格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ピーチ航空会社

2019.12.23

【手数料なし】自分都合でピーチの予約を変更・キャンセルしてもプライムなら損知らず|チケット払い戻しの流れ

空と翼
Pocket

ピーチの予約を変更したい!と一口にいっても、知っておかなければならない情報はたくさんあります。

変更方法は?
手数料や料金は?
締め切り時間は?などなど……。
これらをしっかり知っておかなければ、フライト変更手数料などで損をしてしまうかもしれません。

この記事では、そんな『ピーチ便の変更』はもちろん、キャンセルや払い戻しについてまで詳しく解説していきます。ピーチの航空券・チケットを変更したいという方は、ぜひ参考にしてください。

ピーチの予約変更方法を解説【peach】|方法・プランによってはキャンセル料が不要!

ピーチのキャンセル・予約変更に手数料がかからないか否かは、以下の3点で決まります。

【手数料がかかるか否かの3ポイント】
1.予約変更、キャンセルが自分都合であるか否か
2.予約したプランがどれなのか
3.チケットを変更した方法はどれか

そして、キャンセル・フライト変更手数料がかからないケースは以下の3つです。

【払い戻し手数料がかからない3パターン】
1.天候不良もしくはピーチ都合でフライトが欠航した場合、払い戻し手数料は不要
2.申し込んだプランが「プライム」の場合、キャンセル手数料は不要
3.申し込んだプランが「プライム・バリュー」であり、
かつフライト変更方法が「インターネット」の場合、フライト変更手数料は不要

このことから、申し込んだプランがプライムピーチであれば、払い戻し手数料はいりません。しかし、もしも自分都合でバリュープランをキャンセル・フライト変更をするのであれば、払戻手数料が発生します。また、シンプルプランの場合は自分都合によるキャンセルが不可です。詳しくは次をご覧ください。


〇キャンセル・払い戻しはプランによって扱いが異なる!

上述した通り、ピーチの航空券を取り消したり、払い戻したりする場合も、プランに応じてその扱いが異なります。

できるかどうか 手数料
シンプルピーチ ×
バリューピーチ 1,100円
プライムピーチ 0円

※2019年12月現在

このように、シンプルピーチの場合はそもそも払い戻しができません。また、バリューピーチの場合は払い戻しに1,100円の取消手数料がかかります。

ただし1点、注意しなければならないことがあります。それは、『払い戻しは現金ではなく、ピーチポイント』ということです。

ピーチポイントとは、ピーチの運賃や座席指定、手荷物料金などに利用できるもの。払い戻しの際には基本的に現金ではなく、このピーチポイントで返ってくるので気を付けておきましょう。

また、払い戻しに関する詳しい情報は「ピーチのチケットキャンセル・運賃払い戻しについても知っておこう」をご覧ください。

〇フライト変更料はプラン&予約方法で変化する

ピーチの予約を変更するための手段は、「インターネット」「コンタクトセンター」「空港カウンター」とさまざま。

また、運賃のプランも3種類(シンプルピーチ・バリューピーチ・プライムピーチ)とさまざまなものがあります。

ピーチの航空券予約方法ごとに異なる手数料、その具体的な手数料は以下の通りです。


・インターネットで予約変更した場合

シンプルピーチ:3,300円
バリューピーチ:0円
プライムピーチ:0円

・コンタクトセンターで予約変更した場合
シンプルピーチ:4,400円
バリューピーチ:1,100円
プライムピーチ:1,100円

・空港カウンターで予約変更した場合
シンプルピーチ:5,500円
バリューピーチ:2,200円
プライムピーチ:2,200円

※国内線・国際線共通・2019年12月現在

このように、各予約方法・各プランで手数料が異なります。中でも、インターネットからの変更が最も安いことがわかりますね。

カウンターやコンタクトセンターの場合はスタッフの方に必要事項を伝えつつ、予約の変更をお願いするだけですが、インターネットの場合は少々手間が増えます。

そのため、ネットからのフライト変更の方法も、しっかり知っておきましょう。ちなみに、コンタクトセンターの電話番号は以下のとおりです。

電話番号(有料) 受付時間
【日本国内からの電話】 0570-001-292 9:00~18:00
【日本国外からの電話】 +81-3-6731-9247 9:00~18:00

