格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ピーチ航空会社

2019.12.17

LCC・Peach(ピーチ)に往復割引はない|片道ずつ航空券を予約・購入するメリット・安い運賃での搭乗はセールを利用

飛行機
Pocket

飛行機の航空券は、航空会社にもよりますがさまざまな種類が存在します。そのなかでも、往復割引というものを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。これは、簡単にいうと往路・復路の航空券を合わせて予約することで、通常よりも安く飛行機に搭乗することができるというもの。

なお、ANAやJALなどでは見たことがあるけどLCCにもあるのか、と疑問を持っている方もいるかもしれませんね。そこでこの記事では、国内LCCであるピーチにおいて往復割引はあるのか、また安く飛行機に搭乗する方法について紹介していきます。

1.ピーチに往復割引はない|往復分/片道分の航空券予約のメリット・デメリット

チェックリスト
国内LCCであるピーチに往復割引はあるのか。結論からいうと、ありません。ちなみにこのことは、ピーチ以外の同じLCCであるジェットスターにも当てはまります。

なお、ピーチに往復割引はありませんが、航空券を往復で予約、片道ずつで予約をすることは可能です。では、このどちらの方法で往路・復路の航空券を予約するのがよいのでしょうか。実は、いずれの方法においてもメリット・デメリットは存在するのです。

・往復分の航空券をあわせて予約する場合のメリット

まずは、往復分の航空券をあわせて予約する場合について見ていきましょう。この予約方法のメリットとしては、大きく以下のようなことがあげられます。

【メリット】
・復路の航空券をわざわざ予約する必要がなくなる
・遅延・欠航時に往復分とも振り替え・払い戻し対応をしてもらえる

当然、往復分あわせて航空券を予約しているため、帰りの飛行機の航空券を予約する必要がない、ということはメリットとしてあげられるでしょう。帰りの交通手段の予約や購入などの手間を省きたい、という方にはうれしいポイントといえるのではないでしょうか。

そして、悪天候やピーチ側の都合などが原因で、飛行機の遅延や欠航が発生してしまった際にも、メリットとなることがあります。それが、ピーチの他の便への振り替え・払い戻しを、往路の航空券はもちろん、復路の航空券においても無料対応してくれるということ。

ちなみに、片道分ずつの航空券を別々に予約した状態でこのような状況に直面した場合、復路の航空券に関しては払い戻し手数料が発生してしまいます。このことからも、往復分の航空券を合わせて予約しておいた方が、安心であるといえるでしょう。

なお、ピーチの他の便への振り替え・払い戻しに関してですが、これらの手続きをおこなうことのできる期間は決まっているので注意が必要です。

【振り替え便の手続き期間】
・予約していた飛行機が遅延・欠航した翌日から10日以内

【払い戻し手続き期間】
・悪天候原因の場合:搭乗予定日から10日以内
・ピーチ都合の場合:搭乗予定日から30日以内

上記の期間を過ぎてしまうと、手続きをおこなうことができなくなるため、この点には十分気を付けましょう。

・メリットにもデメリットにもなるLCCの運賃決定方法に注意

多くのLCCでは、同じ運賃決定方法が採用されています。それが、空席予測数に応じた運賃決定方法。そしてこれは、航空券を往復分、または片道分で予約するといういずれの場合においても、メリット・デメリットになり得るのです。

まずは、この運賃決定方法がどのようなものなのか、簡単に説明します。これは、飛行機の空席数が多く残ると予測された場合には運賃が安く、逆に空席数が少なく混むと予測された場合には運賃が高く設定されるというものです。つまり、利用者数によって運賃が変動するということ。

このことにより、ピーチの運賃は日々変動することがあります。そのため、例えば航空券をあらかじめ往復分予約・購入した場合、数日後には復路の航空券の運賃が安く販売されている、ということもあり得るのです。また、逆に運賃が高くなっている、なんてことも。なお、一度購入してしまった場合、航空券の交換は不可となっています。

