格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 飛行機の活用術

2018.01.16

神戸から北海道までは飛行機と新幹線どっちがお得?移動時間・料金比較

神戸から北海道までは飛行機と新幹線どっちがお得?移動時間・料金比較

北海道といえば、タラバガニやいくらといった海産物の宝庫です。またチーズなどの乳製品やジンギスカンなども人気です。北海道を訪れたときには、これらの名物を味わうことも、旅の良い思い出になると思います。

また毎年2月上旬に開催されている「さっぽろ雪まつり」や「はこだて冬フェスティバル」といった魅力的なイベントも有名で、訪れる人を魅了します。さらに北海道には登別温泉や洞爺湖温泉といった美しい温泉地もあり、一年を通して全国から多くの人が訪れます。

そんな北海道まで神戸から行くには「新幹線」や「飛行機」どちらでも行くことができます。「新幹線」を利用する場合は、まず神戸駅から「JR神戸線・快速」で新大阪駅へ出て「新幹線・のぞみ」に乗り換え、東京駅で「新幹線・はやぶさ」に乗り換えて新函館北斗駅へ出る行きかたです。

一方で「飛行機」を利用する場合は「神戸空港」から「新千歳空港」へ出る行きかたになります。

「新幹線」と「飛行機」どちらを利用して行くほうが良いのか迷いますね。そこで今回は神戸から北海道まで、お得に行く方法をご紹介します。

神戸から北海道までの移動時間

まず神戸から北海道まで行くには、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

飛行機で「神戸空港」から出発し「新千歳空港」まで行く場合は、片道約1時間50分のフライトです。そこへ搭乗手続きなどの時間を含めると、所要時間は約2時間50分になるでしょう。

ちなみに「新千歳空港」から「札幌駅」までは電車で約37分かかります。

一方で新幹線を利用する場合は、神戸駅から出発し「JR神戸線・快速」でいったん新大阪駅へ出て「新幹線・のぞみ」に乗り換えます。新大阪駅から東京駅へ出て「新幹線・はやぶさ」で新函館北斗駅へ向かい、新函館北斗駅からスーパー北斗で札幌駅行きます。乗り換え時間を含めると、片道約で11時間45分かかります。

神戸 北海道

神戸から運航している航空会社

「神戸空港」から「新千歳空港」まではANA・AIR DO・skymarkの3社が1日に6便を運航しています。なお、始発便は8時20分・最終便は17時40分です。

神戸から北海道までの料金

それでは神戸から出発し北海道へ行く場合の、片道料金はどのくらいかかるでしょうか?飛行機と新幹線の料金を比べてみましょう。

■飛行機の料金

神戸空港から新千歳空港までの料金
※神戸空港から新千歳空港までの航空運賃
(2018年3月20日搭乗予定・搭乗日より75日以上前に調べた時点での最安値)

「神戸空港」から「新千歳空港」までANAが運航する飛行機を利用した場合、片道の普通運賃は約48,800円です。しかし75日前に予約をすれば「早割」が適用され、片道の航空券を約13,800円で購入することが可能です。これは普通運賃と比べ約35,000円も安くなり、たいへんお得です。

さらにLCCのskymarkが運航する飛行機を利用した場合、フライトの3~1日前に予約した場合でも「いま得」の割引運賃が適用されます。いま得は空席状況に応じて運賃が変動するもので、タイミングが良ければ5,500円で購入することも可能です。

このようにANAであれば早割で、skymark であればいま得で予約することでかなりお得に航空券を購入することができます。

■新幹線の料金

JRの乗車券には「往復割引」があります。この往復割引は、同一区間のきっぷを往復分購入する際、「片道の走行距離が601㎞以上」であれば適用され、乗車券が一割引きになります。 (特急券は割引されません)

「神戸駅」から「札幌駅」までの料金は36,530円です。(2018年3月乗車の場合)

「神戸駅」から「新函館北斗駅」までは601㎞以上の走行距離がありますので「往復割引」が適用されます。往復割引を適用した場合の料金は34,880円になります。

以上のように「新幹線」のチケットは「片道分」を2回に分けて購入するより「往復分」を1回でまとめて購入した方がお得です。

片道の普通運賃を比較した場合は「飛行機」より「新幹線」のほうが安いですが、航空券を「早割」で予約した場合は、飛行機のほうが安くなります。

神戸 北海道

新幹線と飛行機どちらを選ぶべきか

まず飛行機で神戸から出発し北海道へ行く場合、「新千歳空港」まで片道約1時間50分のフライトで到着できるという、大きなメリットがあります。

搭乗手続きや札幌駅までの移動時間を合わせても、新幹線より8時間以上移動時間をたんしゅくできます。また、飛行機は早割やいま得で予約することで新幹線よりもかなりお得に利用できます。

ただし「神戸空港」から出発し「新千歳空港」まで行く場合1日に利用できる便数が6便しかないという、デメリットもあります。

そのため急な出張などで神戸から北海道へ行く場合は「新幹線」を利用するほうが良いでしょう。また当日に航空券を購入する場合は普通運賃となり、割引は適用されません。

一方「新幹線」は運航本数も多く、料金もANAの普通運賃よりは安いです。

神戸 北海道

まとめ

神戸から出発し北海道まで行く場合は「神戸空港」から「新千歳空港」へANA・AIR DO・skymarkの3社が運航する飛行機で行くことができます。フライト時間はいずれの場合も片道約1時間50分ですので、乗り物に長時間乗るのが苦手という方でも、ストレスなく快適に移動できるのではないでしょうか。

一方で新幹線の場合は、神戸駅から出発し新函館北斗駅に到着するまでの乗車時間が、片道約7時間35分と長いため、移動だけで疲れてしまうかもしれません。

移動時間や料金をトータルで考えると、飛行機を利用したほうが便利で快適だといえるでしょう。

さらに飛行機を利用する場合は、早めに予約することで航空券を安く購入することができます。お得な「早割」は人気が高く座席が埋まりやすいので、航空券の予約は早めに済ませておきましょう。

もしも神戸から北海道までの航空券をお探しでしたら、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。きっとお得な航空券を見つけることができますよ!

北海道行きの航空券検索
神戸空港発~新千歳空港着の航空券予約はこちら
新千歳空港発~神戸空港着の航空券予約はこちら

一覧ページへ戻る