格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 飛行機の活用術

2017.12.12

東京から島根までは飛行機と新幹線どっちがお得?料金・移動時間比較

東京から島根までは飛行機と新幹線どっちがお得?料金・移動時間比較

出雲大社、松江城、石見銀山……多くの伝統ある歴史が根付く観光地として近年人気の『島根県』。休暇を利用して、旅行や観光に訪れてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

東京から島根に訪れる場合、代表的な交通手段としては主に『新幹線』と『飛行機』が挙げられます。この交通手段にはそれぞれ異なる特徴やメリットがあるため、予定を立てる際にはどれにしようか悩みがちです。

どちらがよりお得なのか?どちらがより便利なのか?

このコラムでは、そんな疑問を解決します。より自分に合った交通手段を把握して、快適に島根の旅を楽しみましょう!

東京から島根までの移動時間

旅行の快適さを左右する要素として重要なポイントに、『移動にかかる時間』というものがあります。この移動時間が短ければ、現地での計画も立てやすくなるでしょう。

とはいえこの時間は単に短ければよいというものではなく、「この移動時間が楽しい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、東京~島根間の『飛行機』と『新幹線』の移動時間をくわしく比較していきます。自分に合った移動時間を選んでみましょう。


■飛行機の移動時間

東京から島根に飛行機でいく場合、その移動時間はいき先の空港によって少々異なります。島根にある空港は、『出雲空港』『萩・石見空港』と2種類あり、お互いにやや距離が離れているのです。

羽田空港から『出雲空港』に向かう場合は、フライト時間が約1時間25分
羽田空港から『萩・石見空港』に向かう場合は、フライト時間が約1時間35分

これに加えて乗降の際の手続きなどがあるため、どちらも約3時間前後はかかる計算になります。10分ほどのちがいですが、後述する費用が少々変わってくるため、『空港が2つある』ということに関してはしっかりおぼえておきましょう。


■新幹線の移動時間

新幹線で島根に向かう場合、基本的には一度岡山駅で降りる必要があります。そこから特急列車『やくも』に乗り換えて、松江駅に向かいましょう。

この移動の所要時間は、東京~岡山で約3時間20分(のぞみの場合)または約4時間(ひかりの場合)、岡山~松江で約2時間30分ほどかかります。乗り換え時間なども考えると、6時間~7時間ほどかかると想定しておきましょう。

東京から運航している航空会社

東京から島根に向かう交通手段である飛行機。そんな飛行機には、航空会社というものがあります。航空会社によって出発の時間や運航便の数が異なるため、しっかり把握しておきましょう。

東京~岡山間をむすぶ航空会社としては、JAL(日本航空)とANA(全日本空輸)が代表的です。この航空会社は、前述した2つの空港のどちらを選ぶかによって変わります。

出雲空港の場合……JAL(日本航空)
萩・石見空港の場合……ANA(全日本空輸)

また、航空会社によって1日にフライトする本数も異なります。
JALの場合……1日5便
ANAの場合……1日2便
※状況・日程などによって変更する可能性あり

このような形になるので、空港や航空会社選びの際にはぜひ参考にしてください。

東京から運航している航空会社

東京から島根までの料金

東京~島根を移動する際において、気になるのはやはり『かかる料金』ではないでしょうか。この費用は、交通手段はもちろん航空会社などによっても異なります。さまざまな費用のパターンを知って、より自分に合ったものを探しましょう。


■飛行機の場合

飛行機にかかる費用は、予約する日にちによっても変わります。ここでは、そんな飛行機費用がどれぐらいかかるものなのか、わかりやすく解説していきます。まずは、下記の図で費用がどれぐらいかかるか、確認しておきましょう。

〇飛行機(JAL)の場合
・羽田~出雲間の最安値(2019年4月22日~)

JAL 運賃
普通運賃 32,300円
75日前運賃 9,800円~
55日前運賃 11,100円~
45日前運賃 12,300円~
28日前運賃 13,300円~
21日前運賃 13,300円~
3日前運賃 24,000円~

※この費用は、曜日や季節などによって大きく変動する可能性があります。また、上記の料金には羽田空港の「国内線旅客施設使用料」である290円(大人)が含まれています。

〇飛行機(ANA)の場合
・羽田~萩・石見間の最安値(2019年4月22日~)

