格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • ピーチ航空会社

2019.12.18

ピーチの欠航はいつわかる?台風等の発着/到着の遅延情報の確認方法|払い戻し/振替/補償について|往復予約が大切

欠航
Pocket

ピーチが台風や飛行機のトラブルなどが原因で欠航・遅延してしまった……。
予約した飛行機の発着・到着などの運航スケジュールが変わってしまった……。

そんなときすばやく対処するためには、
欠航・遅延情報はいつわかるのか
欠航・遅延情報はどこで知ることができるのか
欠航・遅延時はどのように対処すればよいのか
などのことについて、しっかり把握しておかなくてはなりません。

そこでこの記事では、ピーチの欠航などはいつわかるのか、またどこでわかるのかということについて解説していきます。あわせて、実際にそのような状況に直面した際の振替や払い戻しなどの補償についても触れていきますよ。いざというときのために、対処法はしっかり知っておきましょう。

1.LCCピーチの欠航・発着情報はいつわかるのか|そのタイミングと運航状況を知る方法

飛行機というものは、降雪や台風といった悪天候などにおいてはもちろん、機材トラブルなどにおいても欠航や遅延をしてしまうことがあります。では、そんなピーチの欠航などはいつわかるものなのでしょうか。

■欠航発表は当日も!台風接近中なら前日も!

ピーチの欠航や遅延がいつわかるか、これは明確にこの時間、と決められるものではありません。航空会社側も状況を見つつ欠航などを決めるため、当日発表されることもあれば前日の夜など早々に発表されることもあるのです。

欠航や遅延の理由で多いのはやはり悪天候など、気象上の問題によるものが多いですが、中には機材の修理といったことが理由の場合もあります。この場合は、直前に欠航や大幅な遅延が決まることもあるため、注意が必要です。

逆に台風などが接近している場合は、早々に欠航などを決定することも多くあります。とはいえ、明確に台風などであれば風速何mで欠航や遅延する、などの基準はないため、場合によっては運航することも。

降雪や台風など、災害が予想される場合には前々日から当日まで、フライトするかどうかこまめに運航情報を確認することが大切なのです。

■ピーチの発着情報は空港の公式サイトで確認可能

ピーチの発着情報は、各空港の公式サイトで確認することが可能です。搭乗予定の路線で、利用する空港ごとにピーチの発着に関する情報を知りたいときは、空港公式サイトを確認してみてください。

参考例として、関西国際空港公式サイトでピーチに関する発着情報を調べる方法を、以下で簡単に紹介します。関西国際国際空港を利用するという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【関西国際空港公式サイトでピーチの発着情報を確認する方法】
1.関西国際空港公式サイトトップページへアクセス
2.上部にある「飛行機に乗る」を選択
3.「本日のフライト情報」を選択
4.必要情報の入力と選択→区分(国内線/国際線の出発/到着)、目的/出発場所、航空会社、便番号
5.検索

このように、空港公式サイトでピーチの発着情報を確認することができます。なお、空港ではなく、当然ピーチでも発着情報を確認することは可能です。次で、その方法について見ていきましょう。

2.LCCピーチにて欠航や到着の遅延情報を調べる方法とは?

空港の公式サイトではなく、ピーチで直接欠航や到着の遅延などの情報を調べる方法は、以下の3つです。

【ピーチで欠航や遅延情報を調べる方法】
ピーチ公式Twitterを確認する
ピーチ公式サイトの「運航状況」ページを確認する
メールをこまめにチェックする

基本的には予約していた飛行機に欠航などのトラブルが発生した場合、その時点でメールでの連絡あるので、まずは一度メールを確認してみましょう。なお、このメールは航空券を予約した際に登録したメールアドレスに届きます。

また、それ以外にもピーチ公式サイトピーチ公式Twitterで確認するという方法もあります。念のため、こちらもチェックしておくと安心ですよ。

運航状況(ピーチ公式サイト)
Twitter(ピーチ公式)

