格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2021.01.22

国内線ジェットスターには「オンラインチェックイン」で搭乗!チェックイン方法から当日の流れ・必要なモノ・注意点

Pocket

ジェトスターの国内線に搭乗する際には、オンラインチェックインの利用がおすすめです。オンラインチェックインを利用すると、Web上にてチェックイン手続きをおこなうことができます。

カウンターでの順番待ちや航空券のやり取りが少なく済み、搭乗手続きの時間を短縮することが可能です。やり方も簡単で、チェックインから搭乗までスマホ1つでおこなえますよ。

今回は、ジェットスター国内線での通常のチェックイン方法と、オンラインチェックインの方法、手順や利用条件、搭乗までの流れをまとめていきます。

オンラインチェックインが利用できない場合についても解説していきますので、ぜひご覧ください。

ジェットスター(Jetstar)にはオンラインチェックインで搭乗しよう!

国内線⇔国際線看板

まずは、ジェットスターのチェックイン方法にはどのようなものがあるのか確認してみましょう。ジェットスター(Jetstar)国内線の飛行機を利用するとき、チェックインの方法は主に3つあります。

【ジェットスターのチェックイン方法】
1.空港にて「カウンター」でチェックイン
2.空港にて「自動チェックイン機」でチェックイン
3. webからオンラインチェックイン

1.空港にて「カウンター」からチェックイン
搭乗日当日、空港カウンターにてジェットスターのスタッフと対面して、チェックインの手続きをおこなう方法です。

2.空港にて「自動チェックイン機」からチェックイン
搭乗日当日、空港内に設置されている「自動チェックイン機」を使って、自分でチェックイン手続きをおこなう方法です。

3. webからオンラインチェックイン
webサイトやアプリを使用し、ご自身のスマートフォン・パソコンから情報を入力してオンラインでチェックイン手続きをおこなう方法です。

上記のチェックイン方法のなかでも、オンラインチェックインは簡単で便利なためとても人気があり、過半数の人がこちらを利用しています。

ジェットスターのオンラインチェックインを利用すると、搭乗当日にチェックインカウンターへ行く必要がなく、モバイル搭乗券も利用できるため、手続きにかかる時間を削減することができます

【Webからチェックイン】スマホ・PCからオンラインチェックインする手順

オンラインチェックインはとても人気があり、利用している人も多いです。

ジェットスター(Jetstar)のオンラインチェックインを利用すると、荷物の預け入れがなければ搭乗当日にチェックインカウンターへ行く必要がないため、手続きにかかる時間を削減することができます。

オンラインチェックインの手順は以下の通りです。

【オンラインチェックイン手順】
1.ジェットスターのHPを開く
2.画面右上の「オンラインチェックイン」をクリックする
3.「ご予約番号」と「Eメールアドレスまたは姓」を入力する
4.オレンジ色のボタン「予約検索」をクリックする
5.画面に「出発地」が表示されるので確認する
6.「チェックインする」をクリックする
7.画面に「予約内容」が表示されるので確認する
8.「チェックイン」をクリックする

この時点で受託手荷物の追加・座席指定・機内食の注文などがあれば入力します。

9.画面に「最終的な予約内容」が表示されるので確認する
10.表示内容が正しければ「チェックイン」をクリックする
11.画面に「搭乗者名と便名」が表示される
12.「チェックイン」の欄にチェックを入れ、「次へ」を選択
13.搭乗券の作成画面に移る

この時点で「モバイル搭乗券」か「PDF搭乗券(紙の搭乗券)」のどちらかを選択することが可能です。モバイル搭乗券の場合は、ジェットスターから送られてくるメールに表示されるQRコード(バーコード)を見せることで搭乗できます。

PDF搭乗券の場合は、送られてくるメールに添付されているPDFファイルをダウンロードし、自分で紙に印刷して搭乗券を作成します。

スマホをお持ちの方は、モバイル搭乗券がおすすめです。では、それぞれの詳しい手順について確認していきましょう。

モバイル搭乗券:自身のスマートフォンを持っている場合

1.「スマホにモバイル搭乗券を送る」をクリックする
2. スマートフォンの「Eメールアドレス」を入力、「確定する」を選択
4. 送られてくるジェットスターからのメールを開く
5.「モバイル搭乗券を保存」のリンクをクリックする

これで画面に「予約内容」と「QRコード」が表示されます。荷物の預け入れや保安検査、搭乗の際には、このQRコードを提示してください。この画面のスクリーンショットを撮って保存しておきましょう。

PDF搭乗券:自身のスマートフォンを持っていない場合

1.「ウェブ搭乗券をダウンロード」をクリックする
2.「搭乗券をEメールでも受け取る」にチェックを入れる
3.「Eメールアドレス」を入力、「確定する」を選択する
4. PDFファイルをダウンロード、印刷する(A4サイズ・白黒印刷可)

