格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2019.05.08

ANAを安く買う方法はコレ!意外と知らない割引テクニックを解説

ANAを安く買う方法はコレ!意外と知らない割引テクニックを解説
Pocket

「ANAを安く買うためには、どうすればいいんだろう……」
少々高めの航空機運賃、できることなら最大限まで安く済ませたいものですよね。実はANAの航空券を安く購入する方法は、意外と多くあるのです。

株主優待券、早めの予約、ANAマイル……これらの割引サービスをどれだけ知っているかで、航空券を安く購入できるかどうかが左右されます。ここでは、そんな航空券のお得な買い方や特徴などについてくわしく、わかりやすく解説していきます。

※営業時間:平日・土日・祝日9:00~19:00

株主優待券があればANAの運賃が半額に!

気軽にANAを安く買うなら、『株主優待券』の利用がオススメです。株主優待券を使えばどのタイミングで航空券を購入したとしても、運賃がなんと“半額”まで割引されるのです。

〇株主優待券とは

株主優待券とは、株主が企業から優待サービスなどを受けることのできるチケットのことです。ANAの場合は、片道航空券の割引を受けることができます。この割引額は、一般的に約5割だといわれています。

この株主優待券は、券そのものに普通運賃の半額割引の効果があります。そのため他の割引とは異なり、予約の時期を問わず一定の金額で航空券を購入できるというメリットがあります。

また、株主優待のチケットの場合は便のキャンセル・変更ができるため、急な予定の変更などにも対応できるようになっているのです。そして混雑状況にもよりますが、席自体もある程度は確保されているため、比較的予約も取りやすい傾向にあります。

これら上記のように、株主優待券にはメリットが多くなっています。しかし、知っておくべき注意点もあります。

〇株主優待券の注意点

株主優待券は、その名の通り株主に与えられる優待券であるため、一般の方はゆずり受けることができません。そのため、株主でない方が株主優待券を使うには、以下のような手段を取る必要があります。

・知人からもらう
・金券ショップで購入する
・ネットオークションで購入する
など

このように株主優待券を利用しようと思った場合、航空券購入の手間がひとつ増えることとなります。また、時間や区間的な都合や運賃の都合次第では、ANA以外の航空会社にせざるを得ないこともあるかもしれません。そうなってしまうと、追加で他の航空会社のサイトを見て回った上で、その会社の株主優待券を購入する必要が出てきてしまうのです。

航空会社のサイトで検索して、比較して、優待券を買って、そのあとまた航空会社で予約して……となるとどうしても面倒ですし、何より時間がかかってしまいますよね。もっと気軽に株主優待券を利用したい場合は、以下の方法もご検討ください。


〇航空券販売サイト『ソラハピ』なら格安航空券がカンタンに手に入る!

航空券の比較・販売サイト『ソラハピ』では、ANAはもちろんさまざまな航空会社の株主優待券付きの航空券が、カンタンに手に入ります

方法はトップページから出発地と到着地、日付を選択し、検索するだけ。そうすれば、さまざまなお得な航空券が一括で表示されます。あとはお好みの時間の便を選択して、ご購入していただければもう完了です。わざわざ金券ショップに出向いたり、オークションに参加したりする手間は必要ありません

またソラハピでは2章で後述する割引運賃に関しても一部取り扱っています。そのため、その日のお得な格安運賃をしっかり網羅した上で、さまざまなお得な航空券をご提供することができるのです。

株主優待券運賃がもっとも安いのか? 
それとも他の割引の方が安いのか? 
それとも他の航空会社の方がお得なのか?

そんな悩みをひとつひとつ調べることなく、ワンクリックで安い順に航空券を並べてくれるのが、ソラハピの強みです。お得な航空券をラクに手に入れたい!という方は、ぜひソラハピをご活用ください!

①ソラハピトップページから出発地と到着地、出発日を選ぶ

下記のボタンをクリック/タップ後、『出発地』『到着地』『出発日』を選択し、『最安値を選択』を押しましょう。

②希望の便の航空券を選ぶ

時間や運賃、航空会社などを見ながら、ご希望の便をお選びください。

③航空券の確認・必要情報を入力

航空券選択後のページで、選択した航空券の券種や運賃を確認したら、スマートフォン版の場合は『この航空券を確保する』を選択。。その後ページ下部のお客様情報や決済方法を入力し送信・確定すれば、予約は完了です。

④予約の完了・入金決済

予約完了後はソラハピからメールが届きます。メール内に記載されている期限までに、入金を完了させてください。

⑤購入完了!