なお、ピーチへの問い合わせは、コンタクトセンター(電話)チャットを利用することでもおこなうことが可能となっています。

ただし、コンタクトセンター(電話)への問い合わせにおいては、通話料が発生して無料でおこなうことはできないため注意しましょう。また、混み合っているとなかなか電話がつながらない、なんてことも。そのため、コンタクトセンター(電話)へ問い合わせをするという際には、上記のことは覚えておくようにしてくださいね。

【コンタクトセンター電話番号】
国内からの電話:0570-001-292
国外からの電話:+81-3-6731-9247
※受付時間:9:00~18:00

ピーチが欠航、もしくは到着が遅延してしまうと、旅行や出張の予定などに影響が出てしまう方もいるでしょう。そんなとき、早めに対処をできるようにしておくためにも、上記のピーチの発着情報を知る方法はしっかりと頭に入れておくようにしておいてくださいね。

■欠航・遅延しそうなら予約した飛行機の出発時間に間に合うように行動しよう

まだ決定してはいないけど台風が接近していて欠航や遅延するかもしれない…

ピーチの欠航や遅延情報を調べている中では、このような状況のときもあるでしょう。なお、すでにお伝えしたように、この欠航などの情報はいつ発表されるかわかりません。出発予定日の数日前のこともあれば出発直前のこともあるのです。

また、欠航や遅延をするかもしれないと思っていても運航するということも。そのため、前述で紹介したピーチの発着情報を調べる方法において、欠航などの情報が発表されていないのであれば、予約した飛行機の出発時間に間に合うように空港に到着できるように準備しておきましょう。

そのためにも、チェックインの締め切り時間をしっかり頭に入れておくことが大切となります。なお、ピーチでは国内線と国際線においてはチェックインの締め切り時間が以下のように異なるため、注意が必要です。

【国内線チェックイン締め切り時間】
出発30分前まで
※関西国際空港の場合は出発25分前まで

【国際線チェックイン締め切り時間】
出発50分前まで

3.LCCピーチの欠航率・遅延率はどれぐらい?

LCC、つまり格安航空会社であるピーチは欠航率が高いと思われがち。しかし、実はピーチで特別欠航が発生しやすいということは決してないのです。

ピーチの欠航率が抜きんでて高いとはいえないことが、国土交通省の統計からわかります。

【2017年度(17年4月~18年3月)】
ピーチ欠航率:1.32%

【2018年度(18年4月~19年3月)】
ピーチ欠航率:1.96%

※国土交通省の2017年度統計2018年度統計を参考にしています。

この数字は2018年度のANAが2.09%、JALが1.42%、1位のスカイマークでも1.15%であることを考えると、それほど高いとはいえません。ただし、同様の統計から遅延率(定時運航率)を見てみると、その数字は少々気になる数字となっています。

【2017年度(17年4月~18年3月)】
ピーチ定時運航率:79.17%

【2018年度(18年4月~19年3月)】
ピーチ定時運航率:82.61%

※定時運航率:出発予定時刻+15分以内に出発できた確率です。

これは、定刻+15分以内に出発できた確率を示すもので、近年のピーチの順位(2017~18年)は、航空会社全体でもやや低めになっています。ANA88.52%、JAL90.01%という定刻運航率と比べても、やや遅延率が高いと感じる数字であるといえるでしょう。

現状遅延はやや多め、ともいえるピーチ。欠航したときはもちろん、遅延したときの対処法に関しても、しっかり知っておきましょう。

4.LCCピーチが欠航・遅延した場合の補償は払い戻し・振替!手続き方法もチェック

ピーチが欠航、もしくは大幅な遅延をしてしまった場合、以下のような補償を受けることができます。

■【払い戻し】ピーチポイントや現金での返金

ピーチに欠航や遅延の影響で搭乗できなくなってしまった場合、「払い戻し」という方法で対応してもらうことが可能です。なお、台風などのような悪天候、もしくは機材トラブルなどのピーチ側の都合で欠航などになった場合、払い戻しには以下のようなルールが適用されておこなわれます。