万が一搭乗券を紛失したり、バッテリー切れなどで表示できなくなってしまった場合は空港カウンターで対応を依頼してください。搭乗券を再発行してもらうことができます。

【空港でチェックイン】カウンターでのチェックイン手順と手荷物について

搭乗当日、オンラインチェックインを使わない場合は「空港カウンター」または「自動チェックイン機」にてチェックインをおこないます。まずは『空港カウンター』でチェックインする方法をご紹介しますね。

【空港でのチェックイン方法】

国内線利用の場合、飛行機の出発2時間前からカウンターにてチェックインすることが可能です。

【空港カウンターでのチェックインの流れ】

①空港カウンターで運転免許証やパスポートなどの身分証明書を提示して、手続きをおこないます。また、受託手荷物の受付も同様に空港カウンターにておこなうことができます。

なお、運賃プランが「Starter」もしくは「Starter plus」である場合は、いったんチェックイン手続きが完了すると、その後は予約の変更をおこなうことはできませんので注意してください。

②航空カウンターでのチェックインが完了したら、つぎは手荷物の預け入れをし、保安検査場で持ち込み手荷物の検査を受けるという流れです。


【自動チェックイン機を使うチェックイン方法】

ジェットスターには自動チェックイン機というものがあり、空港カウンター以外にも、この自動チェックイン機を使ってチェックインする方法もあります。

国内線の場合、すべての空港にて自動チェックイン機(KIOSK)を利用することが可能です。国際線の場合は、中部国際空港のみとなっています。

自動チェックイン機を画面の表示に従って操作し、旅程表のバーコードをスキャンするか、6桁の予約番号を入力すれば搭乗券が発券されます。その後はカウンターでのチェックイン同様、荷物の預け入れをしましょう。

自動チェックイン機は、空港によって配置場所が異なります。また、ジェットスターではフライトによってターミナルの位置が異なる場合もあります。不安な場合は自動チェックイン機の設置されている場所を事前に調べておくのがおすすめです。

成田国際空港のように、 玄関口である第2ターミナルとジェットスターが発着する第3ターミナルが500メートルも離れている空港もありますので、余裕をもって移動できるように計画してください

なお、10人以上のグループ予約、車椅子や盲導犬、補助器具、介助などが必要な方、12歳未満の子供がいる場合は自動チェックイン、およびオンラインチェックインをおこなうことはできません。空港カウンターでのチェックインが必要となりますので注意しましょう。


【空港でのチェックイン可能時間・国内線の場合】

ジェットスター国内線のチェックイン締め切り時間は以下の通りです。

【チェックイン締め切り時間】
搭乗予定時刻の2時間前~30分前まで可
(手荷物の受付時間も上記と同じく搭乗予定時刻の2時間前~30分前まで可)

カウンターでの受付締切時間は、搭乗する飛行機の出発30分前となっています。

また、搭乗ゲートの締め切り時間は出発15分前です。大型連休の前後などは混雑するため、時間がかかります。自分の便の発着するターミナルが出入口と離れていたり、荷物の預け入れの混雑も考えられます。

とくにジェットスター(Jetstar)は時間に厳しい面がありますので、時間ギリギリですと、飛行機に搭乗できなくなるかもしれません。当日空港でチェックインをする場合は、時間に余裕をもっていきましょう。

お子さん連れはオンラインチェックインが難しい?原因と利用条件

出発口

オンラインチェックインをしようとしても、上手くできない場合があります。上記の手順にある通り、オンラインチェックインの際にはEメールを使用します。

そのため、メールを受信しないよう設定している場合やメールアドレスの入力が正しくない場合、オンラインチェックインが上手くできません。

また、「オンラインチェックインの利用条件」をクリアしていないと、オンラインチェックインすることはできません。

オンラインチェックインの利用条件を確認しよう

ジェットスター(Jetstar)のオンラインチェックインは、人によって利用できない場合があるため注意が必要です。

〇オンラインチェックイン利用条件
・「往路便の出発日~復路便の出発日」までの日数が、7日以内の往復便であること
・国内線のオンラインチェックイン時間は出発予定時刻の「7日前から35分前」まで可

〇オンラインチェックインを利用できないケース
1.幼児と一緒に搭乗する方
※国内線を利用し、なおかつ座席を使用しない幼児(2歳未満)の搭乗の場合は、オンラインチェックインが可能です。

2歳未満のお子さんが座席を使用するときは、チャイルドシートの用意が必要となるため、オンラインチェックインの利用はできません。

2.特別介助が必要な方(車椅子利用者・追加の座席が必要・補助犬を同伴する方)
※視覚または聴覚に障がいがある場合は、オーストラリア、ニュージーランド、日本国内線の利用に限り、オンラインチェックインが可能です。

3.代金の支払いが完了していない場合
4.「ジェットスター・パシフィック航空(BL)」の国際線を利用する場合

5.非常口列座席の「エクストラ・レッグルーム・シート」を予約する場合
※シンガポール発ジェットスター・アジア航空(3K)およびジェットスター・ジャパン(GK)のフライトを除く

6.グループ予約で予約をしている場合
※グループというのは、2人以上からをさします。ジェットスターでは合計9人まで一度に予約することが可能ですが、グループで予約してしまうと、オンラインチェックインができません。

7.ホノルル発着のフライトである場合

上記のなかに該当する項目がありましたら、当日空港カウンターにてチェックインをおこなって搭乗することとなります。

国際線利用者はオンラインチェックインできないの?

