格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 空港

2018.11.13

ジェットスターの名古屋発フライトに乗ろう!就航都市とお得な運賃

ジェットスターの名古屋発フライトに乗ろう!就航都市とお得な運賃

ジェットスターは、国内最大就航数を誇るLCC航空会社です。近年のLCCトレンドにより多くの格安航空会社が有名になりましたが、ジェットスターはその中でも飛びぬけて安い航空券を提供しているようです。

今回はそんなジェットスターの名古屋発フライトにのりたいという方に向けて、就航都市や運賃、その他の情報についてまとめてみました!

名古屋のジェットスター路線は4都市!

中部国際空港(セントレア)の公式HPによると、現在ジェットスターは名古屋からは4都市に就航していることがわかります。福岡(1日3往復程度)、札幌(1日2往復程度)、沖縄(1日1往復程度)、鹿児島(1日1往復程度)の4都市なのですが、いずれも日本航空(JAL)とのコードシェア便のようです。

コードシェア便というのは、「シェア」という名前が示すように、共同で運航しているという意味があります。この場合ですとJALがジェットスターの便にJALの便名を付けており、JALからも購入して乗ることができるのです。

マイルを貯めたりするのであればJALなど大手航空会社から予約するほうがよいですが、座席を安く買いたいのでれば、大手航空会社ではなく運航担当の航空会社(今回はジェットスター)で購入したほうが安くつくことが多いです。

また、運航会社が持っている座席と、大手航空会社が買い上げた座席にも違いがありますので、一方が満席でももう一方は空席となっている場合があります。もし希望の日に空きがなければもう一方の会社からチェックしてみましょう

名古屋のジェットスター路線は4都市!

運賃とタイムスケジュール

では、ジェットスターで名古屋の中部国際空港からフライトを予約する場合、運賃はどれくらいなのでしょうか?また、タイムスケジュールはどのようになっているのでしょうか?調べてまとめてみました。

運賃とタイムスケジュール

こうしてみると、ジェットスターは本当に安いという印象を受けますね。ただし、LCCの運賃は残席数によって変化します。よりお得な料金で飛行機に乗りたいのであれば、早めに予約するのがおすすめです。また、飛行機に乗る人が少ない平日などは、フライト直前でも安く予約できる可能性があります。覚えておくと役に立つかもしれませんよ。

セントレアのジェットスターカウンターの場所

では、ジェットスターで名古屋から飛び立つ際の手続きはどうしたらよいのでしょうか。中部国際空港(セントレア)のジェットスターカウンターの場所を調べてみました。

【国内線】

国内線の場合、チェックインカウンターは「O」です。フライト出発時刻の2時間前からチェックインを開始しています。

また、自動チェックイン機やオンラインチェックインを利用するのもおすすめです。自動チェックイン機は出発時刻の3時間前から使えるので、早めに到着した際は特に便利ですね。

また、オンラインチェックインは預け入れ手荷物がない方にオススメです。国内線の場合は、出発時刻の48時間前から1時間前までスマートフォンやパソコンからのチェックインが可能です。空港のチェックインカウンターはいつもたくさんの人が並んでいるので、その手間や時間が省けるのはうれしいですね。

【国際線】

ジェットスターの国際線のチェックインカウンターは「F」にあります。出発時刻の3時間前からチェックインができるので、国内線よりも時間に余裕をもって空港に到着しておきましょう。

セントレアのジェットスターカウンターの場所

セントレアへのアクセス方法

多くの都市において、空港は都心よりも少し離れた場所にあるものです。ジェットスターで名古屋発フライトに乗る場合、空港へはどのようにいけばいいのか気になりますよね。

中部国際空港(セントレア)はアクセス手段が電車、バス、車、さらには高速船と豊富にありますが、公共交通機関の場合はバスか電車が便利です。

名古屋駅から電車で行く場合は名古屋鉄道(名鉄)を使用することになります。ミュースカイあるいは特急や準急に乗り、30分前後での到着です。

特急や準急であれば乗車券の870円のみですが、全車両特別車であるミュースカイの場合は、乗車券(870円)のほかに別途360円、合計1,230円かかりますので注意しましょう。

バスの場合、名古屋市内であれば運賃は1,000円前後、所要時間は40~60分程度でセントレアにいくことができます。三重や静岡、京都からなどさまざまな場所からバスが出ていますので、県外から中部国際空港(セントレア)へお越しの方におすすめです。

また、始発のフライトに乗る場合は電車よりもバスのほうが1時間ほど早い時間に到着できます。また終発も電車よりバスのほうが1時間ほど遅くまであります。

詳しくは「セントレアへはバスで行こう!実は電車よりも便利。乗り場や運行情報」にまとめてありますので、あわせてごらんください。

まとめ

格安航空会社ジェットスターは、名古屋からもフライトを運航しており、福岡、札幌、那覇、鹿児島の4都市の路線があります。いずれも最低料金は5,000以下と非常にリーズナブルになっています。

また、チェックインは中部国際空港(セントレア)のカウンターでおこなうだけではありません。オンラインチェックインや自動チェックイン機を活用することで、よりスムーズに登場することができます。

中部国際空港(セントレア)へのアクセスは主に電車かバスですので、時間に余裕をもって到着できる手段を選びましょう。ジェットスターの名古屋発フライトをお探しでしたら、ぜひ「ソラハピ」のチケット検索ページをのぞいてみてください。お得な料金でフライトを楽しんでくださいね。

一覧ページへ戻る