格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2018.03.12

ジェットスターの「ウェブチェックイン」で搭乗|チェックイン方法から当日必要なモノ・印刷手順・注意点は?

Pocket

搭乗手続きは、時間内に済ませないと飛行機に乗れなくなる場合があります。そのため、日ごろあまり飛行機を利用しない方は、搭乗手続きに不安に感じるかもしれません。

そうした不安は、出発前にスッキリ解消させたいですよね。スムーズに搭乗したいときは、ジェットスター(Jetstar)の「ウェブチェックイン」の利用がおすすめです。

手続きにかかる手間や時間を削減することができるため、とても便利なサービスとなっています。

そこで当記事では、ジェットスターの国内線を利用した際のチェックイン方法について、ご紹介いたします。

手順や利用条件、搭乗までの流れまで詳しく解説していきますので、興味がある方はぜひご覧ください。

1.ジェットスター(Jetstar)はWebチェックインで搭乗!

国内線⇔国際線看板
ジェットスター(Jetstar)の国内線飛行機を利用するとき、チェックインの方法は主に3つあります。まずは、どのようなチェックイン方法があるのかから、確認してみましょう。


【ジェットスターのチェックイン方法】
1.空港にて「カウンター」からチェックイン
2.空港にて「自動チェックイン機」からチェックイン
3. web(オンライン)でのチェックイン

1.空港にて「カウンター」からチェックイン
搭乗日当日、空港カウンターにて「担当者」と対面して、チェックインの手続きをおこなう方法です。

2.空港にて「自動チェックイン機」からチェックイン
搭乗日当日、空港内に設置されている「自動チェックイン機」を使って、自分でチェックイン手続きをおこなう方法です。

3.web(オンライン)でのチェックイン
搭乗前にあらかじめご自身のスマートフォン・パソコンから情報を入力して、自分でチェックイン手続きをおこなう方法です。

上記のチェックイン方法のなかでも、ウェブ・オンラインチェックインはとても人気があり、利用している人も多いです。

ジェットスターのオンラインチェックインを利用すると、搭乗当日にチェックインカウンターへ行く必要がないため、手続きにかかる時間を削減することができますよ

次からは、空港カウンターと自動チェックイン機でチェックインをする方法をご紹介しますね。

空港カウンターでチェックイン|必要なモノ・手荷物は?

搭乗当日、空港でチェックインするときは、「カウンター」または「自動チェックイン機」を使用します。

オフラインでチェックインする方法
1.空港カウンター
2.自動チェックイン機(KIOSK)

まずは『空港カウンター』でチェックインする方法をご紹介しますね。


【空港でのチェックイン方法】

国内線利用の場合、飛行機の出発2時間前からカウンターにてチェックインすることが可能です。カウンターでの受付時間は、搭乗する飛行機の出発30分前までとなっています。

また、搭乗ゲートの締め切り時間は出発15分前です。当日空港でチェックインをする場合は、時間に余裕をもつことが重要となっています。

ジェットスター(Jetstar)は時間に厳しい面がありますので、時間ギリギリですと、飛行機に搭乗できなくなるかもしれません。

荷物の手続きやターミナルの位置のこともあります。余裕をもって搭乗したい人は、1時間ほど空港内で時間をつぶすつもりで空港に来ることがおすすめです。

空港カウンターでチェックインする流れは以下の通りです。

①空港カウンターで運転免許証やパスポートなどの身分証明書を提示して、手続きをおこないます。また、受託手荷物の受付も同様に空港カウンターにておこなうことができます。

なお、ジェットスターの航空券区分が「Starter」もしくは「Starter plus」である場合は、いったんチェックイン手続きが完了すると、その後は予約の変更をおこなうことはできませんので注意してください。

②航空カウンターでのチェックインが完了したら、つぎは手荷物の預け入れをし、保安検査場で持ち込み手荷物の検査を受けるという流れです。


【自動チェックイン機を使うチェックイン方法】

ジェットスターには自動チェックイン機というものがあり、空港カウンター以外にも、この自動チェックイン機を使ってチェックインする方法もあります。

自動チェックイン機は、搭乗券だけでなく手荷物タグも印刷できるものです。旅程表のバーコードをスキャンするか、6桁のご予約番号を入力し、手続きをおこないます。

自動チェックイン機に予約番号を入力すれば搭乗券が発券されます。その後はカウンターでのチェックイン同様荷物の預け入れをしましょう。

国内線の場合、すべての空港にて自動チェックイン機(KIOSK)を利用することが可能です。国際線の場合は、中部国際空港のみとなっています。

ただし自動チェックイン機は、空港によって配置場所が異なります。そしてターミナルの位置も、フライトプランによって違いがあるでしょう。これらの配置場所を、事前に調べておくことがおすすめです。