国際線を利用する方でも、オンラインチェックインをおこなえます。しかし、ホノルル発着・ジェットスター・パシフィック航空(BL)の便に搭乗する場合は、オンラインチェックインができないこととなっています。

国際線をあまり利用したことがない、という方は無理にオンラインチェックインを利用しようとせずに、空港のカウンターにてチェックインをおこなうほうがよいかもしれません。

そのときは、余裕をもって空港までお越しください。ジェットスターに限らず、LCCは時間に厳しく、1分でも遅れると飛行機に搭乗できなくなります

ジェットスター・LCCは時間厳守!遅刻や寝坊に要注意

下から見上げる飛行機

搭乗日当日、公共交通機関でのトラブルや寝坊などで、飛行機に乗り遅れそうになった場合は、どうすればよいのでしょうか。まずは、チェックインカウンター・搭乗口の受付開始時間締め切り時間からご紹介していきます。

【国内線】ジェットスター・ジャパン/ジェットスター空港
 チェックインカウンター受付開始時間  出発2時間前
 チェックインカウンター締め切り時間  出発30分前
 搭乗ゲートにお越しいただく時間    出発25分前
 搭乗ゲートの締め切り時間(搭乗締切) 出発15分前

【国際線】ジェットスター・アジア空港(3K)
 チェックインカウンター受付開始時間  出発2時間前
 チェックインカウンター締め切り時間  出発45分前
 搭乗ゲートにお越しいただく時間    出発40分前
 搭乗ゲートの締め切り時間(搭乗締切) 出発10分前
※ホーチミン・ダナンから出発する便の場合は、3時間前から受付開始、50分前にカウンターを締め切ります

【国際線】ジェットスター・ジャパン/ジェットスター航空(JQ)
 チェックインカウンター受付開始時間  出発3時間前
 チェックインカウンター締め切り時間  出発45分前
 搭乗ゲートにお越しいただく時間    出発40分前
 搭乗ゲートの締め切り時間(搭乗締切) 出発15分前
※A320およびA321型機によるフライト

【国際線→国内線】ジェットスター航空(JQ)
 チェックインカウンター受付開始時間  出発3時間前
 チェックインカウンター締め切り時間  出発60分前
 搭乗ゲートにお越しいただく時間    出発40分前
 搭乗ゲートの締め切り時間(搭乗締切) 出発15分前
※787型機によるフライト

遅刻のおそれがあるとき、「到着遅延料を支払う」「予約変更をする」「予約を取り消す」という3つの手段があります。

到着遅延料

ジェットスター(Jetstar)では飛行機の「出発時刻」までに空港のカウンターに到着した場合に限り、「到着遅延料」を支払うことで、空席がある別の便に振り替えができる場合があります。

しかし、「出発時刻」までに空港のカウンターに到着していなければなりません。その時刻に間に合わなかった場合、予約は変更することができず無効となります。

予約を変更

遅刻することがチェックインカウンター受付開始時間よりも早い段階で分かったときは、予約を変更してもよいかもしれません。

「Starter」をご予約の方は、予定を変更するのに、変更手数料(3,300円)必要です。電話口・カウンターで変更手続きをおこなうと、手数料は4,400円になります。

予約の取り消し

予約を取り消し、払い戻してもらいたい!と思うかもしれません。しかし運賃プランによっては、予約のキャンセルができない場合もあるため注意が必要です。

取り消し対応の可・不可

「Starter」     キャンセル・払い戻し不可
「Starter Plus」   キャンセル・払い戻し不可
「Starter Max」   キャンセル・払い戻し可
「Starter FlexiBiz」  キャンセル・払い戻し可
「Business」     キャンセル・払い戻し不可
「Business Max」  キャンセル・払い戻し可

「Starter Max」「Starter FlexiBiz」「Business Max」であれば、払い戻しが可能です。しかし、払い戻し対応を受けるには、3,000円の手数料がかかります。

また、「Starter FlexiBiz」を利用している方は、出発当日でも同日の便であれば、無料で変更が可能です。

時間に遅れる・急な予定が入るなどのトラブルは、ないに越したことはありません。万が一、ジェットスターの飛行機に乗り遅れそうになったときは、すぐに諦めず、ひとまず空港カウンターへ向かってみることがおすすめです。

まとめ|スムーズな搭乗に役立つオンラインチェックイン

ジェットスター(Jetstar)の飛行機に乗るとき、オンラインチェックインを利用すると、搭乗日当日にカウンターの行列に並んで手続きをする必要がなくなります。そのため、スムーズに飛行機に乗り込むことが可能です。

ただし、ジェットスターのオンラインチェックインには利用条件があります。チェックイン方法はオンラインチェックインだけではありませんので、自分にあっているやり方を選んでくださいね。

もしも飛行機を利用しての旅行や出張などをご検討中でしたら、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。きっとお得な航空券を見つけることができますよ!

Pocket

一覧ページへ戻る