには「海外旅行に行くからその際の航空券を安く買う方法を知りたい!」、という方もいるでしょう。そこでここでは、海外航空券を安く買う方法について解説していきます。

航空券を安く買うために見るべきポイント&コツ

海外航空券を安く買うためには、いくつかの見るべきポイントとコツがあります。そんなポイントとコツが、以下の通りです。


・運航している航空会社がどこなのかを把握する
・航空会社ごとに運賃比較をする
・運賃の安くなる時期やタイミングを把握する
・片道ずつ航空券を予約・購入する
・発着空港を変えてみる
・あえて乗り継ぎ便を利用してみる

海外航空券を販売しているのは、国内の航空会社だけではありません。当然、海外の航空会社も航空券を販売しています。そのため国内と海外問わず、まずはどの航空会社が希望の路線を運航しているのかを把握しましょう。

そして、それらの航空会社ごとに運賃比較をすることが非常に大切です。本記事の前半でも運賃比較については紹介しましたが、これは海外航空券の場合でも当てはまります。むしろ、海外航空券の場合は、そもそも高額であることもあり航空会社によっては運賃に万単位の差が生じることも。そのため、航空会社ごとに運賃比較をすることは非常に大切であるといえるのです。

また、安くなる時期やタイミングを知ることも大切となります。前述でも紹介しましたが、航空業界には繁忙期というものが存在します。なお、海外航空券に関しては、各国で繁忙期が異なることもあるので、これをしっかりと見極める必要があるのです。

ちなみに、海外航空券を安く買うコツとしては、前述でも触れたような、片道ずつ予約・購入したり発着空港を変えてみたりする、ということもあげられます。また、直行便ではなくあえて乗り継ぎ便を利用するという方法も、海外航空券を安く買うコツとしてはあげられるのです。

直行便は、その名の通り目的地まで直行できるため非常に楽に移動することができます。しかし、その分運賃が高額になるというデメリットがあります。そこで、少々手間はかかりますが、あえて乗り継ぎ便を利用することで、運賃を安く済ませられることがあるのです。

このように、海外航空券を安く買うための見るべきポイントやコツはいくつかあります。しかし、それらを自分1人でおこなおうとすると非常に骨の折れる作業となるでしょう。そこでおすすめなのが、航空券販売比較サイトの利用です。

航空券販売比較サイトを活用する

海外航空券を安く買うためのツールとしておすすめな航空券販売比較サイトを、ここでは2つ紹介していきます。それぞれ特徴も交えながら紹介していきますので、自分に合ったものを利用してみてくださいね。

スカイスキャナー

国内航空券のみならず海外航空券の取り扱いもあり、出発地・目的地・出発日を選択するだけで希望路線の航空券を簡単に比較することが可能です。

また、非常に豊富な路線に対応している点が特徴のひとつ。さらに、航空券が安くなる時期を教えてくれるという便利な機能も備わっています。

エクスペディア

エクスペディアは、知名度の高い航空券販売比較サイトです。航空券を探している方であれば、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

そんなエクスペディアでは、航空券はもちろんホテルもあわせて予約することが可能となっていますよ。さらに、この航空券とホテルを一括予約することで、ホテル代が実質0円になることもあるのです。

また、エクスペディアでは独自にポイントシステムを導入しています。ポイントは、エクスペディアを利用することで貯まり、ホテル代にあてることが可能です。

なお、ここで紹介した航空券販売比較サイトは一例です。他にも数多く存在します。中には、クーポンというサービスがあり、利用することで数千円といった割引を適用させられるものもありますよ。

ちなみに、海外航空券を安く買うための方法などについては、「海外航空券を安く買うための販売サイト5選|運賃比較・クーポン活用・予約購入の時期やタイミングがコツ」、にて詳しく紹介しています。ここまでの内容をさらに詳しく、また他のおすすめの航空券販売比較サイトを知りたいという方はぜひどうぞ!

10.まとめ

航空券を安く買う方法は、早めの予約で割引が適用される運賃プランやLCCを利用するなど、いくつかあげられます。しかし、なかでも航空会社ごとに運賃比較をするとことは非常に大切です。航空会社によって、運賃は大きく異なる場合もあります。そのため、運賃比較はしっかりとおこなうようにしましょう。

なかでも国内で飛行機を利用するという場合は、ソラハピがおすすめです。出発地・到着地・出発日の3項目を選択するだけで、安い航空券を簡単かつ早く探すことができます。また、海外航空券に関しても、本記事で紹介した航空券販売比較サイトを利用して、安く手に入れましょう。

※ソラハピでは海外路線の取り扱いはなく、国内路線のみの取り扱いとなっています。

Pocket

一覧ページへ戻る