また、ピーチの予約変更は、フライトの1時間前までであれば可能です。この際、変更先の運賃の方が高い場合は、その差額を支払う必要があります

この差額にプラスして、ピーチの予約変更の場合は『手数料』がかかります。この手数料は一定ではなく、予約方法やプランによって変動するので注意が必要です。

〇ピーチのフライト変更の手順


1.「予約の確認・変更」を選択する
2.飛行機の予約番号と、予約時に登録した名字(ローマ字)を入力・ログインする
3.「予約」のタブを選択肢、「予約変更」ボタンを選択する
4.便の変更が可能になります

※出発空港と到着空港を変更することはできません。

なお、この変更ページを下にスクロールすると、手荷物や座席指定の追加をおこなうことができます。変更にともなってこれらも希望される方は、忘れずにチェックしておきましょう。

〇キャンセルできたかの確認方法

ピーチのチケットをキャンセルできたかどうかは、ピーチ公式サイトで調べることができます。その方法は以下のとおりです。

【キャンセル完了のチェック方法】
手順1.ピーチ公式サイトTOP上部の「予約の確認・変更」をクリック
手順2.「予約番号」と「ローマ字での名字」を入力し、ログイン
手順3.予約情報が表示されなければ、キャンセルは無事完了

チケットのキャンセルをした場合は、この方法で確認をしてみてくださいね。

〇チケットを返金する際の流れ

払い戻しによる返金の流れは以下のようになっています。

【返金されるまでの流れ】
手順1.ピーチ公式サイトTOP上部の「予約の確認・変更」をクリック
手順2.「予約番号」と「ローマ字での名字」を入力し、ログイン
手順3.払戻希望便の「払い戻し」ボタンをクリック
手順4.申請完了

「クレジットカード・d払いなどのその他払い」でチケットを購入していた場合は、基本的にはこの流れで返金されます。

ただし、ピーチの航空券を購入したときの支払い方法が「コンビニ・ネットバンキング払い」だった場合は、以下の流れが続きます。

【コンビニ・ネットバンキング払いの場合】
手順5.登録しているメールアドレスにピーチから「払い戻しメール」が届く
手順6.メールに記載されたURLから「受取り方法選択画面」へ進む
手順7.受け取り方法を選ぶ
手順8.申請完了

「コンビニ・ネットバンキング払い」でチケットを購入した場合、これで申請は完了です。ちなみに、ピーチからのメールは1~2週間ほどで届くと公式サイトに明記されています。

その期間を過ぎてもメールが来ないときは、コンタクトセンターに連絡してみましょう。


〇シンプルピーチは出発当日・前日に変更できない点に注意!

ピーチのプランの中でも最安値のシンプルピーチ。ただし、このシンプルピーチの航空券を予約できるのは、フライト2日前の23時59分まで、という条件を忘れてはいけません。

またこれは、変更の際にも大きく関わってきます。シンプルピーチからシンプルピーチに変更しようと思った場合、予約の締め切りより後の変更だと受付してもらえないのです。

この場合は、たとえもともとシンプルピーチで予約していたとしても、バリューピーチかプライムピーチへのプランに変更となります。運賃プランを変えると追加で手数料がかかるので、注意が必要です。

運賃プラン変更時の追加手数料:2,200円
(インターネットでの変更不可)

このように運賃プランを変更すると、フライト変更手数料+αで手数料がかかってしまいます。そのため、変更の可能性がある場合は、少々高いですがバリュー以上の運賃プランにするか、できるだけ早めに変更しておくようにしましょう。

航空券

2.天候・ピーチ都合でフライトが欠航した場合は変更手続きも変わる!

