格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター航空会社

2021.04.27

【格安】ジェットスターはキャンセル待ち不可?解決策はソラハピか別移動手段

ジェットスターの飛行機
Pocket

ジェットスターは、国内LCCとしてシェアナンバー1にもなったことがある人気航空会社です。そのため、いざ利用しようとしても、希望便に空席がなくて航空券を予約できない、ということもあるでしょう。

そのようなとき、キャンセルによってできる空席を待つ、キャンセル待ちで搭乗しようと考える方もいるかもしれません。しかし、残念ながらジェットスターにはキャンセル待ちという制度はありません

それでも、当サイトのソラハピを利用することで希望路線・日時を飛行機で移動できることがあるのです。そこでこの記事では、そんなソラハピについてはもちろん、ジェットスターで空席確保するためのコツや予約・購入方法などをまとめて解説していきます。

1.ジェットスターはキャンセル待ち不可!→そんなときはソラハピで予約しよう

FDAを安く買うには割引プランを使おう!割引率が最大でなんと76%?
ジェットスターは人気なLCCであることから、空席がなくて航空券の予約ができない、というときもあるでしょう。しかし、本記事冒頭でもお伝えしましたが、ジェットスターにはキャンセル待ちという制度はありません

なお、それでも希望路線・日時を飛行機で移動したいという方もいるでしょう。そのような方は、当サイトのソラハピを利用することがおすすめです。ここでは、そんなソラハピがおすすめである理由を解説していきます。

・ソラハピは希望路線・日時の航空券の一括検索が可能

そもそもジェットスターをキャンセル待ちしてまで利用したいというとき、その理由として路線日時という2つの要素が希望と合致しているから、ということがあげられるでしょう。しかし、飛行機というものはその路線を複数の航空会社が運航している、ということが十分にありえます。そして、ジェットスターに空席がないときでも、他の航空会社であれば航空券を予約できることもあるのです。

しかし、希望路線・日時の飛行機をどの航空会社が運航しているのかは、それぞれの公式サイトを利用しながら調べる必要があります。なお、この方法は手間がかかる上に時間がかかることもあるでしょう。そこでおすすめなのが、当サイトのソラハピを利用することなのです。

ソラハピは、国内主要航空会社の格安航空券を多く取り扱う航空券販売サイト。そんなソラハピでは、出発地・到着地・出発日という3つの項目を選択するだけで、その希望に合った航空会社の航空券を一覧で表示してくれます。そのため、わざわざ航空会社ごとに公式サイトで希望路線・日時の飛行機を運航しているかどうかを調べる必要はないのです。また、検索結果一覧のなかで気に入った航空券があれば、そのまま予約・購入することが可能となっていますよ。

また、ソラハピでは航空券のWEB予約は便出発120分前まで、電話予約はなんと便出発90分まで受付をしています。急にジェットスターに搭乗しなければならなくなったけど空席がない、という場合でも他の航空会社の航空券をぎりぎりまで予約できることもあるので、ぜひソラハピを利用してみてくださいね!

※WEB予約営業時間:24時間


【ソラハピの航空券検索から予約・購入までの流れ】
1.出発地・到着地・出発日を選択
2.申込者情報の入力・支払方法の選択
3.予約確定
4.購入手続き
5.手続き完了!

「4.予約確定」後にソラハピより購入手続きの案内メールが届くので、これに従い支払いを済ませましょう。支払い後に再度ソラハピよりメールが届きますが、これには搭乗時に必要となる予約番号/確認番号が記載されているので大切に保管してください。

なお、キャンセル待ちという制度が設けられている航空会社はもちろん存在します。他の航空会社のキャンセル待ちに関しては「成功確率約70%!飛行機キャンセル待ち方法は事前or当日に空港で予約|ANAやJALは種別次第?」で解説していますので、気になった方はぜひこちらもあわせてどうぞ。

2.ジェットスターの空席を確保するための予約・購入方法

空港
ジェットスターにはキャンセル待ちという制度がないため、予約可能なタイミングで確実に航空券を確保しておくことが重要になります。ただしジェットスターでは、航空券の予約方法は多種多彩でメリットや特徴が異なるのです。

そこでここでは、ジェットスターの航空券を予約するさまざまな方法について、しっかり解説していきます。予約する際の注意点についても、あわせて解説していきますね。

・ジェットスター航空券の予約方法

まずは、ジェットスターの航空券の予約方法について見ていきましょう。ジェットスターには、大きく以下の5つの航空券の予約方法があります。


■webでの予約
■ジェットスターアプリでの予約
■電話での予約
■コンビニでの予約
■空港での予約

いずれの予約方法も当日まで可能となっていますが、制限時間はそれぞれ少々異なります


■WEB・アプリ:便出発の150分前まで
■電話:空港のチェックインカウンターが開く時間まで
■コンビニ:便出発の6時間前まで
■空港:空港のチェックインカウンターが閉まる時間まで

このように比較すると、WEBまたはアプリでの予約がもっとも時間に余裕があります。なお、チェックインカウンターの場所などは空港によって異なります。、電話や空港カウンターを利用する方は事前に確認しておきましょう。

また、電話がつながらないときの対処法が知りたい人は【手数料が高い】ジェットスターのコールセンターに予約変更・キャンセルの電話|電話がつながらないときはSkypeをチェックしてくださいね。

スカイプやライブチャットの使い方がわかりますよ!

