格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2020.10.01

ジェットスター(GK)の評判は?座席の広さや安全性は?LCCと大手の違いとデメリット

Pocket

ジェットスターはLCC(格安航空会社)として有名です。また、弊社が独自に行ったアンケートによりますと、ジェットスターの平均評価は3.74(5段階評価)でした。点数が意外と高くて驚く人も多いのではないでしょうか?

もちろん、ジェットスターは安全性や最低限のサービスを確保しています。つまり、純粋に移動手段として考えれば、ジェットスターは優秀な航空会社といえるのです。

そしてジェットスターは乗客へのサービスに支障がないように、コスト削減の際も工夫を凝らし、他の航空会社とは異なる強みを築き上げていきました

その最たる例が、驚愕的な運賃の安さです。

ジェットスターで航空券を購入すれば、JALやANAよりも片道運賃が2~4万円安くなることも珍しくありません。往復であれば4~8万円も安くなるのですから、これには本当に驚かされます。

そして、ソラハピならそんなジェットスターの格安航空券をもっとお得に販売しています。その割引率は最大でなんと88%

この話が気になった人は 『1.ソラハピなら格安航空券をさらに最大で88%OFFに!』 をチェックしてみてくださいね。

↓時短予約なら電話予約!↓

ソラハピなら格安航空券をさらに最大で88%OFFに!

ソラハピとはマザーズ上場企業が運営している格安航空券比較販売サイトのことです。

ソラハピではジェットスター・ANA・JALなど国内主要航空会社の格安航空券をたくさん取り扱っています。

ソラハピならジェットスターの格安航空券をさらにお得に購入できると断言できますよ。

なぜなら、その理由が5つあるからです。

≪ソラハピのジェットスター航空券がおすすめである5つの理由≫

【1】ソラハピ価格のANAやJAL航空券よりもさらに平均で5,818円以上安い!
【2】出発90分前まで買える
【3】予約手続きがスピーディー《5ステップ》
【4】通話料がタダ
【5】支払い方法が12種類もある!


【1】ソラハピ価格のANAやJAL航空券よりもさらに平均で5,818円以上安い!

ソラハピから航空券を購入すると、運賃が最大でなんと88%OFFになります! その安さを確認するためにソラハピ価格のジェットスター・ANA・JALの価格を比較してみました。

すると、ソラハピ価格のジェットスターの方がANA・JALの運賃よりも平均でなんと5,818円以上安いことがわかりました!

【2020年10月13日搭乗】
【片道/大人一人/最安値航空券】

区間 ジェットスター
ソラハピ価格
ANA
ソラハピ価格
JAL
ソラハピ価格
羽田→新千歳 9,750円 19,760円 20,660円
羽田→福岡 12,630円 16,600円 16,600円
羽田→那覇 10,750円 便なし 17,010円
関空→新千歳 24,770円 27,910円 27,910円
関空→成田 11,850円 便なし 便なし
関空→那覇 19,830円 25,160円 21,560円
平均 14,930円 22,358円 20,748円

2020年10月9日現在

このようにすべての区間でソラハピ価格のジェットスター航空券が飛びぬけて安いことがわかります。もともとのジェットスター航空券が格安なこともあり、当たり前の結果かもしれませんね。

また、割引率が一番大きい区間・一番小さい区間・平均の金額差は以下のようになりました。

【ANA・JALとの金額差】

ANAとの差額 JALとの差額
一番大きい 10,010円 10,910円
一番小さい 3,140円 1,730円
平均 7,428円 5,818円

2020年10月10現在

このようにソラハピ価格のジェットスター・ANA・JAL航空券の間には大きな金額差があります。

差額が一番大きい区間ではなんと10,000円以上の差があります。最近では10,000円もあればハイエンドなホテルに一泊できますから、この差は大きいですよね

差額が一番小さい区間では1,730円~3,140円の差があります。1,700円もあれば座席のグレードアップ、3,000円もあれば食事を済ませられますから、この金額差も魅力的ですよね。

平均金額に至っては5,818円~7,428円も安くなっています。このことからソラハピ価格のジェットスター航空券はほかの航空会社のチケットよりもダントツで安いことがわかります。

