格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2018.02.05

福島から北海道までは飛行機と新幹線どっちがお得?移動時間・料金比較

Pocket

福島~北海道間は約1,000kmと、非常に離れています。そのため、この区間を移動しようとする際には新幹線という選択肢もありますが、移動時間を考えると飛行機を利用することがおすすめ。そこで気になるのが料金でしょう。飛行機と聞くとどうしても、高額な移動手段である、というイメージを持っている方も多いはず。

しかし場合によっては、新幹線より安くなることもあるのです。そこでこの記事では、福島~北海道間を飛行機で移動する際の料金や移動時間はもちろん、安くする方法も紹介していきます。なお、新幹線を利用する場合の移動方法に関しても紹介していきますね。

以下のボタンから、福島空港~新千歳空港という路線の航空券を検索することができます。

1.移動予定日まで時間がない→ソラハピなら格安料金航空券の予約が可能

福島~北海道間を飛行機で短時間移動したいものの移動予定日までそんなに時間がない、という方には、当サイトのソラハピでの航空券予約がおすすめ。なんとそのような状況においては、航空会社よりもソラハピで航空券を予約した方が安くなることがあるのです。

【ソラハピとは?】
国内主要航空会社の格安航空券を多く取り扱う航空券販売サイト

ちなみに、福島~北海道間を飛行機で移動する場合、直行便として利用できるのはANAが運航する福島空港~新千歳空港という路線のみとなります。では実際に、移動予定日まで時間がない、直前での予約となる場合のANAとソラハピの料金を比較して見てみましょう。

・ANAとソラハピの最安値比較

福島空港→新千歳空港 ANA最安値 ソラハピ最安値
1日後
(2019年11月30日)
31,770円 26,470円
1週間後
(2019年12月6日)
32,570円 27,120円

※2019年11月29日時点の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。
※ANA最安値:早めに航空券を予約することで割引が適用されるANA SUPER VALUE・ANA VALUEのなかの最安値です。

上記の表から、ソラハピの方が航空券を安く予約できることがわかりますね。そのため、移動予定日まで時間がなく、飛行機を利用して短時間かつ安く福島~北海道間を移動したいという方は、ぜひソラハピを利用してみてくださいね!

【ソラハピ|航空券検索~予約・購入の流れ】
1.出発地・到着地・出発日の選択
2.希望航空券の選択→必要事項の入力
3.予約確定→支払い
4.予約番号/確認番号発行→手続き完了

※予約確定後、クレジットカード即時決済を選択した方以外にはソラハピより購入手続き案内のメールが届きます。このメールに従い、支払いを済ませましょう。
※支払いの確認が取れたら、再度ソラハピよりメールが届きます。なおこのメールには、搭乗の際のチェックイン時に必要となる予約番号/確認番号が記載されているので大切に保管してください

2.福島~北海道間の飛行機移動の料金&最安値航空券を予約する方法

福島には福島空港、北海道には全部で13もの空港があるため、福島~北海道間を飛行機を利用して移動する際にはいくつもルートがあるように感じます。しかし、すでにお伝えしていますが、福島~北海道間の飛行機移動では、ANAが運航する福島空港~新千歳空港という路線しか直行便はありません

ここでは、そんな福島~北海道間の福島空港~新千歳空港という直行便路線の料金を、また安く予約する方法を紹介していきます。

・航空券の料金表

福島空港→新千歳空港 料金
普通運賃 33,870円~
75日前予約 13,670円~
55日前予約 14,270円~
45日前予約 14,770円~
28日前予約 15,270円~
21日前予約 17,770円~
3日前予約 31,270円~
1日前予約 31,770円~

※2019年11月29日時点の2020年2月20日の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

上記の表から、普通運賃に関しては30,000円を超えていることから、片道の移動料金としては高額といえます。しかし、表の普通運賃より下の料金には非常に安いものもありますね。これこそが、飛行機料金を安くする方法なのです。