このようなことから、ピーチの航空券を往復分予約・購入するのか、もしくは片道分ずつ予約・購入するのかは、運賃の変動を見極めた上で判断する必要がある、といえるのです。

2.ピーチの航空券を往復予約する上で知っておきたい2つのこと

携帯電話
ここまでで、ピーチの航空券は往復分合わせて予約する方がよいかも、と思われている方も多いかもしれませんね。なお、この方法で往路と復路の航空券を予約する上では、2つ知っておいていただきたいことがあります。それが、以下の2点です。

【知っておきたい2つのこと】
・支払手数料が往復分別々で発生する
・往復分の航空券の予約変更について

・支払手数料が往復分別々で発生する

まずは、支払手数料についてです。支払手数料とは、航空券を実際に購入する際のクレジットカード払いやコンビニ払いなどの支払方法に応じて発生する手数料のこと。

この支払手数料で気を付けなければいけないのが、1区間ごとに発生するものである、という点です。つまり、往復分の航空券を合わせて予約した場合、2区間分の支払手数料が発生するということになります。

なお、支払手数料については、6章でお得に済ませる方法について紹介しているので、気になる方はコチラをどうぞ。

・往復分の航空券の予約変更について

支払手数料はピーチの航空券1区間ごとに扱われている、ということはわかっていただけたのではないでしょうか。なお、この1区間という考え方は、他の要素においても当てはまることなのです。例えば、予約変更において。

往復分の航空券を予約したはいいものの、予定が変わったため予約変更をしたい、という場合が出てくることもあるでしょう。そこで気を付けたいことが、往路と復路それぞれで手続きをおこなう必要がある、という点です。

そのため、往復分の航空券いずれも予約変更しなければならない、という場合には、同じ手続きを2回おこなう必要があるのです。少々手間に感じる方もいるかもしれませんが、このことは頭に入れておくようにしましょう。

3.国内LCCピーチの運賃プランは3種類


ピーチの飛行機を利用する上で、航空券を往復分、もしくは片道分ずつ予約・購入するのかということを考える前に、そもそもどのような運賃プランがあるのかを知っておくことが大切です。そこでここでは、そんなピーチの運賃プランについて紹介していきます。

ピーチの運賃プランは、全部で3種類です。それが、シンプルピーチバリューピーチプライムピーチというもの。以下の表で、それぞれの運賃プランの基本情報を確認しておきましょう。

シンプルピーチ バリューピーチ プライムピーチ
運賃 安め 普通 高め
機内持ち込み手荷物 7kgまで無料 7kgまで無料 7kgまで無料
受託手荷物 有料 1個無料 2個無料
座席指定 有料 一部無料 一部無料※1
予約変更 ×
払い戻し × 〇※2
購入期限 出発2日前(23時59分)まで 出発1時間前まで 出発1時間前まで

・シンプルピーチ

シンプルピーチは、3種類の運賃プランのなかで最安となっています。とにかく安くピーチの飛行機に搭乗したい、という方にはおすすめな運賃プランといえるでしょう。

付帯サービスである手荷物に関しては後述でも触れますが、機内持ち込み手荷物は他の運賃プラン同様7kgまで無料となっています。しかし、受託手荷物は有料となっているため、荷物が多いという方にはあまりおすすめとはいえません。

・バリューピーチ

バリューピーチはピーチの3種類の運賃プランでも、運賃・サービスのいずれの点から見ても中間に位置します。シンプルピーチと大きく違うことは、予約変更可能払い戻し可能購入期限が直前(飛行機出発1時間前まで)でもOKとなっている点。

また、受託手荷物に関しても、規定の重量20kgまでかつ3辺の和が203cm以内のもの1個であれば、無料で預けることができます。基本的なサービスが付帯しているので、多くの方が利用しやすいプランといえるでしょう。

