格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2019.05.07

スターフライヤーを安く買う方法とは?予定確定なら早めに予約すべし

スターフライヤーを安く買う方法とは?予定確定なら早めに予約すべし
Pocket

スターフライヤーは、2006年に運航を開始した航空会社です。昨今、LCCという格安航空会社が多いなか、スターフライヤーはMCCという中堅航空会社という位置づけになっているようです。MCCとは、ミドル・コスト・キャリアのこと。ロー・コスト・キャリアのLCCよりもランクが1つ上の航空会社のことを指します。そのためMCCには座席が広いなどのメリットがありますが、その分運賃がLCCより高い傾向にあるのです。

しかし、実はスターフライヤーには割引運賃が多くラインナップされていて、それらをうまく利用すれば安く航空券を手に入れることができるのです!スターフライヤーを安く買う方法を知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

あらかじめ予定が決まっているなら「そら旅シリーズ」が安い

スターフライヤーを安く買うには、「そら旅」というプランがおすすめです。このプランは「そら旅80・60・45・28・21」の5つに分かれており、それぞれ数字よりも前の日までに予約したときに割引が適用されるというものです。早速、実際に普通運賃と比べてどれだけ安くなるのかを見てみましょう。

普通運賃 36,890円
そら旅80 9,890円
そら旅60 9,890円
そら旅45 11,390円
そら旅28 12,390円
そら旅21 14,890円

※羽田→北九州・2019/9/1・7:40発
※2019/5/1時点
※表示運賃額はいずれも税込、旅客取扱施設利用料込み

上記の表から、普通運賃と比べてみると「そら旅シリーズ」はかなり安くなっていることがわかりますね。なかでも「そら旅80」に関しては、普通運賃よりも25,000円以上も安くなっています。

この「そら旅」というプランは、表からもわかるように、早い段階で予約をするほど航空券を安く手に入れることができるというものです。つまり、あらかじめ旅行に行く予定や出張の予定が確定しているという場合などには大活躍してくれるプランといえます。詳しい概要に関しては以下の表をご覧ください。

予約期限 それぞれ「そら旅」の後ろの数字よりも前の日
(例:そら旅60なら60日前までに)
割引対象の座席数 制限有
(便によって座席数は異なる)
日時変更 不可
払戻期間 航空券発行~出発翌日より30日
払戻手数料 430円/区間
(別途取消手数料が必要)
STAR LINK(マイル)付与率 通常の50%(例:羽田~北九州線は100%で534マイル、
50%だと267マイルとなる)

直前の予約でも「STARシリーズ」で割引に!

出張などで、急きょ飛行機に乗る必要があるという場合におすすめなのが「STARシリーズ」です。「STARシリーズ」は「STAR7・3・1」と3つのプランがあり、それぞれ数字よりも前の日までに予約をすれば割引が適用されるというもの。

基本的に、搭乗予定日が近づくと割引運賃であっても割引率は下がっていきます。当然、搭乗の数日前であればなおさら割引率は下がるものです。そこで気になるのが、「STARシリーズ」が実際どれだけ安くなるのかということ。以下の表で普通運賃と比較してみましょう。

普通運賃 36,890円
STAR7 17,390円
STAR3 20,390円
STAR1 22,390円

※羽田→北九州・2019/9/1・7:40発
※2019/5/1時点
※表示運賃額いずれも税込、旅客取扱施設利用料込み

割引率に関しては、「そら旅シリーズ」に比べるとそこまで大きくはありません。しかし、1日前までが予約期限となっている「STAR1」であっても、普通運賃より10,000円以上安くなっています。このように、搭乗の数日前であっても運賃が一切変動しない普通運賃より少しでも安く予約することができると助かりますよね。「STARシリーズ」の詳しい概要は以下の表をご覧ください。

予約期限 それぞれ「そら旅」の後ろの数字よりも前の日
(例:STAR3なら3日前までに)
割引対象の座席数 制限有
日時変更 不可
有効期限 予約便のみ
払戻期間 航空券の発行以降、
また予約便出発翌日から30日以内
払戻手数料 430円/区間
(別途取消手数料が必要)
STAR LINK(マイル)付与率 75%(例:羽田~北九州線は100%で534マイル、
75%だと401マイルとなる)

