格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2020.03.17

【格安】名古屋から青森(青森空港)までは飛行機と新幹線どっちが最安値?移動時間や料金・運航状況を比較

名古屋から青森までは飛行機と新幹線どっちで行く?移動時間や料金を比較
Pocket

名古屋から青森までは「新幹線」や「飛行機」どちらでも行くことが可能です。また、新幹線の方が運賃が安くなるイメージがありますが、実は違います。

飛行機で青森に行った方が、新幹線で行くよりも運賃がなんと約6,000~10,000円も安くなるのです!(2020年3月17日時点) また、移動時間も飛行機の方が約3時間半も早くなります

このことから、もしもあなたが運賃と移動時間にこだわるのであれば、ぜひ飛行機を利用してくださいね。お得かつスピーディーに青森へ行けますよ。

もしも、飛行機と新幹線の運賃差と移動時間差の詳細が気になる場合は、この記事で確認してみてくださいね。

【最安値は?】新幹線と飛行機どちらで移動すべきか

新幹線と飛行機の運賃・移動時間を比較すると、以下のようになります。

■飛行機の条件

【予約日3月17日/搭乗日5月12日/大人1人/片道/普通席】
【小牧空港13:55発→青森空港15:15着】

■新幹線の条件

【予約日3月17日/乗車日5月12日/大人1人/片道/自由席】
【名古屋駅13:36発→東京駅15:15着/東京駅15:28発→新青森駅18:43着】

運賃の種類 料金 予約期限 移動時間
新幹線:自由席 24,510円 搭乗日当日 約5時間
飛行機:U22割 16,500円 搭乗日当日 約1時間半
飛行機:D割※ 20,000円 搭乗日前日 約1時間半
飛行機:B割※ 15,500円 搭乗日3日前 約1時間半
飛行機:H割※ 15,000円 搭乗日7日前 約1時間半
飛行機:45割 14,000円 搭乗日45日前 約1時間半

※D割は「ドリーム割」・B割は「バースデー割」・H割は「ひょいとe割」のことです。
※表の飛行機の運賃は「新幹線よりも安い運賃のみ掲載」しています。飛行機のその他運賃が気になる場合は、後述している表をご覧ください。

料金を比較した場合、飛行機は早割を利用すれば新幹線よりもお得になるので利用しやすいはず。

また、飛行機で名古屋から青森へ行く場合、フジドリームエアラインズを利用すれば「青森空港」まで約1時間20分のフライトで到着できるという、大きなメリットがあります。

「青森空港」から「青森駅」へ出るには「JRバス東北」を利用するルートで約45分の時間がかかりますが、フライト時間と合わせてもトータルの所要時間は「新幹線」より約2時間半も移動時間が短くなります

飛行機の場合は乗り換えの必要もありませんので、ストレスなく利用しやすいでしょう。

ただし「小牧空港」から「青森空港」までは1日に3便と、利用できる便数が少ないというデメリットもあります。費用の面だけからいうと、急な出張などで「名古屋」から「青森」へ向かう場合は「新幹線」を利用するほうがよいでしょう。

当日に航空券を購入する場合は普通運賃になり、お得感はありません。

さらに飛行機は一日の便数が少ないため、必ず席が確保できるとは限らず、利用するのは難しいかもしれません。

その点では「新幹線」は運航本数も多く、料金も飛行機の普通運賃よりは安いです。

【予約はどうしよう?】名古屋から青森までの料金を徹底比較

さて、名古屋から青森までの料金はどのくらいでしょうか。まずは飛行機の運賃から確認していきましょう。

■飛行機の場合

【予約日3月13日/搭乗日5月12日/大人1人/片道】
【小牧空港13:55発→青森空港15:15着】

運賃の種類 料金 予約期限
普通運賃 34,500円 当日
U22ハッピー割 16,500円 当日(該当者のみ)
フレックスドリーム 33,500円 搭乗日前日
ドリーム割 20,000円 搭乗日前日
バースデー割 15,500円 3日前まで(該当者のみ)
ひょいとe割 15,000円 搭乗日7日前
45割 14,000円 搭乗日45日前

※小牧空港から青森空港までの航空運賃(2020年3月17日時点)
※フジドリームエアラインズの「ドリーム割シリーズ」は、予約時に購入可能な運賃タイプが示される。予約時の状況により運賃が変動するため要注意。
※フジドリームエアラインズの運賃は空席予測に応じ各種割引運賃の販売座席数を設定する『空席予測連動タイプ』です。
※空席予測とは、空席照会時点の最終的な混み具合の予測です。
※空席予測は日々変動するため購入後により安いタイプの運賃に空席が出る場合もあります。

このように、フジドリームエアラインズでは多種多様な運賃割があります。ちなみに、赤文字は新幹線の料金(24,510円)よりも運賃が安いものです。

「小牧空港」から「青森空港」までフジドリームエアラインズを利用した場合、普通運賃は約34,000円になります。しかし45日前に予約をすれば、航空券を14,000円で購入することが可能です。

名古屋→青森の場合だと、「45割」の14,000円が最安値となるわけです。普通運賃に比べると2万円、新幹線の料金(24,510円)よりも1万円近く安くなりますよ!