ソラハピで航空券を買うときは、ぜひジェットスター航空券を試してみてくださいね。ANAやJALに比べてズバ抜けて安いお宝航空券を見つけられますよ。

ソラハピのジェットスター航空券を使って、あなたのフライトをもっとリーズナブルにしましょう。

↓時短予約なら電話予約!↓


↓じっくり派はweb予約!↓


【2】出発90分前まで買える

ソラハピなら飛行機が出発する90分前まで航空券をご用意できます。

当日に急用で飛行機へ乗ることになったときは、ソラハピを利用してみてくださいね。


【3】予約手続きがスピーディー《5ステップ》

ソラハピならカンタン・ラクチン操作で航空券の予約ができます。

1.日付と発着地を選択
ソラハピ 予約画面
日程・出発地・到着地を入力してください。

2.購入したい航空券を選択
ソラハピ チケット
希望の航空券を見つけたら、『この航空券を確保する』を選択。

3.購入者情報を入力
ソラハピ 情報入力
個人情報を入力し、予約を確定させましょう。

4.送付されたメールの内容に従い入金を済ませる
チケット代の支払い
予約が完了するとソラハピからメールが届きます。メール内に記載されている支払い期限までに、入金を完了させてくださいね。

※期限までに支払いが完了できていない場合は自動キャンセルとなります。その際キャンセル料は発生しませんが、お気をつけください。

5.入金後に送付されるメール内に記された予約/確認番号を控える
予約番号をメモする
入金が完了すると再度ソラハピからメールが届きます。メール内には確認番号または予約番号が記載されています。これは搭乗当日空港で必要となりますので、念のためにメモをしておくとよいでしょう。

6.空港へ移動する
空港へ移動する
空港に到着したら、ジェットスターの空港カウンターまたは自動チェックイン機にて、送付された番号をご入力ください。航空券が発行され、チェックイン(締め切り時刻は出発30分前)が無事に完了します。

7.いざ搭乗。良い旅を!
飛行機に乗る
ジェットスターの場合、手荷物の手続き(締め切り時刻は出発30分前)→保安検査(締め切り時刻は定まっておらず)→搭乗(締め切り時刻は出発15分前)の流れで搭乗手続きが進みます。

※締め切り時間を過ぎてしまうと、搭乗できないおそれがあります。時間には余裕を持って行動してくださいね。

これで無事に搭乗することができます。

もしも自分で予約操作を行うのが面倒なのであればお電話でのご予約がおすすめです。

格安航空券のリサーチ・面倒な個人情報の入力・予約内容の確認はすべてオペレーターが行いますので、ネット予約以上にカンタン・ラクチンに予約を済ませることができます。

お得なジェットスター航空券をパパっと片手間で予約したいときは、ソラハピの電話予約を試してみてくださいね。

あなたにお手間を取らせないよう我々が迅速に航空券を手配いたします。

↓時短予約なら電話予約!↓


【4】通話料がタダ!

ソラハピならなんと通話料が無料です。そのため、通話時間を気にせずに格安航空券を予約することができます。

もちろん、わからない点があるときもご連絡くださいね。専門のオペレーターが丁寧にお答えいたします


【5】支払い方法が12種類もある!

ソラハピでは支払い方法を豊富に取り揃えています。具体的には以下の方法で決済ができます。

【ソラハピの決済方法】

支払い方法 種類
クレジットカード VISA
JCB
Mastercard
アメリカン・エクスプレス
ダイナースカード
コンビニ支払い セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
セイコーマート
銀行払い 三菱東京UFJ銀行

2020年9月7日時点

あなたにとって都合がよい決済方法をこの中から選んでくださいね。

また、ソラハピは割引率が大きく通話料が無料なこともあり、区間や時期によっては予約がすぐに埋まってしまうことも。

格安航空会社であるジェットスターの航空券をさらにお得に購入したいときは、お早めにご予約くださいね。

↓時短予約なら電話予約!↓


アンケート結果を集計するとジェットスターの平均評価は3.74でした!

弊社が独自に行ったアンケート(ジェットスターに搭乗したことのある50人に対して5段階評価で総評してもらうもの)によりますと、ジェットスターの平均評価は3.74でした!