ANA 運賃
普通運賃 33,000円~
75日前運賃 10,390円~
55日前運賃 10,190円~
45日前運賃 10,590円~
28日前運賃 11,090円~
21日前運賃 11,490円~
3日前運賃 25,790円~

※この費用は、曜日や季節などによって大きく変動する可能性があります。また、上記の料金には羽田空港の「国内線旅客施設使用料」である290円(大人)が含まれています。

上記のように、予約する日付が早ければ早いほど費用もおさえることができます。最安で1万円前後にすることもできるため、早めに計画を立てているのであれば飛行機は非常にお得といえるでしょう。

また、注意書きにもあるように、この料金は季節や土日祝日によって大きく変動します。特にゴールデンウィークや夏休みの期間などは、航空料金も高くなりがちです。

ANAの75日前予約がよい例ですが、このように早めに予約しても場合によっては少々高くなってしまうこともあるのです。購入前には、航空会社のホームページなどをしっかり確認するようにしてください。


■新幹線の場合

東京~岡山間の新幹線料金は、『のぞみ』に乗るか『ひかり』に乗るかによって少々異なります。

〇新幹線の費用内訳
(大人1人グリーン席)乗車券:10,480円 特急料金:12,820円(のぞみ)、12,300円(ひかり)
(大人1人指定席)乗車券:10,480円 特急料金:6,860円(のぞみ)6,340円(ひかり)
(大人1人自由席)乗車券:10,480円 特急料金:5,820円
+
特急やくも(岡山~松江間) 特急料金:自由席1,080円 指定席1,340円

これらを合計すると、以下のようになります。

東京~島根間の合計:17,380円(最安値)
※2019年4月22日現在

また、東京~岡山間は往復券を購入すれば、『往復割引』の対象となり、1割引きのサービスが受けられます。さらに新幹線にも早割の制度があり、もっとも安いもの(乗車21日前までの予約)だと東京~岡山間を13,000円で購入できることも。

これは通常ののぞみ指定席と比較して4,340円も安い計算になるため、新幹線ご利用の際はぜひ活用してください。

新幹線と飛行機どちらを選ぶべきか

ここまでさまざまな観点で飛行機と新幹線を比較してきましたが、結局どちらが東京~島根間の移動に適しているのでしょうか。ここで、双方の利点をまとめてみましょう。

移動時間や費用、快適さなどをかんがみると、急用でなければ『飛行機』の方が全体的にお得といえます。移動速度から新幹線より高いと思われがちな飛行機ですが、早割などのサービスを利用して早めにチケットを取れば、かなりお得に搭乗することができますよ。

新幹線に比べて3時間以上も移動時間が短縮でき、かつ費用もお得な飛行機であれば、旅行なども長く楽しめるのではないでしょうか。移動の負担を軽くしたい場合にもうってつけの移動手段です。

一方、新幹線側にも選ぶべきタイミングはあります。それは、急用ですぐに向かわなくてはならないときです。

飛行機の場合は急にはなかなかチケットが取れないこともありますし、取れたとしても高額になってしまうことが多いでしょう。そうなると、時間をかけてもすぐに乗れる新幹線を選ぶ方が適しています。

自分の状況に合わせて、よりよい交通手段を選ぶことが大切だといえるでしょう。

新幹線と飛行機どちらを選ぶべきか

まとめ

東京~島根間の移動手段である『飛行機』と『新幹線』には、それぞれに特徴やメリットがありました。移動速度でいえば圧倒的に速く、かつ早割のサービスを使えば最安1万円前後で移動できる飛行機は、旅行の際にはかなり魅力的かと思います。

とはいえ、急な予約となってしまうと2万円~3万円ほどかかり、かつ席も取りにくいというデメリットも。そういった面では、新幹線は急な移動にも対応できます。

あなたの『そこにいく理由』によって、適した移動手段は変化します。

今後、島根~東京を旅行しようと計画している方は飛行機を。
できるだけ早く島根、または東京に向かいたい方は新幹線を。

現在の状況に合わせて、適切な交通手段を選べるとよいですね。

東京~島根間の航空券をお探しでしたら、ぜひ【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。お得な航空券をみつけることができますよ。
(この記事は2019年4月23日に加筆・修正しています)

中国行きの航空券検索
羽田空港発~出雲空港着の航空券予約はこちら
出雲空港発~羽田空港着の航空券予約はこちら
羽田空港発~石見空港着の航空券予約はこちら
石見空港発~羽田空港着の航空券予約はこちら

一覧ページへ戻る