格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2019.06.14

久米島には飛行機で!その運賃や所要時間、安く乗るコツとは?

久米島には飛行機で!その運賃や所要時間、安く乗るコツとは?

多くの観光客から人気の『久米島』。そんな久米島へ向かう際には、主に飛行機を利用することが多いでしょう。とはいえ、久米島に本州からフライトする直行便はほぼありません。久米島に飛行機で向かいたいのであれば、基本的には直行便以外のルートを取る必要があるのです。

「どこを経由するの?」「運賃はどれぐらい?」「時間は何分かかる?」etc……。久米島行きの飛行機にうまく、お得に乗るには、必要な情報が意外と多いものです。そこでここでは、久米島まで飛行機で向かう際に知っておきたい情報をくわしく解説していきます。

お得かつ、快適に久米島に上陸して、南の島を満喫しましょう!

久米島は基本那覇経由!その所要時間と運賃

久米島に飛行機で向かう場合には、1部例外を除いて基本的に1度、那覇空港を経由する必要があります。

・那覇空港~久米島の所要時間

那覇空港から久米島にかけては、JAL系列の分社『RAC』が、1日7往復運航しています。そんなこの区間の所要時間は、約35分です。

これは同じく那覇から運航しているフェリーと比べると、約6倍以上の速さ(フェリー:約3時間~4時間)です。早朝の便だと07:40や、08:25から久米島に向けて出発しているため、旅行の予定なども立てやすくなるでしょう。

・那覇空港~久米島の運賃

この区間の普通運賃は、最安12,220円~です。これはフェリー(片道3,390円)と比べると、少々高めの運賃といえます。

とはいえJAL(RAC)では、事前に予約しておけばそれだけ割引される、というプランも用意されています。以下では、その割引額について解説していきましょう。

那覇~久米島 運賃
普通運賃 12,220円~
75日前予約 4,020円~
55日前予約 4,920円~
45日前予約 5,320円~
28日前予約 5,620円~
7日前予約 7,820円~
3日前予約 8,020円~

※2019年5月31日現在。繁忙期による価格上昇を避けるため、28日前予約以降の運賃は10月の運賃参照。
※消費税・旅客施設使用料込み。

このように、できるだけ早めに予約をしておけば、かなりの格安運賃で飛行機に乗ることができます。フェリーよりも早く移動できるうえに、運賃までお手頃とくれば、これほどうれしいことはありませんよね。

お得に航空券を購入したいという方は、この早期予約割引も有効に活用しましょう。

・羽田からの直行便が出ることも!?

前述で『1部例外』といいましたが、それがこの『羽田発・久米島直行便』です。この直行便は夏季期間限定運航で、2019年は7月13日~8月31日までの運航が予定されています。

この便は早朝06:55に出発して09:30には到着するので、到着後も1日中久米島を楽しめますよ。期間限定で毎年やる確証こそありませんが、移動の手間も減って便利なので、機会があれば利用してみましょう。

久米島には飛行機で!その運賃や所要時間、安く乗るコツとは?

那覇までの飛行機は?お得な那覇行き航空券の取り方

久米島まで飛行機でいくには基本的に那覇空港での乗り換えが必要ですが、その那覇空港まではどう行けばよいのでしょうか?

ここでは、そんな那覇までの経路と、普通に取るとやや高額な那覇行き航空券のお得な取り方について、くわしく解説していきます。

・那覇までフライトしている空港

那覇に向けての飛行機が運航している日本の空港は、以下の通りです。

北海道東北地方 新千歳・仙台
関東北信越地方 茨城・新潟・羽田・成田
中部地方 小松・富士山静岡・中部国際
近畿地方 関西国際・伊丹・神戸
中国四国地方 広島・岡山・岩国・高松・松山
九州地方 福岡・北九州・熊本・長崎・宮崎・鹿児島・奄美・沖永良部・与論
沖縄離島 北大東島・南大東島・宮古・久米島・石垣・与那国

※計32空港(2019年5月31日現在)

