格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2019.02.13

飛行機の便名とは?番号の意味と決まり方、ANAはなぜ「NH」なのか。

飛行機には1便づつ、便名が決められています。さまざまなアルファベットや数字で組み合わされているものですが、あれには一体どんな意味があり、どんな法則で決まっているのでしょうか?

自分の乗る便名を覚えていると、何かと役に立つことがあります。ぜひこのコラムで理解を深め、この豆知識を次のフライトの際に役立ててくださいね!

飛行機の便名とは?

「JAL502」「GK184」「NZ87」などのこの番号は「便名」といいます。飛行機の便名はフライトナンバーとも呼ばれていますが、一体どのような意味があるのでしょうか?

機体そのものについている番号だと思いがちですが、便名は機体の番号とは別物で、それぞれのフライトごとに番号が割り振られているのです。

たとえばある同じ機体が、1日のうちにA空港からB空港へ3回行くとしましょう。すると、フライトをするのは同じ機体なのに、その機体についている便名は3回ともそれぞれちがうのです。1日のうちに同じ名前の便名が飛ぶことはまずないでしょう。

フライトごとに便名が割り当てられることによって、乗客側も飛行機を見分けやすく、また管制官が指示を出す際の混乱も防ぐことができます。フライト日と便名だけで、どの航空会社なのか、発着時間はいつのものなのか、発着空港はどこか、などの情報がわかるのです。

そのため、便名とフライト日時をあわせて把握しておくと、フライトについてなにか問い合わせる必要があるときも役に立つでしょう。航空券を予約したら、便名を控えておくのがおすすめです。

番号はどうやって決まっているの?

どのフライトなのかをすぐに見分けることができる便名ですが、ランダムに割り振られているわけではありません。実は便名の番号の決め方には秘密があるのです。

たとえば、フライトの行き先が便名に影響していることがあります。東・北へ行くフライトは偶数番号が、西・南へ行くフライトには奇数番号が使われていることが多くあるのです。

また、4桁の番号にも地方便、共同運航便、貨物便、回送便などの意味があり、JALの場合だと1000番台は羽田空港発、2000番台は伊丹空港発、3000番台は福岡空港発をしめしているといいます。

ほかにも、3桁以内の番号や「001」「002」などの若い番号が使われている場合は、その航空会社の看板路線や、昔からある王道路線が割り振られていることが多いようです。

今回ご紹介した飛行機の便名の割り振り方はあくまでも一例で、航空会社によって少し異なることがあるようです。普段よく使っている航空会社の便名がどのように決められているのか、考えてみるのもおもしろそうですね。

国内の航空会社コード

これをお読みになっている方のほとんどがご存じでしょうが、飛行機の便名は数字の前にアルファベットがついていますよね。あのアルファベットは「レターコード」とよばれており、航空会社をあらわしています。国際線は2つ、国内線は3つのレターコードが使われています。

航空会社のレターコードは以下の通りです。

このレターコードのなかでも、ANA(全日本空輸)の国際線レターコード「NH」には深い由来があるのです。一体どんな意味があるのか、皆さんご存知ですか?

ANAのレターコードには、ANAの生い立ちが隠されています。ANAはもともと、1952年に設立された「日本ヘリコプター輸送株式会社」という名前の会社でした。現在のような旅客航空事業をはじめたのは設立の翌年の1953年、さらにそこから4年が経過した1957年に「全日本空輸株式会社」に社名を変更し、現在の「ANA」になったのです。。

「NH」はANAの前身である「日本ヘリコプター輸送株式会社」から誕生したレターコードなんですよ。

普段は気にすることのない記号にこんな意味があったなんて、驚きですね。

コードシェアだと1便に複数の便名があることも

飛行機の便名があれば、どのフライトのことなのか簡単に知ることができます。しかし中には、ひとつのフライトに複数の便名がついていることがあるのです。このような便は「コードシェア便」といって、ひとつのフライトを複数の航空会社で運航しているフライトです。

たとえば、福岡を拠点に運航している航空会社「スターフライヤー」は、いくつかの便をANAとコードシェアで運航しています。このような場合、ANAの便名で予約したのに実際に乗るのはスターフライヤーの機体、乗務員、機内サービスのフライトだということがおこります。思っていた航空会社とちがう機体に乗ることになると、驚いてしまいますよね。

航空券を予約する際に便名が2つ以上あったり、便名の下に「○○運航」と別の航空会社の名前があったりする場合はコードシェア便だと見分けることができます。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

飛行機の便名はランダムに決められているわけでなく、アルファベットは航空会社を、番号はフライトをあらわしています。便名をみれば、どのフライトなのかを見分けることができるのです。

また、コードシェア便の場合はひとつのフライトに複数の便名がついていることがあります。予約する際に便名の欄をチェックしてみましょう。

航空券をみてみたい方はソラハピのチケット検索ページをご覧くださいね。

一覧ページへ戻る