入金後には再度、ソラハピからメールが届きます。メール内には予約番号または確認番号が記載されています。これは搭乗当日空港で必要となりますので、大切にお控えください。

ANAを安く買う方法はコレ!意外と知らない割引テクニックを解説

ANAはできるだけ早い段階での予約が安い!

 
ANAの運賃は、『できるだけ早めに予約すれば、非常に安く購入できる』ということをご存じでしょうか。当日や前日などに航空券を確保するよりも、数十日前から予約しておけば、半額以上まで値下げされることもあるのです。

早めの予約で割り引きされる運賃としては、主に『ANA VALUE』『ANA SUPER VALUE』『ANA SUPER VALUE EARLY』の3種類があります。

この章では、そんな3種類の運賃とANAの普通運賃である『ANA FLEX』を交えて、くわしく解説していきます。

〇各割引の料金比較

ANAを安く買うためには、基本となる普通運賃から早く予約することでお得になる運賃まで、さまざまな運賃についてしっかり知っておく必要があります。ここではまず、4つの運賃『ANA FLEX』、『ANA VALUE』、『ANA SUPER VALUE』、『ANA SUPER VALUE EARLY』の料金をそれぞれ比較していきます。

例として東京~札幌間の運賃を挙げますが、区間によって値下げ幅は少々異なるため、予約の際はしっかり確認しておきましょう。

東京~札幌間※2019年5月6日現在 運賃
ANA FLEX(普通運賃)※施設使用料なし 36,200円~43,900円
ANA VALUE 1 30,060円
ANA VALUE 3 23,560円
ANA SUPER VALUE 21 20,160円
ANA SUPER VALUE 28 11,160円
ANA SUPER VALUE 45 10,260円
ANA SUPER VALUE 55 14,360円
ANA SUPER VALUE 75 13,060円
ANA SUPER VALUE EARLY 22,960円

※2019年5月6日から計算したものです。この運賃は、時期や曜日などによって大きく変動します。
※ANA FLEX以外には旅客施設使用料(羽田290円 新千歳270円/大人1名)が含まれています。

上記の表にもあるように、普通運賃であるANA FLEXに比べて、そのほかの割引運賃は非常にお得であることがわかります。しかしこれらのプランは、具体的にどのような仕組みでこの料金になっているのでしょうか。そんなお得な割引プランや一般的な通常運賃の特徴を、下記ではさらにくわしく解説していきます。

・ANA FLEX

ANAの普通運賃は、『ANA FLEX』という名称で設定されています。運賃自体はそのほかのプランよりも高くなる傾向にありますが、その分予約の変更ができたり、早い時期から予約ができたりなどの『高い自由度』が魅力的です。

また、このプランの特徴として、『空席の予測数によって料金が変動する』というものがあります。簡単にいうと空席が多ければ安くなり、逆に空席が少なければ高くなるのです。これはシーズンや曜日によっても左右されるため、このプランで予約する際はどの価格になっているかチェックしておくようにしましょう。

予約変更の可否
予約の期限 搭乗日当日
支払の期限 予約日含め、3日以内
※予約日が2日前以降の場合は飛行機出発の20分前まで
販売開始日時 搭乗日の355日前 午前9時30分
払戻手数料 430円/区間
取消手数料(出発前) 0円
取消手数料(出発後) 運賃の約20%

・ANA VALUE

『ANA VALUE』とは、飛行機に乗る予定日の1日前~3日前に予約することで、運賃がお得になるプランのことです。1日前までの予約が対象の『ANA VALUE 1』 、3日前までの予約が対象の『ANA VALUE 3』の2つがあるため、予約時期に合わせて使い分けましょう。

なお、区間によっては『ANA VALUE 3』が利用できないこともあります。予約の際は、目的の航空券が割引の対象になっているか、事前に確認しておきましょう。

予約変更の可否 ×
予約の期限 搭乗日の1日前~3日前
支払の期限 予約日含め、3日以内
販売開始日時 運航ダイヤが決まり次第発売
払戻手数料 430円/区間
取消手数料(出発前) 運賃の約5%
取消手数料(出発後) 運賃全額