□手数料は無料・全額返金

ピーチは通常の場合、選んだ運賃プランによってはキャンセル・払い戻しに手数料がかかります。しかし、欠航や遅延の場合はこの手数料がかかりません。そのため、このようなケースの払い戻しでは、基本的に全額返金される、ということになります。

□払い戻し先は支払い時の決済方法によって異なる

払い戻しは、基本的には航空券を購入した際に利用した決済方法ごとにおこなわれます。以下の表を参考にしてください。

航空券購入時の決済方法 払い戻し先
クレジットカード/d払い/We Chat Pay/銀聯/Alipay 支払ったカード口座
コンビニ/インターネットバンキング 銀行口座/セブン銀行ATM/ピーチポイント/ローソン/Amazonギフト券
※いずれか
ピーチポイント ピーチポイント

※2020年3月23日時点の情報です。

基本的には上記の通り、航空券を購入した決済方法にあわせた払い戻し先となっています。コンビニまたはインターネットバンキングで支払った場合は、払い戻し先をいくつかの中から選ぶことが可能です。

なお、ピーチポイントで航空券を予約・購入した場合に関しては少々特殊で、払い戻しは現金ではなくピーチポイントでおこなわれるため、この点には注意が必要です。ちなみに、ピーチポイントとクレジットカードであわせて決済した場合、クレジットカード払い分はカード口座へ、そしてピーチポイントで決済した分はピーチポイントで払い戻しされるので、このこともあわせて覚えておきましょう。ただし、クレジットカード払いの場合でも希望すれば払い戻しをピーチポイントで受け取ることが可能ですよ。

□欠航・遅延理由によって受付の期間が異なる

払い戻しをする際は「受付期間」内に申請をする必要がありますが、この期間は欠航や遅延をした理由によって少々変動します。

【機材トラブルなどのピーチ側の都合による場合】
搭乗予定日から30日間

【台風などの悪天候による場合】
搭乗予定日から10日間

このように、台風などの悪天候が理由で欠航や遅延になった場合は払い戻しの期間が短いので、注意しておきましょう。

□払い戻しはすぐに返金されないこともある

払い戻しの手続きをしたからといっても、すぐに支払った航空券の料金が返金されるというわけではありません。場合によっては数か月ほどの時間がかかることもあるのです。

また、払い戻しが完了してもピーチからの連絡はありません。ピーチの欠航・遅延によって飛行機に搭乗することができないという状況で、払い戻しにて対処する場合は、この点は頭に入れておきましょう。

■【振替】欠航・大幅な遅延時に|出発が翌日になることも?

欠航や大幅な遅延の場合は、「振替」という形でも対応してもらうことができます。また、この振替においても、手数料は無料となっていますよ。ただし、この振替をしてもらえるのは「空席のあるピーチ便のみ」です。

他の航空会社や交通機関(新幹線など)に振替をしてもらうことは原則できません。これらを利用する場合、補償はされず自費となるので気を付けておきましょう。

また、1日1回や2回しかフライトしないような路線の場合は、翌日もしくはそれ以降まで待つこととなるケースも多いです。なおこの際、宿泊費や移動における交通費などに関しても補償はないので、注意をしておかなければなりません。

ちなみに、振替を希望する場合、搭乗予定日の翌日から数えて10日以内の便が対象となります。この点もあわせて覚えておきましょう。

なお、払い戻しや振替は、コンタクトセンター(電話)空港のカウンターはもちろんピーチ公式サイトからもおこなうことができます。

ピーチ公式サイトから払い戻し・振替をおこなう場合はこちら(ピーチ公式サイト)

■払い戻し・振替の手続き方法

ピーチが欠航・遅延をした際の払い戻しと振替という対処法における手続きは、すでにお伝えした通り、コンタクトセンター(電話)や空港カウンター、またピーチ公式サイトからおこなうことができます。

とはいえ、いつでもどこでも手続きをおこなうことができる、ピーチ公式サイトを利用した方法が最も手軽であるといえるでしょう。そこでここでは、ピーチ公式サイトからこれらの手続きをおこなう方法を確認しておきましょう。