・運賃

那覇行きの飛行機は、普通運賃は安くても約20,000円~40,000円、高ければ60,000円を超えてしまうなど、やや高額な金額設定になっています。具体的には、以下のような例が挙げられます。

区間 ANA JAL
新千歳→那覇 66,090円~
羽田→那覇 43,710円~ 46,210円~
関西国際→那覇 37,350円~ 38,950円~
鹿児島→那覇 27,320円~

※2019年5月31日現在。
※消費税・旅客施設使用料込み。

これらの金額には、もちろん前章同様、早期予約割引を使うという手もあります。できるだけ早めに予約をしておけば、最大で運賃を半額~3分の1以下にすることも可能でしょう。

しかし、直前の予約だとやはり少々高額になってしまうことも。そんなときでも、効率的に安く済ませる方法があります。

・LCC(格安航空会社)を利用する

格安航空会社を意味するLCCは、那覇にかけても運航しています。航路こそ限られますが、うまく使えばかなりの格安価格で移動できるでしょう。

・直行便の那覇行きLCCがある空港

成田、関西国際、中部国際、福岡

・運賃(最安値)

成田~那覇6,040円~【ジェットスター】(大手普通運賃:ANA43,860円~)
関西国際~那覇4,440円~【ジェットスター】(大手普通運賃:ANA37,350円~ JAL38,950円~)
中部国際~那覇5,120円~【ジェットスター】(大手普通運賃:ANA41,430円~ JAL43,750円~)
福岡~那覇4,110円~【ピーチ】(大手普通運賃:ANA29,720円~ JAL31,020円~)
※2019年5月31日現在。
※消費税・旅客施設使用料込み。

このように、LCCを利用すれば非常に安価に空路を利用することも可能ですが、そんなLCCにもデメリットはあります。

荷物を預けると有料になったり、機内サービスも有料のものが多かったりと、サービス面ではどうしても大手に見劣りします。またLCCの運賃はシーズンや客入りに応じて変化しやすいため、上記の金額以上になってしまうこともあるでしょう。

時間帯や日程などによっては30,000円を超えてしまうような金額になることも。航空券購入の際は、公式の運賃をよく確認するようにしてください。

久米島・那覇行き航空券をより安く買う裏ワザ

久米島まで飛行機で移動する、という手段はその所要時間こそ大きな魅力ですが、どうしても気になるのはやはりその運賃です。もちろん早割やLCCなどは便利ですが、それ以外には安く乗る方法はないのでしょうか?

ここでは、飛行機の運賃を節約する小さな工夫をご紹介していきます。

・シーズン

久米島はもちろん、観光地というものは主に長期休みに旅行で向かうケースが多いでしょう。そうなると、必然的に休日付近は飛行機の利用客も多くなります。そういった時期は、航空券の運賃も高額になっていることが多いのです。

具体的な例をあげれば、夏季休暇や春期休暇、ゴールデンウィークなどのシーズンが有名です。これらと重なる時期はチケットも取りにくいですし、運賃も高額になってしまいます。

予定に融通が利くのであれば、これらの時期は避けた方がよいでしょう。逆にこのシーズンが終わった直後、6月や9~10月などは運賃も下がり気味になる傾向があるので、ぜひねらってみてはいかがでしょうか?

・往復運賃と片道運賃

大手航空会社では、はじめから往復の航空券を買っておくことで運賃がお得になる、というプランがあります。このプランを利用すれば、基本的には片道運賃よりも安くなることが多いでしょう。

例:那覇~久米島(RAC・2019年6月12日の運賃)
片道運賃:12,220円
往復運賃:17,240円(片道8,620円)
※2019年5月31日現在
※消費税・旅客施設使用料込み

このように、予定が決まっているのであれば非常に便利な往復運賃ですが、LCCの場合は少々勝手が異なります。

LCCは基本的に片道運賃での販売が主となっているため、無理に往復で購入しても割引されず、かえって損をしてしまうこともあるのです。そのためLCCで那覇まで向かう、という方は、個別で片道の便を検索し、より安い運賃を探した方がお得になるでしょう。