・航空券を早めに予約することで格安料金に

先ほどの表において、〇日前予約という料金のなかには非常に安いものがありましたね。これは、搭乗日より〇日前に予約することで割引が適用される、というものです。

また表のなかで、最も日数の大きい75日前予約が最安値となっています。つまり、飛行機の料金を安くする方法は、できるだけ早めに航空券を予約する、ということなのです。

なお、これらの搭乗日より早めに予約することで割引が適用される航空券は、ソラハピでも取り扱っていますよ。

・料金と移動時間の両面から見ても飛行機がおすすめ

福島~北海道間を飛行機を利用して移動する際の料金についてを、ここまで見てきました。

移動予定日まで時間があまりないという状況では、ソラハピを利用することで安く航空券を予約することが可能です。また、逆に移動予定日まで時間があるという場合には、早めに航空券を予約することで大きな割引を受けることができます。その結果、普通運賃より20,000円ほど安くなることもあるのです。

福島~北海道間を飛行機で移動する際、フライト時間は約1時間20分です。直線距離で約1,000km離れているこの区間をこの短時間で、また上記の方法で航空券を予約することで非常に安く移動することができます。

料金と移動時間の両面から見ても、飛行機はバランスの取れた移動手段であるといえるでしょう。早く、そして安く福島~北海道間を移動したいという方には、飛行機の利用がおすすめです。

3.【番外編】北海道内の移動も飛行機の利用がおすすめ

北海道は広く、例えば、空港のある新千歳市から国内最北端、稚内市までの距離は約363km、車で約5時間の大移動となります。そのため北海道では、市と市を短時間で行き来できるように、前述でもお伝えした通り道内に13もの空港があります。新千歳空港がある千歳市から遠い市内にいく場合にも、飛行機を利用した方がよい場合もあるのです。

そこでここでは、新千歳空港から発着している北海道内行きの便について紹介していきます。

・北海道にある空港

北海道にある空港は全部で13つ。そのうち国が管理しているのは新千歳、釧路、稚内、函館です。あとの10の空港は特定地方管理空港地方管理空港などで分類されます。それらの空港が礼文、利尻、紋別、女満別(めまんべつ)、中標津(なかしべつ)、旭川、帯広、奥尻、丘珠にあるのです。

・新千歳空港から出ている道内便

北海道での車、電車での移動は、場所によっては半日つぶれてしまう可能性があります。もし、行きたい場所の近くに空港がある場合は、新千歳空港から飛行機を利用して移動するとよいかもしれません。新千歳空港からの移動時間と、新函館北斗駅からの鉄道移動時間・普通運賃をあわせて紹介します。

・・函館空港

飛行機での移動時間:新千歳空港から約40分
鉄道での移動:新幹線駅、新函館北斗駅から函館市内、函館駅までの道のりは約15分。料金は360円。

・・釧路空港

飛行機での移動時間:新千歳空港から約50分
鉄道での移動:新函館北斗駅からは、釧路市内にある釧路駅までは乗り換え時間込みで約7時間30分。料金は14,250円。

・・中標津空港

飛行機での移動時間:新千歳空港から約50分
鉄道での移動:鉄道の代わりに作られた空港であり、近くに駅はなし。参考として新函館北斗駅から根室市にある根室駅までの道のりは乗り換え時間込みで約10時間30分。料金は15,440円。

・・女満別空港

飛行機での移動時間:新千歳空港から約45分
鉄道での移動:新函館北斗駅から、女満別空港から最も近い西女満別駅までは乗り換え込みで約10時間。料金は14,300円。

・・稚内空港

飛行機での移動時間:新千歳空港から約55分
鉄道での移動:新函館北斗駅から稚内市にあるJR稚内駅までは乗り換え時間込みで約10時間。料金は15,440円。

※乗り換え料金、時間は乗り換えルートにもよります。

になります。

・道内移動の航空券の料金

道内における飛行機で移動する際の料金は、新千歳空港からフライトする場合は以下のようになっています。

空港名 ANA(普通運賃) ANA(75日前予約) JAL(普通運賃) JAL(75日前予約)
函館空港 17,170円~ 6,670円~
釧路空港 20,670円~ 7,170円~
中標津空港 21,970円~ 7,170円~
女満別空港 22,070円~ 6,170円~ 24,670円~ 6,170円~
稚内空港 21,870円~ 7,170円~

※2019年12月3日時点の2020年2月20日の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

これらの路線の航空券も、ソラハピで調べて、そのまま予約・購入することも可能となっているので、ぜひ利用してみてくださいね。

4.新幹線での福島~北海道間の移動方法

北海道の面積は83,450㎢。九州の約2倍以上の面積、日本国土の約22%を占めます。北海道の位置は日本の北端にあり、福島県との距離は約1,000kmの道のりです。そのため、車や高速バスで移動することはなかなか難しく、短時間で移動したい場合は、新幹線、飛行機の2パターンの方法がおもとなるでしょう。そのなかで、ここまでは飛行機についてを紹介してきました。ここからは、もう1つの移動手段である新幹線について紹介していきますね。