とはいっても、方法自体は非常に簡単です。ピーチ公式サイトにアクセスして、「予約確認・変更」ページからおこなうだけ。

なお、これらの手続きをおこなう際には「予約確認・変更」ページにログインする必要があります。その際には、「予約番号」が必要となるのです。中にはこの予約番号がわからない、という方もいるかもしれませんね。

どこを確認すれば予約番号がわかるかどうかは、後述する「6.欠航・遅延証明書の発行は公式サイトから可能」にて詳しく解説していますので、そちらをあわせてどうぞ。

5.LCCピーチの欠航・遅延に備えて補償のある保険加入・航空券の往復予約で対策

欠航や遅延の決定は台風などの悪天候や気象状況、飛行機自体の状態などによって左右されることが多いため、いつ発生するかわかりません。もし運悪く、自分の予約したピーチの飛行機が欠航などをしてしまったときのためにも、事前にやっておける対策について知っておくことは非常に大切です。

そこでここでは、そんな対策を大きく2つ紹介していきますね。

■保険に入っておく→「Peach旅行保険」ならケガ・入院・欠航や遅延・乗り継ぎの補償も

対策の1つが、保険に入っておくというもの。なお、飛行機に搭乗する際に利用できる保険は多くあります。

しかし、ピーチの飛行機を利用するという場合は、ピーチが販売している「Peach旅行保険」を利用することが便利。というのも、航空券を予約するタイミングで同時に申し込むことができるためです。なお、この保険は国内線と国際線のいずれにおいても利用することができますよ。

保険料は、国内線の場合は片道プラン930円、国際線の場合は片道プラン1,710円となっています。なお、往復プランというものもありますが、これは保険料が保険適用期間ごとに設定されているので注意が必要です。

【国内線往復プラン保険料】

保険適用期間 保険料
2日まで 1,270円
3日~4日まで 1,350円
5日~7日まで 1,440円
8日~14日まで 1,660円
15日~30日まで 2,170円

※2020年3月5日時点の情報です。

【国際線往復プラン保険料】

保険適用期間 保険料
1日 1,630円
2日 1,960円
3日 2,370円
4日 2,740円
5日 3,290円
6日 3,700円
7日 4,000円
8日 4,690円
9日 5,270円
10日 5,720円
11日 6,500円
12日 6,990円
13日 7,630円
14日 7,790円
15日 9,660円
16日~17日 10,730円
18日~19日 13,850円
20日~21日 15,970円
22日~23日 17,260円
24日~25日 18,490円
26日~27日 20,410円
28日~29日 23,830円
30日~31日 24,380円
32日~34日 28,030円
35日~39日 32,250円
40日~46日 36,480円
47日~53日 42,750円
54日~60日 51,990円

※2020年3月5日時点の情報です。

この保険では国内線用プランの場合、旅行中の入院で1日3,000円まで保険がおりたり、通院で1日2,000円の保険がおりたりします。なお、当然欠航や遅延に対応した補償も備わっていますよ。

補償例

出発予定の4時間より長い遅延や欠航をした際、追加で交通費や宿泊費が必要になったとき
乗り継ぎの便が4時間より長く遅延し、追加で交通費や宿泊費が必要になったとき
⇒補償額:10,000円

受託手荷物が予定の48時間より長い時間返ってこず、その間備品を購入したとき
⇒補償額:5,000円

受託手荷物が予定の6時間より長い時間返ってこず、その間備品を購入したとき
⇒補償額:3,000円

※国内線用プランの補償です。
※地震や津波、また噴火により欠航や遅延をした場合は保険が適用されません。

また、上記のことから乗り継ぎをするという場合に欠航や遅延が発生した際にも補償されることがわかりますね。ピーチに搭乗する方の中には、このように乗り継いで利用するという方もいるでしょう。

そのような方は、当然乗り継ぎ時間なども考慮して航空券を予約・購入するかもしれません。しかし、それでも台風や飛行機の故障などの思わぬイレギュラーによって、見積もっていた時間を大幅に超えてしまうことも。

