格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2019.04.18

宮崎は飛行機で行くのが便利でお得!運賃や観光スポットを紹介します

宮崎県は日向灘(ひゅうがなだ)に面した温暖なエリアです。南国フルーツのマンゴーがおいしいことでも有名ですね。

宮崎県にはリゾート気分を満喫できる青島や都井岬、神話伝説で知られる高千穂峡や天岩戸神社など、海と山それぞれに魅力がたくさんあります。

今回は宮崎空港に就航している国内の直行便について、料金やおすすめシーズン、観光スポットとともに紹介します。宮崎へ飛行機で行くときの参考にしてみてくださいね。

宮崎空港の就航情報

宮崎県に飛行機で行くときは、宮崎空港が最寄りになります。宮崎空港は「宮崎ブーゲンビリア空港」という愛称がついています。南国らしい雰囲気の名前ですね。宮崎空港に就航している国内線の直行便は以下の通りです。」

羽田空港(東京)
1日の便数……18便
所要時間……約1時間35分
運航会社……JAL、ANA、ソラシドエア
※一部ANAとソラシドエアのコードシェア便

 

成田空港(千葉)
1日の便数……1~2便
所要時間……約1時間45分
運航会社……JAL、ジェットスター
※JALとジェットスターのコードシェア便。ゴールデンウイークは増便の日あり

 

中部国際空港(愛知)
1日の便数……3便
所要時間……約1時間20分
運航会社……ANA
※ゴールデンウイークは増便の日あり

 

伊丹空港(大阪)
1日の便数……11便
所要時間……約1時間5分
運航会社……JAL、ANA

 

関西国際空港(大阪)
1日の便数……1便
所要時間……約1時間5分
運航会社……ピーチアビエーション
※ゴールデンウイークは増便の日あり

 

福岡空港(福岡)
1日の便数……13便
所要時間……約50分
運航会社……JAL、ANA、オリエンタルエアブリッジ
※一部ANAとオリエンタルブリッジのコードシェア便

 

那覇空港(沖縄)
1日の便数……1便
所要時間……約1時間35分
運航会社……ANA、ソラシドエア
※ANAとソラシドエアのコードシェア便

 

コードシェア便とは、同じ路線を複数の航空会社で運航することです。実際に運航する航空会社の搭乗ルールにしたがってご利用ください。

なお、上記で紹介した所要時間は離陸から着陸までのフライト時間となります。手続きなどの時間は含みませんので、時間にゆとりをもってお出かけください。

宮崎空港の就航情報

宮崎行き飛行機の料金相場とおすすめシーズン

旅行に行くならなるべく運賃を安くしたいと考える人は多いですよね。ここでは、国内の各空港と宮崎空港を結ぶ路線の運賃についてまとめました。

表は繁忙期以外の平日に搭乗した場合の運賃です。連休などの繁忙期や、フライトの時間帯によっても運賃は変動することをご了承ください。

羽田空港~宮崎空港の運賃

羽田と宮崎を結ぶ路線は普通運賃では40,000円前後となります。しかし、75日前までに予約することで、10,000円以内で利用できることがわかりました(ソラシドエアの場合)

ANAとJALの場合でも12,000円以内で羽田から宮崎へ行けるので、お得に飛行機に乗ることができます。ソラシドエアとANA、JALは割引になる予約のタイミングが異なるので、臨機応変に利用してみてはいかがでしょうか。

宮崎行き飛行機の料金相場とおすすめシーズン

成田空港~宮崎空港の運賃

成田空港から宮崎空港へはLCCのジェットスターとJALコードシェア便が運航しています。ジェットスターの最安値は3,990円なので、とてもお得ですね。

ただし、1日の本数が少ないことと、利用客が集中する連休や帰省のシーズンは割高になります。平日の旅行や、手荷物が少ないときにおすすめの選択肢です。

中部国際空港~宮崎空港の運賃

中部国際空港から宮崎へ行く場合は、普通運賃だと30,000円以上かかりますが、75日前までに予約すれば10,000円以内で移動できます。

中部国際空港からは格安のLCCはありませんが、早く予約すれば定価の3分の1以下の値段で宮崎まで飛行機で行けるのでおすすめです。旅行の計画を早めに立てて【ソラハピ】のチケット検索ページの検索ページから航空券を探してみてはいかがでしょうか。

伊丹空港~宮崎空港の運賃

伊丹空港は国内便の路線が多い大阪の空の玄関口です。伊丹空港からは国内大手航空会社のANAとJALが宮崎への路線を運航しています。1日の本数が比較的多いので、忙しい人にも利用しやすいのではないでしょうか。

普通運賃はいずれも26,000円前後となりますが、75日前までの予約で7,000円台に運賃をおさえられます。28日前までの予約でも普通運賃のおよそ半額で利用できるので、早めに航空券を買っておくとよさそうです。

関西国際空港~宮崎空港の運賃

大阪にあるもう1つの空港が関西国際空港です。関西国際空港にはLCCのピーチアビエーションが就航しています。

ピーチアビエーションの最安値は3,290円と、かなりお得な印象ですね。搭乗日によって運賃の変動が大きいので、閑散期に利用する人にはおすすめです。

また、機内に持ち込める荷物の量や座席指定の有無によってもプランが異なるので、目的にあわせてご利用ください。ここでは最も価格の安いシンプルピーチの金額を紹介しています。