「そら旅シリーズ」も含めて、なぜここまで安くなるのかと疑問に思われる方も多いでしょう。実は、ここにはいくつかの制限があるためなのです。

早期購入割引プランには注意点もある

「そら旅シリーズ」と「STARシリーズ」の早期購入割引プランは、非常にお得なプランとなっています。しかし、そのお得になっている理由をしっかり知っておかなければ、スターフライヤーを安く買うことができたのに逆にお金がかかってしまったり失敗してしまったりしてしまうのです。

取消手数料

航空券を予約したはいいものの、急に別の予定が入ってしまったりなどでキャンセルをしなければならないという場合もあるでしょう。そのようなときにかかる手数料として、取消手数料というものがあります。

普通運賃で予約した航空券をキャンセルするときには、出発時刻までの取消であればこの取消手数料はかかりません。しかし、早期購入割引プランで航空券を予約した場合には、出発時刻までの取消であっても取消手数料がかかるのです。

この取消手数料は、キャンセルをするタイミングによって料金が変動します。スターフライヤーの取消手数料は、最大でも運賃の50%相当額となっていて、全額を負担しなければいけないということはありません。しかし、それでも30,000円の航空券の場合は15,000円の取消手数料を負担する必要があると考えると、決して安くはないですよね。

そのため、この取消手数料がどのようなタイミングにおいて、いくら発生するのかを知っておくことは非常に重要なことなのです。実際に「そら旅シリーズ」と「STARシリーズ」の取消手数料について確認をしておきましょう。

出発時刻までの取消 出発時刻以降の取消
そら旅80 出発90日前:運賃10%相当額
出発89~80日前:運賃30%相当額
出発79日前:運賃50%相当額
運賃50%相当額
そら旅60 出発70日前:運賃10%相当額
出発69~60日前:運賃30%相当額
出発59日前:50%相当額
そら旅45 出発60日前:運賃10%相当額
出発59~45日前:運賃30%相当額
出発44日前~:運賃50%相当額
そら旅28 出発60日前:運賃10%相当額
出発59~28日前:運賃30%相当額
出発27日前~:運賃50%相当額
そら旅21 1,500/1,000円(区間によって異なる) 6,000/4,000円(区間によって異なる)

上記のように、「そら旅シリーズ」は5つのプランからなっています。それぞれの予約プランごとに取消手数料が変わるタイミングが異なっているので、この点には注意が必要です。

「STARシリーズ」の取消手数料については、とてもシンプルでわかりやすくなっています。「STAR7・3・1」のいずれにおいても区間によって異なりますが、出発時刻までの取消の場合は1,500円もしくは1,000円、出発時刻以降の取消の場合は6,000円もしくは4,000円となっています。

その他の3つの注意点

早期購入割引プランを予約する前に知っておく必要があることは、取消手数料についてだけではありません。他にもここでは3点、知っておくべきことを紹介します。

・予約変更ができない
・座席がすぐに埋まってしまうこともある
・マイル付与率が低い

上記の3つの注意点は、「そら旅シリーズ」と「STARシリーズ」のいずれにもいえることです。

まず予約変更について確認していきましょう。航空券を予約した後に、急きょ別の予定が入ってしまって便を変更したいという場合もあるかもしれません。普通運賃の場合は予約した便の変更が可能となっていますが、早期購入割引プランの場合はたとえ前の便に空席がある場合でも変更することが認められていません。

また、早期購入割引プランは座席数が限られていて、お得なプランであることからすぐに予約がいっぱいになってしまうこともあるようです。さらに、普通運賃と比べてマイルの付与率が低くなっていることも頭に入れておきましょう。

マイルでお得に航空券をゲット

スターフライヤーを安く買う方法には、マイルを使うというものがあります。実は、スターフライヤーには独自のマイレージプログラムがあるのです。そして、このマイルを使えばお得に航空券を手に入れることができます。

STAR LINKとは?

