格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2020.07.27

ジェットスターの「飲み物」の決まりとは?飲み物の持ち込みルールや機内食の利用方法・注意点【国内線飛行機】

ジェットスター 飲み物
Pocket

ジェットスターの機内には、 飲み物を持ち込むことができます。ただし、紙コップやフタがしっかりと閉められない飲み物は、持ち込むことができません。

飲み物の持参を忘れたときは、空港内機内で購入することもできますよ。当記事では、ジェットスターの機内に持ち込むことができる、飲み物の決まりを解説いたします。

アルコールの持ち込みルール 機内食に関してもご紹介いたしますので、持ち込みを検討している方は、手荷物検査で止められる前に、ぜひご確認ください。

1. ジェットスターでは飲み物は手荷物として持ち込み可!ただアルコールは……

「ジェットスターは決まりが厳しいから、飲み物は持ち込めないんじゃ……」と、不安に思うかもしれません。

しかしご安心ください!ジェットスターの国内線には、飲み物を持参することができます。

ただし、水筒やペットボトルなど、口がしっかりと締まるケースに入れていく必要があります。紙コップに入れられた飲み物は、持ち込むことができません。

機内に飲み物をスムーズに持ち込む方法

飛行機に搭乗する前には、「荷物検査」があります。その際には、水筒、ペットボトルの中に入っている、液体の確認もおこなわれます。

それは、水筒の中に、飛行機に持ち込んではいけないものが入っていないかを、確認するためです。

搭乗者の水筒の中に、ガソリン危険物が入れられているケースも考えられるため、しっかりと確認がおこなわれます。

手荷物検査を滞りなくクリアするには、市販のペットボトルを購入して機内に持ち込むか、水筒を手荷物から出しておき、すぐに中身が確認できる状態にしておくことがおすすめです。

ジェットスターの「アルコール」の決まり

アルコールも、機内または受託荷物として持ち込めます。ただし、機内でそれを飲むことはできません。

【酒類の持ち込みルール】

アルコール度数 持ち込み 受託
24%以下のもの
24%以上70%以下のもの 1人あたり5ℓまで
70%を超えるもの 不可 不可

アルコールは販売されていた容器に入れた状態で、持ち込むことを推奨しています。なぜならそのほうが、度数やアルコールの種類の確認を、カンタンに済ませることができるためです。

別の容器に入れられていても、アルコールの度数が規定以内となっていれば、持ち込むことができますよ。

また、アルコールを持ち込む際には、量と重さにご注意くださいね。

アルコール度数が24%を超えるものは、1人5ℓまでしか持ち込めません。加えて、ビンの入れ物はペットボトル容器と比べ、重さがあります。

Starterプランで予約している場合、機内に持ち込める荷物の重さは7㎏までです。

規定をオーバーすれば、追加手数料が必要となるため、重さの確認もしっかりとおこなってくださいね。

ジェットスターに持ち込めない液体とは

アルコール度数70%の酒類が持ち込めない理由として、引火性の高さがあげられます。引火性が高い液体は、基本的に飛行機に持ち込むことができません。

あとは、ペンキや硫酸など、漏れ出たときの被害が大きいものも、持ち込み・受託共に禁止されています。

ほかにも、以下のような液体は危険物として扱われ、持ち込み・受託が不可です。


・ペンキ、塗料、シンナー、ニス
・漂白剤、強力カビ取り剤
・農薬、塩酸、硫酸
・ガソリン、灯油、軽油、
・12V以上、100Wh以上の液体バッテリー
※12V以下、100Wh以下は可
・除光液、エタノール、ホルマリン

時期的に、 「アルコール消毒液」を持ち込みたい方も、多いかもしれません。

エタノール、ホルマリンの持ち込みはできませんが、消毒剤であれば、1容器あたり0.5㎏以下または0.5ℓ以下、1人あたり2㎏以下または2ℓ以下まで持ち込めますよ。

「2㎏以下または2ℓ以下」とは、化粧品類、日用品・スポーツ用スプレーなどに使用されているアルコール成分も含まれた、合計量のことをさします。規定を超えると、飛行機に乗せることができません。