・ANA SUPER VALUE

『ANA SUPER VALUE』とは、より早期に予約することによって大きく値引きされるサービスです。具体的には、21日前・28日前・45日前・55日前・75日前に予約すれば、それぞれ日数に応じて値引きされる、というものです。

早く予約すればするほどお得になるため、搭乗日までに日数の余裕がある場合はぜひ利用してみてください。

予約変更の可否 ×
予約の期限 搭乗日の21・28・45・55・75日前
支払の期限 予約日含め、2日以内
販売開始日時 運航ダイヤが決まり次第発売
払戻手数料 430円/区間
取消手数料(出発前) 運賃の約30%~60%
取消手数料(出発後) 運賃全額

・ANA SUPER VALUE EARLY

『ANA SUPER VALUE EARLY』は、ANAマイレージクラブの会員限定で利用できる搭乗プランです。このプランの特徴は、何より早く予約できるということ。ANA SUPER VALUE EARLYを使えば、運航ダイヤの決まる前の355日前から予約することができるのです。

予約できる時期としてはANA FLEXと同じですが、ANA SUPER VALUE EARLYの場合はそれに加えて割引もついています。早く、かつ通常料金よりもお得に予約できるというのはうれしい特典ですね。

運賃こそ他のプランと比べると少々高めですが、事前予約でもなかなか予約の取りにくいゴールデンウィークなどは、このプランがおすすめでしょう。マイレージクラブにはANAのホームページから登録することができるため、興味のある方はぜひお申込みください。

予約変更の可否 ×
予約の期限 運航ダイヤが決定するまでの期間
※決定の数日前には販売終了します
支払の期限 予約当日
販売開始日時 搭乗日の355日前 午前9時30分
払戻手数料 0円
取消手数料(出発前) 運賃の約5%
取消手数料(出発後) 運賃全額

当日購入でも割引される場合がある

航空券を当日購入しなければならないような状況の場合、株主優待券以外にもANAを安く買うことができるプランはあります。

〇スマートU25を利用する

 
『スマートU25』は2016年より開始された、ANAのカードを持ったANAマイレージクラブ会員限定のお得なプランです。これは過去に存在したスカイメイト割引、というプランの名称が変わったものとなります。以前までは当日空港で空席があれば搭乗できるというものでしたが、このスマートU25から2点条件が変わったのです。

前身のスカイメイトが12歳以上22歳以下のプランだったのに対し、このスマートU25ではその名の通り25歳以下(満12歳以上)の人が利用可能になります。また、当日空港で予約する形式に加えてインターネットでも予約することができるようになりました。

空席がなければ利用できないというリスクこそありますが、当日予約でもお得になるというのは急な用事の際などに便利ですね。なお、搭乗などの際には年齢のわかる公的な書類(運転免許証など)が必要となることもあるため、忘れず持参するようにしましょう。

〇運賃例と比較(東京―札幌)※2019年5月6日現在
スマートU25:14,000円 ※繁忙(ピーク)時:17,000円
普通運賃:36,200円~43,900円
※旅客施設使用料は含まれていません。

なお、このような年齢制限が設定されている当日購入の可能な航空券があるのはなにもANAだけではありません。こちらの「航空券を安く買う方法|格安チケット・予約時期・海外編の総まとめ」にて、詳しく紹介していますので、あわせてぜひご覧ください。

〇スマートシニア空割を利用する

『スマートシニア空割』は2016年より開始された、満65歳以上のシニア層の方が利用できる当日割引サービスです。プラン内容はおおむねスマート U25と同じなので、65歳以上の方はぜひ利用してみてください。また、このプランも同様に年齢を証明する書類が必要となるため、きちんと持参できるようにしておいてくださいね。

〇運賃例と比較(東京―札幌)※2019年5月6日現在
スマートシニア空割:15,700円 ※繁忙(ピーク)時:18,700円
普通運賃:36,200円~43,900円
※旅客施設使用料は含まれていません。

マイルをためてお得にフライト

ANAを安く買う方法としては『ANAマイル』を利用する、という方法も存在します。この方法を取るには、ANAマイレージの会員になる必要があります。この会員にはマイルはもちろん、ANAを安く買うためのお得なサービスがたくさんあるのです。ここでは、そんなANAマイレージについて見ていきましょう。

