格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2020.07.27

ジェットスターにベビーカーを持ち込む方法!抱っこひもは使用不可・お子さんを搭乗させるときの重要な前情報を解説

ジェットスター ベビーカー
Pocket

ジェットスターへは、規定サイズを超えない大きさのベビーカーであれば、機内に持ち込むことができます。もちろん受託荷物として、預けることもできますよ。

ただし、ベビーカーを飛行機に乗せるときは、サイズだけでなく、折り畳めるものでなくてはならない、などの注意点があります。

当記事では、ジェットスターのベビーカー、ベビー用品の持ち込み方に加え、お子さんを搭乗させるときの条件などもご紹介いたしますので、しっかり確認していきましょう。

これらのことを知らずに利用してしまうと、当日空港にて飛行機に乗れないということも、あるかもしれません。

1.ジェットスターにベビーカーを乗せる方法は2つ【機内持ち込み・受託荷物】

「ジェットスターの手荷物検査は、シビアで厳しい」という印象をもっている方は、多いかもしれません。しかし、ご安心ください!

以下の規定やルールをクリアしたベビーカーであれば、機内に持ち込むことが可能です。


【ジェットスター】ベビーカーの機内持ち込みルール

■ベビーカーの大きさ
 高さ56cm×幅36cm×奥行23cm
 ※ベビーカーを折りたたんだときの大きさです

■カバー・包装が必須
 保護カバーやバックに収納しなくてはならない
 ※同伴される保護者の機内持ち込み荷物枠で、持ち込む

■大きさがオーバーしているときは……
 機内への持ち込みができないため、受託荷物となります。
 ※ベビーカーは無料で預けることが可能です。

ベビーカーを受託荷物とする方法

機内に持ち込む必要がないときは、受託してもよいかもしれません。大きなベビーカーも、受託荷物としてなら飛行機に乗せることができますよ。

受託荷物には重さ制限がありますが、ジェットスターでは、ベビーカーは別枠となっているため、重さを気にする必要がないのです。

その代わりに、ジェットスターでは以下のようなルールがあります。


【ベビーカーを預けるときのルール】
 ・ベビーカーは折りたたみ、保護カバーの中に収納する
 ・ベビーカーに付けている付属品はすべて取り外す
   ※破損のおそれがあるため
 ・お子さんを連れている場合のみ受託が無料となる

国際線の場合でも、ニュージーランド国内の一部路線以外、ベビーカーのルールは上記と同じです。ニュージーランドの一部路線では、ベビーカーを機内に持ち込むことができませんので、受託をしてください。

ちなみに、ベビーカーだけでなく、簡易ベビーベッドなども無料で受託可能です。

ただし、それはお子さんを連れている場合のみとなっています。

「プレゼントのベビーカー、簡易ベビーベッドを飛行機に乗せたい」場合には、無料で受託することができませんのでご注意ください。

ベビー用品はベビーカー、簡易ベビーベッドだけではありませんよね。おむつ幼児食抱っこ紐なども、必要となることでしょう。

次の章にて、これらのアイテムの決まりについてご紹介いたしますので、ぜひご覧ください!

2.ほかのベビー用品はどうやって持ち込むの?幼児食は持ち込みできる!

この章では、以下のベビーカー用品の持ち込み事情について、解説いたします。


・幼児食
・おむつ
・チャイルドシート
・抱っこ紐

【1】幼児食は各自で持ち込む

ジェットスターの機内では、機内販売や機内食を利用することができますが、そのメニューのなかに、幼児食は用意されていません

そのため、幼児食が必要である方は、機内に各自で持ち込む必要があります。

ジェットスターでは、飲み物・食べ物の持ち込みが許可されていますので、事前に用意しておきましょう。

ただし飲み物は、しっかりと口が閉まらない入れ物を使用していると、機内に持つこむことができません。水筒やペットボトルなどの容器に入れて、機内に持ち込んでください。

【2】おむつは各自で持ち込み、「おむつ交換台」で替える

おむつも各自で持ち込みとなっています。機内の化粧室に、おむつ交換台がありますので、ご利用ください。

機内では、おむつやお尻ふきの用意はおこなっていないため、必要数よりも多めに用意しておくことがおすすめです。

【3】チャイルドシートの決まり

お子さんが座席を使用する場合、チャイルドシートを使用します。その用意は、ジェットスター側でおこないますが、自分で持ち込んだチャイルドシートを利用したという方もいるかもしれません。

