格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 飛行機の活用術

2018.08.21

JALのクラスJってどういうもの?メリットや具体的なサービスとは

JALのクラスJってどういうもの?メリットや具体的なサービスとは
Pocket

日本航空、JALには普通席とファーストクラスの間に「クラスJ」というクラスがあります。今回はこの「クラスJ」を利用することでどんなサービスを受けられるのかなどをまとめてみました。

JALの飛行機を利用しようと考えている方やそうでない方も、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください!

クラスJは1,000円で快適な旅ができる!

JALにはシートのクラスが3種類存在し、普通席、クラスJ、ファーストクラスの3段階に分かれています。その中でもクラスJは真ん中のクラスで、普通席に1,000円をプラスするだけで多くの特典やサービスが受けられる席です。JALのクラスJとはいったいどんなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

・シートが広い

クラスJは、座席がとても広々としているのが特徴です。座席同士の前後の間隔は、97cmで、普通席と比べて18cmも広くなっています。また、シートは本革を使用しており、ヘッドレストやレッグレスト、パソコンを置くことができる大きなテーブルやジャケットがかけられるフックなど、機内で快適に過ごすための工夫がいたるところに施されています。

座席間隔が広いため、後ろの方を気にせずリクライニングでき、目的地までゆったりと過ごすことができます。

・こだわりの飲み物を楽しめる

機内では飲み物がいくつか用意されていますが、クラスJを利用しなければ飲むことができないこだわりの飲み物を楽しめます。世界最高峰を体感できるコーヒーや、茶師10段の腕を持つ方によるオリジナル煎茶を飲むことができるのです。目的地までこだわりの味をゆったりと楽しみましょう。

こちらは一部飛行時間の短い路線では提供していないことがありますので注意してください。

クラスJは1,000円で快適な旅ができる!

マイルの加算は10%増

クラスJを利用した場合は、マイルの加算が10%増えるのも大きな魅力です。普通席と比べてたった1,000円しか変わらないにもかかわらず、マイルが多く貯まるなんて嬉しいことはありません。

マイルの加算は10%増

空席があれば当日でも変更可能

「普通席で予約したけど、クラスJにアップグレードしたくなった!当日変更はできるの?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。じつは、利用日の当日に空席があればクラスJにグレードアップすることが可能です! 手続きは早い者勝ちですので、グレードアップを検討している方は早めに空席状況を確認して変更手続きをしましょう。

変更したい場合、クラスJに空席があるかどうかをチェックしなければなりません。空席状況は、空港にある電光掲示板に表示されています。自分が利用予定の便の横にクラスごとの空席状況が〇、△、×で表されているので、そこで確認しましょう。

もし〇や△であればグレードアップできる可能性が高いです。すぐにチェックインカウンターで手続きをおこないましょう。×の場合はあきらめてしまいがちですが、まだチャンスはあります。搭乗時間の直前でキャンセルが出ることもありますので、×の表示でもキャンセル待ちを申請しておきましょう。

ここで注意したいのが、キャンセル待ちの場合は先着順ではなく種別順で、上級会員の方から優先的に選ばれます。種別が同じであれば先着順ですが、自分より上の種別の方がいらっしゃる場合はアップグレードできないこともあります。

確実にクラスJを利用したいと考えている方は、あらかじめグレードアップして購入しておくか、早めに空港に到着してクラスJが完売してしまう前に変更手続きをおこなっておくことをおすすめします。

まとめ

JALのクラスJは、普通席にたった1,000円プラスするだけでさまざまなサービスを受けることができます。マイルの加算が10%増えるのも見逃せません。

普通席で予約してしまった場合でも、当日の空席があればアップグレードすることが可能です。先着でうまってしまいますので、気になる方は早めに手続きをおこないましょう。

航空券をお探しでしたら、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。きっとお得な航空券を見つけることができるでしょう。

Pocket

一覧ページへ戻る