福岡空港~宮崎空港の運賃

九州最大の都市である福岡からは、九州各地への路線も充実しています。福岡~宮崎間はANAとJALのほか、長崎を拠点としているオリエンタルエアブリッジが運航しています。

福岡と宮崎は近いので、普通運賃もほかの路線よりはお値打ちです。さらに、早く予約すると5,000円で福岡から宮崎へ行くことができます。

那覇空港~宮崎空港の運賃

沖縄から宮崎へ飛行機で行くと、普通運賃は28,000円前後かかります。この路線でもほかと同様に早く予約をすることで、航空券を安く購入できるのでおすすめです。

ソラシドエアは直前の割引が細かく設定してあるので、急に飛行機に乗る場合でも少しでも早めに予約すればお得にできるかもしれません。

宮崎へ行くときのおすすめシーズンは?

宮崎は温暖な土地で、台風シーズン以外は晴れている日も多いところです。とくに海に近い平野部は冬でも比較的あたたかいので、秋から冬にかけての観光でも寒さの心配は少なく済むでしょう。

しかし、温暖とはいえ宮崎県の山間部は積雪する場所もあります。高千穂などの山間部への観光は秋の紅葉シーズンがよさそうですね。

宮崎県は温暖で過ごしやすい場所ですが、台風がよく通過するエリアでもあります。8月~10月ごろの旅行の際は、天候の変化に気をつけてお出かけください。

宮崎市内中心部への交通アクセス

宮崎空港は市街地まで比較的近いため、観光にも便利です。宮崎空港から宮崎市の中心部にある宮崎駅までのアクセス方法を紹介します。

電車

宮崎空港の前にはJR日南線の宮崎空港駅があります。日南線で隣の南宮崎駅まで移動し、JR日豊本線に乗り換えると、次の駅が宮崎駅です。

宮崎空港駅から宮崎駅までは乗り換えが必要ですが、乗車時間10分程度で市街地行くことができます。運賃は350円です。

バス

宮崎空港からは県内各地への空港連絡バスがあり、宮崎駅へは約30分で到着します。運賃は440円かかります。

宮崎空港から宮崎駅へ行くバスは、午前7時前から午後8時半ごろまで運行していて、夜間以外は1時間に5本あります。予約不要で利用できるので、到着時間が前後しても安心です。

宮崎空港から宮崎駅までは、車でおよそ20分かかります。空港にレンタカーもあるので便利です。

宮崎県の観光スポット5選

最初にも紹介したように、宮崎県には海にも山にも名所がたくさんあります。ここでは宮崎観光ではずせない王道の観光スポットを紹介します。

高千穂

宮崎県北部の山間にある地域です。高千穂は「天孫降臨」という神話の伝説が残されている神聖な場所として知られています。なかでも、高千穂峡は人気の景勝地で、ボートに乗って壮大な自然を感じることができます。

ほかにも、天岩戸神社や天安河原など神秘的な雰囲気に包まれた場所が多数あります。宮崎市街地からは車で2時間ほどかかりますが、宮崎県に訪れたらぜひ立ち寄りたいスポットです。

青島

南国らしいリゾート地の雰囲気が楽しめる場所です。青島は陸続きの島になっていて、周囲の海に「鬼の洗濯岩」というぎざぎざの岩が広がっています。島の中では、変わった亜熱帯植物もみることができます。

鵜戸神宮

鵜戸神宮は日向灘に突き出た岬の洞窟の中に本殿がある神社です。宮崎県では「鵜戸さん」と呼ばれて親しまれています。海に面した岩のくぼみに「運玉」を投げ入れることができると、願いが叶うそうですよ。

日南海岸

宮崎県南部の日南海岸沿いの道路にはヤシの木など南国の植物がたくさん植えられています。南国気分を味わいながら海辺のドライブをするのも気持ちよさそうですね。

都井岬

宮崎県最南部にある都井岬は野生の馬がたくさん生息しているのどかなところです。小高い丘からは日向灘を一望することができます。のんびりとドライブしてみてはいかがでしょうか。

ここでは宮崎の観光スポットを中心に紹介しましたが、おいしいものもたくさんあります。宮崎といえばマンゴーだけでなく、チキン南蛮や宮崎牛、日向夏などもあります。もちろん、海が近いので海鮮もおすすめですよ。宮崎へ飛行機でお得に行ったら、たくさんおいしいものを食べられそうですね。

宮崎県の観光スポット5選

まとめ

宮崎県へ飛行機で行くときは、東京・愛知・大阪・福岡・沖縄から直行便が利用できます。とくに東京の羽田空港と、大阪の伊丹空港は国内便が多く就航しているので、乗り継ぎで利用するのもよさそうです。

また、宮崎空港へLCCを使って行きたいときは、成田空港か関西国際空港が利用できます。お得に旅行したい人にはおすすめです。

宮崎には海にも山にも観光スポットがあり、おいしい食べ物が多いのでぜひ訪れてみてください。温暖な宮崎でのんびりとした旅を楽しむことができますよ。旅行の際は【ソラハピ】のチケット検索ページで航空券を探してみるのをおすすめします。

一覧ページへ戻る