成田国際空港のように、第2ターミナルと第3ターミナルが500メートルも離れている空港もありますので、余裕をもって移動できるように計画してください

また、2歳未満のお子さんが座席を使用するときや代金の支払いが済んでいないときは、ウェブチェックインができないので、空港にてチェックイン手続きをおこなってください。

なお、10人以上のグループ予約、車椅子や盲導犬、補助器具、介助などが必要な方、12歳未満の子供がいる場合は自動チェックインをおこなうことはできません。空港カウンターでのチェックインが必要となりますので注意しましょう。


【空港でのチェックイン可能時間・国内線の場合】

ジェットスター国内線のチェックイン締め切り時間は以下の通りです。

【チェックイン締め切り時間】
搭乗予定時刻の2時間前~30分前まで可
(手荷物の受付時間も上記と同じく搭乗予定時刻の2時間前~30分前まで可)

最低でも搭乗予定時刻の30分前に来なければ、ジェットスター国内線に搭乗できなくなるおそれがあります。

ジェットスター国内線を利用ウするときは、時間に余裕を持って行動してくださいね。

つづいて「オンラインでチェックインする方法」についても確認しておきましょう。

スマホでWebチェックイン|チケットを印刷する方法と手順!

ウェブ・オンラインチェックインはとても人気があり、利用している人も多いです。

ジェットスター(Jetstar)のオンラインチェックインを利用すると、搭乗当日にチェックインカウンターへ行く必要がないため、手続きにかかる時間を削減することができますよ。

Webチェックインをするときの手順は以下の通りです。

Webチェックイン手順
1.ジェットスターのHPを開く
2.画面右上の「オンラインチェックイン」をクリックする
3.「ご予約番号」と「Eメールアドレスまたは姓」を入力する
4.オレンジ色のボタン「予約検索」をクリックする
5.画面に「出発地」が表示されるので確認する
6.「チェックインする」をクリックする
7.画面に「予約内容」が表示されるので確認する
8.「チェックイン」をクリックする

この時点で受託手荷物の追加・座席指定・機内食の注文などがあれば入力します。


9.画面に「最終的な予約内容」が表示されるので確認する
10.表示内容が正しければ「チェックイン」をクリックする
11.画面に「搭乗者名と便名」が表示される
12.「チェックイン」の欄にチェックを入れ、「次へ」を選択
13.搭乗券の作成画面に移る

この時点で「モバイル搭乗券」か「ウェブ搭乗券」のどちらかを選択することになります。モバイル搭乗券の場合は、ジェットスターから送られてきたQRコードを見せることで搭乗できます。

ウェブ搭乗券の場合は、PDFファイルをダウンロードし、紙にプリントアウトしたものを渡して搭乗するかたちです。

スマートフォンをお持ちの方は、モバイル搭乗券の利用がおすすめですよ。それぞれの手順について、以下にて確認してきましょう。

自身のスマートフォンを持っている場合:モバイル搭乗券


1.「スマホにモバイル搭乗券を送る」をクリックする
2. スマートフォンの「Eメールアドレス」を入力、「確定する」を選択
4. ジェットスターからのメールを受信し、開く
5.「モバイル搭乗券を保存」のリンクをクリックする

5まで問題なくおこなえますと、画面に「予約内容」と「QRコード」が表示されます。搭乗日当日は、このQRコードを検査官に提示してください。

スマートフォンを持っていない場合でも、モバイル搭乗券を利用することは可能です。ただし、ダウンロードしたPDFファイルをプリンターにて、プリントアウトする必要があります。

自身のスマートフォンを持っていない場合:ウェブ搭乗券


1.「ウェブ搭乗券をダウンロード」をクリックする
2.「搭乗券をEメールでも受け取る」にチェックを入れる
3.「Eメールアドレス」を入力、「確定する」を選択する
4. PDFファイルをダウンロード、プリントアウトする(A4サイズ・白黒印刷可)