STAR LINKとは、入会費・年会費無料のマイルを貯めることができるサービスです。貯めることができるマイルは、スターフライヤー独自のものとなっていて、他のマイルへの交換はできません。

このマイルは、飛行機に搭乗したりクレジット機能付きのスターフライヤーカードで支払いをしたりすることで貯めることができます。そして、貯めたマイルは航空券との交換や、スターフライヤーの機体の模型などのオリジナルグッズや食品などとも交換が可能です。

また、マイルを貯めるだけではなく、航空券を予約するときに名前や住所といった情報の入力を自動でしてくれたり、予約した便の運航状況を確認したりすることもできます。さらに会員限定のメルマガがあり、空席情報などの役立つ情報が手に入ります。また、航空券が安くなるキャンペーンやセール情報を入手することもできるのです。

マイルを航空券と交換しよう

貯めたマイルを使えば、実質お得に航空券と交換することができます。どれくらいのマイルが必要になるのかは、以下の表をご覧ください。

区間 片道 往復
羽田~北九州・
福岡・山口宇部
中部~福岡
北九州~那覇
5,500マイル 9,500マイル
羽田~関西 4,500マイル 7,000マイル
中部~台北 9,500マイル 17,000マイル
北九州~台北 8,500マイル 15,000マイル

上記の表のように、必要マイルを持っていたら、お金をかけることなく航空券を手に入れることができるのです。また、このマイルはSTAR LINK会員本人はもちろん、会員が指名した人であれば、会員本人がその場にいなくても使うことができます。つまり、特典航空券を親や友達にプレゼントするという使い方もできるということです。

マイルでお得に航空券をゲット

スターフライヤーはANAからも予約が可能?

スターフライヤーは、ANAと共同の運航路線を有しています。これは、いわゆるコードシェア便といい、例えばA社の航空機を使うときにB社がその航空機の座席を買い、B社の座席として販売するというものです。そのため、スターフライヤーの航空券はANAからも予約をすることができるようになっています。

ANAから予約するメリット

ANAでスターフライヤーを予約するときには、ANAのサイトから希望の便を検索して、「SFJ運航」という便を選択するだけです。「スターフライヤーの航空券を予約したいなら、スターフライヤーで直接予約をすればいいのでは?」と思われる方も多いかもしれません。しかし、ANAからスターフライヤーの航空券を予約することで、ANAの恩恵を受けることができるというメリットがあるのです。

・ANAを予約したことと同じ扱いになる
・ANAマイルを貯められる

ANAからスターフライヤーの航空券を予約することで、ANAを予約したことと同じ扱いになります。つまり、ANAのマイルを貯めることができたりラウンジを利用できたりするのです。

スターフライヤーから直接予約するメリット

スターフライヤーで直接予約をしたときの最大のメリットは、ANAから予約をする場合に比べて運賃が安い傾向にあるということです。実際にどれだけの差があるのかを確認してみましょう。

普通運賃 いずれも28日前までの
予約の早期購入割引プラン
ANA フレックス:41,390円 スーパーバリュー28:25,090円
スターフライヤー 普通運賃:38,990円 そら旅28:17,990円

※羽田→北九州・2019/8/1・7:40発
※2019/5/1時点

調べてみる便によって金額の差はありますが、今回調べてみると上記の表のような結果となりました。普通運賃で比較するとおよそ2,000円の差、いずれも28日前までの予約で割引となる早期購入割引プランで比較すると7,000円以上の差が出ています。これは大きな差であるといえるでしょう。

これらのことから、ANAの恩恵を受けたいという方はANAから、とにかくスターフライヤーを安く買うことを重視されている方は直接予約をするといいでしょう。

まとめ

スターフライヤーを安く買う方法としては、予定があらかじめ確定している場合は「そら旅シリーズ」や「STARシリーズ」などの早期購入割引プランを利用することがおすすめです。ただし、これらの早期購入割引プランには、予定の変更ができないなどの注意点があります。

また、スターフライヤーはANAからも予約をすることができますが、航空券販売サイトからであれば、どの航空会社が安いのかを見比べることができます。そこで、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページをご覧ください。ソラハピをうまく活用して、スターフライヤーのお得な航空券を手に入れましょう!

Pocket

一覧ページへ戻る