・運賃の比較

久米島までの移動パターンは、ひとつではありません。ここまでご紹介してきたように、直行便、大手航空会社、LCCなど、航空会社やプランが異なるだけで、運賃は大きく異なってきます。そんな中でも安く移動したい!と思うのであれば、航空券の比較は必須です。

さまざまな航空会社の航空券を見比べて、より安いルート・プランを探し当てましょう。とはいえ、ANAやJAL、LCC各社などを合わせると、その比較にかかる時間はなかなかのものになります。

比較作業が面倒な際にオススメしたいのが、『航空券の販売サイト』です。販売サイトでは多くの航空会社を扱っているため、さまざまな航空券を一括で比較できます。その検索方法も日時や発着地を入力するだけのものが多く、直感的に比較することができますよ。

久米島の魅力をご紹介!

久米島はそれほど大きくはない島ですが、その中には多くの魅力が詰まっています。ここでは、そんな久米島に向かう際には訪れてほしい、魅力的な観光スポットをご紹介します。

・はての浜

久米島観光では外せない、王道中の王道といえば、やはりこの『はての浜』が有名でしょう。はての浜は、久米島から少し離れた沖にある無人島です。砂浜で構成されるその大地は、非常にさらさらとした心地のいい肌触り。そして何より見逃せない絶景が、360度囲むエメラルドグリーンの海です。

美しい絶景はもちろん、申し込みすればきれいな海をシュノーケリングで体感することもできます。日常では出会うことのできない景色&体験を、ぜひ楽しんでください!

・イーフビーチ

日本の渚100選にも選出されている、沖縄を代表するビーチです。非常に長い海岸線の白い砂浜と、それに沿うようにして輝くエメラルドグリーンの海が美しく、非常に人気のあるスポットとなっています。

はての浜同様、シュノーケリングなどのレクリエーションも満載ですので、久米島に訪れた際はぜひ1度、体験してみてはいかがでしょうか?

・久米島ウミガメ館

久米島ウミガメ館は、絶滅の危機にあるウミガメを保護もかねて展示している、日本でも貴重な水族館です。カメの生態などを学習できるうえ、期間限定ながらカメとのふれあい体験などをおこなっていることもあり、お子様にも非常に人気があります。

普段見慣れない大きなウミガメと触れ合う体験は、とても貴重ですよ。ご家族で久米島に向かう予定の方はもちろん、ウミガメに興味のある方も足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回挙げた観光スポット以外にも、久米島の魅力はまだまだたくさんあります。レンタカーなどがあれば島を一周するのにもそう労力を要さないでしょう。久米島に飛行機で訪れた際には、ぜひ1週するつもりで観光名所を余すところなく、回ってみてはいかがでしょうか。

久米島には飛行機で!その運賃や所要時間、安く乗るコツとは?

まとめ

久米島へ飛行機で向かう場合には、まず那覇空港を経由する必要があります。期間限定で羽田空港から直行便が出ることもありますが、基本的には那覇経由が必要であるということは、しっかりおぼえておきましょう。

那覇~久米島までは普通運賃で、12,220円~。少々高いように感じますが、事前予約による割引プランを利用すれば最安4,000円少々まで値下げされることもあります。また、那覇空港までの道のりも同様に早期予約割引、またはLCCを利用すれば、大幅に節約することができますよ。

とはいえ、久米島をはじめ沖縄までの航空券には、さまざまなものがあります。大手・LCCの違いはもちろん、各航空会社で異なるプランなどにより、その運賃は大幅に変化することとなるでしょう。そんな中で最安値を見つけようと思うと、各会社のサイトをひとつひとつ調べるという、少々骨の折れる作業が必要になります。

航空券販売サイト・『ソラハピ』では、そんな面倒な手間を解消します。予定の日付と出発地、目的地を入れるだけで、大手・LCC問わず多数航空会社のお得な航空券を一括検索!その日の区間最安値を、すぐに表示してご紹介します。

久米島行きの航空券をお探しの場合は、ぜひ【ソラハピ】のチケット検索ページをご活用ください!

一覧ページへ戻る