格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • JAL航空会社

2021.04.27

JAL国内線キャンセル待ち予約方法|当日空港申し込み/アップグレード・飛行機の空席確保確率は種別が影響?

JAL 空港
Pocket

JAL(日本航空)の航空券が満席で予約できなかった……。そんなときに、希望便に乗る最終手段としてあげられるのがキャンセル待ちです。これは、その名の通り他の人がキャンセルをしたことで空く席を待つというもの。

しかし、キャンセル待ちをしても、他の人次第になるため確実に飛行機に乗れるわけではありません。最悪の場合、空港で待たされた挙句、飛行機に乗れないということも十分にあり得るのです。

しかし、キャンセル待ち以外の方法によって飛行機に乗ることができる場合もあります。この記事では、JALのキャンセル待ちの申し込み方法や手続きの流れはもちろん、そんな他の方法についても詳しく解説していきます。

↓ではソラハピで格安のJAL航空券を検索することができます。

※ソラハピでは国内線のみ取り扱っています。

1.飛行機のキャンセル待ちは最終手段!満席なら他航空会社の航空券を予約するのもあり

キャンセル待ちをしても他の人がキャンセルをしなければ、空席を確保して飛行機に乗ることはできません。そのため、このキャンセル待ちはあくまでも希望便に乗るための最終手段であるといえます。

しかし、どうしてもこの区間を移動しなければならない、という方もいるはず。そんな方には、他の航空会社で航空券を探してみることをおすすめします。じつは、移動を希望している区間においては、JAL以外の航空会社が運航している可能性も十分にあるのです。また、そんなJAL以外の航空会社では航空券が余っているかもしれないのです。

なお、そのためにはまず、このJAL以外の航空会社のどこが希望区間を運航しているのかを調べる必要があります。調べる方法としては、航空会社の公式サイトをいくつか行き来しながらおこなうのが一般的。しかし、この調べ方は非常に手間・時間がかかるでしょう。

そこでおすすめなのが、当サイトのソラハピを利用することです。国内航空会社の航空券を販売しているソラハピを利用すれば、航空会社それぞれの公式サイトを見比べる必要はありません。一発でどの航空会社が希望区間を運航していて、かつ航空券が余っているのかが、すぐにわかりますよ。

また、航空券を調べた検索結果一覧のなかで気に入った航空券があれば、そのまま予約・購入することも可能です。ソラハピでの航空券検索方法、また実際の予約・購入までの流れは以下のようになります。

1.発着空港・出発日を選択→航空券の検索
→まずは、ソラハピトップページへ行き、出発地・到着地・出発日を選択してください。そうすると、その区間を運航している航空会社の航空券が一覧で表示されます。そのなかから希望の航空券を選択しましょう。

2.必要事項の入力・選択→予約確定
→希望航空券を選択後は、氏名や連絡先などの申込者情報の入力と支払方法の選択をしてください。選択・入力した情報に間違いがなければ、予約を確定させましょう。

3.支払い
→予約確定後は、ソラハピより購入手続き案内に関するメールが届きます。これに従って支払いを済ませましょう。なお、支払方法において、クレジットカードの即時決済を選択された方はこのステップは不要です。

4.予約番号/確認番号の発行→手続き完了
→支払の確認が取れたら、再度ソラハピよりメールが届きます。このメールには、搭乗時に必要となる予約番号/確認番号が記載されているので、大切に保管してください。この、予約番号/確認番号の発行をもって、ソラハピでの手続きは完了となります。

実際に飛行機に搭乗する際には、上記の手続きの中で発行された予約番号/確認番号をチェックインカウンターで伝える、もしくは自動チェックイン機に入力することで航空券を発券することができます。

↓ではソラハピで格安の航空券を検索することができます。

※ソラハピでは国内線のみ取り扱っています。

2.JALのキャンセル待ちは種別/ステータスで順番の優先順位が決まる

キャンセル待ちは他の人次第ではありますが、どうしてもJALの希望便に乗りたい、というときには可能性をつなぐ便利なシステムです。運次第のようにも聞こえますが、空席が出ることはもちろんあります。そのため、うまくいけば満席となっていたJALの当日便を予約して搭乗できることもあるでしょう。しかし、JALのキャンセル待ちにおいて注意しておきたいポイントが1点あるのです。

・空席が回される順番は種別/ステータスによる

結論からいえば、このJALのキャンセル待ちは早めに受け付け・申し込みをした順番に空席を回してもらえるわけではありません。この優先順位は、あなたの種別/ステータスによって変化していくのです。

種別/ステータスとは、簡単にいえばJALの会員のランク分けです。この会員とは、JALのマイレージ会員のこと。その会員のなかでも、プレミアやダイヤモンドなど、さまざまなランクがあります。そして、このランクが上か下かで空席が回される、つまり呼び出される順番が決まるのです。

