格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 空港情報

2018.10.23

LCCを関空で利用したい!就航航空会社と利用方法まとめ

LCCを関空を関空で利用したい!就航航空会社と利用方法まとめ
Pocket

格安の料金で飛行機に乗ることができる航空会社、LCCが近年ますます人気になってきています。これまでは普通の航空会社を利用してきていたという人も、その安さからLCCでのフライトに興味を持ち始めているということはありませんか?

この記事では、関西空港からLCCを利用する際に知っておきたいことをまとめてみました。お得な料金でフライトを楽しみましょう。

関空はLCCが沢山就航する拠点空港!

「拠点空港」という言葉をご存知ですか?2008年の空港法という法律で、国際または航空輸送網の拠点となる空港として定められている空港のことです。

少しややこしい話をすると、関西国際空港はそんな拠点空港の中でも株式会社が設置・管理する会社管理空港に分類されます。ちなみに運営会社は「関西エアポート株式会社」です。空港の中でもさまざまな種類があるのは驚きですね。

そしてこの関西国際空港は、LCCの就航都市数がなんと日本で一番多いのです。24時間利用できる空港として多くの旅客に利用されている関西国際空港ですが、これからもますます発展が期待されます。

LCCは基本的に第2ターミナルの利用

空港を利用する際にややこしいことのひとつが「第1ターミナルなのか、第2ターミナルなのか」ということです。これを読んでくださっている方の中でも間違えたことがある人がいるかもしれませんね。

一般的にターミナルの間というのは結構距離があるものなので、間違えてしまうと最悪フライトに乗れなくなってしまいます。タクシーなどで向かっている場合も運転手がターミナルを間違えてしまうということもあり、空港に着く前から気が抜けません。

そこで覚えておきたいのが「LCCは第2ターミナル」ということです。関西国際空港は2017年の1月からLCC専用のターミナルを開設しました。LCCを利用する人の多くが第2ターミナルを利用しています。

しかし現状は、LCC専用といっても、実際に第2ターミナルで就航しているのはほとんどピーチ・アビエーションのようで、他のLCCは第1ターミナルを利用することが多いようです。

ではなぜ「LCCは第2ターミナル」なのでしょうか?

それは、関西国際空港で運航しているLCCのフライトのほとんどがピーチ・アビエーションだからです。次の項で航空会社ごとの就航地をご紹介するので、ピーチ・アビエーションの多さがお分かりいただけるかと思います。

このような理由から「LCCなら第2ターミナル」と覚えておくのが便利なようです。
もちろんこれは関西国際空港限定で、ピーチ・アビエーションのみだということは頭の片隅に置いておいてくださいね。

国内線LCCを就航している航空会社

関西国際空港から就航しているLCC国内線は以下の3社です。就航地と受託手荷物、予約方法について簡単にまとめてみました。

【ピーチ・アビエーション】
就航地:札幌(新千歳)、釧路、仙台、新潟、東京(成田)、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)、石垣
受託手荷物:有料

【ジェットスタージャパン】
就航地:札幌(新千歳)、東京(成田)、福岡、沖縄(那覇)
受託手荷物:有料

【バニラエア】
就航地:東京(成田)、函館(季節運航)、奄美大島
受託手荷物:有料(コミコミバニラというプランなら無料)

熊本―羽田の飛行機を利用したい!運賃や空港までの行き方とは

LCCを利用するときの注意点

上で関西国際空港国内線で就航しているLCCをまとめてみましたが、実際にLCCに乗る際にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか?まとめてみました。

【もっとお得になることも】
LCCは空席状況に応じて価格が変動しやすいので、なるべく早く予約することでさらにお得になります。一般的に飛行機のフライトが一番安いのは、フライトの75日以上前です。早めに計画を立てて予約するのがおすすめです。

【荷物は軽く、少なく】
受託手荷物は料金プランにもよりますが、基本的に有料で制限をオーバーしてしまうと超過料金を取られてしまうのがLCCの特徴です。せっかく安いフライトで予約できても、荷物のせいでお得感がなくなってしまうのは避けたいですよね。帰りにお土産をつめたりすることも考えて、行きの荷物は極力軽くしたほうがよいでしょう。

【時間に余裕をもって】
LCCは一般的な航空会社よりもチェックイン時間の締め切りが早く設定されており、効率的に運営するためにもこの時間は割と厳しく守られています。空港内外での思わぬトラブルがあってもいいように、早めに空港に着けるように余裕を持ちましょう。

Webチェックインができる航空会社の場合はそれを利用すると、チェックインカウンターに並ばなくて済むのでおすすめです。受託手荷物がない場合はそのまま保安検査に行けばいいのでより時間を短縮することができるでしょう。

まとめ

関西国際空港は日本で最も多くLCCが就航している空港です。多くがピーチ・アビエーションなので、「関空でLCCなら第二ターミナル」と覚えておくと便利でしょう。他に国内線で運航しているLCCには、ジェットスタージャパンやバニラエアなどがあります。関西国際空港でLCCを探しているならぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページのチケット検索ページをチェックしてみてください。時間に余裕をもって、お得にフライトを楽しみましょう。

Pocket

一覧ページへ戻る