・プライムピーチ

プライムピーチは、ピーチに設定されている3種類のなかで最も高額で、グレードの高い運賃プランです。前述の運賃プラン基本情報の表から、内容はバリューピーチとほとんど同じように見えるかもしれませんが、受託手荷物の無料範囲が広い点が大きなメリットとなっています。

また、そんなバリューピーチとの違いとしては、座席指定(表※1)と払い戻し(表※2)においてもあげられます。座席指定に関しては、バリューピーチではスタンダードシート・プレジャーシートの2種類が無料となっています。一方プライムピーチでは、それらに加えてスマートシートの座席指定も無料となっているのです。

【ピーチの座席の種類と概要】
・スタンダード
→基本となるスタンダードな座席。機体中央(非常口)から後ろの窓際以外の座席。
・プレジャーシート
→機体中央(非常口)から6列前方まで、また機体中央(非常口)から後ろの窓際の座席。
・スマートシート
→機体の前方2列目~5列目までの座席で、足元が広め。
・ファストシート
→機体最前列の座席で、前に座席がないことから足元は広め。

また、払い戻しに関してのバリューピーチとの違いは、全額払い戻しされるかされないか、です。バリューピーチでは払い戻し可能となっているのですが、実は全額ではありません。払い戻し対象となっているのは、取消手数料1,100円分が差し引かれた航空券の運賃分。一方プライムピーチでは、全額が払い戻し対象となっています。

なお、この払い戻しは現金ではなく、ピーチポイントでおこなわれるため、この点は頭に入れておきましょう。

4.ピーチを格安利用するためには手数料に気を付けよう

ANAを安く買う方法はコレ!意外と知らない割引テクニックを解説
LCCとはそもそも、格安航空会社のことを意味しており、従来のサービスを提供しているANAやJALなどのフルサービスキャリアと呼ばれるFSCとは異なります。

LCCとFSCの違いはいくつかありますが、例としてはFSCでは無料の機内食や飲み物が提供されていることがあるなか、LCCでは有料となっていることなどがあげられるでしょう。

なお、最も大きな違いかつ注意点となるのが、手数料についてです。LCCにおいては、この手数料について知っておかなければ、結局安く飛行機を利用することができなかった、なんてことにもなりかねません。

・手荷物の手数料に気を付けよう

まず気を付けていただきたい手数料としては、手荷物に関してのものがあげられます。

多くのFSCでは、重量20kgまでであれば受託手荷物を無料で預けることが可能です。しかし、このLCCであるピーチでは、最安値であるシンプルピーチを利用する際、受託手荷物として預ける上での料金は完全有料となっています。各運賃プランにおける国内線の受託手荷物1個当たりの料金は以下の表の通りです。

シンプルピーチ バリューピーチ プライムピーチ
インターネット 1,700円 無料 無料
コンタクトセンター(電話) 2,800円 無料 無料
空港カウンター 2,800円 無料 無料

※2019年12月13日時点の情報です。

また、受託手荷物の予約をどこからおこなうのかによっても料金は変わるため、注意が必要です。この料金を安くするためには、表からもわかるようにインターネットからの予約がおすすめ。ちなみに国際線の場合は、受託手荷物の手数料の料金は高くなり、1,900円~7,900円にもなります。

なお、受託手荷物のルールに関しては前述でも少し触れましたが、1個=重量20kgまでかつ3辺の和が203cm以内のものです。ちなみに、1個当たり32kgまでであれば受託手荷物として預けることはできますが、この際には重量超過手数料というものも発生します。

なお、この重量超過手数料に関する手続きは、コンタクトセンター(電話)もしくは空港カウンターでしかおこなうことができないため、覚えておきましょう。

【重量超過手数料】
・国内線:1個当たり1,600円
・国際線:1個当たり1,800円~4,800円

このように、ピーチでは手荷物に関しての手数料には注意が必要です。この手荷物の手数料に関して知っておかなければ、思わぬ出費が発生することもあるので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