当記事では、“液体”に注目して解説しています。ほかにも、スプレー類など、危険物となるものが多く存在しています。

もっと詳しく知りたい方は、ジェットスターの「危険物」のページをご確認くださいね。

2. 「飲み物を持ってくるのを忘れた!」そんなときの対応策

飲み物を家から持参し忘れた!そんなときは、空港内や機内販売でも購入できますよ。空港内で買ったペットボトルであれば、手荷物検査もスムーズでしょう。

機内で買えば、多少価格が高くなるかもしれませんが、荷物の重さの変動を気に掛ける必要がありません。

ジェットスターでは、荷物の重さを厳しくチェックしています。

飲み物やお弁当などを持ち込み荷物にプラスしたとき、重さの既定をオーバーするおそれがある場合は、無事に搭乗したのちに、機内で購入するとよいでしょう。

機内でのお買い物の際には、クレジットカード決済のみ利用可能となっていますので、ご注意ください。

2019年11月「ジェットスターショップ」がリニューアル!

ジェットスターが運営する、ジェットスターショップが成田国際空港にてリニューアルオープンしました。

このショップでは、ここでしか買えない限定のお菓子やお土産、アイテムを手に入れることができます。飲み物やアルコールも売られていますよ。

ジェットスターショップは、第3旅客ターミナルの国内線出発エリアにありますので、成田国際空港を利用される方は、ぜひ利用してみてくださいね。

3. ジェットスターの機内食を楽しむ方法【日本国内線】

ジェットスターでは、機内食も楽しむことができます。しかし、選択した運賃プランや予約内容によっては、利用することができません

運賃プランと機内食の利用方法

ジェットスターには、「Starter」「Starter Plus」「Starter Max」「Starter FlexiBiz」の4つの運賃プランがあります。

日本国内線を利用するとき、機内食が付いているのは Starter PlusStarter Max の2つです。

オプションを追加することで、他の運賃プランを利用している方も、機内食を楽しむことができますよ。

機内食は、「軽食」または「温かいお食事」の、2種類あります。温かいお食事を希望される方は、事前にその旨を予約の際にお伝えください。

予約をしなかった際には、軽食のご提供となります

なお、機内食の個数には限りがありますので、フライト予約をした時期によっては、利用ができない場合もありますのでご注意ください。

機内で軽食を買うこともできる

上記にて、「機内では飲み物を購入できる」ことをお伝えしましたが、軽食やスナック類も販売されていますよ。

販売戸数には限りがありますが、ジェットスターの機内販売「Jetstar Café」では、チョコレートマフィンやワッフル、ミックスベリーケーキ、軽食なども買えます。

機内販売の内容に興味がある方は、「Jetstar Café」のメニューをご覧くださいね。

※2020年7月22日現在、感染症の影響を受け、機内でのお食事、軽食、飲料の販売を一部休止しています。
※予約内容に食事サービスが含まれており、機内での提供ができなかったときは、払い戻し対応がなされます。

機内食、機内販売は価格が高い……そんなときは持ち込もう!

実は、ジェットスターの国内線では飲み物だけでなく、食べ物も持ち込むことが可能です

食べ物を持ち込むときは、市販で売られているもの、痛みにくいもの、臭いが強くないものを選んでください。

要冷蔵要冷凍、お寿司などの生ものは持ち込まないようにしましょう。

機内で食べるものを持ち込むときは、誤って受託荷物の中に入れてしまわないようご注意くださいね。

4.まとめ

ジェットスターには飲み物、食べ物の持ち込みができます。ただし、持ち込んだアルコールは機内で飲むことはできません。また、度数の高いアルコールは、飛行機に乗せることができませんのでご注意ください。

機内食を楽しみたい方は、予約の際にオプションの追加、運賃プランの確認をおこないましょう。

ただし、軽食の数には限りがあり、2020年7月現在、一部提供を休止しておりますので、利用できない場合があります。あらかじめご了承ください。

Pocket

一覧ページへ戻る