格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 空港

2018.06.06

北海道から秋田までは飛行機と新幹線どっちがお得?移動時間・料金比較

北海道から秋田までは飛行機と新幹線どっちがお得?移動時間・料金比較

突然ですが、皆さんは「秋田県」と聞いて何を思い浮かべますか?

一般的に思い浮かべるのは「きりたんぽや稲庭うどん」などのグルメを考える人が多いでしょう。さらに、近年では女子フィギュアスケートのザキトワ選手に贈られた犬種として「秋田犬」が海外からもゆうめいで注目されています。他にも、秋田県といえば「あきたこまち」や秋田の伝統的なイベントや催し物で登場する「なまはげ」を思い浮かべる人も多いでしょう。

「あきたこまち」を始め、おいしいお米を使って製造される日本酒は、海外からも高い人気があります。例えば「新政・雪の茅舎・白瀑・天の戸・一白水成」といった種類は、秋田県を代表する日本酒といえるでしょう。

そんな 秋田県まで北海道から行く場合には、新幹線と飛行機のどちらを利用しても行くことができます。

新幹線を利用するルートでは、少なくても乗り換えが1回必要になります。北海道の新函館北斗駅から東京行きの「東北・北海道新幹線」に乗り、盛岡駅で「秋田新幹線・秋田行」に乗って秋田駅へ向かう行き方です。

一方で飛行機を利用する場合は「新千歳空港」から「秋田空港」へ出るルートになります。
皆さんは、新幹線と飛行機のどちらを利用したいと思いますか?
そこで今回は北海道から秋田県まで、お得に行く方法をご紹介します。

北海道から秋田県までの移動時間

まず北海道から秋田県まで行くには、どのくらいの時間が必要なのでしょうか?
飛行機と新幹線の移動時間をそれぞれみていきましょう。

【 飛行機 】

飛行機で新千歳空港から出発し、秋田空港まで行く場合は、片道約1時間のフライトです。そこへ搭乗手続きなどの時間を含めると、所要時間は片道約2時間になるでしょう。

ちなみに秋田空港から秋田駅まで行くには「連絡バス・秋田中央交通・リムジンバス・県庁・市役所前行」に乗り秋田駅へ出るルートです。
乗り継ぎ時間を含めると片道で50分ほどかかり、約1時間で移動することができます。

【 新幹線 】

新幹線を利用して秋田県へ向かう場合は、北海道の新函館北斗駅から東京行きの「東北・北海道新幹線」に乗り、盛岡駅で「秋田新幹線・秋田行」に乗って秋田駅へ向かいます。移動時間は、乗り継ぎ時間を含めると片道で約4時間30分かかります。

北海道から運航している航空会社

北海道から秋田県に飛行機で向かう場合には、北海道の「新千歳空港」から秋田県の「秋田空港」までは大手航空会社の「ANA」と「JAL」2社が合わせて4便運航しています。
なお、最も早い便の出発時刻は10時25分で最終便の出発時刻は19時ちょうどです。
空港間のフライトは約1時間ですが、飛行機に乗る際には手荷物検査やチェックインなどの、搭乗手続きに時間がかかることがあるので、なるべく早めに家を出て空港に行くようにしましょう。

北海道から運航している航空会社

北海道から秋田県までの料金

それでは北海道から出発し秋田県へ行く場合の片道料金はどのくらいかかるでしょうか?
飛行機と新幹線の料金を比べてみましょう。

北海道から秋田県までの料金
※成田国際空港から新潟空港までの航空運賃
(2018年9月18日搭乗予定・搭乗日より75日以上前に調べた時点での最安値)

【 飛行機の料金 】

新千歳空港から秋田空港まで「ANA・JAL」が運航する飛行機を利用した場合、片道の普通運賃は2社とも27,700円です。
しかし、両社とも75日前割の早割を利用して予約した場合は、片道の航空券を7,500円で購入することが可能です。今回は、北海道から秋田県まで「ANA・JAL」の飛行機を利用した場合、最大20,200円も安くなります。

【 新幹線の料金 】

(2018年9月乗車の場合)

北海道の新函館北斗駅から秋田県の秋田駅までの普通運賃は、片道15,580円(乗車券 7,780円・特別料金 7,800円)です。
新幹線で行く場合には、岩手県の盛岡駅で「東北・北海道新幹線」と「秋田新幹線」間の乗り換えがあるので乗り過ごしなどには、十分に注意しましょう。

北海道から秋田県までの料金

新幹線と飛行機どちらを選ぶべきか

まず飛行機で、北海道から出発し秋田県へ行く場合「ANA・JAL」が運航する飛行機を利用すれば新千歳空港から秋田空港まで片道約1時間のフライトで到着できるという、大きなメリットがあります。移動時間を短縮して、早く到着することで目的地を十分に満喫できますね。

さらに、秋田空港から出発し秋田駅へ出るには「連絡バス・秋田中央交通・リムジンバス・県庁・市役所前行」を利用するルートで、片道1時間ほどで行くことができます。
そこへ、飛行機の「フライト時間」と「搭乗手続き時間」を合わせるとトータルの所要時間は約3時間です。これは新幹線の移動時間よりも1時間30分も早く到着できます。

ただし、新千歳空港から出発し秋田空港まで行く場合、1日に利用できる便数が「ANA・JAL」2社を合わせても4便しかないというデメリットもあります。
そのため、急な出張などで北海道から秋田県へ行く場合は、新幹線を利用するほうがよいでしょう。

当日に航空券を購入する場合は普通運賃となり、割引は適用されません。
さらに、各航空会社の「早割」は利用者も多く、予約が埋まりやすいため早めに事前の予約をしておきましょう。

新幹線と飛行機どちらを選ぶべきか

まとめ

北海道から出発し秋田県まで行く場合は、新千歳空港から秋田空港へは、大手航空会社の「ANA」や「JAL」の飛行機で行くことができます。片道1時間ほどで到着するので、乗り物に酔いやすい方や、子供連れの方でも利用しやすいのではないでしょうか?
せっかくの旅行ですから、移動時間も楽しみたいですよね。移動時間が短ければ短いほどストレスなく快適に移動することができます。

一方で新幹線の場合は、新函館北斗駅から出発し秋田駅に到着するまでの乗車時間が、片道約4時間30分かかり、さらに「東北・北海道新幹線」と「秋田新幹線」での乗り換えが必要なため、移動だけで疲れてしまうかもしれません。また、寝過ごしてしまうこともあるでしょう。

そのような理由から移動時間や料金をトータルで考えると、飛行機を利用したほうが便利で快適だといえるでしょう。

さらに飛行機を利用する場合は、運航便が少ないとすぐに席が埋まってしまうことがあるので、航空券の予約状況は早めにチェックしておきましょう。

東北行きの航空券検索
新千歳空港発~ 秋田空港着の航空券予約はこちら
秋田空港発~新千歳空港着の航空券予約はこちら

一覧ページへ戻る