格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2021.01.22

鳥取は飛行機で行くのが便利でお得!新幹線との運賃や所要時間と比較

鳥取は飛行機で行くのが便利でお得!新幹線との運賃や所要時間と比較
Pocket

鳥取といえば鳥取砂丘がとても有名ですが、2人の有名な漫画家を輩出したことをご存知でしょうか。鳥取県は「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげる先生と、「名探偵コナン」の作者である青山剛昌先生のふるさとなのです。鳥取県には鳥取空港、米子空港があり、コナンと鬼太郎の名前がつけられています。

今回はそんなユニークな名前をもつ鳥取県の2つの空港について紹介します。新幹線で移動するときの所要時間や運賃も比較しているので、鳥取に飛行機で行こうか迷っている人はぜひご覧ください。

もちろん、鳥取の観光スポットについても紹介していきます。鳥取旅行の参考にしてみてくださいね。

鳥取にある空港は2つの空港がある

鳥取県は東西に長い形をしていて、鳥取砂丘コナン空港と米子鬼太郎空港という2つの空港があります。2つ空港があるとどちらを利用しようか迷ってしまいますよね。ここでは、それぞれの空港の路線や空港からの最寄り駅までのアクセス方法も紹介していきます

鳥取砂丘コナン空港

鳥取県の東部、県庁所在地の鳥取市には鳥取砂丘コナン空港があります。鳥取空港の国内便は羽田への1路線があり、大手航空会社のANAが運航しています。1路線のみの運航となりますが、1日5便が設定されているので、到着する時間を選べるという利点がありますね。

また、鳥取空港から鳥取駅に移動するには、バスか電車が利用できます。空港から鳥取駅まではバスに乗ると20分程度で、運賃は440円となります。

電車で鳥取駅に移動する際の最寄り駅は鳥取大学駅で、鳥取駅までの乗車時間は約8分と早く、運賃は190円なので安く抑えることができるでしょう。しかし、空港から最寄り駅まで徒歩20分ほどかかるようなので、たくさん荷物をもって移動するならタクシーやレンタカーを併用する方がよいかもしれません。

米子鬼太郎空港

米子鬼太郎空港は、鳥取県の西端の境港市にあります。米子空港は隣の島根県との県境に近いので、旅行の際にどのエリアに行きたいかによって利用する空港を検討してみてもよいかもしれません。

米子空港の国内便も羽田空港への1路線のみで、こちらもANAが運航しています。米子空港は空港のすぐそばに米子空港駅があるので、電車での移動も便利です。米子空港駅から米子駅までは約37分、運賃は240円で移動することができます。

また、バスで米子駅まで行くと運賃は590円、所要時間は約25分です。どちらも数十分から1時間間隔で運行しているので、飛行機の到着時刻にあわせて電車かバスが選べるのはとても便利ですね。

鳥取にある空港は2つの空港がある

鳥取に飛行機で行くときにかかる運賃や所要時間

鳥取県に飛行機で行くとなると、所要時間や運賃が気になりますよね。ここでは、羽田空港から鳥取と米子の2つの空港までの運賃を表にまとめました。

なお、運賃は閑散期の最も安い便を参照しています。繁忙期やフライトの時間帯によっては運賃が変動しますので、ご了承ください。

鳥取に飛行機で行くときにかかる運賃や所要時間

羽田空港を離陸してからそれぞれの空港に着陸するまでの所要時間については、羽田から鳥取までの所要時間が約1時間10分、羽田から米子までだと約1時間20分かかります。いずれの空港を利用しても羽田空港からそれぞれの空港までは1時間程度で行くことができそうですね。

格安航空会社(LCC)は就航していませんが、約2カ月前に航空券を予約すれば、1万円以下で東京から鳥取まで移動できます。旅行の計画を早めにたてて、航空券を予約するのがお得に旅行できるポイントです。航空券を予約するときは【ソラハピ】のチケット検索ページ が便利なのでおすすめですよ。