「ご搭乗便へのチェックインが完了しました」というメッセージが表示されればwebチェックインは成功です。搭乗時間となる前に、注意事項などを熟読してきましょう。

子供はウェブチェックインができない?原因と利用条件について

出発口
ウェブチェックインをしようとしても、上手くできない場合があります。上記の手順にある通り、ウェブチェックインの際にはメールアドレスの入力やメール機能を使用します。

そのため、メールを受信しないよう設定している場合やメールアドレスの入力が正しくないと、ウェブチェックインが上手くできません。

また、「ウェブチェックインの利用条件」をクリアしていないと、Webからチェックインすることはできません。

webチェックインの利用条件を確認しよう

ジェットスター(Jetstar)のwebチェックインは、人によって利用できない場合があるため注意が必要です。トラブル発生を防ぐためにも、ひとつひとつ確認していきましょう。

〇webチェックイン利用条件
・利用する飛行機の「往路便の出発日~復路便の出発日」までの日数が、7日以内の往復便であること
・国内線のオンラインチェックイン時間は出発予定時刻の「7日前から35分前」まで可

〇webチェックインを利用できないケース
1.幼児と一緒に搭乗する方
※国内線を利用し、なおかつ座席を使用しない幼児(2歳未満)の搭乗の場合は、ウェブチェックインが可能です。幼児が座席を使用する場合は、ウェブチェックインができません。

2.特別介助が必要な方(車椅子利用者・追加の座席が必要・補助犬を同伴する方)
※視覚または聴覚に障がいがある場合は、オーストラリア、ニュージーランド、日本国内線の利用に限り、ウェブチェックインが可能です

3.代金の支払いが完了していない場合
4.「ジェットスター・パシフィック航空(BL)」の国際線を利用する場合
5.非常口列座席の「エクストラ・レッグルーム・シート」を予約する場合
※シンガポール発ジェットスター・アジア航空(3K)およびジェットスター・ジャパン(GK)のフライトを除く

6.グループ予約で予約をしている場合
7.ホノルル発着のフライトである場合

上記のなかに、該当する項目がありましたら、当日空港内にてチェックインをおこなって搭乗することとなります。

ジェットスター(Jetstar)国内線の乗り遅れに注意!

下から見上げる飛行機
もしも搭乗日当日、公共交通機関でのトラブルや寝坊などで、飛行機に乗り遅れそうになった場合は、どうすればよいのでしょうか。時間に遅れて飛行機に乗れなくなるなんて、あまり想像したくないトラブルかもしれません。

ジェットスター(Jetstar)では飛行機の「出発時刻」までに空港のカウンターに到着した場合に限り、「到着遅延料」を支払うことで、空席がある別の便に振り替えができる場合があります。

しかし、「出発時刻」までに空港のカウンターに到着していなければなりません。その時刻に間に合わなかった場合、ご予約は変更することができず無効となります

また運賃プランによっては、予約を取り消しても払い戻しがされないことがありますので、注意が必要です。

例えば、ジェットスターの普通運賃であり最安値プランである「Starter」には、安いプランであるがゆえにオプションがついていません

そのため、フライト予約を取り消しても、払い戻しをしてもらうことができず、予約内容の変更にも3,300円の手数料がかかります。時間に遅れる、急な予定が入るなどのトラブルは、ないに越したことはありません。

しかし、万が一ジェットスターの飛行機に乗り遅れそうになったときは、すぐに諦めず、ひとまず空港カウンターへ向かうことがおすすめです。

まとめ|ジェットスターはオンラインチェックインで搭乗!

ジェットスター(Jetstar)の飛行機に乗るとき、webチェックインを利用すれば、搭乗日当日にカウンターの行列に並んで手続きをする必要がなくなります。そのため、スムーズに飛行機に乗り込むことが可能です。

ただし、ジェットスターのウェブチェックインには利用条件があります。ウェブチェックインができないときは、空港のカウンターや自動チェックイン機を利用して手続きをおこなってください。

旅慣れていて飛行機を頻繁に利用するという方でも、搭乗日当日には何があるか分かりません。時間に余裕をもって行動するようにしてくださいね。

もしも飛行機を利用しての旅行や出張などをご検討中でしたら、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。きっとお得な航空券を見つけることができますよ!

Pocket

一覧ページへ戻る