「台風で運休してしまった」「ピーチ都合で欠航した」というケースで、フライト当日に予約を変更を変更せざるを得ない場合もあるはず。このような場合は、少々ピーチ側の対応も変わってきます。


〇悪天候・ピーチ都合の欠航・大幅遅延の場合は無料で振り替えがある!

このような原因で飛行機に搭乗できなかった場合は、わざわざ変更する必要はありません。ピーチ側で、『振り替え』という形で対応してもらえます。

この振り替えは、搭乗する予定だったフライト以降の同区間の便に、無料で変更してくれる制度です。この際、通常かかる変更手数料は一切かからずに変更してもらうことが可能となります。

ただし、振り替えの期日は搭乗予定日の翌日から数えて10日以内。これを過ぎると振り替えてもらえなくなるので、注意しておきましょう。


〇振り替えはピーチ便のみ!

振り替え先は『ピーチの運航している便に限る』、という点に注意が必要です。つまり、当日運航の別航空会社には振り替えてもらえない、ということ。

この場合、1日1便しか運航していないような路線だと、翌日以降の振り替えになることもあるでしょう。

その際の宿泊費などの補償もとくにないため、気を付けておかなければなりません。不安な方には、ピーチの用意する保険に入っておく、という手もあります。


〇ピーチ保険なら変更などもしものときも安心!

ピーチには、急な欠航や変更などに対応した、もしものときのための保険があります。それが、『ピーチ旅行保険』です。

・ピーチ旅行保険
ピーチ旅行保険は、旅行先でのケガや入院はもちろん、遅延や欠航にも対応した便利な保険です。その対象項目と補償金額は、以下のようになっています。

保険金の例 保険金額
死亡・後遺障害
救援者 ※1
片道プラン:100万円
往復プラン:200万円
入院 1日に付き3,000円
通院 1日に付き2,000円
欠航時の移動・宿泊費
遅延時の移動・宿泊費
乗継機遅れ時の移動・宿泊費
1万円
手荷物遅延で身の回り品を購入した場合
※48時間を超える遅延
5,000円
手荷物遅延で身の回り品を購入した場合
※6時間を超える遅延
3,000円

※2019年12月現在・国内線プランの場合
※遅延関係の補償は、予定時刻から4時間を超えて遅延した場合のみに限ります。
※1:救援者=現地でケガなどをした場合、家族などが駆けつける費用などを指します。

このように、あるとうれしい補償が満載の旅行保険。保険料は、

片道プラン:930円
往復プラン:保険期間によって変動
(2日間:1,270円 3日~4日間:1,350円など)

のようになっているので、ぜひご検討ください。

ピーチ旅行保険(国内)

手荷物・座席指定は変更できない?ピーチの予約の変更に注意!

ここまではピーチの変更手続きや手数料などについて解説してきましたが、同時に予約する『手荷物』『座席指定』の料金に関してはどうなるのでしょうか。ここでは、そんなピーチの変更に関する注意点に関して、より詳しく解説していきます。


〇予約を変更しても手荷物や座席指定の料金は返ってこない!

ピーチの便を予約した際、同時に座席指定の料金や、受託手荷物の料金を払うことも多いでしょう。しかし、ピーチの便を変更した際は、これらはすべてキャンセルされてしまいます

要するに、チケットを変更する場合はまた1から座席指定などの料金を払わなければならない、ということです。つまり、追加で費用がかかってしまうので、注意しておきましょう。


〇変更先の便・プランの方が安くても差額は返ってこない!

ピーチ便を変更する際、仮に変更先の運賃の方が安かったとしても、この差額は返金されません。変更前に支払った金額のまま、予約の変更をおこなうこととなります。

また、これはプランを変えた場合でも同様に適用されます。もともとバリューピーチを予約していて、シンプルピーチに変更、という方法をとっても、差額は返ってこないのです。

簡単にいえば、バリューピーチ2万円・シンプルピーチ1万円だったとして、バリュー⇒シンプルに変更しても1万円は返ってこない、ということ。

そのため、あえて安いプランに変更するメリットはあまりありません。 


〇名義の変更はできない!

