格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2020.07.23

ジェットスターの欠航率はそこまで高くない?返金・払い戻しをしてもらう方法を解説!よく理解してから予約しよう

ジェットスター 欠航
Pocket

ジェットスターが欠航したときは、「返金」または「後続の便に振替」をおこないます。

ただし、ジェットスターが欠航した要因によっては、対応に違いがあったり、現金ではなく商品券というかたちで返金されることもあります。

ジェットスターの本社はオーストラリアにあり、日本国内には店舗を有していないため、対応や振り込みに時間がかかることが多く、利用する際には注意が必要です。

当コラムでは、ジェットスターが欠航したときの対応策についてご紹介いたします。参考のひとつとしてご覧ください。

1.ジェットスターの欠航パターンと払い戻し・振替の流れ【台風・天候トラブル】

ジェットスターの欠航理由のひとつにあげられるのが、「天候トラブル」です。台風や吹雪などもこれに該当します。

天候トラブルはジェットスター側になにか落ち度があった、とはいえない問題です。この場合には、フライトバウチャーでの払い戻し、空港会社によっては支払元に払い戻しがおこなわれます。

フライトバウチャーとは、ジェットスターで使える商品券のようなものです。

お急ぎの方は、後続の便に振り替えることもできます。後続の便の予約は、無料でおこなえますよ。


後続に便に振り替える方法

1.「予約の確認/変更」をクリック
2. ログインまたは予約検索をする
3.「代替便/他の選択肢を確認する」を選択
4.「代替のフライトを検索する(無料)」をクリック
5. 振り返る便を決め、確定をおこなう


払い戻しを希望する方法

1.「予約の確認/変更」をクリック
2. ログインまたは予約検索をする
3.「代替便/他の選択肢を確認する」を選択
4.「他の選択肢を確認する(払い戻しなど)」をクリック
5.「払い戻し請求をする」を選ぶ
6. 払い戻しを希望する便にチェックを入れ、「払い戻し」

フライト当日、天候が荒れているときは、ジェットスターから連絡が来ていないか細かく確認してください

欠航が決まった際には、予約の際に打ち込んだメールアドレスに、欠航の連絡が来ます。

ほかにも、ジェットスターの公式ホームページやTwitterなどでも告知がされることでしょう。

手続きをスムーズにおこなうには、早めの対応が重要ですので、欠航の連絡はしっかりと受信するようにしてください。なお、クレジットカードへの払い戻しには、2か月程かかります。

2.ジェットスターの欠航パターンと払い戻し・振替の流れ【機材トラブル】

ジェットスターの欠航理由のひとつにあげられるのが、「機材トラブル」です。機材整備・機材繰りなどがこれに該当します。

機材トラブルはジェットスター側に落ち度があった、といえる問題です。この場合には、支払元に払い戻し、または後続の便に振り替えとなります。

後続の便に振り替え、払い戻しの希望方法は、天候トラブルのときと同じです。


後続に便に振り替える方法

1.「予約の確認/変更」を選択
2. ログインまたは予約検索をする
3.「代替便/他の選択肢を確認する」をクリック
4.「代替のフライトを検索する(無料)」を選択
5. 振り返る便を決め、確定


払い戻しを希望する方法

1.「予約の確認/変更」を選択
2. ログインまたは予約検索をする
3.「代替便/他の選択肢を確認する」をクリック
4.「他の選択肢を確認する(払い戻しなど)」を選択
5.「払い戻し請求をする」をクリック
6. 払い戻しを希望する便にチェックを入れ、「払い戻し」を確定

