格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2019.04.02

三重に飛行機で行くにはセントレアを利用しよう!伊丹も便利です

Pocket

全国から参拝に訪れる人も多い、伊勢神宮があるのが、三重県です。三重県には伊勢神宮のほかにも、カップルに人気のあるなばなの里や、グルメを楽しむことができる松坂や津などがあります。意外と知らない魅力が多く詰まっているのが、三重県なのです。

「三重県に一度訪れてみたい」と思っても、遠い地域にお住まいの方にとっては、行くのに時間がかかると考えてしまいがちです。交通手段のせいで旅行を諦めるのはもったいないですよね。

そんな方におすすめしたいのが、三重に飛行機で行くことです。三重県には空港がないので、三重県のすぐ隣の愛知県の空港を利用しましょう。愛知の空港を有効に活用することで、三重も飛行機で簡単に行くことができるのです。今回は、三重に飛行機で行く方法をご紹介します。

三重県に飛行機で行くには中部国際空港が便利!

三重県に飛行機で行くには、愛知県にある中部国際空港を活用しましょう。中部国際空港には、毎日国内線、国際線どちらも多くの便が離発着をしています。全国からのアクセスも多いため、三重から遠い地域にお住まいでも、中部国際空港までは比較的簡単に行けることが多いのです。

中部国際空港には、以下の就航路線があります。

・北海道……新千歳、女満別、旭川、函館
・東北・関東・北陸……秋田、仙台、新潟、成田、羽田
・四国・九州……松山、福岡、大分、宮崎、長崎、熊本、鹿児島
・沖縄……那覇、石垣島、宮古島

これほど就航地が多いと、アクセスもしやすいですよね。また、中部国際空港には、ANAやJALを含む10もの航空会社が就航しています。なかにはLCCも就航しているため、路線によっては非常に安く航空券を購入することができるのです。

また、もうひとつ気になるのが、中部国際空港から三重県までのアクセスですよね。中部国際空港から三重までの有効なアクセス方法を、2つご紹介します。

電車で三重まで行く方法

まずは、電車を乗り継いで三重まで行く方法です。この場合、津駅までのアクセスをご紹介します。まず、中部国際空港から名鉄に乗り、名古屋駅まで向かいます。名古屋駅で近鉄に乗り換えることで、津駅に行くことができます。

名鉄、近鉄どちらでも有料特急を利用した場合、所要時間はおおよそ1時間30分、かかる運賃は3,140円です。乗り換えは1回なので、比較的簡単に移動できるでしょう。

高速船で三重まで行く方法

なんと、セントレアからは毎日津まで高速船が運航しています。船着場までは空港から徒歩で15分ほどかかりますが、高速船で所要時間は約45分、運賃は2,470円です。所要時間も電車より短く、運賃も安く移動することができるのです。

便数は、2019年3月現在で1日15便運航しています。そのためどの時間帯でも、便利に移動することができるのです。船酔いなどの心配がない場合は、高速船を利用して三重まで移動する方法をおすすめします。

三重県に飛行機で行くには中部国際空港が便利!

三重の場所によっては伊丹空港の利用が近いことも

三重は三重でも、場所によっては伊丹空港の利用が近い場合もあります。たとえば、忍者の街としても知られる伊賀市は、三重県のなかでも西側に位置しています。この場合、愛知県から移動するより、大阪から向かうほうが近いのです。

伊丹空港は、中部国際空港よりも多く就航路線をもっています。

・北海道……新千歳、女満別、旭川、釧路、函館
・東北・関東・北陸……青森、三沢、花巻、秋田、山形、仙台、福島、新潟、成田、羽田、松本
・近畿・四国……但馬、隠岐、出雲、石見、松山、高知
・九州・沖縄……福岡、大分、宮崎、長崎、熊本、鹿児島、屋久島、種子島、奄美大島、那覇、宮古島

ご自身が三重のどこに行きたいのかによって、中部国際空港か伊丹空港かどちらを利用すると便利なのかが変わってきます。航空券を探す際は、一度【ソラハピ】のチケット検索ページをご活用ください。

三重に行ったら「伊勢神宮」でお参りを

三重県を訪れたら、ぜひ足を運んでいただきたいのが、伊勢神宮です。伊勢神宮は最高神とされる天照大神を祭る神宮であり、日本最高峰であるともいわれています。その格式の高さから、戦前までは神社とは別格の神宮として認識されていました。歴史は2000年にも及びます。

伊勢神宮に向かう道には、「おはらい町」、そして「おかげ横丁」と呼ばれる飲食店が立ち並ぶエリアがあります。このエリアで、有名な赤福を食べたり、伊勢うどんを食べたりと、ご当地ものも楽しむことができます。

境内には、多くの参拝スポットがあります。そのなかには、五十鈴川御手洗場と呼ばれる川もあります。そこには、身を清める意味があり、昔は禊(みそぎ)の場所として使われていたようです。

また、境内には、古くから立っていることを思わせる木々が立ち並んでいます。暑い夏でもその道は涼しく、昔からの時間の流れを感じることもできるのです。

さらに、境内に入る前には、ガイドのパンフレットを手に入れることができます。パンフレットを片手に、伊勢神宮を正しく参拝しましょう。

三重を観光するならココもおすすめ!

三重には、伊勢神宮以外にも観光名所がたくさんあります。三重は意外と広く、一度では全部回り切れないこともあります。各所に観光名所があると、何度も訪れたくもなりますよね。三重の観光スポットをいくつかご紹介します。

なばなの里、ナガシマリゾート

まずはテーマパークからご紹介します。なばなの里は、秋から春にかけて日本最大級のイルミネーションを楽しむことができるスポットです。12月頃には非常に多くの観光客でにぎわっています。また、イルミネーションを開催していない時期には、キレイな花々を楽しむこともできますよ。

また、ナガシマリゾートは絶叫系のアトラクションが多く並ぶ遊園地です。夏には大きなプールも楽しめます。さらに、高級な温泉宿もあり、ご家族でもゆったり訪れることもできるのです。

熊野古道

広範囲にわたる世界遺産として知られるのが、熊野古道です。ここでは、自然を味わうことができ、道の途中には美しい石畳が続く場所もあります。

伊賀上野城

歴史を楽しみたいという方におすすめなのが、伊賀上野です。ここには伊賀上野城があるほか、松尾芭蕉の出身地としても有名です。子供でも楽しめるスポットとして、忍者屋敷や伊賀流忍者博物館もあります。三重のなかでも歴史を楽しむのにはもってこいの場所です。

三重を観光するならココもおすすめ!

まとめ

三重に飛行機で行くには、愛知県にある中部国際空港を利用すると便利です。中部国際空港からは、電車かまたは高速船で津市まで移動することができます。高速船のほうが、早く安く移動できますよ。

また、三重の目的地によっては伊丹空港を利用したほうがよいかもしれません。伊丹空港も1日に多くの便が発着しているため、便利でしょう。ご自身が行きたい場所をピックアップしてから、航空券を予約するのがよいかもしれません。

三重には、観光スポットが非常に多くあります。伊勢神宮をはじめ、大人でも子供でも楽しめるスポットがたくさんあるのです。ぜひご家族でも旅行に行ってみてください。また、三重に飛行機で行く際は、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページをご活用くださいね。

Pocket

一覧ページへ戻る