種別 プラン名
種別S
(優先順位1位)
JGCプレミア
JMBダイヤモンド
oneworldエメラルド
種別A
(優先順位2位)
JALグローバルクラブ
JMBサファイア
JMBクリスタル
oneworldサファイア
oneworldルビー
種別B
(優先順位3位)
会員ではない方
種別C
(優先順位4位)
それ以外

JALの会員のランク、またそれぞれの空席が回される順番は上記の表の通りです。JALの会員ではない方は、基本的に種別Bに位置するため優先順位は上から3番目となっています。

とくに人気の便や繁忙期などは、種別S~Aほどはなければ、キャンセル待ちで空席を勝ち取れる確率は下がってしまうでしょう。JALでキャンセル待ちをしようと考えているのであれば、このことはしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

なお、飛行機におけるキャンセル待ちでJALのように種別/ステータスで空席が回される順番が決まるという航空会社は他にもあります。他の航空会社のキャンセル待ちに関しては、「成功確率約70%!飛行機キャンセル待ち方法は事前or当日に空港で予約|ANAやJALは種別次第?」で、詳しく解説しています。

3.申し込み方法➀:ネット予約のキャンセル待ちサービスが便利

JALのキャンセル待ちは、主にネット・空港カウンター・電話で受け付け・申し込みをすることができます。ここでは、そのなかでも便利なネット予約のキャンセル待ちサービスの仕組みや手続き方法について見ていきましょう。

・ネット予約のキャンセル待ちサービスとは?

キャンセル待ちサービスとは、JALのキャンセル待ちの予約をネットからおこなうことができる、便利なサービスです。一般的な空席照会と同じ流れで、簡単に申し込みが可能となっています。

ただし、このネットでのキャンセル待ち予約は、JALマイレージバンク会員のみが利用することのできるサービスです。年会費・入会費のかからないものもあるので、興味のある方はぜひご検討ください。

JALマイレージバンクについて(公式サイト)

なお、JALのネット予約でおこなうことができるこのキャンセル待ちサービスには、利用する上で以下のような条件が定められています。利用する際には、これらの点に注意しましょう。

申し込み・預かり期限 便出発の24時間前まで
キャンセル待ち可能な運賃 変更が可能な運賃
(普通運賃や往復運賃、ビジネスきっぷなど)
※株主優待割引は除く

・キャンセル待ちサービスの申し込み/予約方法

JALのキャンセル待ちを、キャンセル待ちサービスで申し込みをする際の流れは以下のようになります。


1.JAL公式ホームページのトップへいきます。


2.片道を選択し、出発・到着地を選択。希望の日付やクラス、人数を入れたら、検索するをクリックします。


3.検索結果ページの運賃の欄に、キャンセル待ちとあるものを選びます。ログインしていない場合は偏移した画面でマイレージバンクの番号とパスワードを入力します。


4.メールアドレスを入力し、申請します。空席が確保された場合はその際に入力したアドレスに結果が送付されてくるので、こまめにチェックしましょう。

・空席確保後は予約確定を忘れずに

キャンセル待ちで空席が出て、メールが来た場合、まだそこで完了というわけではありません。ネットから予約した場合は、予約を確定させなければならないのです。

まずは、ホームページからログインして予約の一覧を確認しましょう。キャンセル待ちをしていた便を選択したら確認するを押し、そこでキャンセル待ちの内容を確認してください。ここで、キャンセル待ちの予約を確定させることができます。なお、この確定は席の確保から6日以内におこなう必要があるため、注意が必要です。

その後は、取得した座席の運賃を支払いましょう。普通運賃の場合はそのままお支払い、という流れで大丈夫です。ただし、往復運賃などの片道だけでは算出できない割引をご利用の際は、コンタクトセンターに1度相談する必要があります。

この支払いの期限は、予約の確定から2日後まで、確定日も含めると3日間となります。入金が遅れないよう、気を付けるようにしましょう。

4.申し込み方法➁:当日空港での予約は空席確保確率は低い?