・座席指定の手数料に気を付けよう

ピーチの飛行機に搭乗する上で注意が必要な手数料としては、座席指定においても当てはまります。すでに紹介しましたが、ピーチで座席指定をする上ではシンプルピーチでは全席有料、グレードが上であるバリューピーチ・プライムピーチでも、無料となるのは一部でした。

なお、ピーチでは座席指定をしなかった場合、自動で振り分けられる可能性があります。そのため、友人や家族で飛行機に搭乗することになった場合、離れてしまうことを防ぐためにも座席指定をすることをおすすめします。

では、それぞれの運賃プランで座席指定をする際には、実際どれほどの料金となるのでしょうか。国内線と国際線それぞれについて、以下の表で確認してみましょう。

国内線 シンプルピーチ バリューピーチ プライムピーチ
スタンダードシート 490円(700円) 無料 無料
プレジャーシート 590円(840円) 無料 無料
スマートシート 790円(1,050円) 790円(1,050円) 無料
ファストシート 1,350円(1,610円) 1,350円(1,610円) 1,350円(1,610円)
国際線 シンプルピーチ バリューピーチ プライムピーチ
スタンダードシート 690円(1,070円) 無料 無料
プレジャーシート 890円(1,240円) 無料 無料
スマートシート 1,200円(1,560円) 1,200円(1,560円) 無料
ファストシート 2,400円(2,760円) 2,400円(2,760円) 2,400円(2,760円)

上記の表の料金は、インターネットから座席指定をおこなった場合のものです。なお、コンタクトセンター(電話)もしくは空港カウンターで座席指定をおこなった場合は()内の料金となり、少々高くなってしまいます。そのため、インターネットから座席指定をすることがおすすめです。

また、座席指定は飛行機出発の3時間前までおこなうことができます。この時間を過ぎてしまうと座席は自動で指定されてしまうため、この点は覚えておきましょう。

・航空券予約方法によっても手数料がかかることがある

ここまでは、ピーチの手荷物と座席指定における手数料に関して見てきました。そのなかで、いずれの場合もコンタクトセンター(電話)や空港カウンターで手続きをする場合には、インターネットでの手続きよりも少々料金が高くなってしまうことがわかりましたね。

実はこのことは、航空券自体を予約する際にも該当するのです。ピーチには、航空券を予約する方法がインターネット・コンタクトセンター(電話)・空港カウンターという3つ存在します。それぞれの方法で航空券を予約した場合の手数料を、以下の表で確認してみましょう。

インターネット コンタクトセンター(電話) 空港カウンター
国内線 無料 1,650円 2,750円
国際線 無料 2,200円 3,300円

※2019年12月13日時点の情報です。

航空券をインターネットで予約した場合、手数料は無料となっています。しかし、コンタクトセンター(電話)または空港カウンターで航空券を予約した場合には、決して安いとはいえない手数料が発生してしまうのです。

このことから、ピーチを利用する上では、基本的にはインターネットから手続きをおこなうことが望ましいといえますね。

5.ピーチセールの利用で片道運賃が1,000円以下になることも

LCC
ピーチには、往復割引などの割引運賃はありません。しかし、大特価の料金で航空券を販売することがあるのです。それが、ピーチセール

ピーチは、このセールを不定期に開催しています。そんなセールで販売される航空券は、場合によっては片道運賃が1,000円以下になることも。実際に2019年12月直近では、同じくLCCであるバニラエアとの経営統合に伴い、販売期間2019年9月2日~2019年9月5日で国内線820円~という破格セールを開催していました。

なお、このようなピーチのセールはその料金の安さから非常に人気です。また、もちろん飛行機ということもあり、販売される座席数には限りがあります

さらに上記の例のように、セールは予約することのできる期間が非常に短く設定されているため、このセール航空券はかなり競争率の高いものとなっているのです。

・セール航空券を入手する方法

ピーチのセールで航空券を入手するためには、素早く情報をキャッチしてスムーズに予約を完了させることが大切です。

まず素早く情報をキャッチする、という点においてですが、すでにお伝えした通りこのピーチのセールはあくまでも開催は不定期となっています。しかし、ピーチ公式サイトメルマガ公式SNSなどでタイムリーにその情報をキャッチすることは可能です。