〇特典航空券を利用する

ANAマイレージとは一般的なお店のポイント制度のようなもので、利用すればするほど『マイル』というポイントが貯まっていくというもの。このマイルが貯まると、『特典航空券』に交換することができるのです。

この特典航空券は、国内線を利用する場合基本的に片道5,000マイルから交換することができます。また、国際線を利用する場合は必要数が増え、12,000マイルからの交換となります。なお、このマイルは目的地や区間、シーズンなどによっても変化するため、注意しておきましょう。

〇いっしょにマイル割引を利用する

『いっしょにマイル割引』は、10,000マイル使用することで、区間を問わず往復便を利用することができるという割引です。この割引では10,000マイル所持の本人に航空券が渡されるほか、その同行者(3人まで)にも割引価格が適用されるため、複数人でもお得に搭乗することができます。

この同行者の割引価格は、基本的には21,000円~36,000円(区間・時期によって変動あり)となっていて、予約は搭乗予定日の前日まで受け付けています。マイルがある程度たまったら、この割引を利用すると非常にお得になるでしょう。

〇ANAマイレージクラブ会員になろう

ANAのマイレージクラブ会員になるには、ANAのホームページから申し込みをする必要があります。氏名や生年月日などを入力して、登録完了のメールが来れば申し込み完了、というシンプルなものなので、興味のある方は一度確認してみましょう。

入会・年会費は、ANAカードを作らないのであれば基本無料です。とはいえ、ANAカードを作成しておくとマイルが貯まりやすくなったり、日常生活でもマイルが貯まったりとよいことが多いため、入会の際はカードも作成しておくとよいでしょう。

ANAカードには、初年度年会費無料のものから年会費1万円以上のゴールドカードなど、さまざまな種類があります。年会費の高いカードほどマイルも貯まりやすかったり、サービスが充実していたりするため、しっかり比較してより自分に合ったものを探してみてください。

ANAカード すべてのカード

〇マイルは航空機利用以外でも貯まる!使える!

マイルの貯まる条件は、航空機を利用したタイミングのみではありません。ANAカードと提携している飲食店やショッピング店、ホテルなどでカード決済することで、マイルが貯まってゆくのです。

それ以外にもレンタカー、交通機関、銀行や保険など、さまざまな購入・契約などのタイミングでマイルをためることができます。日常の中でしっかりマイルを貯められる上、お得に航空機に乗れるANAカードは、飛行機をよく利用する方にとってはぜひ持っておきたいものといえるでしょう。

また、航空機に利用しないマイルは、さまざまなお店のクーポンなどに交換することもできます。ANAを利用する際は、日常も便利にしてくれるこの『ANAマイレージクラブ会員』に登録することをおすすめします!

ANAを安く買う方法はコレ!意外と知らない割引テクニックを解説

まとめ

 
ANAを安く買う代表的な方法は、やはり早めに予約することで受けられる割引を利用することです。区間にもよりますが、場合によっては半額以下にもなるこの割引を使えば、非常にお得に搭乗できるでしょう。また時間の余裕がない『当日』に突然移動したくなった、またはしなければいけなくなった場合でも、年齢の条件が合えばお得に搭乗券を購入することができます。

さらに株主優待券が手に入れば、それを利用して運賃を半額にするという手も有用です。他にもANAのマイレージクラブ会員になってANAカードを持てば、航空機がお得になるだけでなく、日常生活も非常に便利になりますよ。

高いイメージのある飛行機ですが、お得に利用しようと思えばこれだけの方法があります。自分の求めるものやサービスとも相談しつつ、納得できる方法で安く購入できるとよいですね!

〇各割引をおさらい!

株主優待券 直前でも普通運賃の5割引きで搭乗!
便の変更も可能で使いやすい!
ANA SUPER VALUE 5割以上の値引きも期待できる!
予定までに時間の余裕があるならコレ
ANA VALUE 最大10,000円以上の値引きの可能性も!
1~3日前でも安いお得な運賃
ANA SUPER VALUE EARLY 早期購入+ ANA VALUE並みの値引き!
できるだけ早く、安く買いたいなら
スマートU25
スマートシニア空割
当日予約でも半額以下!
対象年齢限定の格安プラン

Pocket

一覧ページへ戻る