JALのキャンセル待ちの申し込み方法として、ネット予約と同じくよく利用されるのが、当日空港で手続きするというものです。

・当日空港でのキャンセル待ち申し込み/予約方法

ここでは、空港でキャンセル待ちを申し込んでから搭乗するまでの流れを解説していきます。


1.空港に着いたらまずは航空券整理券を用意します。これは自動チェックイン機でも購入できますし、空港にあるカウンターでも手続きすることが可能です。


2.整理券を発行したら、そのまま保安検査などの手続きに移りましょう。


3.検査完了後は、呼び出し予定時刻まで待機します。呼び出し予定時刻は整理券に記載があるので、その時間が近づいてきたら所定の集合場所へ移動しましょう。


4.呼び出しがあった場合は、そのまま搭乗できます。呼び出しがなかった場合は席を用意できなかったということなので、航空券を払い戻しましょう。

この方法が一番シンプルではありますが、当日の申し込みとなるため、ネットを利用した場合の事前予約とは異なり少々座席確保は難しいかもしれません。

※ソラハピでは国内線のみ取り扱っています。

5.申し込み方法➂:電話でもキャンセル待ち予約は可能

JALのキャンセル待ちには、電話で予約するという申し込み方法もあります。電話の場合、コールセンターに問い合わせをすることで予約をすることが可能です。そのあとはスタッフの方と相談をしながら、手続きを進めていくという流れになります。

申し込み完了後、空席が確保できたという場合は電話でその結果が報告されるようになっています。この電話は座席が確保できなかった場合はかかってこないため、注意しておきましょう。

なお、メールで連絡を受け取るというということは不可となっています。また、空席が確保できた場合、JALホームページから確認をおこなうこともできないため、これらのことは覚えておきましょう。

6.【裏ワザ方法】空席照会のこまめな確認で空席確保が可能なことも

JALのキャンセル待ちは確かに便利なシステムですが、種別によって空席が回される順番の優先順位が変わる上に、人気の便ともなるとかなりの争奪戦となります。最終的には運であるともいえますが、一か八かキャンセル待ちを申し込んで祈るというのは、少々無謀ともいえるでしょう。

キャンセル待ちを申請するのはもちろん、その便にどうしても乗りたいのであれば、もうひとつやっておいた方がよいことがあります。それは、JAL公式ホームページの空席照会ページをこまめに確認する、という作業です。

・空席照会で満席でも空席確保の可能性がある?

出発数日前に確認したけどキャンセル待ちの表記だった、という状況でもあきらめずに当日の直前までネットで座席をこまめにチェックし続けましょう。

1度満席になってしまった便でもキャンセルがあれば再度売り出す、ということは十分ありえます。JALにキャンセル待ちを申し込んでおいた上で、この方法も実践しておくと、空席確保の確率が上がるかもしれませんよ。

空席が出るタイミングは一概にどれぐらい、とはいえません。しかし、当日のフライト直前(数時間前)でも意外とキャンセルが入ることは多いといわれています。しかし、この空席はすぐに埋まってしまうことも多いため、見つけたらできるだけ早く予約するようにしましょう。

なお、この方法も決して確実というわけではありません。また、仮に座席が空いたとしても同じ考えの人にすばやく予約されてしまう可能性もあります。

その日、近い条件で移動できれば大丈夫!という方は、似た条件の別のフライトを検索しておいても損はないでしょう。

※ソラハピでは国内線のみ取り扱っています。

7.欠航で変更希望飛行機が満席→当日空席待ち可能

予約していた飛行機が悪天候などが原因で欠航してしまった、という場合もキャンセル待ちを利用することは可能です。なお、このような場合のキャンセル待ち申し込みは、電話ではおこなうことができないため、この点は覚えておきましょう。

実際にキャンセル待ちを申し込む際には、まず当日空港の自動チェックイン機もしくはカウンターにて整理券を発行します。その後は、保安検査などの手続きを済ませ、呼び出し予定時刻まで待機するといった流れになります。呼び出し時刻と呼び出し場所は、整理券に記載されているので、遅れないようにしっかり確認しておくようにしましょう。

なお、この整理券は当日のみ有効なものとなっています。そのため、翌日などもキャンセル待ちをするという場合は、翌日再度整理券を発行する必要があるため、注意が必要です。

・【おまけ】欠航や遅延→手数料無料で払い戻しや予約変更が可能

欠航や遅延が原因で予約していた飛行機に搭乗できなくなってしまった場合、予約変更、つまり振替はもちろん、払い戻しも手数料なしでおこなうことが可能となっています。また、本来は予約変更のできない先得や特便割引といった割引運賃の航空券に関しても1回限定ではありますが、予約変更が可能となっているのです。

なお、予約変更また払い戻しをする上では、それぞれ受付可能期間が定められているのでしっかり確認しておきましょう。

【予約変更可能期間】
予約変更可能運賃の場合:航空券有効期間/もともとの予約便出発予定日+30日(いずれかの長い方)
予約変更不可運賃の場合:もともとの予約便出発予定日+30日

【払い戻し可能期間】
予約変更可能運賃の場合:航空券有効期間+10日/もともとの予約便出発予定日+40日(いずれかの長い方)
予約変更不可運賃の場合:もともとの予約便出発予定日+40日