実はこの数値、同時期におこなったピーチ航空会社のアンケート結果よりも高得点なのです。

【アンケート結果を比較】

5段階評価 ジェットスター ピーチ
★★★★★
大変良かった
10人 7人
★★★★☆
良かった
21人 24人
★★★☆☆
普通だった
16人 13人
★★☆☆☆
悪かった
2人 8人
★☆☆☆☆
大変悪かった
1人 1人
平均評価 3.74 3.58

2020年10月8日現在

アンケート結果の内容を確認しますと、ジェットスターとピーチでは座席に対する意見で差が生まれました。

ジェットスターでは座席に対して不満を述べた人は11人/50人でしたが、ピーチでは21人/50人だったのです。

そうはいっても、ジェットスターとピーチの座席間隔は同じ71cmです。それにもかかわらずこれだけの差が出るということは、ジェットスターの方がピーチよりも座席の質が良いのかもしれません。

実際に、ピーチのアンケートに答えてくれた40歳男性Rさん(搭乗区間:関空→那覇)は「座席が薄っぺらく硬く約2時間の移動が苦痛に感じた」と答えています。

ジェットスターではそういった意見はほとんどありませんでしたから、座席の質が評価の分かれ目になったのかもしれません。

このことから、「飛行機に安く乗りたい! けど座席にもこだわりたい!」という方は、ピーチよりもジェットスターの方がおすすめです。参考にしてみてくださいね。

また、ピーチの評判に関しては『LCCピーチ航空の評判・口コミをレビュー|搭乗者の感想によるとメリットは運賃の安さ!デメリットは座席と手荷物料金』の記事でご紹介しています。

もしもピーチに乗るかジェットスターに乗るかで悩んでいるのであれば、この記事を読んでみてくださいね。

どちらに乗るべきかが一発で分かりますよ!

LCCジェットスター(GK)の評判|一番の魅力は価格の安さ!

ジェットスターの評判をインターネットで調べると、悪いところが目立つような印象を受けるかもしれません。

しかし、だからといって良くないものだと判断するのは尚早です。口コミの内容をよく読んでみると、利用者側の確認不足や「大丈夫だろう」という考えから起こるトラブルも見受けられるからです。

また、悪いところが目立つのはいつの時代も変わりません。人はどうしても悪いことに目が行きがちで、嫌な思いをするとその文句を言って解消したくなるもの。

それに対し、満足している人はそれを積極的に話すことは少ないものです。お金を払うサービスであればなおのこと、ある意味満足して当然ですから、わざわざ口に出すことはないのです。

自分に役立つかもしれないものを、他人の評価を真に受けて利用しないのはもったいないこと。他人の意見を鵜呑みにせず、いつどんなときも、自分で確かめて判断するのも賢い生き方のひとつではないでしょうか。

まずはジェットスターの魅力や評判のポイントである、価格について見ていきましょう。

同一条件なら必ず安くなる「最低価格保証」が魅力

ジェットスターの評判で中心となる話題といえば、やはりその安さについてです。費用削減や運航効率へのこだわりはもちろんですが、ジェットスターは安さへのこだわりもあります。その安さへの象徴ともいえるのが「最低価格保証」の仕組み。

もともと安いジェットスターの航空券ですが、もしも他社に同一条件でジェットスターより安いチケットがある場合、同じ値段からさらに10%割引した価格で航空券を購入することができるのです。

つまり、同一条件であれば必ず他社よりも安い価格で買えるのです。飛行機を格安で利用したいという人には外せない航空会社でしょう。

セールでは3000円を切ることも

最低価格保証も魅力的ですが、場合によってはさらに安くなることもあります。

ジェットスターでは定期的に航空券のセールをおこなっており、信じられないほど安い値段で販売されていることがあるのです。なんと過去には90円という何かの間違いのような価格で販売されていたことも。

セールの情報は公式ウェブサイトから確認することができます。気になる方は一度確認してみるとよいでしょう。

ジェットスター(GK)の座席の広さ

ジェットスターの評判で価格以外によく調べられているのが、座席に関することです。安いぶん座席が狭いのでは?と思う人が多いのでしょう。

結論からいうと、LCCであれば座席の広さはほとんど変わりません。ではLCC以外も含めた各社のシートピッチ(前席との距離)を具体的な数字で見てみましょう。

機材 シートピッチ 座席数
ジェットスタージャパン A320-200 約74cm 180
ピーチ A320-200 約74cm 180
エアアジアジャパン A320-200 約74cm 180
春秋航空 B737-800 約74cm 189
スカイマーク B737-800 約79cm 177
スターフライヤー A320-200 約86cm 150
JAL B777-200 約79cm 375
ANA B767-300 約79cm 270

