格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 飛行機の活用術

2017.12.28

仙台から金沢は飛行機で格安移動!新幹線運賃より安い予約方法の紹介

仙台から金沢までは飛行機と新幹線どっちがお得?移動時間・料金比較
Pocket

仙台~金沢間は直線距離にして約400km以上も離れているため、移動手段としては飛行機の利用がおすすめです。飛行機であれば、移動時間を約1時間少々で済ませることができます。とはいえ、どうしても飛行機は運賃が高いというイメージがありますよね。

実際、ANA(IBEXと共同運航)が仙台空港~小松空港という路線で運航しているこの区間は、普通運賃だと約30,000円と高額。しかし、「ソラハピ」や「早期予約割引」を利用することで、なんと運賃を新幹線より安くできることがあるのです。

以下のボタンから仙台空港~小松空港間の航空券を検索できます。

移動まで時間がなくてもソラハピなら格安航空券の予約が可能!

仙台から金沢へ飛行機で移動しようと考えている方のなかには、「あと数日後、数週間後には移動したい!」、という急ぎの方もいるでしょう。そのような方は、この区間の路線を運航しているANAの公式サイトで直接予約するより、ソラハピで予約した方が安く航空券を予約できることがあります。

ソラハピとは?

国内主要航空会社の格安航空券を多く取り扱う、航空券販売サイトです。

ソラハピはANA公式サイトよりどれほど安いのか?

搭乗予定日まで時間がないという場合、ANA公式サイトではなくソラハピで予約することでどれほど安くなるのか、早速それぞれの運賃を比較してみましょう。

仙台空港→小松空港 ANA最安値 ソラハピ最安値
【1日後】
2019年8月8日
29,730円 24,810円
【1週間後】
2019年8月14日
29,230円 24,810円
【2週間後】
2019年8月21日
29,230円 24,810円

※2019年8月7日から起算した運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。
※「ANA最安値」は、早期予約割引のプランの最安値を指します。

上記の表は、2019年8月7日から起算した1日後・1週間後・2週間後のANA公式サイトとソラハピの最安値運賃です。表からわかりますが、いずれの場合においても約5,000円ソラハピの方が安いことがわかりますね。急な状況では、少しでも安く航空券を予約できるだけでもうれしいですよね。それが、ソラハピでは可能なのです。そのため、急ぎで仙台から金沢へ移動する必要があるという方は、ぜひソラハピで航空券を探してみてくださいね!

移動まで時間あるなら早期予約割引で新幹線運賃の半額以下に?

前章では、急ぎで仙台から金沢へ移動する際に飛行機の運賃を安くするコツについて紹介してきました。しかし、逆に「移動まで時間に余裕がある」、という方もいるでしょう。このような方は、早期予約割引を利用することで、なんと普通運賃の半額以下にまで安くできることがあるのです。

早期予約割引の運賃

仙台空港~小松空港という路線を運航しているANAには、「搭乗予定日より○日前に航空券を予約することで割引が適用される」、という早期予約割引が設定されています。○に入る日数は、75・55・45・28・21・3・1の7つ。これらの予約期限ごとで、運賃に大きな差が生じます。実際に以下の表で確認してみましょう。

運賃プラン 運賃
普通運賃 29,930円
75日前 10,530円
55日前 10,830円
45日前 11,130円
28日前 12,130円
21日前 12,430円
3日前 21,730円
1日前 22,730円

※2019年8月7日時点、2019年10月23日の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

普通運賃と比較すると、その差は一目瞭然ですね。なかでも、75日前は普通運賃の3分の1ほどにまで安くなっています。このことから、早期予約割引のなかでもできるだけ早めに予約をすることがおすすめであるといえるでしょう。移動まで時間に余裕があるという方は、ぜひこの早期予約割引を利用してみてくださいね!

移動まで時間に余裕があって予定が未定なら→繁忙期を避ける

飛行機の運賃は、繁忙期や土日祝日などにおいては、閑散期や平日と比較するとどうしても高くなってしまうことがあります。飛行機における繁忙期は、年末年始・GW期間・夏休み期間などです。これらのような繁忙期に運賃が高くなってしまうのは、飛行機の利用者が増えるため。

そのため、「飛行機の利用をかなり先に予定しているけど、具体的にはまだ決まっていない」、という場合は、上記のような繁忙期を避けることをおすすめします。なお、繁忙期などに予定が確定しているという場合は、できるだけ早めに早期予約割引で航空券を予約するようにしましょう。

【比較】新幹線・高速バス・車の運賃と移動時間とは?