東京から鳥取へ新幹線で行くときにかかる運賃や所要時間

鳥取に行こうと考えている人にとって、所要時間や運賃によっては新幹線を利用して行くことも視野に入れる人もいるかもしれません。ここでは、鳥取と米子へ新幹線で移動するパターンをご紹介します。さらに、飛行機を利用するパターンと比較してみましたので参考にしてみてくださいね。

東京から鳥取まで移動する方法

東京から新幹線などを利用して陸路で移動するパターンでは東京駅から鳥取駅までのルートを調べました。東京から鳥取まで新幹線などの電車を利用する場合、2つのパターンが考えられます。1つ目は、東京駅から岡山駅まで東海道新幹線「のぞみ」に乗り、岡山駅から鳥取駅まで特急スーパーいなばに乗車するという方法です。

2つ目は、東京駅から姫路駅まで東海道新幹線「ひかり」に乗車し、姫路から鳥取までは特急スーパーはくとを利用する方法です。このパターンでは若干運賃は安くできますが、ひかりは停車駅が多いうえ、本数ものぞみより少ないため乗り継ぎに時間がかかることも考えられます。

また、飛行機を利用するときの運賃については、羽田空港から鳥取空港までの最安値を表示しています。なお、いずれの場合も乗車時間には乗り換え時間や搭乗手続きに必要な時間は含みませんので時間に余裕をもってお出かけください。

東京から鳥取へ新幹線で行くときにかかる運賃や所要時間

いずれの新幹線のパターンでも、運賃は1万5,000円以上となるうえ、乗車時間が5時間以上にも及ぶ大移動となります。早くお得に鳥取に行きたいときには、飛行機での移動がおすすめです。

東京から米子まで移動する方法

こちらの比較では東京駅から新幹線などの電車を利用して米子駅まで行くルートと、羽田から米子空港まで飛行機を利用した場合のルートを調べました。

東京から米子まで新幹線を使うときは、東京駅から岡山駅まで東海道新幹線「のぞみ」に乗車します。岡山からは特急やくもに乗り換え、米子駅まで移動できます。

こちらも鳥取駅のときと同じく、運賃は2万円以上、乗車時間は5時間超えという結果になりました。やはり、鳥取駅まで移動するには飛行機を利用するのが現実的なのではないでしょうか。

飛行機を利用するメリットは、早く航空券を予約した分だけ割引額が大きくなることです。鳥取県の2つの空港にはLCCは就航していませんが、事前に予約すれば普通運賃の半額以下で利用できることもあるのはうれしいですよね。早めに旅行の計画を立てて、お得な旅に出かけましょう。

鳥取観光をしよう!

鳥取県といえば、やはり鳥取砂丘を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。しかし、鳥取には砂丘以外にもまだまだたくさん見どころがあります。

鳥取県の西にある境港市には鬼太郎の生みの親である水木しげるロードや、美味しい海の幸が楽しめる場所がたくさんあります。また、大山は美しい風景だけでなく、避暑地としても人気があるところです。

ほかにも三朝温泉やはわい温泉などの温泉地もあり、のんびりとした時間を楽しむこともできます。ぜひ1度訪れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

鳥取県には東に鳥取砂丘コナン空港、西に米子鬼太郎空港があります。どちらも羽田空港との直行便が就航している空港です。

東京から鳥取まで移動する方法として、飛行機と新幹線のパターンを比較したところ、飛行機の方が早く、しかもお得に行けることがわかりました。また、空港と市街地が移動しやすいので、鳥取へ行くには飛行機の利用も便利そうですね。

鳥取県はカニの水揚げ量が多く、海の幸にも恵まれた土地です。それだけでなく、温泉や自然も豊富にあります。また、コナンや鬼太郎などの漫画ファンにとって楽しめるスポットではないでしょうか。

鳥取へ気軽に行くには飛行機が便利です。航空券を予約するときは【ソラハピ】のチケット検索ページがおすすめですよ。

Pocket

一覧ページへ戻る