格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 飛行機の活用術

2018.12.07

ジェットスターを乗りこなそう!LCC国内線は何に注意すればいいの?

ジェットスターを乗りこなそう!LCC国内線は何に注意すればいいの?
Pocket

LCCに乗るのが初めてだという方や、なかなか飛行機に乗る機会がないという方は、旅行にわくわくしながらも、うまく手続きできるか少なからず不安も抱くものです。

飛行機は新幹線などとは違い、出発までにやらなければいけない手順があります。そのため出発時間ギリギリに空港に到着していては間に合わないのも、不安の原因かもしれません。

今回は、日本でもネットワークを広げているLCC、ジェットスターの乗り方について詳しく解説していきます。ANAやJALのようなフルサービスキャリアと、LCCのジェットスターには、どのような違いがあるのでしょうか。

旅行当日にスムーズに搭乗できるよう、ジェットスターの乗り方や注意すべき点をチェックしておきましょう。

まずは荷物を準備!機内へ持ち込めるのは7kgまで

旅行へ向かう前に、まずは自宅で荷物を準備しますよね。その際、ANAやJALに乗る感覚で荷物を準備するのは、少し危険かもしれません。一般的にLCCでは、多くの航空会社で荷物受託、機内持ち込みの重さが厳しく規制されている傾向にあります。

そのため、ご自身のお持ちの荷物を預けるか、機内に持ち込むか、さらに重さも把握しておくことが大切なのです。

ジェットスターの場合、予約したクラスによって、無料で預けられる荷物の重さが異なります。ご自身がどのクラスの運賃で予約したか、確認してみましょう。そのクラスわけは以下の通りです。

・エコノミークラス「Starter」「Starter FlexiBiz」…預け入れ荷物はすべて有料
・エコノミークラス「Starter Plus」…10kgまで預け入れ無料
・エコノミークラス「Starter Max」…30kgまで預け入れ無料
・ビジネスクラス「Business」…30kgまで預け入れ無料

安い運賃で航空券を予約した場合、荷物を預けるのには追加でお金がかかります。一番お得に旅行するには、できるだけ身軽に、機内へ持ち込めるだけの荷物で搭乗する必要があります。

そこで気になるのが、機内へ持ち込むことができる荷物の制限です。ジェットスターでは、機内持ち込みの荷物は、エコノミークラスでは、ひとり7kgまでと定められています。また、その荷物の大きさですが、スーツケースであれば、縦・横・奥行きが56cm×36cm×23cmまでと決められています。

もし規定の重さや大きさを超えてしまった場合、預け入れなければなりません。その際、「Starter」クラスや「Starter FlexiBiz」クラスだった場合、追加料金が取られてしまいます。

ビジネスクラスでは、14kgまで機内に持ち込むことが可能です。ご自身の予約した航空券を確認してみましょう。せっかくLCCで安く航空券を予約できたとしても、結局お金がかかってしまった……なんてことにならないよう、旅行に持っていく手荷物を工夫できるとよいですね。

まずは荷物を準備!機内へ持ち込めるのは7kgまで

空港にはいつまでに行けばいい?

さて、いよいよ旅行前日。そんなときに確認したいのが、空港に到着していなければならない時間です。特にご友人と旅行に行くなら、事前に打ち合わせをしておきたいですよね。複数のターミナルがある空港では、LCCはアクセスがあまり良くないターミナルに振り分けられている可能性が高いのです。そのため、ターミナルまで行く時間も考えておかなければなりません。

たとえば、成田空港では、ジェットスターはアクセスが比較的良くない、第3ターミナルから運航しています。そのため、余裕をもって空港に到着するようにするように意識しましょう。

この後にも説明しますが、チェックインカウンターの締め切りや、搭乗締め切りなど、あらかじめ知っておくべきことはたくさんあります。時間に追われないためにも、時間に余裕をもって空港に向かい、心に余裕を持っておくことが大切なのです。

空港へ到着したらチェックインカウンターへ

空港に無事到着したら、チェックインカウンターへ向かいます。ジェットスターの国内線は、

出発2時間前…カウンターでのチェックイン、荷物預け入れ受付開始
出発30分前…カウンターでのチェックイン、荷物預け入れ受付終了

となっています。荷物を預け入れない場合でも、飛行機の出発時刻の30分以上前にはカウンターでのチェックインをしなければなりません。

飛行機になかなか乗る機会のない方は、新幹線や電車のような感覚で空港に到着してしまうかもしれません。そんなことがないよう、余裕をもって、出発時間の1時間ほど前には、空港に到着しておくと安心ですね。

空港へ到着したらチェックインカウンターへ

あとは保安検査場を通って搭乗口へ行くだけ

カウンターでのチェックインを済ませ、荷物を預け入れたら、あとは保安検査場を通って、搭乗口へ行くだけです。保安検査場は、時間帯や時期によって長蛇の列ができていることもしばしばあります。そのため、ここでもギリギリの行動をしないことが大切です。

ジェットスターの国内線では、

出発25分前…搭乗ゲート付近に集合
出発15分前…搭乗締め切り

となっています。ここからも、出発30分前ギリギリに空港についてしまうと、かなりバタバタ忙しくなってしまうことがおわかりいただけると思います。

また、ターミナルが広い場合は、保安検査場から搭乗ゲートの距離がかなりあることも考えられます。空港の端っこにある搭乗ゲートでも焦ることのないよう、時間の決まりをしっかりと把握しておき、時間に余裕を持った行動をしましょう。

まとめ

LCC独特の決まりや、厳しい荷物の規制があることをおさえておかないと、旅行当日に痛い目に合う……なんてこともあるかもしれません。ジェットスターの国内線での決まりを知っておきましょう。

予約したクラスによっては、荷物の預け入れ自体に料金がかかる場合もあります。事前に、ご自身が予約した航空券のクラスを確認しておくことが大切です。

また、LCCは比較的アクセスに時間がかかるターミナルから運航しているケースがあります。そのため、LCCだからこそ、時間に余裕をもって行動することが大切です。電車などの感覚ではなく、飛行機では、出発時間の1時間前ほどには空港についていることをおすすめします。

LCCのジェットスターで安く航空券が取れるからこそ、旅行当日に無駄な出費がないようにしたいですよね。飛行機での空の旅から楽しい時間になるように、ジェットスターの乗り方や決まりを知ったうえで出かけましょう。その楽しいご旅行の計画には、ぜひソラハピをご利用くださいね。

ジェットスターの格安航空券を探す

Pocket

一覧ページへ戻る