格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2019.03.08

茨城へは飛行機で!全国4空港からの料金・観光情報をご紹介します

Pocket

東京からほど近いけれど、なかなか訪れる機会がない場所として挙げられるのが、茨城県です。茨城県は、世界一の高さの大仏としてギネスブックに認定されている牛久大仏や、1年を通してきれいな花が見られる国営ひたち海浜公園などがあります。

東京へはよく行くけれど、その近くには行ったことがないという方も多いのではないでしょうか。この機会に、ぜひ東京周辺の県にも足を運んでみてはいかがですか?

全国各地から茨城へ旅行をするとき、飛行機を利用するのならば、どこから飛行機は運航しているのでしょうか。また、その際にかかる運賃なども気になりますよね。茨城に飛行機で移動するときのあれこれをご紹介します。

茨城空港への就航情報

茨城へ飛行機で行くには、茨城空港への直行便を運航しているスカイマークを利用します。大手2社(ANAとJAL)は運航していません。

スカイマークが茨城空港への直行便を運航しているのは、4路線です。札幌・新千歳空港、神戸空港、福岡空港、そして那覇空港が挙げられます。

2019年3月現在、札幌から茨城までは1日2往復、神戸から茨城までも1日2往復、福岡と那覇から茨城は、1日1往復で運航しています。航空会社はスカイマーク1社による運航ですが、毎日運航しているのはうれしいですよね。

巨大空港である羽田空港や成田空港を利用して茨城県へアクセスする方法もありますが、せっかく茨城県内にも空港があるのですから、活用してみるとよいでしょう。

茨城へ飛行機で行くのにかかる料金は

札幌、神戸、福岡、那覇から飛行機で茨城へ行くには、どれくらいの金額がかかるのでしょうか。ひとつずつ確認してみましょう。

※2019年5月21日搭乗予定。フライトから75日以上前に調べた場合の運賃です。フライトの運賃は、時期・便名・残席数などの事情により前後することがあります。あらかじめご了承ください。

スカイマークは、ほかの多くの航空会社とは運賃形態が異なります。多くの航空会社は、乗る日程より早ければ早いほど、安く予約できる仕組みになっています。しかし、スカイマークは75日前に予約しても、3日前に予約しても同じ運賃で航空券を購入できるのです。

どれもたす得よりいま得のほうが運賃が安く設定されています。この運賃の差は、予約内容に違いがあるためです。

たす得では、予約変更が可能なのに対し、いま得は予約変更ができません。また、万が一購入した航空券をキャンセルする場合、取消手数料がいま得のほうが高くかかるしくみになっています。

基本的には、いま得で予約した方がお得ですが、万が一キャンセルや予約変更がしたくなったときには、たす得にしておいたほうがよいといえます。茨城への旅行日程が確実であればいま得で予約をしてもよいでしょう。まだ完全に固まっていなかったり、仕事の関係で変更したりする可能性がある場合は、たす得にしておいたほうがよいかもしれません。

茨城へ新幹線で行くときにかかる料金について

茨城へ新幹線で行くとき、どれほどの料金がかかるのか知りたいですよね。できるだけ安く収めたいため、安い運賃のほうで茨城に行きたいという方もいらっしゃるでしょう。そこで、新幹線で新神戸駅から、茨城の大きな駅である水戸駅まで移動した場合の運賃を調べてみました。

新神戸駅から水戸駅までは、まず東海道・山陽新幹線に乗り東京駅まで向かいます。東京駅で降りたら、ひたち・ときわ特急に乗り換えることで、水戸駅までたどり着くことができます。このように、新神戸駅から水戸駅に向かうには、1回乗り換えが必要となります。場合によっては品川駅を下車するルートもあるので、ご自身の時間に合ったものを選びましょう。

このルートで新神戸駅から水戸駅まで行くと、料金は17,510円かかります。さらに、時間も4時間半ほどもかかってしまいます。一方、神戸から茨城まで飛行機で移動すると、運賃は先ほど紹介したように、最安値で6,900円、時間はたった1時間15分で到着するのです。

このように、運賃でも時間でも得するのは、飛行機で移動する方法なのです。ぜひ飛行機を活用して、茨城へ行ってみてくださいね。

茨城空港周辺の観光情報

茨城空港からアクセスしやすい観光名所には、どのようなところがあるのでしょうか。冒頭で述べたように、牛久大仏はとても有名ですよね。さらには、幻想的で神秘的な風景を見ることができる大洗磯前神社や大洗海岸も、四季を通してとても人気のある観光名所です。

少しスリルを味わいたいという方には、竜神大吊橋をおすすめします。1994年に開通してからというもの、多くの観光客でにぎわっています。

そのほかにも、1年を通して四季折々の花を見ることができる国営ひたち海浜公園も人気があります。一面に広がる花を一望できるのはとても気持ちよいでしょう。

このように、あまり知られていないだけで、茨城県にも非常に多くの観光名所が存在します。茨城へ飛行機を利用していくと、その周辺でも観光が楽しめるのでおすすめですよ。

まとめ

茨城まで飛行機で行く場合、そのすべてをスカイマークが運航しています。スカイマークが茨城まで結ぶ都市は、札幌・新千歳空港、神戸空港、福岡空港、那覇空港の4つです。ご自宅がこの4つの空港から近い場合は、飛行機を活用してみるとよいでしょう。

神戸から茨城まで移動する場合、運賃の面でも、時間の面でも、飛行機で移動した方がよいといえます。大手航空会社と異なり、独自の運賃形態を持っているスカイマークは、飛行機に搭乗する3日前でも非常に安い運賃で航空券を手に入れることができます。

スカイマークが運航しているからこそ、さらにお得に茨城に行くことができるのです。ぜひ、飛行機で茨城へご旅行に行ってみてください。その際は、一度【ソラハピ】のチケット検索ページをご活用くださいね。

Pocket

一覧ページへ戻る