格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ジェットスター

2020.08.11

ジェットスターの搭乗口はどこ?空港には何分前につくべき?ターミナルが遠い成田空港では早めのチェックインを!

ジェットスター 搭乗口
Pocket

ジェットスターの飛行機に搭乗する際、出発時刻の2時間前には空港についているようにしましょう。LCCは駅からチェックインカウンター、チェックインカウンターから搭乗口までの距離が遠い場合があるためです。大型連休などは混雑することもあるため、余裕が欲しいのであれば3時間前には着くようにするとよいでしょう。

今回はジェットスターの各空港の搭乗口の場所と締め切り時間をまとめ、それをもとに何分前に空港に着くべきかを解説していきます。

成田空港は遠いので注意!ジェットスターの搭乗口の場所

ジェットスターの搭乗口やチェックインカウンターは、空港によっては駅や出入り口から遠い場合もあります。何分前に着けばいいか計算するためには、搭乗口の場所も理解しておく必要があるのです。各空港の搭乗口の場所を見ていきましょう。

【国内線】

成田国際空港 第3旅客ターミナル2階
関西国際空港 第1ターミナルビル2階
中部国際空港 第2ターミナル2階
新千歳空港 国内線ターミナル2階
福岡空港 国内線旅客ターミナル1階
那覇空港 国内線旅客ターミナルビル3階
庄内空港 ターミナル1階
大分空港 国内線ターミナル1階
鹿児島空港 国内線ターミナル1階
熊本空港 国内線ターミナル1階
宮崎空港 ターミナル1階
長崎空港 ターミナル1階
宮古空港 ターミナル1階
松山空港 ターミナル1階
高松空港 ターミナル1階
高知空港 ターミナル1階

【国際線】

成田国際空港 第3旅客ターミナル2階
関西国際空港 第1ターミナルビル4階
中部国際空港 第2ターミナル2階

それほど大きくない空港であれば空港内での移動時間はそれほど気にしなくてもよいでしょう。とくに注意が必要なのは、成田空港中部国際空港の3つの空港です。この3空港はターミナルビルが複数あり、それぞれのビルの大きさも大きめです。そのためターミナル間の移動や、ビル内の移動に時間がかかるのです。

成田国際空港のジェットスターの搭乗口は第3ターミナルにあり、空港の駅(第2ターミナル)からおよそ徒歩15分かかります。チェックインカウンター、保安検査場を通過して搭乗ゲートまでとなると、混雑状況にもよりますが20~30分ほどかかると思った方がよいでしょう。

関西国際空港のジェットスターの搭乗ゲートは第1ターミナルにあります。こちらは駅に直結しているためそれほど時間はかかりません。ただ、ほかのLCCの搭乗口が第2ターミナルにあるのに対し、ジェットスターは例外として第1ターミナルにあるため、勘違いしないように注意が必要です。

中部国際空港のジェットスターの搭乗口は第2ターミナルにあります。以前は第1ターミナルでしたが、2019年に新設されてから移転していますので注意しましょう。駅(第1ターミナル)から第2ターミナルまでは徒歩7分ほどかかります。

ジェットスターの搭乗締め切り時間

次は搭乗締め切り時間を見てみましょう。ジェットスターは時間に厳しく、少しでも遅れると手続きや搭乗ができなくなります。遅れないように注意しましょう。

【受付締め切り時間】

国内線(便名がGKの場合)
受託手荷物受付開始 2時間前
受託手荷物受付締切 30分前
搭乗開始 25分前
搭乗締切 15分前
国内線(便名がJQの場合)
受託手荷物受付開始 3時間前
受託手荷物受付締切 60分前
搭乗開始 40分前
搭乗締切 15分前
国際線(便名がGKの場合)
受託手荷物受付開始 3時間前
受託手荷物受付締切 45分前
搭乗開始 40分前
搭乗締切 15分前
国際線(便名がJQの場合)
受託手荷物受付開始 3時間前
受託手荷物受付締切 60分前
搭乗開始 40分前
搭乗締切 15分前

※一部の便ではスケジュールが異なりますが、ここでは余裕のある時間を表示しています。

ジェットスターでは、国内線か国際線か、さらに便名によっても締め切り時間が異なります。自身が乗る便の便名も確認しておきましょう。

空港には何分前に着けばいい?

