格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 飛行機の活用術

2017.12.12

仙台から北海道まではフェリーで行く?飛行機で行く?お得な移動方法はどっち?

仙台から北海道まではフェリーで行く?飛行機で行く?お得な移動方法はどっち?

北海道には、壮大な自然やおいしいグルメがたくさんあります。そんな北海道は「都道府県魅力度ランキング」では、毎年上位にランクインしています(ブランド総合研究所調べ)。

仙台から北海道までは飛行機はもちろん、フェリーを利用することもできます。でも飛行機とフェリーなら一体どちらがお得なのでしょう?

今回は仙台から北海道までの飛行機とフェリーを比較してみました。きっと北海道旅行を計画する時の参考になりますよ!

仙台から北海道前の移動時間

まず、仙台から北海道までの移動時間を見ていきましょう。

飛行機の場合、仙台空港から新千歳空港までは約1時間15分です。搭乗手続きなどの時間を合わせると2時間15分ほどになるでしょう。ちなみに到着後、新千歳空港から札幌駅までは電車で40分ほどです。

フェリーを利用する場合は、仙台港から出発します。北海道の苫小牧港までは15時間20分ほどかかります。また苫小牧港から札幌駅まではバスと電車を乗り継いで、1時間10分ほどです。

仙台から運航している航空会社

仙台空港から新千歳空港まではANAとJAL、AIR DOが1日に13便運航しています。始発便は7時50分、最終便は20時15分です。

一方フェリーの場合、仙台港から苫小牧駅までは「いしかり」「きそ」「きたかみ」が運航しています。仙台港を出発するのは19時40分です。

仙台から北海道までの料金

続いて、仙台から北海道までの料金を比較してみましょう。

・飛行機の料金

・飛行機の料金
※仙台空港~新千歳空港(2018年1月29日搭乗の最安値)

仙台空港から新千歳空港までのJAL・ANAの普通運賃は「31,900円」です。しかし、75日前に予約をすれば、「7,500円」ほどと、半額以下で航空券を購入することができます。さらに3日前予約でも普通運賃より10,000円以上もお得になります。

またAIR DOを利用した場合だと、45日前までに予約をすれば、JAL・ANAよりも少し安く航空券を購入することができます。

・フェリーの料金

・フェリーの料金
※仙台港~苫小牧港(2018年1月の料金)

フェリーの料金は、客室の種類によって異なります。最も安い「きたかみ」の2等の料金は「7,200円」と、飛行機を75日前に予約した場合と同じくらいです。逆に、最も高いロイヤルスイートは「47,500円」と、飛行機の普通運賃よりも高いです。

またフェリーにも飛行機と同じように早割があります。フェリーの早割は28日前予約で最大50%割引になります。前述の「きたかみ」の2等を早割で予約すると「3,600円」とかなり安くなります。(1等・特等は最大40%割引まで)

お得に旅をするのであれば、飛行機もフェリーも早めに予約するのがいいでしょう。

フェリーと飛行機どちらを選ぶべきか

仙台から北海道まではフェリーと飛行機どちらを選べばよいのでしょう。

移動時間を見てみると、飛行機が約2時間15分、フェリーが約15時間20分と、飛行機の
ほうが圧倒的に早いです。

一方で料金を見てみると、等級の低いものを選べばフェリーのほうが安いです。

急用などで当日に予約する場合は、料金だけを考えればフェリーがいいのですが、移動時間が長い上、1日1便しか運航していないので、利用が難しいこともあるでしょう。一方で、急用のとき飛行機は普通運賃となるため料金は高いですが、フェリーよりも便数が多いので利用しやすいと思います。

フェリーは移動時間はかかりますが、車を運ぶことができるなどのメリットもあります。またレストランなどの施設もあり、のんびりと過ごすことができるので道中も楽しみたいという方にはいいかもしれませんね。
フェリーと飛行機どちらを選ぶべきか

まとめ

仙台から北海道までは、飛行機でもフェリーでも行くことができます。飛行機はフェリーに比べると、料金は少し高くなりますが、移動時間が圧倒的に短く、1日の本数も多いので、好きな時間を選びやすく、利用しやすいと思います。

仙台から北海道までの航空券をお探しでしたら【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。お得な航空券を見つけることができますよ。

北海道行きの航空券検索
仙台空港発~新千歳空港着の航空券予約はこちら
新千歳空港発~仙台空港着の航空券予約はこちら

一覧ページへ戻る