仙台から金沢の移動は、飛行機を利用するのが所要時間から見てもおすすめです。また、ここまでで紹介してきた安くするコツで、ネックであった運賃を大幅に抑えることもできます。

しかし、なかには飛行機での移動が難しいという方もいるでしょう。そのような方には、新幹線高速バスという移動手段の選択肢もあります。ここでは、そんな3つの移動手段での仙台から金沢の移動について解説していきますね。

新幹線の場合

基本情報 運賃 所要時間
仙台駅→金沢駅 22,100円(グリーン車:30,320円) 約4時間

※2019年8月7日時点の情報です。

仙台駅から金沢駅へ新幹線で移動する場合の運賃と所要時間は上記の通りです。運賃に関しては、飛行機の普通運賃よりは安いですが、早期予約割引などと比較すると少々高くなっています。また、所要時間に関してもやはり飛行機にメリットがあるといえるでしょう。

なお、新幹線での仙台駅から金沢駅へは乗り換えが必要となります。まず、仙台駅から大宮駅までJR新幹線はやぶさで移動して、そこからはJR新幹線かがやきで金沢駅へという経路となります。この点は、新幹線で移動するという方は頭に入れておきましょう。

高速バスの場合

基本情報 運賃 所要時間
仙台駅→金沢駅 7,500円 約9時間

※2019年8月7日時点の情報です。

高速バスの魅力は、なんといってもその運賃でしょう。上記の表からもわかるように、2019年8月時点の最安値が7,500円となっており、飛行機・新幹線と比較しても圧倒的に安くなっています。しかし、所要時間はなんと約9時間。飛行機・新幹線と比較すると、所要時間は大きなデメリットといえます。

なお高速バスは、新幹線とは違って乗り換えがありません。この点は、乗り換えに慣れていない方などにとってはうれしいポイントですね。また、高速バスはずっと乗りっぱなしというわけではなく、途中でバス会社が決めたサービスエリアなどで休憩をはさめます。違う土地の空気も吸えますし、サービスエリア限定のおいしいごはんも食べられることもあるので、目的地までの時間を快適に過ごすことができるでしょう。

車の場合

基本情報 料金 所要時間
仙台宮城IC→金沢森本IC 11,200円(ガソリン費用:約7,700円) 約6時間30分

※2019年8月7日時点の情報です。

免許を持っている、複数人でマイペースに目的地まで移動したい!」、という方は車という移動手段もあります。家から目的地まで足をなるべく使わずいくことができますし、自分の好きな時間で休憩することができますよ。

料金は東北自動車道・仙台宮城ICから北陸自動車道・金沢森本ICまでの区間で通常料金は11,200円となります(休日割引、深夜割引などで変動あり)。また、仙台宮城IC~金沢森本ICを走行する場合のガソリン費用は、約7,700円。

「意外と料金が高いな」、と感じる方もいるかもしれませんね。しかし、複数人であれば割り勘をすることで1人あたりの料金を安くすることもできます。乗っている車の燃費などにも左右してしまいがちですが、ざっと計算してみてどの移動手段よりも安いようであれば、車を利用してみるのもよいでしょう。

新幹線の運賃を安くするコツ

仙台から金沢の移動で飛行機の利用が難しいという方は、新幹線・高速バス・車という移動手段があることを紹介しました。なかでも新幹線は、運賃と所要時間の両面から見ても比較的安定しており、3つのなかではおすすめの移動手段といえます。

しかし、運賃が20,000円を超えており、利用しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?じつは飛行機同様、新幹線にも運賃を安くするコツはあるのです。

JR往復割引を利用する

新幹線の運賃が割引で安くなるというのは、なかなか馴染みがないかもしれません。しかし、仙台駅~金沢駅という区間は601㎞以上の走行距離があるため、JRの往復割引が適用されるのです。

ちなみに、この往復割引は行きと帰りの往復分の購入時にのみ適用されます。また、運賃のみに適用されるもので特急料金には適用されませんので、これらのことには注意が必要です。割引について気になる人は、購入時に駅の窓口などで聞いてみるとよいでしょう。

学生なら学割を利用する

中学、高校、大学、専修などの学校教育法が定める日本の学校のほとんどの正規学生であれば、学割が適用されます。学割が適用される場合、特急料金を除いた運賃の2割引で新幹線を乗ることができるのです。また、この割引は先ほどのJR往復割引も適用されるため、学生の方は非常に安く新幹線を利用することができるでしょう。

