格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2019.01.21

【仙台から那覇】日本の南の楽園・沖縄へ!フライト基本情報

Pocket

日本の常夏の楽園、沖縄。どのシーズンでも観光客をあたたかく迎え入れてくれ、本土とは異なる文化を楽しむことができる場所として常に人気の場所です。

青い海や沖縄料理などの南国らしさを楽しめるものから、ひめゆりの塔をはじめとする日本で唯一地上戦がおこなわれた場所としての戦跡など、さまざまな観光名所があります。

ちなみに、沖縄で一番人気のある観光スポットは「沖縄美ら海水族館」です。世界最大級の水槽の中では、世界初のジンベエザメとマンタの複数飼育がおこなわれており、圧倒的な自然のスケールに興奮すること間違いなしです。

そんな沖縄には日本全国の人々が足を運びますが、今回は宮城県やその近郊にお住まいの方が沖縄にいく場合を想定してみました。

この記事では、仙台から那覇へ飛行機でいく際に知っておきたい、航空会社や所要時間、運賃についてまとめてありますので、ぜひ最後までお読みください。

以下のボタンから仙台~那覇間の航空券を検索できます。

仙台-那覇を運航している航空会社

仙台から那覇へ飛行機でいく際、まず気になるのは航空会社です。現在、仙台―那覇間を運航している航空会社はANAのみなので、迷うことはありません。

便数も1日1往復と少なく、昼頃仙台を出て昼すぎに那覇へ到着する時間帯での運航のようです。機内で雲海を眺めながら軽食を食べるのもいいですし、遅めの昼ご飯にして到着後に早速沖縄グルメを楽しむのもいいですね。そのあとの行動も考えながら決めたいところです。

1.仙台-那覇を運航している航空会社

所要時間

仙台から那覇へのフライト時間は、3時間15分となっているようです。国内の中では長い部類に入るのではないでしょうか。機内で3時間以上も過ごすことを考え、フライトをより快適にするアイテムを持っていくのがおすすめです。

多くの人が持っていくアイテムとして代表的なのは「スリッパ」「マスク」「ネックピロー」です。

靴からスリッパに履き替えることで足が楽になり、その後の観光での足取りも軽くなります。また、機内は乾燥しているので喉を守るマスクも必需品です。機内で休む方は寝顔を隠すのにも役立ちますね。ネックピローも持っていけば、3時間のフライトでも快適に過ごすことができるでしょう。

運賃はいくら?

仙台から那覇へのフライト料金、気になりますよね。特にANAは大手航空会社なので料金が高いイメージがあります。一体いくらほどかかるのか、料金をまとめてみました。

運賃はいくら?

※2019年3月27日搭乗予定。搭乗日から75日以上前に調べた場合の結果です。飛行機の運賃は便や期間によって異なる可能性があります。

航空会社は予約日数ごとに割引区分を設定していることがよくあります。今回のANAでは、普通運賃が56,030円に対し、75日以上前に予約すると18,630円と約3倍もの差があります。

その後もフライトが近づくにつれてどんどん値上がりしていき、21日以内になると割引が適用されなくなるようです。21日前までに予約した場合と、それ以降の普通運賃とでは料金が2倍以上も違います。早ければ早いほどお得ということですね。旅行の計画は早めに立てて、飛行機の予約を確保するのがおすすめです。

運賃はいくら?

まとめ

仙台から那覇へいく際、航空会社はANAのみです。1日1便なのでフライト選びで迷うことは少ないでしょう。ANAの仙台―那覇間の運賃はフライトが近づくにつれて徐々に値上がりしていき、普通運賃と割引運賃では2~3倍の差があります。お得に飛行機に乗るためには、75日以上前に飛行機を予約しておくことが大切です。フライトの選択肢がないので、旅行の日程が決まったらすぐに航空券を取るのがおすすめです。

ANAで那覇行きの航空券をお探しでしたら、ぜひいちど【ソラハピ】のチケット検索ページをのぞいてみてください。お得な料金で沖縄旅行を楽しみましょう!

Pocket

一覧ページへ戻る