・福島県の駅から北海道に行くには

福島県の駅から新幹線で北海道に行く場合、北海道方面の新幹線に乗ることが重要になってきます。まずは、新幹線の停車駅について把握していきましょう。

・・【福島県内】新幹線の停車駅

東京駅から新函館北斗駅行きに直通する新幹線は、福島県内の駅に停車しません。そのため、北海道方面の駅で下車したい場合は一度、仙台駅などに行き、乗り換えをおこないましょう。仙台方面へ行く新幹線が停車する駅は以下の通りです。


〇新白河駅
〇郡山駅
〇福島駅

福島県から新幹線で北海道に向かう場合は、これらの駅から新幹線に乗り、北海道方面の新幹線が停車する駅へ向かいます。

・・【北海道内】新幹線の停車駅

北海道内の新幹線の停車駅は、以下の通りです。


〇木古内駅
〇新函館北斗駅(終点)

このうち木古内(きこない)駅で接続する第三セクター・道南いさりび鉄道は普通列車のみ、かつ1~2時間に1本程度と本数が少ないため、函館・札幌方面へは新函館北斗駅で乗り換えることがほとんどです。

・福島県から北海道方面へは乗り換えが必要

福島県から北海道方面へ新幹線でいく場合、基本的に乗り換えが必要になってきます。福島県内の駅から北海道へ行くためには……。


〇仙台駅
〇盛岡駅

これらの駅を経由していくと目的地へ行きやすいでしょう。福島県内の新幹線停車駅から盛岡駅直通の新幹線は本数がすくないため、乗り換える時間をなるべく抑えたい人は、仙台駅の経由がおすすめです。まず、新幹線や特急列車が運行している駅へ行き、仙台駅へ向かいます。郡山駅や福島駅からは仙台駅へむかう新幹線「なすの」「やまびこ」が運行しているので、機会があれば利用してみましょう。

・新幹線での移動方法

前述した駅を元に、福島県内から北海道までの電車、新幹線の乗り継ぎ方を紹介します。自分が行動しやすい方法でいくようにしましょう。

・福島県内の駅から北海道方面へいく場合

福島県内の駅から北海道方面へいく場合は乗り換えが必要であると前述で少しだけ紹介しました。今回は福島の玄関口でもある福島駅、郡山駅、新白河駅の3パターンの乗り換え方法を見ていきましょう。

・・福島駅からの場合

最寄が福島駅の場合は以下の移動方法を参考にしてみてください。

【仙台経由】
仙台駅を経由する場合は、まず仙台駅方面へいく新幹線、または特急列車に乗車します。仙台駅で下車したら、新函館北斗駅行き新幹線に乗りましょう。

約3時間半、18,920円で北海道へ行くことができます。福島駅⇔仙台駅間はJR東北本線から1時間30分ほどです。仙台までの道のりを在来線で行き、仙台から新幹線で新函館北斗へ向かう場合は18,390円でいけます。しかし、乗り換え込みの移動時間は約5時間ほどと長くなります。電車を待つ時間を考慮し、予定を立てれば移動時間も短くなるかもしれません(2019年5月調べ)。

・・郡山駅から北海道へいく場合

郡山駅からも仙台経由で行くとスムーズに北海道までいくことができるでしょう。まず、郡山駅から仙台行きの新幹線に乗ります。仙台駅から新函館北斗駅行きの新幹線に乗り換えましょう。移動時間は約4時間で、運賃が19,240円と少々割高になります。

福島駅からの行き方と同様、移動に在来線を含めれば、運賃も安く済む傾向があります。郡山駅から仙台行きの電車に乗り、仙台から新函館北斗駅の新幹線に乗れば、移動距離約6時間、片道18,710円で北海道に行けます。

・・新白河駅から行く場合

新白河駅からは、新幹線で仙台駅まで行き、新函館北斗駅行きの新幹線に乗車するという経路になります。この場合、移動時間は約4時間、運賃は19,790円です。

在来線を使う場合は一度郡山駅まで行き、仙台駅で乗り継ぎましょう。新函館北斗駅までは約6時間半ほど。運賃は18,930円になります。

・盛岡経由は少々安い?