LCC4社(ジェットスター、ピーチ、エアアジア、春秋航空)はどれも約74cmと、ほとんど同じシートピッチとなっています。JAL、ANAとスカイマークは約79cmと若干広い程度。それ以外では約86cmというスターフライヤーの広さが目立ちますが、大きな差はないことが分かります。

なかには、「LCCは狭いのか」と思う方もいるかもしれません。しかし、ジェットスターにはシートピッチが広い席も設置してあります。

ジェットスターには「スタンダード」「アップフロント」「エクストラレッグルーム」という3種類の座席があります。

このなかの「エクストラレッグルーム」というシートは、追加料金はかかりますが、その名のとおりシートピッチが広く、広々と座ることができるのです。体格が大きい方や足を伸ばして座りたい方は検討してみるとよいでしょう。

ジェットスター(GK)の特徴|LCCと大手航空会社の違いと注意点

ジェットスターを利用する際には覚えておくべきことがいくつかあります。ジェットスターでは予約の仕組みや料金の設定方法など、安さを追求した結果として、他社と違う部分がいくつかあるのです。

ここからはジェットスターの特徴や他社との違い、ジェットスターを利用する際の注意点について解説していきます。

最低限のサービスとオプション制

ジェットスターを利用するうえでの大きな特徴は、その予約の仕組みです。

飛行機に乗る際には手荷物の機内持ち込みや預け入れが必要になることが多いですが、なかには荷物が少ない場合もあるでしょう。荷物の重さが増えれば飛行機を飛ばすための燃料が多く必要になり、経費が掛かります。

多くの航空会社ではそれを加味して運賃を設定しており、自分の荷物が多くても少なくても運賃が変わることはありません。

しかし、ジェットスターでは少しでも運賃を安くするため、荷物の受け入れを有料にしています。荷物が少ない人の運賃は、荷物の運搬にかかる燃料が少ないぶん安くするという仕組みになっているのです。利用者側としては公平な運賃になる仕組みといえるでしょう。

ジェットスターの料金は空席連動型運賃

ジェットスターはその料金の設定方法にも特徴があります。そもそも、航空券の料金設定にはおもに2種類の方法があります。ひとつは「カウントダウン型運賃」もうひとつは「空席連動型運賃」です。ジェットスターで採用されているのは空席連動型運賃です。

・空席連動型運賃とは?
空席連動型運賃は、「空席が多いほど価格が安い運賃」です。

航空会社は、できるだけ多くの旅客を運んだほうが利益は出ます。そのため空席はできるだけ少ないほうがよく、空席を埋めるために運賃を安くするのです。

出発日に近づくほど空席は埋まっていくため結果的に当日に近ければ価格は上がる傾向がありますが、出発日に近くても空席が多ければ安く買えることもあるのです。

ジェットスターでは、この空席連動型運賃を採用しています。出発ギリギリまで安さを保ち搭乗率を上げ、運航効率を高めて運賃を安くしているのです。

・カウントダウン型運賃とは?
カウントダウン型運賃は、「事前購入割引運賃」や「早期購入割引運賃」とも呼ばれます。簡単にいえば「早く買うほど価格が安い運賃」で、大手の航空会社が多く採用している方法です。

ジェットスターは空席連動型運賃を採用しているために、「早期購入割」などのような制度がありません。その代わりに、空席連動型運賃のシステムをフルに使うことで、格安航空券を365日提供できているのです。
急な用事ができて、当日に航空券を手配しなくてはならなくなったときでも、ジェットスターなら格安であなたを目的地にまで連れて行ってくれるはずですよ。

ジェットスター(GK)のデメリットと注意点

さまざまな工夫で安価な航空券を提供しているジェットスターですが、利用する際の注意点やデメリットがあります。オプション制や空席連動型運賃の採用は、利用者一人一人の状況に合わせた運賃設定に役立っていますが、そのぶんルールなどに違いが生まれてしまうのです。

・運賃プランによってはキャンセルができず、予約の変更に手数料がかかる

ジェットスターの運賃プランのなかでもっとも安いStarter運賃は、予約のキャンセルができません。厳密にいうとキャンセル自体は可能ですが、払い戻しなどが一切ありません。出発日からどれだけ前でも、予約の直後だとしても同様です。

Starter PlusやFlexBiz運賃では払い戻しを受けることができますが、フライトバウチャー(ジェットスターの支払いに使える金券みたいなもの)での払い戻しとなります。