ピーチの場合は便を変更することはできますが、航空券の名義を変更することはできません。これを変更しようと思うと、航空券を1から取り直すこととなってしまいます。

また、搭乗の際は名義人が搭乗者の中に含まれていなければなりません。そのため、このルールは裏を返せば『チケットを人にゆずることができない』、ということになります。このようなときは、キャンセルや払い戻しで対応するようにしましょう。

座席

ピーチのチケットキャンセル・運賃払い戻しについても知っておこう

ピーチ航空券は変更のほかにも、『キャンセル・払い戻し』で対応することもできます。もしものときのためにも、こちらについてもしっかり知っておきましょう。


〇ピーチの予約のキャンセル期限は出発の1時間前!

ピーチの予約キャンセル・払い戻しの申請期限は、便出発の1時間前までです。この1時間前を切ってしまうと、キャンセルや運賃の払い戻し手続きを受け付けてもらえなくなってしまいます。

ピーチの航空券を払い戻したい!と思った際には、できるだけ早めに申請をしておきましょう。



〇悪天候・ピーチ都合の欠航・遅延の場合は無料で払い戻し!

こちらに非のない、悪天候やピーチ都合で飛行機に乗れなかったという場合は、プランを問わず手数料無料で払い戻しを受けることができます。また、この場合は購入した手段に応じて返金されるため、必ずピーチポイントでの払い戻しという訳ではないのがよいところ。

例えばクレジットカードや銀行から現金予約した場合は、そのまま現金でも払い戻ししてもらえます。希望すればピーチポイントでも払い戻してもらえますが、現金払い戻しの選択肢があるのはうれしいですよね。

ただし、ピーチポイントで全額予約した場合の払い戻し方法は、当然ながらピーチポイントのみになります。

また、悪天候などの場合は払い戻しの手続き期間も、自己都合の払い戻し期限(フライトの1時間前)に比べてかなり余裕があります。

悪天候やピーチ都合などによる欠航や大幅遅延の払い戻し期間
⇒フライト予定日の翌日から数えて30日以内

フライト後の約1か月間は払い戻しの期限があるので、期間内にしっかり手続きをしておきましょう。

振り替えや払い戻しの申請はこちらから(ピーチ公式サイト)

〇天候不良・ピーチ都合での払い戻しは「支払方法」で返却方法が変わる
天候不良もしくはピーチ都合で払い戻しが発生する場合、運賃の返却方法はおもに以下の6つにパターンがわかれます。

【運賃の返却方法】
・クレジットカード
・コンビニ、銀行ATM、郵便局ATM、ネットバンキング
・ピーチポイント
・コンタクトセンターを通じての支払い
・空港カウンターでの支払い
・その他支払い(We chat pay、Union pay(中国銀聯)、Aly pay、d払い)

そして、払い戻しを受ける際は、この6つのうちどの支払い方をしたかで、ピーチからの払戻方法が若干変化します。払戻方法がどのように変化するかは以下の表のとおりです。

カード口座
銀行口座
ピーチポイント
Amazonギフト券
クレジット
カード
× ×
コンビニ
など
×
ピーチ
ポイント
× × ×
コンタクト
センター
× ×
空港
カウンター
× ×
その他
支払い
× ×

このように、どの方法でチケットを購入したかで、払い戻し方法が少し異なるのです。覚えておきましょう。

5.まとめ

ピーチの航空券・チケットを変更する際は、フライトの1時間前までに手続きしなければなりません。また、プランや予約方法に応じて手数料がかかることもあります。予約の変更方法としてはインターネットからの変更が最も手数料が安いので、まずはWEB上から予約の変更をできるか試してみましょう。

また通常の変更と、悪天候など致し方ない理由での予約変更では手数料や手続きの期間が異なります。この点もしっかり把握して、そのときそのときの状況にあった方法を取るようにしましょう。

Pocket

一覧ページへ戻る