また、1日前予約が可能な割引プランの場合は『空席予測連動タイプ(ドリーム割引のこと)』のため、一概にはいえませんが、運賃は平均して約20,000円で、普通運賃と比べると約10,000円も安くなる可能性があります。新幹線と比べれば4,000円も安いのです!

このことから、いずれの割引プランでも、このように早めに予約をするだけで、お得に航空券を購入することができます

そのため、飛行機で名古屋→青森に向かうのであれば、余裕をもって計画を立てましょう。そうすれば、早期割でお得に青森へ向かうことができますよ。

■新幹線利用の場合

JRの乗車券には「往復割引」があります。同一区間のきっぷを往復分購入する際、片道の走行距離が601㎞以上あれば適用され、乗車券の運賃から1割が引かれます。この「往復割引」はJRの在来線や新幹線に適用されますが、新幹線の場合「乗車券」のみが割引適用となり「特急券」には適用されません。

「名古屋駅」から「新青森駅」までは601㎞以上の走行距離がありますので「JRの往復割引」が適用されます。「東海道新幹線・のぞみ」と「東北新幹線・はやぶさ」の乗車券を購入する際、往復分を購入すれば、行きと帰りの「乗車券」の運賃がそれぞれ1割引になります。

「名古屋駅」から「新青森駅」までの新幹線の普通運賃は、「東海道新幹線」と「東北新幹線」を合わせて、片道24,060円です。往復割引を適用した乗車券は約22,059円となります。

以上のように「新幹線」のチケットは「片道分」を2回に分けて購入するより「往復分」を1回でまとめて購入した方が断然お得です。

片道の普通運賃を比較した場合は「フジドリームエアラインズ」より「新幹線」のほうが安いですが、航空券を「早割」で予約した場合や「その他の割引プラン」をうまく活用した場合は、飛行機のほうが安くなるのです。

名古屋から青森までの移動時間とアクセス方法

料金を比較すると、飛行機の方がお得なことがわかりました。

では、名古屋から青森までの移動時間を比較すると、どちらの方が何時間早いのでしょうか。飛行機のフライト時刻表は以下のとおりです。

便名 小牧空港発 青森空港着 移動時間
361 07:20 8:40 1時間20分
363 11:00 12:20 1時間20分
365 13:55 15:15 1時間20分
367 18:05 19:25 1時間20分

飛行機で「小牧空港(愛知県)」から「青森空港」までは約1時間20分のフライトです。そこへ搭乗手続きなどの時間を含めると、所要時間は約2時間20分になるでしょう。

一方で「新幹線」を利用する場合の移動時間は次のようになります。

便名 出発駅 到着駅 移動時間
のぞみ 名古屋駅13:36 東京駅15:15 1時間39分
はやぶさ 東京駅15:28 新青森駅18:43 3時間15分

2020年3月17日時点

「東海道新幹線」で「東京駅」へ出てから「東北新幹線」に乗り換えなければなりません。「名古屋駅」から「東京駅」までは「東海道新幹線・のぞみ」で約1時間40分かかります。

さらに「東京駅」から「新青森駅」までは「新幹線・はやぶさ」で約3時間10分かかりますので、合計すると早いものでも約5時間の時間がかかります

■青森空港からのアクセス(飛行機利用・青森空港⇒JR青森駅)

「青森空港」から「青森駅」まで行くには「JRバス東北」を利用します。「青森駅前」停留所で下車し、徒歩で「青森駅」へ出るルートで、約45分かかります。

■新青森駅からのアクセス(新幹線利用・新青森⇒JR青森駅)

「新青森駅」から「青森駅」まではJR奥羽本線・青森行の電車で約6分と近いです。

名古屋(小牧空港)から青森(青森空港)へ運航している航空会社

名古屋 青森
「小牧空港」から「青森空港」まではフジドリームエアラインズのみ1社が1日に3便を運航しています。始発便は7時20分、最終便は18時05分です(2020年3月17日時点)。

名古屋から青森へ行く場合、「中部国際空港」ではなく「小牧空港」です。間違えないように気をつけてくださいね。

青森ってどんなとこ?

青森といえばリンゴや大間のマグロなど、おいしい食べ物が豊富なことで知られています。またねぶた祭りなどの魅力的なお祭りが見られる観光地としてとても人気です。

青森には古くから続く温泉が多く「名湯」や「秘湯」をお目当てに、年間で3.5万人ほどの観光客が訪れると見込まれています。(データ出典元:青森県庁「平成27年青森県観光入込客統計」より)

また日本を代表する小説家「太宰治」の生まれ故郷でもあることから「太宰作品」を愛する人たちにも高い人気があります

このように、青森は旅行するにはうってつけの場所ですので「一度は行ってみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか?

まとめ|フジドリームエアラインズなら格安で青森へ行ける!

名古屋から青森へ行くのであれば、やはり飛行機がおすすめです。料金・移動時間の2点が新幹線よりも優れているからです。

とくに早割を使えば新幹線よりも1万円もお得になります!青森へ行くことが早めに決まったのであれば、早割を利用すべきといえるでしょう。移動時間も3時間早いため、飛行機による移動がおすすめです。

ちなみに、フジドリームエアラインズの早割を予約する場合の予約期限は7~45日前です。予約期限を過ぎてしまうと申し込みができなくなりますので、気をつけてくださいね。

Pocket

一覧ページへ戻る