格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2020.08.05

ジェットスターの予約取消が不可である場合とは?取消ができないと払い戻しも不可となる!システムの解説と手続き方法

ジェットスター 予約取消
Pocket

ジェットスターでは、予約の取り消しができない場合があることを、ご存知でしょうか。予約の取消手続きができないということは、払い戻しもおこなわれないということです。

このことを知らずにチケットを購入してしまった、というかたもいるかもしれません。

予約の取消ができるようにしたいときは、運賃プランの変更オプションを追加する必要があります。

ただし、予約を取り消す理由によっては、払い戻しまたは、後続の便への振り替えをしてもらうことが可能です。当記事にて、詳しくご紹介いたしますので、参考のひとつとしてご覧ください。

1.ジェットスター予約が取り消せる場合とは

ジェットスターの予約取消の可・不可には、以下の3つが関与しています。


・利用する運賃プラン
・オプションの追加
・予約を取り消す理由

利用する運賃プラン

ジェットスターには、4つのエコノミークラス StarterStarter PlusStarter MaxStarter FlexiBiz と、2つのビジネスクラス BusinessBusiness Max があります。

【エコノミークラス】

Starter Starter Plus Starter Max Starter FlexiBiz
予約取消 不可 不可
当日の予約変更 不可 不可 不可 同日の便のみ可

【ビジネスクラス】

Business Business Max
予約取消 不可
当日の予約変更 不可 不可

エコノミークラスの Starter・Starter Plus とビジネスクラスの Business では、予約の取消が不可となっています。ビジネスクラスでも予約が取り消せないのは、驚きかもしれません。

予約が取り消せないということは、払い戻しもできないということになります。StarterStarter PlusBusiness 以外の運賃プランであれば、予約の取消が可能です。

オプションの追加

ジェットスターには、「FareCredit」という払い戻しオプションがあります。

チケットを予約するときに、このオプションを追加すると、Starter・Starter Plus・Business でも払い戻しを受けることができます

払い戻しが可能となる、ということは、予約の取消ができるということです。

FareCredit を利用して払い戻しを受けたとき、返金対象外の料金とFareCredit を購入したときの料金をはぶいた金額が払い戻されます。

予約を取り消す理由

予約を取り消す理由は、人それぞれですよね。急な仕事、都合が合わなくなったなどさまざまです。

そのなかでも、予約を取り消す理由が、「社会不安(感染症など)」であった場合、どの運賃プランを選択していたとしても、払い戻し後続の便への振替対応が受けられます。

上記のことをまとめると、予約の取り消しができるときとは、以下の通りです。


・予約が取り消せる運賃プランを利用しているとき
・FareCredit(払い戻しオプション)を利用しているとき
・予約を取り消す理由が社会不安であったとき

なお、ジェットスターでは基本的に、現金での払い戻しをおこなっていません

払い戻し手続きをおこなうと、次回ジェットスターで使うことができる商品券(バウチャー)というかたちで返金されます。

次は、取り消し手続きをおこなうときの流れをご紹介いたしますね。

2.自分の都合で予約を取り消すときの流れ

予約を取り消し、払い戻し手続きをおこなうときは、3,000円の手数料が必要です。


予約取消手続き

1. ジェットスターの公式ホームページを開く
2. メニューの「予約の確認/変更」を選択
3.「詳しくはこちら」をクリック
4.「代替便/他の選択肢を確認する」を選ぶ
5.「他の選択肢を確認する(払い戻しなど)」
6.「払い戻し請求をする」をクリック
7. 払い戻し手続きをおこないたい便を選び、「払い戻し」

5,000円のチケットを購入していたとします。3,000円の手数料を支払い、5,000円分のバウチャーが送られてきました。

実質いくら戻ってきたのか、計算してみると……
 5,000円(チケット代)-3,000円(手数料)=2,000円

チケット購入時には620円の支払い手数料があり、この分は払い戻し対象とはなりませんので、2,000円-620円となり、実質1,380円返ってくることとなりますね。

チケット価格が高ければ、その分返ってくる金額も高くなります。ただし、チケットの価格が手数料を下回るときは、払戻手続きがおこなえませんのでご注意ください。

3.致し方ない理由で予約を取り消すときの流れ

致し方ない理由で予約を取り消すときとは、以下の通りです。


・社会不安のため
・急な事故による怪我、病気、近親者の不幸のため

社会不安が理由であったとき

社会不安が理由で予約を取り消すときは、特別対応が適応されると、どの運賃プランを予約していても払い戻し対応が受けられます。


1. ジェットスターの公式ホームページを開く
2. メニューから「予約の確認/変更」を選択
3. ログイン
4. 表示された予約管理画面から「詳しくはこちら」選ぶ
5.「代替便/他の選択肢を確認する」をクリック
6.「他の選択肢を確認する(払い戻しなど)」を選ぶ
7.「払い戻し請求をする」を選択
8. 払い戻しを希望する便にチェックをつけ、「払い戻し」をクリック