しかし、ジェットスター・ジャパンを利用する方は、チャイルドシートを持ち込むことができません

ほかの便であれば持ち込み可能ですが、ジェットスターが定めるチャイルドシートでなくては、持ち込むことができないのです。

「今家で使っているチャイルドシートを持っていきたい」
そう思ったとしても、ジェットスターが指定しているものでないときは、それを持ち込むことができません。

【4】ジェットスター・ジャパンでは抱っこ紐が使えない

日ごろ、抱っこ紐を使っている方も多いことでしょう。しかし、ジェットスター・ジャパンでは、安全を考慮して、抱っこ紐は使用できないこととなっています。

「抱っこ紐が使えない」ということを知らずに予約してしまい、当日困ったという方も多いそうです。国際線であれば、抱っこ紐が使えます。

抱っこ紐なしの状態で、自分の膝の上に座らせるのは難しいときは、座席を使用してください。

お子さんが座席、チャイルドシートを利用するときは、「コンタクトセンター/ライブチャット」にてお問い合わせくださいね。

3.お子さんと一緒に搭乗する際の注意点

ジェットスターでは、2歳未満を幼児としています。基本的に、搭乗できる幼児の人数は、大人1人につき1人までです。

大人1人につき、幼児が2人いる場合は、1人は保護者の膝の上、1人は座席を使用することとなります。


幼児が座席を利用する際の決まりと条件

・安定して着席できるお子さんでなくてはならない
・チャイルドシートの利用が義務づけられている
・座席を使用する際にかかる料金は、大人と同じである
・モバイル搭乗券が利用できない
・座席指定をおこなう必要がある

子供料金というシステムは、ジェットスターにはありませんので、座席を使用すると大人と同じだけの料金がかかります。

モバイル搭乗券とは、電子航空券のことです。モバイル搭乗券を利用すると、スムーズな搭乗が可能となります。

しかし、お子さんがチャイルドシートを利用する際は、さまざまな用意が必要となりますので、モバイル搭乗券が利用できないのです。

また予約の際に、座席指定をしなかったときは、機械によって自動的にあてがわれます。

そのため、家族で予約しても、席がバラバラになるおそれがあるのです。お子さんの隣に座るには、座席の指定をしなくてはなりません。


幼児が座席を利用しないときの決まりと条件

・保護者の膝の上に座らせることとなる
・ジェットスター・ジャパンでは抱っこ紐が使用できない
・搭乗当日は、2歳未満であることが証明できるものが必要となる

お子さんの年齢を証明できるものとは、「出生証明書」「住民票」「パスポート」などが該当します。パスポートは、乳幼児も取得可能で、5年間使用できますよ。

また、お子さんを膝の上に座らせる場合は、モバイル搭乗券が利用できます

料金も「幼児料金」となっていますので、日本国内線であれば、1予約区間1,530円で搭乗できますよ。

国際線だと幼児料金が変動する

日本国内線の幼児料金は1,530円です。国際線を利用した際にかかる幼児料金は、ジェットスターの公式ホームページ「小さなお子様を連れてのご搭乗について」にて明記しています。


【フライト】    【幼児料金】
オーストラリア  → AUD $30
ニュージーランド → NZD $15
ベトナム     → VND 110,000~150,000/USD $5~8
長距離国際線   → AUD/NZD $50

米ドル、ユーロ、豪ドルなどを日本円に換算するとき、経済状況やレートによって料金価格が変動するため、ご注意くださいね。

4.ベビーカーの持ち込みルールを大手航空会社と比較してみよう

ジェットスターの決まりばかりに目を向けていると、
「ジェットスターのルールは細かいな……」と感じてしまうかもしれません。

そこで、上記の内容を踏まえ、他の航空会社の対応と比較してみましょう。

じつは、多くの航空会社では、ベビーカーの持ち込みは禁止されています。まずは、ベビーカーの持ち込みができる、ANA、JALの内容からご紹介いたしますね。


ANA・JALにベビーカーの国内線の決まり

【機内に持ち込める大きさの規定】
 55cm × 40cm × 25cm以内(100席以上の場合)
 45cm × 35cm × 20cm以内(100席以下の場合)

ANA、JALの機内に持ち込めるものは、手荷物1つと、身の回り品1つの計2つまでです。そして、ベビーカーは「手荷物」と判断されます

そのため、ベビーカーを機内に持ち込んだ際には、スーツケースなどの手荷物を持ち込むことが、できなくなってしまうのです。

ジェットスターでは、ベビーカーは「手荷物」ではなく別枠となっています。ベビーカーと一緒に、手荷物1つ、身の回り品を1つ、機内に持ち込むことができますよ。

以下の航空会社では、機内にベビーカーを持ち込むことができませんのでご注意ください。


■バニラ・エア
■スカイマーク
■エア・ドゥ(AIRDO)
■ピーチ・アビエーション
■ソラシドエア

上記の航空会社のフライトでは、ベビーカーを機内に持ち込むことができません。

しかし、スカイマーク、エア・ドゥ(AIRDO)、ピーチ・アビエーション、ソラシドエアでは、ベビーカーの「無料貸し出しサービス」が実施されています。

ベビーカーの「貸し出しサービス」とは!

このサービスでは、飛行機に搭乗するまでの間、ベビーカーを借りることができます。

ベビーカーを受託荷物として預けた後、「搭乗するまで子供を抱っこしたままというのは、ほかの荷物もあるため厳しい」そんなときに役立つサービスです。

なお、ベビーカーの返却は、搭乗口にておこなうこととなっています。

5.まとめ

ジェットスターにはベビーカーを、機内に持ち込むことも、受託することもできます。しかし、大きさには制限がありますので、持ち込みを考えている方は、一度ベビーカーを折りたたみ、サイズの確認をおこなってみてください。

ジェットスターでは、ベビーカーは無料、別枠という扱いとなっていますよ。

ベビーカーの持ち込みルールは、航空会社によって異なります。また、持ち込みを禁止しているところも多いため、ご注意くださいね。

Pocket

一覧ページへ戻る