そしてスムーズに予約を完了させるためには、Peachアカウントを作成しておくことがおすすめ。ピーチの航空券を実際に予約する際には、氏名や連絡先の入力などの手順があります。慣れていないと、この段階で時間がかかってしまうことも。最悪の場合、この手順で時間がかかってしまったがゆえに航空券を逃した、なんてこともあるのです。

しかし、Peachアカウントにあらかじめ登録して、自身の個人情報などを保存しておくことで、その手順をスキップすることができます。その結果、予約自体をスムーズにおこなうことができるようになるのです。

Peachアカウントについて(ピーチ公式サイト)

また、ピーチのセールの航空券を入手するためにPeach Expressに登録する、という方法もあります。このPeach Expressは、年会費5,000円(税抜)が発生しますが、なんとセールの航空券を通常の1日前に購入することができるというものです。競争率の高いピーチのセールの航空券の情報を前もって知ることができ、かつ早めに購入することができるというのは、大きなメリットといえるでしょう。

Peach Expressについて(ピーチ公式サイト)

ピーチのセールの航空券を利用して、とにかく安く飛行機に搭乗したいという方は、これらのことをぜひ参考にしてみてくださいね。

6.ピーチ航空券の購入・支払方法|ピーチポイントがお得!

お金
ピーチの飛行機を利用する上では、航空券の購入・支払方法についても知っておいた方がよいでしょう。支払方法としては、大きく以下の3種類を利用することができます。

【支払方法】
・クレジットカード払い
・コンビニ/ATM払い
・ピーチポイント払い
など

クレジットカードに関しては、利用可能なブランドはVISA・Master・JCB・ダイナースクラブの4種類です。またコンビニは、ローソン・ファミリーマート・セイコーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキストアーにて支払いをおこなうことができます。

ピーチポイントに関しては、本記事前半でも少し触れましたが、航空券の払い戻し時に入手できるものです。なお、このピーチポイントを利用して、航空券の料金の一部、また全額を支払うことができます

このようにピーチにおいては支払方法はいくつかありますが、中でもピーチポイントでの支払いがおすすめです。

・ピーチポイントは支払手数料が最安値

ピーチポイントでの支払いがおすすめである理由、それは支払手数料が最安値であるためです。それぞれの支払方法における支払手数料を確認してみましょう。

国内線・国際線共通 支払手数料
クレジットカード払い 600円
コンビニ/ATM払い 670円
ピーチポイント払い 210円分のピーチポイント

上記の表のように、ピーチにおける航空券の支払手数料は、ピーチポイント払いが最安値となっています。ちなみにこの支払手数料は、往復分また片道分ずつ航空券を購入した場合は表記の2倍かかることになります。

そのため、例えばクレジットカード払いで支払った場合は往復2区間で1,200円の支払手数料が発生することに。しかし、ピーチポイントであれば2区間として考えた場合でも420円となり、こちらの方がお得となることがわかりますね。

なおピーチポイントは、航空券の払い戻しの他に、公式サイトから購入することも可能です。これは、人にピーチポイントを贈る「ピーチポイントギフト」を、自分宛に送ることで購入することができますよ。できるだけ飛行機に搭乗する上でかかる料金を安くしたいという方は、ピーチポイントを利用してみることを考えてみてはいかがでしょうか。

7.まとめ

国内LCCであるピーチには、往復割引などは設定されていません。なお、往復分または片道分ずつ航空券を予約・購入することはできますが、それぞれメリット・デメリットがあるため注意しましょう。

また、ピーチの飛行機に安く搭乗するためのポイントとしては、手数料に気を付けることやセールを利用することなどがあげられます。なお、これらにはいくつか注意点やコツなどがあるため、本記事で紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

Pocket

一覧ページへ戻る