払い戻しだけでなく、代替の便に変更することも可能です。

手順5までは同じ流れで、「代替便/他の選択肢を確認する」をクリックした後、「代替のフライトを検索する(無料)」を選び、希望の便を予約します。

社会不安を理由に予約を取り消したい方は、早めに手続きがおすすめです。期間が開いてしまうと、特別対応が適応されなくなるおそれがあります。

事故や病気が理由であったとき

ジェットスターでは、「特別な事由による予約変更」という問い合わせ窓口を用意しています。

病気や怪我を理由に予約を取り消すときは、診断書を用意する必要があります。

診断書の料金は、怪我の状態などによっても変化しますが、入院・通院証明書(病院所定様式)の診断書料金は3,300円です。

なかには、診断書を書いてもらうのに5,000円ほどかかる場合もあります。

予約したチケットの価格が3,300円以下であった場合、診断書の料金にもよりますが、払い戻し手続きをおこなっても、あまりメリットがないかもしれません。

例えば、4人家族でフライト予約をおこなっており、お子さんが病気、または骨折などの怪我を負ってしまったとします。この場合は、払い戻し手続きを試みることがおすすめです。

「特別な事由による予約変更」のライブチャットにて、その旨を伝えて、確認を取ってみてください。

ただし、上記の内容は、国内線を予約していた場合を想定したものとなっています。

国際線を予約していた場合、病気や怪我が理由であっても、払い戻し対応を受けることは難しいです。それでも、一度確認を取ってみることがおすすめです。

予約変更可能時間を過ぎてしまったときは、あきらめずに空港カウンターまで向かってみてください。

4.飛行機に間に合わないとき!予約は取り消した方がよい?

寝坊や遅刻により、飛行機に間に合わないときは、「予約内容の変更」または、「到着遅延手数料を支払い、後続の便を利用する」という選択肢があります。

予約内容の変更をおこなう

予約内容は、チェックイン開始時刻になるまでの間、変更が可能です。


【チェックイン受付開始時間】

ジェットスター・ジャパン(GK)国内線
 飛行機の出発2時間前からチェックインの受付開始
ジェットスター・ジャパン(GK)国際線
 飛行機の出発3時間前からチェックインの受付開始

国内線の場合は、飛行機が出発する2時間以上前の段階で、予約の変更をおこなうこととなります。その時間を過ぎてしまうと、予約の変更はおこなえません

なお、予約変更手数料はネットからだと3,300円、電話・空港カウンターでおこなうと4,400円必要です。

到着遅延手数料を支払い後続の便を利用する

空港に到着したものの、時間内に搭乗することができなかったときは、空港カウンターにて到着遅延手数料5,000円~を支払い、後続の便を利用することもできます。

ただし、後続の便に空きがある時のみ、このサービスは利用可能です。ピーク時には、このサービスは利用できないおそれがあります。

チケットを買い直すという手もある

チケット価格が3,000円台であった場合、予約の変更をしても、予約を取り直してもよいでしょう。

なぜなら、予約の変更には、3,300円の変更手数料がかかるためです。電話・空港にて変更するときは、4,400円かかります。


3,000円台のチケットを購入→3,300円で予約を変更→搭乗する
3,000円台のチケットを購入→同じ価格の航空券を買い直す→搭乗する

ただ、チケットを買い直す際には、支払い手数料(620円)が再度必要となってきます。そのため、予約を変更した方が、支払い手数料分が少しお得となるでしょう。

到着遅延手数料5,000円を活用できるときとは

3,000円台のチケットを購入しているとき、到着遅延手数料5,000円は少し高く感じてしまうかもしれません。

例えば、東京から沖縄にいく便に、家族4人が乗り遅れたとします。チケットの予約にかかった総額と、到着遅延手数料を比較してみましょう。


【東京から沖縄へのチケット価格】
8,810円×4人=35,240円
 ※2020年8月のチケットの平均価格

【片道分の支払い手数料】
620円×4人=2,480円
 ※支払い手数料は1人ずつ、1区間ずつかかります

【予約時にかかった費用の合計】
35,240円+2,480円=37,720円
 ※オプションを使用しなかったとき

もう一度37,720円支払うよりも、およそ5,000円の手数料(5,000円×4人=20,000円)を支払ったときの方が、出費を17,720円抑えることができます。

旅行となれば、ホテルのキャンセル料なども必要となるかもしれません。

そういったケースであれば、手数料を支払い、代替の便に乗り換えることがおすすめとなります。

5.まとめ

ジェットスターの予約が取り消せないときは、自分の予約したプランの確認をおこなってみてください。Starter・Starter Plus・Business では、払い戻し手続きはおこなえません。

ただし、予約を取り消す理由が、社会不安であったり、病気や飛行機の乗れないような怪我であったりするるときは、確認を取ってみてください。

2020年8月3日現在、社会不安に伴い、コンタクトセンターが大変混み合っているとのことです。電話がなかなか繋がらないときは、利用者が少ない時間を狙って連絡を取ってみてください。

Pocket

一覧ページへ戻る