盛岡経由で行く場合は、本数は少ないですが盛岡行きの「やまびこ」も出ているので、そちらに乗車するとよいでしょう。盛岡駅からは新函館北斗駅行きの新幹線「はやぶさ」のほか、盛岡始発の「はやて」を利用することができます。

所要時間は約3時間50分ほどと停車駅が多いぶん、仙台経由時間と比べると、少々遅めです。一方で料金は乗り継いだ場合18,710円と、仙台経由より210円安いことが魅力でしょう。

しかし、福島―盛岡間直通の新幹線は1日にそんなにでていないため、時間に余裕がない場合は本数も多い仙台経由でいくほうが無難ですね。往復割引も福島県から北海道までの距離が601㎞未満なため適用されません。

・盛岡以北では指定席しかないけど……

盛岡より以北では全席指定席の新幹線しか走っておらず、自由席よりも高い指定席を予約しなければいけないのか、と思ってしまう人もいるでしょう。しかし、盛岡駅より北の駅へいくにつれて、そもそも新幹線に乗車する人が少なくなってしまいます。そこで、盛岡—新函館北斗間の新幹線では「特定特急券」、立ち席と呼ばれる券が存在します。

立ち席といわれれば立ちっぱなしという印象がありますが、この立ち席は盛岡駅より北へいく全席指定席の新幹線の空席に座れるというものです。もちろん、指定席を購入している人優先ですが、指定席の購入者がいなければ、目的地に着くまで席に座っていられるほか、指定席よりも安い料金で新幹線に乗車できますよ。

また、はやぶさは特急料金の加算があるのが特徴ですが、盛岡駅より以北に行く場合はこの加算分の料金はなくなります。

5.東北、北海道新幹線を乗るときに知っておきたい知識

東北、北海道新幹線を乗るときに知っておきたい知識をいくつかご紹介します。これらをあらかじめ知っておくだけでもどの新幹線に乗ればいいのか、予約方法などもわかってくることでしょう。

・新幹線代が高くなる場合は割引を駆使しよう

福島県から北海道までの片道は新幹線をフルで使う場合、約19,790円。往復で39,580円の交通費がかかってきます。さらに言えば、北海道内で電車やバスを使えばその分の交通費がかかってくることでしょう。

なるべくなら新幹線代を安くしたいものですよね。そこで、新幹線のチケットを買うときに適用される割引についていくつかみていきましょう。

・・道内では特急列車を利用する機会も

特急列車とは、停車駅が少ない列車のことをいい、新幹線を除けば、最短で目的地までいける列車になります。福島(福島駅・郡山駅、仙台経由)―新函館北斗駅間では使う機会は少ないかもしれません。しかし、新函館北斗駅についてから札幌駅へ向かう場合など、利用する機会が多いでしょう。

特急列車と新幹線の違いは、運行時に利用する線路です。新幹線は新幹線用のレールを使用し、早い速度で運行します。一方で、特急列車は在来線と同じレールを使い、速度も最高約130㎞と新幹線より遅い速度です。

こちらも知識として覚えておくといいでしょう。

・・えきねっとトクだ値

えきねっとはJR東日本が運営するきっぷ予約・変更のウェブサイトです。会員限定で新幹線を予約できるほか、乗車13日前の午前1時40分までに予約すれば高い割引率で新幹線のチケットを予約できることも。

北海道に行く日にちが決まっていて、日数に予約がある場合はこちらのサイトを確認してみてくださいね。

・運行している新幹線

仙台⇔北海道を運行している新幹線はおもにふたつ。北海道新幹線東北新幹線です。これらには、はやて、やまびこ(東北新幹線のみ)、はやぶさの種類があり、それぞれ運行形態に少し違いがあります。こちらは知識として覚えておくといいですね。

はやての特徴
全席指定席ですが、はやぶさより料金が安く、盛岡より前の停車駅は少ないため、ほかの新幹線と比べるとスムーズに北海道方面にいけるのが特徴です。福島県内では乗る機会は少ないですが、盛岡より北側では定期列車となるので、使う機会が多い新幹線になります。