ウェルネット、キャリア決済でチケットを購入したときは、銀行口座への払い戻しとなります。払い戻しを完了させるには、15営業日ほどのお時間が必要です。

手続きが完了したという連絡は、送られてこないとのことですので、銀行口座の確認をしっかりとおこなってください。

ジェットスターの予約を、旅行会社チケット販売サイトを利用しておこなったときは、手続きをおこなった会社へお問い合わせください。

なぜなら、ジェットスターのホームページやアプリを利用せずに予約を取った場合は、アカウントがつくられていないため、ログインができない可能性があります。

予約の内容によっては、オンラインでの手続きが可能ですよ。まずは、予約を取る際に利用した会社へ連絡を取ってみてくださいね。

3.ジェットスターの欠航パターンと払い戻し・振替の流れ【感染症トラブル】

2020年7月現在、感染症によって、さまざまな航空会社のフライトが欠航しています。感染症は、ジェットスター側に落ち度があるトラブルではありません。

この場合には、後続の便に振り替え、またはフライトバウチャーでの払い戻し支払元への払い戻しがおこなわれます。

そして、ジェットスターではこのトラブルの発生に伴い、「特別対応用フライトバウチャー」というものをつくりました。

特別対応用のフライトバウチャーとは

特別対応用フライトバウチャーは、社会不安感染症などのやむを得ない状況を理由に、キャンセルを希望する方に対して提供されるものです。

次回、ジェットスターを利用する際に、この商品券が活用できます。特別対応用フライトバウチャーは、数回に分けて利用することもでき、支払額が払い戻された額を達するまで使えますよ。

ジェットスター・ジャパンは、2020年7月23日から国内線に限り、全路線の運航を再開する予定です。

そのため、7月23日以降に予約した国内線のフライトでは、特別対応用フライトバウチャーが適用されない場合があります。

分からないことがあったときは、「コンタクトセンター/お問い合わせ」にて確認してみましょう。


ナビダイヤル(有料)
 0570-550-538
Skype(無料)
 SKYPE NAME:Jetstar-Japan

日本語対応時間は、9時から21時です。ナビダイヤルは有料ですので、Skypeの利用がおすすめです。

4.ジェットスターの欠航率を大手航空会社と比較・確認してみよう!

ジェットスターの欠航にばかり目を向けてしまうと、
「ジェットスターはよく欠航するのでは……」と、感じてしまうかもしれません。

そこで、ジェットスターとほかの航空会社の欠航率を、表にて比較して見てみましょう。

【平成30年1月から3月までの欠航率】

欠航理由 JAL ANA jetstar 春秋航空日本 AIRDO
天候トラブル 1.5 1.57 0.94 0.25 1.5
機材の故障 0.07 0.04 0.38 0 0.05
機材繰り 0.28 0.38 0.86 3.68 0.72
その他 0.05 0.07 0.57 0 0
合計 1.9 2.06 2.71 3.93 2.27

上記の数字から、ジェットスターの欠航率は、ほかの航空会社と比べて極端に高いわけではない、ということは分かります。

また欠航率は、季節や時期、タイミングなどによって大きく変動してしまいます。

雪がよく降る日台風の時期にフライト予約をするとき、不安を感じる方は、大手の航空会社の航空券を予約するか、ジェットスターの「Starter Plus」「Starter Max」を利用することがおすすめです。

Starter Plus と Starter Max の見舞金システム

ジェットスターが欠航または6時間以上の遅延、運休トラブルが起こったとき、ジェットスター側から12時間以上前にそのことが告知されなかった際には、「見舞金」を受け取ることができます。

見舞金は、Starter Plusでは10,000円、Starter Maxでは20,000円を、振替の航空便を利用すると、受け取ることが可能です。

このオプションのことを、“あんしんPlus/Max”といいます。興味がある方は、是非一度「あんしんPlus/Max」のフォームをご覧くださいね。

5.まとめ|利用条件・システム・欠航情報をしっかり理解してから予約しよう

ジェットスターの欠航率は、それほど高いものではありませんが、トラブルが発生すれば、飛行機を飛ばすことができなくなります。

不運にも、予約したフライトが欠航した場合は、すみやかに手続きをおこないましょう。ジェットスターの手続きは、日本に店舗がないこともあり、完了までには時間がかかります

払い戻しだけでなく振替のときも、早めに後続の便を決定してください。お客様からの対応がされなかったときは、振替ができなくなるおそれがあるのです。

ジェットスターのシステムや提供される情報を細かくキャッチして、自分が損をしないように利用することがおすすめです。

Pocket

一覧ページへ戻る