当日中に希望路線を移動する必要があるわけではないのであれば、払い戻しをして別日の飛行機に予約変更するという方法もあります。自分の予定に合わせた対処法を選択するようにしましょう。

8.空席があればキャンセル待ちでアップグレードも可能

JALのキャンセル待ちは、満席の飛行機に乗りたい、というとき以外にも利用することが可能となっています。とくに、普通席から上のランクの座席へ変更したい、という場合は最適な方法です。

・アップグレードしたいときにも利用可能

JALは国内線の場合、空席さえあれば当日でも座席をアップグレードできます。当日、空港でも空席の確認はできますが、自身のスマートフォンなどでもチェックしておくとよいでしょう。なお、当然ながらアップグレードした場合はその座席分の差額が発生します。それが、以下の通りです。


普通席からクラスJに:1,000円
普通席からファーストクラスに:8,000円
クラスJからファーストクラスに:7,000円

なお、普通席以外の座席も満席の場合は、キャンセル待ちをすることができます。クラスJへは1,000円でランクアップできるので、運よく空席が出た場合は狙ってみてもよいでしょう。

9.確実に移動したいなら飛行機以外の方法に変更も

JALのキャンセル待ちをはじめ、飛行機の予約は全席指定席かつ人気の移動手段ということもあり、少々予約できるかが不安定な面もあります。飛行機で移動できない、となってしまったときのために念のため別の移動手段についても頭に入れておきましょう。

・新幹線

長距離移動に利用する交通手段として、飛行機同様に高い人気をほこるのが新幹線です。国内であれば、飛行機でフライトできる距離はおおよそ新幹線でも移動することができるでしょう。北海道から沖縄のような極端な例を除き、新幹線や特急などを組み合わせれば移動できない、ということはあまりありません。

また、新幹線は1部の路線を除き自由席というシステムがあるため、満席や完売で乗れなかったということがありません。飛行機に比べてかなりの時間がかかってしまうこともありますが、どうしてもその日移動しなければならない、という場合には移動手段の1つとして考えておいても損はないでしょう。

ちなみに、遠距離を旅行やビジネスなどで移動する場合は出先で1泊や2泊する方も多いのではないでしょうか?そんなときは、ekitanのホテルパックがおすすめです。ホテルと往復の新幹線をパックで予約することで、お得に移動と宿泊ができますよ。


【移動区間・宿泊例】
・東京→新大阪(2019年9月13日~14日/大人1名)
・13日/6時発→1泊→14日/6時発

◆ekitanパック
合計:31,700円

◆個別
新幹線:14,250円(指定席)×2=28,500円
ホテル(ホテル法華クラブ大阪):9,450円【パック部屋と同条件】
合計:37,950円

・バス

区間の距離によっては、高速バス夜行バスを使うという手もあります。なお、飛行機で移動する距離であれば、比較的夜行バスが多いでしょう。

夜行バスの魅力的なポイントは、やはりその安さです。加えてホテル代なども節約できるので、非常にお得であるといえます。とはいえ、飛行機・新幹線と比較すると、その所要時間は長くなってしまうことが多いため、この点はデメリット。また、車内で就寝するというのも、体力的につらいと感じることもあるでしょう。

そのため、自分の好みや状況とも相談して、利用を決めましょう。

・レンタカー

遠方へ旅行などに行く際は、各地を回る足が欠かせません。現地の交通機関を利用するのもよいですが、自由に見て回りたいのであればレンタカーを利用するという方法もありますよ。

レンタカーであれば交通機関のダイヤやルートを気にする必要もなく、好きなときに好きな場所へ行くことが可能です。近年では乗り捨てという、わざわざ借りた店に行かなくとも近隣の店舗に返せばよいという便利なサービスも多いので、さらに自由度が増していますよ。

免許を持っていて現地を自由に見て回りたいという方は、ぜひご利用を検討してみてください。

10.まとめ

JALのキャンセル待ちは、ネット・電話・空港などの方法で申し込みが可能です。なお、それぞれの申し込み方法によって手続きの流れは異なるため、利用する際には注意しましょう。

本記事ではこのように、JALのキャンセル待ちについて解説してきました。しかし、キャンセル待ちはJAL会員の種別で空席の回される順番が決まったり、そもそも空席が出るかが他の人次第であるなど、少々不確実な方法であるといえます。

そのため、まずは他の航空会社に似た条件の便がないかを探すことをおすすめします。その際には、簡単にかつ素早く希望区間の航空券を検索できるソラハピを利用してみてくださいね!

↓ではソラハピで格安のJAL航空券を検索することができます。

※ソラハピでは国内線のみ取り扱っています。

Pocket

一覧ページへ戻る