格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 未分類

2018.06.05

異国情緒あふれる長崎の魅力とは?長崎観光おすすめスポット!!

突然ですが、皆さんは「長崎県」と聞いて何を思い浮かべますか?

修学旅行や団体旅行などで多くの人が訪れている長崎県ですが、オランダの街並みを再現し、四季折々の花やイベントが楽しめる「ハウステンボス」は大人気の観光地です。

他にも、長崎県にはおいしいグルメもたくさんあり「ちゃんぽん」や「皿うどん」などは、長崎を訪れた際にぜひ食べておきたいグルメですね。

また、長崎県は海外との貿易を行っていた船場だったため、日本と外国との異文化交流の地でもあったとされています。
長崎県にある「出島」は、実際に当時貿易が行われており、その時の歴史が今でも残されています。

さらに、スコットランドの武器商人として当時日本に訪れていた「トーマス・ブレーク・グラバー」は長崎の魅力に引き付けられ、実業家として長崎に住んでいました。

「トーマス・ブレーク・グラバー」は、蒸気機関車の試走を行ったことで有名で、今でも歴史ファンから高い人気があります。

長崎県では、こういった歴史や文化に触れながら学ぶことができるので、全国各地からも多くの観光客が訪れています。
さらに、海外からの人気も高く1年を通して様々な人々が訪れています。

国際都市の長崎市!!異国情緒があふれるスポット3選!!

当時、貿易を行っていた都市である長崎には、日本の文化だけでなく外国との異文化交流が発達していました。

その中でも今回は、長崎の観光でおすすめの定番スポットをご紹介していきます。

・長崎新地中華街

中華街は「横浜」や「神戸」だけではありません。
長崎にも、約40店舗並ぶ中華街があります。

当時は、中国との貿易品の倉庫として海を埋め立てた街といわれています。
東門と南門が設置されており、その途中には公園がありイベントや催し物が開催されていることもあります。

・大浦天主堂

当時、海外との貿易を行っており、異文化交流の地であった長崎には、いろいろな文化が伝わってきていました。
中でも、キリスト教やカトリック教は多くの人が信仰していました。

しかし、それを禁止にした豊臣秀吉は「キリシタン禁教令」を出し、さらには26人のカトリック信者の処罰を指示しました。
当時処罰された26人は「日本二十六聖人」と呼ばれ、その「日本二十六聖人」に捧げられたのが大浦天主堂であるといわれています。

・グラバー園

武器商人として、日本に訪れていた「グラバー」が当時住んでいたとされる旧宅が残されています。

国指定重要文化財とされている「旧グラバー住宅・旧リンガー住宅・旧オルト住宅」を始め、市内に点在していた洋館を移築し復元されました。
当時の暮らしを実際に目にすることができるので、観光客も多く訪れています。

日本の幕末時代を支えたといえば「坂本龍馬」ですが、「グラバー」は、その龍馬を支え影の活躍者として、日本の近代化に大きな役割を果たした重要な人物です。
長崎 夜景

長崎の夜景を楽しめるスポット

長崎を訪れた際の楽しみは、観光地やグルメだけではありません。

長崎には、きれいな夜景が楽しめる「夜景の絶景スポット」がたくさんあります。

・稲佐山

長崎のランドマーク的存在であり、観光客にも非常に人気が高い夜景スポットです。

さらに、香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に選ばれました。

・鍋冠山

グラバー園から徒歩10分ほどの距離で、展望台からは長崎港を一望することができます。

さらに、夜景だけではなく長崎港を通るクルーズ船が女神大橋を通過するのに絶好の撮影スポットです。
長崎県内でも1位2位を争うほどの夜景スポットです。

・グラバースカイロード

1階から5階までの乗降口があり、坂道エレベーターが観光客に高い人気があります。
5階まで登るとグラバー園の第2ゲートがありますが、途中で長崎らしい坂道と海を一望できる展望台があります。

エレベーターの運行時間が朝の6時~夜の23時30分までなので、夜景を堪能した後もエレベーターで下りてくることが可能です。

路面電車

長崎市内の観光は路面電車がおすすめ!

長崎を訪れたときの移動に、自家用車やレンタカー、バスや電車を利用すると思います。

しかし、その中でも長崎観光を十分に堪能したい場合は、移動手段に「路面電車」を利用しましょう。

今回ご紹介した長崎の観光におすすめな観光地にも路面電車を利用して行くことができます。
さらに、1日利用できるフリーパスなどを使うことで、他にもいろいろな穴場スポットなどにも行くことができ、長崎を十分に満喫できること間違いないでしょう。

また、長崎の路面電車は計5系統(現在は4系統)あります。
ですので、長崎観光の際に気になった駅で降りて無計画で立ち寄ってみるのも観光の楽しみ方の1つではないでしょうか。

今回は、上記でご紹介した「長崎新地中華街 ・大浦天主堂 ・グラバー園 」の路面電車の3つの観光地の最寄駅もご紹介します。

・長崎新地中華街

長崎駅からの路面電車を利用して「築町駅」で下車。
その後、徒歩約5分です。

・大浦天主堂

路面電車の「大浦天主堂駅」で下車。
駅より徒歩約7分で到着します。

・グラバー園

路面電車の「大浦天主堂駅」にて下車。
その後、徒歩約5分で行くことができます。

グラバー旧宅

まとめ

いかがでしたか?

さまざまな歴史や文化、グルメなどの、魅力がある長崎県ですが、昔は異文化交流の地として外国との貿易地でした。

そんな長崎県を十分に満喫する場合、目的地をあらかじめ決めておいて計画的に観光するのも楽しいですが、路面電車を使っていろいろと立ち寄りながら、目的地までの道のりを楽しむのも旅行の楽しみ方の1つでしょう。
また、路面電車を利用する場合は、1日乗車券やフリーパスを使うことをおすすめします。

さらに、長崎県は「世界新三大夜景」の1つで、ロマンチックな絶景を見ることができる夜景スポットがたくさんあります。

長崎に来た際には、1度立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

もし、飛行機を利用しての旅行や出張などをご検討中でしたら、一度【ソラハピ】のチケット検索ページをチェックしてみてください。
きっと、お得な航空券を見つけることができますよ!

一覧ページへ戻る