・各予約方法の支払い・決済方法

これらの予約方法は、支払い方法の選択肢の多さも魅力的です。好きな予約方法を選んだら、次は好きな支払い方法を選びましょう。

予約方法 支払方法
Webでの予約 ・クレジットカード
・バウチャー
・キャリア決済
・ウェルネット決済
・UnionPay
・Alipay
・WeChat Pay
ジェットスターアプリ ・クレジットカード
・バウチャー
・キャリア決済
・ウェルネット決済
・UnionPay
・Alipay
電話 ・クレジットカード
・バウチャー

コンビニ ・現金
空港 ・クレジットカード
・バウチャー
・現金

ウェルネット決済は予約日から飛行機出発まで3日以上の日数がある場合に利用可能です。

・【注意】ジェットスターは予約方法によって手数料が大きく異なる

これらの航空券予約方法のなかでも、おすすめの方法はWEBでの予約とジェットスターアプリでの予約です。前述した時間に余裕があるという点はもちろん、手数料の観点から見てもこれら方法はお得になっています。

WEB・ジェットスターアプリ・コンビニでの予約の手数料が、1,000円以下の手数料で済むのに対し、電話・空港での予約の手数料は、なんと2,780円(国内線)もかかってしまいます。また、電話にはコンタクトセンター手数料がかかるなど、運賃以外の追加料金が少々かさんでしまうこともあるのです。

なぜこんなにも手数料に差があるのかというと、それは人件費が関係しているといわれています。

多くのLCCでは、航空券を安く提供する代わりにさまざまなところでコストカットをしています。そのひとつに、人件費があげられるのです。電話・空港で航空券を予約しようとすると、どうしても係員が対応することになりますよね。そのため、これらの予約方法は手数料が高めに設定されている、といわれているのです。

よって、ジェットスターの航空券を安く予約しようと考えている方は、できるだけ電話・空港での予約は利用を避けた方がよいでしょう。

3.ジェットスターのキャンセルや払い戻し・変更について

ピーチをより安く買うには?格安セール航空券の入手するコツを解説!
ジェットスターの航空券を無事に予約できても、予定が変わって航空券の予約変更やキャンセルをしたい、という場合も出てくるでしょう。そこでここでは、ジェットスターにおける航空券の予約変更、そしてキャンセルについて解説していきます。

・予約変更

まずは、ジェットスターの航空券の予約変更について見ていきましょう。基本的に、予約の変更をおこなうこと自体は可能です。なお、その際に変更手数料が発生する場合もありますが、これは運賃プランや変更方法によって異なります。

ジェットスターには、大きくStarterStarter PlusStarter MaxStarter FlexBizの4つの運賃プランがあります。これらの運賃プランごとの変更手数料は以下の通りです。

運賃プラン 変更手数料有無
Starter 変更手数料発生
・web:3,240円
・電話/空港:4,320円
※国内線
Starter Plus 無料
Starter Max 無料
Starter FlexBiz 無料

※2019年9月9日時点の情報です。

Starterという運賃プランは、最も安くシンプルなものとなっていますが、上記の表のように予約変更をする際には変更手数料が発生してしまいます。なお、この予約変更において変更可能なのは日時です。搭乗者の名前を変更したいという場合は、電話でのみ可能となっており、これもStarterのみ変更手数料が4,320円発生します。

ちなみに、予約済みの航空券の飛行機のチェックイン開始時刻までが変更期限となっているので、この点は頭に入れておきましょう(Starter Max・Starter FlexBizは空港での予約変更の場合に限りチェックイン終了時まで可能)。

・キャンセル

さて、次はジェットスターの航空券のキャンセルについて見ていきましょう。キャンセルは一般的に、キャンセルの申請をして認められれば払い戻しをしてもらうという流れになります。しかし、ジェットスターではキャンセル・払い戻しの可否が、運賃プランによって異なるのです。

ジェットスターの運賃プラン、Starter・Starter Plus・Starter Max・Starter FlexiBizのなかで、料金支払い後のキャンセルや予約の取消ができないのは、StarterStarter Plusです。そのため、この2つの運賃プランでは払い戻しも承っていません

ただし、支払いがまだ済んでいない状態であれば、ウェブサイトよりキャンセルすることが可能です。

・キャンセル方法

Webでキャンセルする手順は以下の通りです


手順1.ジェットスターのウェブサイトを開く
手順2.上の欄にある「予約の確認/変更」をクリック
手順3.ログイン、またはご予約番号、メールアドレス、もしくは指名を入力して検索
手順4.予約の取消をおこなう