この割引を適用させたい場合は、学校が発行する学割証を持って新幹線の切符を買える駅の窓口に行く必要があります。無人券売機などで購入する場合には適用されませんので、覚えておきましょう。

小松空港・金沢駅から各方面へのアクセス

ここまで、仙台から金沢の移動について解説してきました。しかし、空港や駅に到着してから目的地に向けてさらに移動するという方が多いでしょう。そこでこの章では、小松空港から金沢駅へ、また金沢駅から観光地へのアクセス方法について紹介していきます。

小松空港から金沢駅への移動方法

小松空港は金沢市ではなく、小松市にある空港です。そのため、金沢駅まで行きたい場合は小松空港に着いてから交通機関などで移動する必要があります。ここでは、小松空港から金沢駅への移動手段ごとの運賃・所要時間を紹介していきます。

【タクシー】小松空港→金沢駅

運賃 約11,000円
所要時間 約40分

※2019年8月7日時点の情報です。

小松空港から金沢駅まで、タクシーを利用した場合の運賃と所要時間は上記のようになっています。なお、交通状況や高速料金(小松IC→金沢西ICの区間の場合は通常料金780円)によって多少上乗せされるので、この金額以上は想定しておきましょう

ちなみに、観光地の目安として、いしかわ動物園(能美市)までは所要時間約25分、約5,000円の運賃がかかってきます。また、片山津温泉へは約15分、運賃は約4,000円。山代温泉は25分、約6,000円の運賃は見積もっておくといいですね。

【バス】小松空港→金沢駅

運賃 1,130円
所要時間 約50分

※2019年8月7日時点の情報です。

小松空港から金沢駅へは、リムジンバスを利用することも可能です。所要時間は約50分、大人片道1,130円となっています。ちなみに、小松空港のバス乗り場はターミナルを出たすぐのところにありますよ。

【番外編】小松空港からJRの駅に向かう方法

JRで移動したい場合は、小松空港からバスで小松駅、または金沢駅まで向かいましょう。小松空港から小松駅まではバスで約12分、運賃は270円です。小松駅から金沢駅までは特急で約20分、運賃は1,250円。普通の場合は約30分、運賃は500円となっています。小松駅からは、JRで芦原温泉駅や加賀温泉駅へもアクセスできますよ。

金沢駅から観光地までの移動方法

金沢は、金沢駅にアメリカの旅行雑誌にも取り上げられる巨大なガラスドームがあるなど、観光地が多くあります。そこでここでは、金沢の観光地をいくつか紹介します。また、金沢駅からそれらの観光地までの移動方法についてもあわせて紹介していきますね。

兼六園・金沢城

日本三大名園に数えられる兼六園は、毎年全国から大勢の観光客が来ます。四季折々の姿を見せる兼六園は観光客を楽しませてくれるでしょう。根上松や日本最古の噴水も見どころです。

また、日本百名城でもある金沢城は兼六園とのすぐそばにあります。兼六園を見てから金沢城へ行くことも可能です。金沢能面美術館も近くにあるので、観光場所に困ることはないでしょう。

金沢駅からは、バスを利用して行くことができます。金沢駅前から出羽町まで行き、下車したら徒歩数分です。

金沢駅からのアクセス

バス:金沢駅前→出羽町
運賃:200円
所要時間:約15分

ひがし茶屋街

国の重要伝統的建造群保存地区にも選ばれているひがし茶屋街は、金沢市有数の観光地です。江戸時代の建物がそのまま残っており、歴史や趣きを感じることもできるでしょう。

金沢駅からは、バスを利用して行くことができます。金沢駅前から橋場町で下車し、徒歩約5分です。

金沢駅からのアクセス

バス:金沢駅前→橋場町
運賃:200円
所要時間:15分

まとめ

仙台から金沢という区間の移動方法はいくつかありますが、所要時間から飛行機を利用するのがおすすめです。普通運賃の場合は少々高いですが、「ソラハピ」と「早期予約割引」をうまく活用することで、運賃を大幅に安くすることができます。

移動まで時間に余裕がない方はソラハピを、余裕がある方は早期予約割引を。飛行機を利用して短時間で、かつ安く仙台から金沢へ移動しましょう!

Pocket

一覧ページへ戻る