はやぶさの特徴
東北新幹線のなかでも速度が速く、宇都宮―盛岡間では最速320㎞/hで走行します。停車駅が少なく、基本的には東京、大宮、仙台、盛岡、新青森、新函館北斗に停車します。停車駅が少ないため、早く目的地に到着できるのもはやぶさの魅力です。

やまびこの特徴
はやぶさ、はやてより停車駅が多く、その分走行時間が長いのがデメリットですが、停車駅が多く自由席もあるため、利便性が高い新幹線となります。
なお東京から福島駅までは山形新幹線、つばさと併結して運転されることも多く、まちがえてつばさに乗車してしまうと山形方面へ行ってしまうので注意しましょう。

なすのは北海道方面へは行かないので注意
東北新幹線には、なすのと呼ばれる種類の新幹線があります。なすのは自由席が多く、郡山駅⇔東京駅間を運行している新幹線となります。

6.駅、空港からの便利な移動手段

新千歳空港の地下にはJRが通っており、新千歳空港駅に直結しています。また、バスが運行していたりするので、行きたい観光地が駅の近くであれば、移動に困ることは少ないといってもいいでしょう。新函館北斗駅にもJRが通っているので利用してみてくださいね。ここでは、新千歳空港からの移動方法やアクセス方法についてみていきましょう。

・新函館北斗駅からアクセスしやすい観光地

新函館北斗駅についたらさっそく観光地へ行ってみましょう。函館北斗駅の周辺、アクセスしやすい観光地は以下を参考にしてみてください。

・・五稜郭タワー

五稜郭は戊辰戦争の最終決戦地としても有名な場所です。この五稜郭の戦いは函館戦争とも呼ばれており、時代劇でも名を聞いたことある人も多い、新選組の土方歳三も参戦していました。五稜郭は上空からみると星の形をしており、敵の攻撃を効果的に防ぐための形になっています。戦争が終わった現在は国の特別史跡に指定され、北海道有数の観光スポットともなっています。

新函館北斗駅からは、JRで函館駅まで向かいましょう。約25分で到着できますよ。函館駅からはシャトルバスに乗り、五稜郭タワー前で下車しましょう。徒歩約1分で目的地にいけます。

・・函館山(ロープウェイ)

函館山から見下ろす夜景は世界三大夜景に数えられる絶景です。昼はもちろん、夜は電灯で照らされた夜の函館の街を見下ろすことができ、その光景もロマンティックなものでしょう。山頂に続くロープウェイは大人の往復料金が1,280円。また、函館山ロープウェイを運営している会社の公式サイトでは運行状況や日の入り、夜景になる時刻の案内もあるので見てみるといいでしょう。

新函館北斗駅からは、函館駅まで電車で行きましょう。函館駅で下車したら、徒歩約8分のところにある市電函館駅前駅に乗車します。十字街で下車して徒歩10分のところに函館山ロープウェイがあります。五稜郭を見るついでによってみるとさらに旅の思い出も増えるでしょう。

・新千歳空港駅からアクセスしやすい観光地

JR千歳線、新千歳空港駅からアクセスしやすい観光地は以下の通りです。時間に余裕がある人はいってみるといいかもしれませんね。

・・支笏湖(しこつこ)

支笏湖は恵庭岳、樽前山などに囲まれています。水深が最大約360mと日本では2番目の深さをほこっています。支笏湖はカルデラ湖と呼ばれる、火山の爆発、または陥没によりできた凹地内にできた湖です。深さがあるため、対流が起きやすく、冬でもほとんど凍らない湖としても知られているでしょう。支笏湖に来れば、湖の風景や散策を楽しむだけでなく、水中遊覧船やおいしいグルメも楽しむことができますよ。

アクセス方法は新千歳空港から出ている支笏湖畔ターミナル行きのバスに乗り、約50分です。

・・ハイジ牧場

開拓資料館など開拓に関係した施設も併設されている牧場です。小動物のふれあいコーナーがあるのはもちろん、生キャラメルやバターづくりなど、乳製品を使った手作り体験、牛の乳しぼりや乗馬体験までできます。子ども連れの人でも安心して、お越しいただけますね。

新千歳空港駅から電車で約20分かけて北広島駅へ向かいます。北広島駅からでている、ながぬま温泉行きのバスに乗り、ながぬま温泉で下車します。そちらからタクシーで5分でハイジ牧場に到着できますよ。