電話でキャンセルする場合は以下の電話番号先に問い合わせてみてくださいね。
ナビダイヤル(有料)0570-550-538

・払い戻し

上記の4つの運賃プランのなかで、キャンセルが可能となっているのは、Starter MaxStarter FlexBizです。そしてジェットスターにて、キャンセル後の払い戻しが可能となっているのも、この2つの運賃プランのみです。

ただし、払い戻しをするときには、3,090円(国内線)の払い戻し手数料が発生します。

また、ジェットスターでは現金での払い戻しをおこなっていません。ジェットスターのフライトバウチャーでの払い戻しとなるため、この点は覚えておきましょう。

・バウチャーとは

ジェットスターには、バウチャーという商品券のようなものがあります。上記でご紹介したとおり、バウチャーは払い戻し手続きをおこなうともらうことができるものです。

そしてこれは、現金の代わりに払い戻されるものとなっています。バウチャーは、次回ジェットスターを利用するときに運賃の一部、または全額を支払う際に使うことが可能です。

4.どうしても航空券がとれなかったら→他の移動方法を利用する

新幹線
ジェットスターにはキャンセル待ちがないため、満席状態から搭乗することは少々難しくなっています。ときには、航空券の予約を間に合わせることができなかった、ということもあるでしょう。そのようなときは、別の移動手段で妥協するというのもひとつの手です。

・新幹線を利用する

飛行機の利用ができないという状況において、真っ先に思い浮かべる別の移動手段としては新幹線があげられるでしょう。新幹線であれば、飛行機ほどではありませんが比較的短時間での移動が可能です。

また、ジェットスターの航空券が完売で予約することができなかったということは、長期休暇などで旅行や帰省をしようとしている方も多いはず。そのため、あわせて宿泊先も探しているという方も多いでしょう。

そのような方には、エキタン(駅探)の新幹線往復分チケット+ホテルセットプランがおすすめです。これは、新幹線往復分チケットとホテルの予約をセットでおこなうことで、別々で予約するよりも安くなるというもの。実際にセットと別々の料金を、東京から大阪へ行く場合を例に比較してみましょう。

エキタン(駅探)で予約 【新幹線往復+ホテル】
31,300円
別々で予約 【新幹線往復】
28,500円(指定席)
【ホテル】
8,200円~
【合計】
36,700円~

※2019年9月9日時点、2019年9月25日~2019年9月26日の料金です。

上記の表から、別々よりエキタンで予約した方が安いことがわかりますね。飛行機の利用ができず、かつ宿泊の予定があるという方はこの新幹線往復分チケット+ホテルセットプランを利用してみてはいかがでしょうか?


・高速バスを利用する

別の移動手段としては、高速バスという選択肢もあげられます。高速バスの魅力は、なんといってもその料金です。先ほども例にあげましたが、東京から大阪という区間において高速バスは2019年9月現在なんと最安2,420円~となっています。この料金は飛行機・新幹線と比較してもダントツで安いといえます。

しかし、利用する際にはいくつか頭に入れておかなければならない点もあります。まずは、移動時間についてです。東京から大阪まで飛行機では1時間少々(直行便)、新幹線では2時間30分少々であるのに対して、高速バスでは9時間を超えることも。また、この時間を車内で過ごさなければいけないという点も見過ごせません。これは、慣れていない方にとっては体力的にきついと感じるでしょう。

高速バスは確かに破格の価格となっていて、安さ重視という方にはおすすめといえます。しかし、その分デメリットもあります。利用する際は、これらのことを頭に入れておくようにしましょう。

・レンタカーを利用する

複数人で移動することを計画している場合、レンタカーを利用することもひとつの手です。レンタカーを複数人で利用すれば、一人分の料金をおさえることもできます

また、一般的にレンタカーは借りた店舗に返却をするというイメージがありますが、他店舗へ返却するという、乗り捨てが可能なところもあります。

そのため、旅行などにおいて往路だけゆっくりいろいろな観光地をまわりながら行き、復路は別の移動手段を利用するなんてこともできますよ。

なお、ガソリン代がどれくらい必要なのか、他店舗へ返却する場合には追加で手数料が発生するのかなどは、レンタカー会社によって異なることもあるため、事前にしっかりと確認するようにしましょう。

5.まとめ

ジェットスターではキャンセル待ちという制度は設けられていないため、予約可能なタイミングで航空券をおさえる必要があります。なお、それでも予定までに航空券を用意することができなかったという場合には、新幹線などの他の移動手段で妥協するというのもひとつの手です。

しかし、どうしても飛行機を利用したいという場合は、ぜひソラハピを利用してみてみください。希望の路線・日時の飛行機を運航している航空会社の航空券を見つけることができるかもしれません。操作は非常に簡単で、出発地・到着地・出発日を選択するだけなので、まずは一度調べてみましょう!

※WEB予約営業時間:24時間

Pocket

一覧ページへ戻る