そしてこのような状況において、保険に入っていなければ航空券が無駄になってしまいます。実際にピーチでは、欠航や遅延が原因であっても、乗り継ぎが失敗したからといっても補償をしてくれることはないのです。

基本的には欠航や遅延をして、その影響で発生する乗り継ぎの失敗や宿泊費などが補償されないピーチ。いざというときのためにも、このような保険に入っておくと安心でしょう。

■航空券は往路・復路セットで予約・購入する

飛行機を利用する上で、往路も復路もピーチに搭乗するという場合は、航空券を往復まとめて予約・購入しておく、ということも欠航などが発生した際の対策となります。

なぜかというと、同じタイミングで往路と復路の航空券を予約・購入しておけば予約番号が同じになり、往路で欠航や遅延が発生した際に復路の航空券も同じ扱いで払い戻し・振替対応してもらえるからです。ピーチでは、同じ予約番号でなければ往復航空券でも別々の扱いになり、欠航などが発生した際の払い戻し対応対象外になってしまいます。

つまり、航空券を往復別々に予約・購入した場合、往路で欠航や遅延が発生してしまうと、復路の航空券は通常の払い戻し対象になってしまい、手数料がかかってしまうこともあるのです。そのため、往復でピーチを利用するという場合は、上記のようなリスクを考えて往路と復路の航空券をまとめて予約・購入しておいた方が安心でしょう。

■到着地のホテルなどのキャンセルについても調べておく

ピーチが欠航または遅延してしまうと、焦って飛行機のことだけに目が行きがちですが、ホテルなどを予約している場合、こちらも早めに対処するようにしましょう。予約をキャンセルしなければならないのであれば、なおのこと早めに連絡をする必要があります。

というのも、ホテルなどで予約のキャンセルをする場合、直前や当日においてはそのキャンセル料は高額になることがあるため。また、飛行機同様、予約時間後のキャンセルではさらに高額なキャンセル料が発生することもあるのです。

そのため、ホテルを含め宿泊施設などを予約する際には、キャンセル料などについても事前に把握しておくことがおすすめです。無駄に費用をかけないためにも、この点はしっかりと確認しておきましょう。

6.欠航・遅延証明書の発行はピーチ公式サイトから可能

ピーチが欠航また遅延をしてしまい、それらの証明書が必要である、ということもあるでしょう。そんなピーチの欠航や遅延の証明書の発行は、公式サイトからおこなうことができます。

なお、これらの証明書の発行には、以下のようなものが必要になるため、事前に用意しておいてくださいね。

【必要なもの】
予約番号
電話番号

欠航証明書も遅延証明書も、これらの2つがあれば発行することができます。実際の発行方法は、上記の2つの情報を専用のページにて入力して送信するだけなので、手続きとしては簡単ですよ。

なお、電話番号はわかるけど予約番号がわからない、という方もいるのではないでしょうか。予約番号とは、航空券を予約した際にピーチから送られてくる、予約確認書(旅程表)が添付されているメールに記載されている6桁の英数字のことです。件名が「【Peach】予約内容のお知らせ」というメールとなっているので、予約番号がわからないという方は、一度このメールは探してみましょう。

欠航や遅延の証明書が必要という方は、以下のリンクから発行のページに移動することができます。

欠航・遅延・搭乗証明書発行のご案内(ピーチ公式サイト)

7.まとめ

ピーチの欠航はいつわかるか、それはケースバイケースといえます。そのため、空港公式サイトやピーチ公式サイトなどでこまめに発着情報をチェックしておきましょう。実際の欠航や大幅な遅延時には、手数料無料で払い戻しや振替などの対応を受けられるので、あわせてずに対処してくださいね。

なお、保険に入っておいたり往復航空券をまとめて予約・購入しておくことで、補償を受けることができたり無駄な出費を抑えることができます。もしものときのために、対策できることはあるので、ぜひ実施してみてください。

ピーチは欠航の多い航空会社ではありませんが、ときには欠航や遅延をしてしまうこともあるでしょう。そんなときは、今回紹介した対処法をぜひ参考にしてくださいね!

Pocket

一覧ページへ戻る