・・白い恋人パーク

北海道の定番のお土産、白い恋人のテーマパークとなります。さまざまなお土産があるのはもちろん、子どもも楽しめるアトラクションや、お菓子作りの体験もできます。おいしいお土産が買えるのはもちろん、旅の思い出ができるのも、白い恋人パークの魅力ですよ。

新千歳空港駅からのアクセスは、JRで新札幌駅へ向かい、下車します。新札幌駅から徒歩約6分で札幌市営東西線、新さっぽろ駅へ行きましょう。新さっぽろ駅で乗車したら、宮の沢駅で下車してください。宮の沢駅から徒歩で約7分の場所に白い恋人パークはあります。

・6つの空港からのアクセス

新千歳空港から出ている、函館、釧路、中標津、女満別、稚内、利尻、これらの空港からアクセスしやすい観光地をご紹介します。北海道は広いので、移動だけでも一苦労します。行きたい場所があれば、近場に絞り、何日かにわけて観光するとベストですよ。

・・函館空港

函館空港がある函館市はさまざまな観光スポットがあります。新函館北斗駅からアクセスできる観光スポットで紹介した場所を参考にしてみてください。

函館空港からの主要駅アクセスの方法は、函館駅行き、函館朝市行きのシャトルバスや路線バスを利用してみましょう。路線バスは約33分・大人290円かかります。シャトルバスは約40分・大人450円かかるでしょう。

バスの詳しい時間は函館空港の公式サイトにもありますので、ぜひご覧ください。

・・釧路空港

釧路空港がある釧路市には、阿寒湖や硫黄山など、自然を堪能できる観光スポットがたくさんあります。釧路空港から、釧路市のさまざまな場所にアクセスしやすい釧路駅までは連絡バス、定期路線バスを使うといいでしょう。冬期間は一部経路に変更があるので、確認しておくといいですね。バスによっては観光地である阿寒湖畔までいってくれます。

詳細は釧路空港の公式サイトを参照しましょう。

・・中標津空港

中標津空港は、北海道標津郡に位置しますが、根室市、釧路市からも近く、阿寒湖をはじめ、天気がいいときには北方領土もみえる納沙布岬(のさっぷみさき)など見どころもさまざまあります。中標津空港から根室市外まではタクシーで約1時間30分で料金は約2万円です。

根室市以外にも、釧路市、女満別町にも比較的アクセスしやすいです。空港からは根室駅も通るバスも運行しており、約2,000円、移動時間、約1時間30分で根室駅前に到着できるでしょう。

・・女満別空港

北海道女満別町に位置し、北見、網走方面にアクセスしやすい場所になります。これらの方面にはバスもでていますので、行きたい場所があれば予定を組んでみましょう。ちなみに、網走方面の観光場所としては、博物館網走監獄や、オホーツク流水館などがあります。

・・稚内空港

利尻島まで出航するフェリーなどがあります。そのほかにも稚内市には日本最北端である宗谷岬があります。それだけでなく、礼文の島影や夕景を温泉につかりながら楽しめますよ。
稚内空港からは稚内市内へアクセスできる連絡バスがでています。時期によって時刻表が違うため、行く時期に合わせ、確認しておくといいでしょう。

バスでの移動が煩わしい人は、タクシーやレンタカーなどを利用してみましょう。

・・利尻空港

利尻島にある利尻空港からは、さまざまレジャー、観光スポットに行けます。例えば、運が良ければ野生のアザラシを見ることも可能な仙法志御崎公園。神秘的な姿が見れる姫沼などがありますよ。自然が多いので、忙しい日々からかけ離れた時間を過ごすことができるでしょう。

利尻島内は、観光地を巡ってくれるタクシーや定期観光バスなども運行しているので是非、活用してみてくださいね。

7.まとめ

福島~北海道間は、飛行機を利用しての移動がおすすめです。フライト時間が約1時間20分となっており、非常に短時間での移動ができます。また料金に関しても、直前であればソラハピ、時間に余裕があれば早めに航空券を予約することで非常に安く飛行機移動が可能です。

新幹線を利用するという方法もありますが、料金・移動時間という両面から見ても、やはり飛行機がおすすめであるといえます。飛行機を上手く利用して、福島~北海道間を安く移動しましょう。

以下のボタンから、福島空港~新千歳空港という路線の航空券を検索することができます。

Pocket

一覧ページへ戻る