キャンセルする可能性がある方はStarter MaxやBusiness Max運賃で予約するとよいでしょう。また、予約の変更の際には変更前後の差額以外に、予約変更手数料が発生します。こちらも運賃プランによって異なりますので、予約の前に確認しておきましょう。

Starter Starter Plus Starter Max FlexBiz Business Business Max
払い戻し 不可 フライトバウチャーによる払い戻し 不可
取消期限 チェックイン開始時刻 チェックイン終了時刻※空港でのみ 当日
払い戻し手数料 3,000円 3,000円 3,000円
変更手数料 3,300円 無料

・手数料やオプションなどで広告の運賃よりも高くなることが多い

ジェットスターは運賃の安さに定評があり、セールなどではおよそ3,390~4,485円など、とても魅力的な価格で航空券を販売しています。

しかし、セールや広告で表示されているのはあくまで手数料やオプションを含まない金額です。荷物を預ける場合はオプションの購入が必要ですし、座席の指定も追加オプションです。

よほど荷物が少ない場合以外はオプション購入が必要なため、広告などの価格よりも高くなってしまうことが多いのです。

・手荷物や時間に厳しい

ジェットスターは手荷物や時間に厳しいという意見もあります。先ほど述べたとおり、ジェットスターの運賃の安さは重量の管理と運航効率によって実現しているものです。そのためわずかな重量やサイズオーバーにも厳しく、時間にもシビアです。

ジェットスターを利用する際は荷物の重量や大きさを確認し、不安なら追加オプションを購入するようにしましょう。時間についても、チェックインや荷物の預け入れ、搭乗ゲートへの移動など、ギリギリではなく早めに行動するように心がけましょう。ジェットスタージャパンの各種手続き締め切り時間は以下のとおりです。

【国内線】
チェックイン・受託手荷物受付締め切り:出発の30分前
搭乗締め切り:出発の15分前

【国際線】
チェックイン・受託手荷物受付締め切り:出発の45分前
搭乗締め切り:出発の15分前

ジェットスター(GK)の安全性は?安くても大丈夫!

安さが魅力のジェットスターですが、その一方で安全性はどうなのかも気になるところ。

結論からいうと、ジェットスターは安全性の面で高い評価を得ているため、安心して利用できる航空会社です。ここからはジェットスターの安全性について見ていきましょう。

安くても安全運航には妥協なし

ジェットスターが安くても安全な理由のひとつは、コストの削減方法にあります。ジェットスターは運航の効率だけでなく、機材の整備や人材育成でも効率を上げる工夫をしています。

機材整備では、使用する飛行機をA320型という機種に統一することで、機体の違いによるミスを防ぎつつ、整備士やパイロットの専門性、熟練度の向上を図っています。

また、ジェットスタージャパンではJALやANAで育成されたパイロットを採用することで、大手航空会社と同等の技術で航空機を安全に飛行させています。整備士に関してもJALと契約し、協力して日々の点検整備をおこなっています

また、ジェットスタージャパンの安全に関する基本方針の中に「安全の確保は、まず人への配慮から」という言葉があるとおり、運航そのものの安全はもちろん、従業員の労働環境の適正化にも力を入れています。

このように、安全と効率、両方を満たす工夫によって、ジェットスターは安くて安全な旅行を提供できるのです。

ジェットスターの安全性は世界トップのカンタス航空譲り

ジェットスターの安全性の根拠となるものがもう一つあります。それは、ジェットスターはカンタス航空の子会社であるということです。

じつはこのカンタス航空、世界の航空会社を評価する会社、エアラインレーティング社の評価において、安全度ランキングでトップの航空会社なのです。

当のジェットスタージャパンの評価は星7つ中4つになっていますが、これは評価基準の内容によるもの。評価基準が国際線に向けたもので、米国の承認を受けているかなどといった項目があるため、そもそも該当しない場合は星が少なくなります。

そのため一見すると低いように感じますが、ほとんど国内線だけの航空会社としては十分な評価なのです。

まとめ|余裕を持った行動で安く旅行しよう

今回はジェットスターの評判についてご紹介してきました。ジェットスターは格安の移動手段として優秀な航空会社です。

しかし、値段が安いぶん、制限があったり他社と違う部分があったりすることも確か。利用する際には荷物の量や時間、予約内容をしっかり確認し、余裕を持った行動をする必要があります。

安く移動することに特化したジェットスターを賢く利用して、旅行や仕事に活かしていきましょう。

Pocket

一覧ページへ戻る