言うまでもありませんが、空港にはできるだけ早く着いたほうがよいでしょう。とはいえ、無駄に待ち時間が多いのも大変ですから、やはりある程度時間の見積りは立てておきたいですよね。ここからは、国内線と国際線において、何分前に空港に着くのがよいのかを考えていきましょう。

国内線

国内線では、搭乗開始時間の1時間前を目安にするとよいでしょう。ジェットスターでは搭乗開始時間までに搭乗ゲートに集合することが推奨されているため、それを基準として考えてみます。ジェットスター国内線の搭乗手続きには、

・チェックイン
・受託手荷物の預け入れ
・保安検査場の通過
・搭乗ゲートへの移動

この4つの工程があります。
多少の混雑を想定した場合にかかる時間の目安としては、

・チェックイン 10分
・受託手荷物の預け入れ 10分
・保安検査場の通過 10分
・搭乗ゲートへの移動 5分

といったところで、合計35分程度かかります。しかし、搭乗開始から搭乗締め切りまでは10分(便名がGKの場合)しかありませんから、35分前に着いたのでは、何か不測の事態があった場合に乗り遅れる可能性があります。そのためもう少し余裕を見て、遅くとも搭乗開始時刻の1時間以上前には空港に到着するべきでしょう。また、成田空港など、搭乗口が遠い場合はその移動時間もプラスしましょう。
また、チェックインにかかる時間は、自動チェックインやオンラインチェックインを利用して短縮することができます。とくに預け入れ荷物がない場合、オンラインチェックインを利用すればカウンターに立ち寄る必要がないため、大幅に時間が短縮できます。ジェットスターの公式サイトやアプリから簡単におこなうことができますので、利用してみましょう。

国際線

国際線の場合は国内線よりも時間に余裕を持つ必要があります。国際線は各手続きの締め切り時間が国内線よりも早い場合が多いほか、出国審査もあり、保安検査もより厳しくなるため、時間がかかるのです。

空港に到着すべき時間の目安としては搭乗開始時刻の1時間半前くらいでしょう。また、国際線といえば免税店での買い物も楽しみのひとつ。免税店で買い物がしたい場合はその時間もプラスしておくとよいでしょう。

なお、今回提案した時間は、ギリギリにならず、待ち時間も長くない時間の目安です。国内線でも国際線でも、到着する時間は早いに越したことはありません。理想としては受託手荷物受付開始時間には空港に到着しているほうがよいでしょう。

ジェットスターは搭乗ゲートでも手荷物検査があるので注意

ジェットスターといえば、手荷物の持ち込みに厳しいことで有名です。具体的にどう厳しいのかというと、保安検査後の搭乗ゲートでも手荷物の重量検査があります。他の航空会社でも機内持ち込み手荷物の重量制限はありますが、その重量検査はチェックインや受託荷物の預け入れの際にのみおこなわれます。

しかしジェットスターでは保安検査後の搭乗ゲートでも重量検査があり、ここで重量やサイズがオーバーしている場合は、受託手荷物として預けなければならなくなるのです。また、搭乗ゲートで受託手荷物の預け入れをおこなう場合は予約時に申し込むよりも割高な料金が請求されます。

そうならないよう、荷物の量はあらかじめ測っておき、オーバーする場合は預け入れるようにしましょう。

まとめ|ジェットスターには時間も荷物も余裕を持って搭乗しよう

ジェットスターは荷物にも時間にもシビアな航空会社です。利用する際には荷物の預け入れ枠に余裕を持ち、空港への到着時間にも余裕を持って利用するようにしましょう。

空港への到着時間の目安は、最低でも国内線は搭乗開始時刻の1時間前国際線は搭乗開始時刻の1時間半前です。余裕を持って搭乗したい場合は、チェックイン受付開始時間に空港に到着するようにしましょう。

Pocket

一覧ページへ戻る