格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2019.07.23

宮古島への飛行機・航空券情報総まとめ!気になるポイントを徹底解説

Pocket

『宮古島』は、那覇などで有名な沖縄本島よりもさらに西、日本の最西端にもほど近い小島です。美しく透明度の高い海やビーチなどから、観光地としても非常に高い人気を誇る宮古島。そんな宮古島に、飛行機で向かうにはどうすればよいのでしょうか?

「どこから、どの航空会社の飛行機が飛んでいるのか?」
「運賃や所要時間はどれぐらい?」
「安く行くにはどうすればいいの?」

さまざまな疑問があるかと思います。そこでここでは、宮古島へ飛行機で行く際に知っておきたい情報を、こと細かく、かつ分かりやすく解説していきます。宮古島行き航空券の予約をお考えの方は、ぜひ参考にしてください!

1.宮古島への飛行機路線・各路線の所要時間

宮古島へ飛行機で向かう場合、まず第一に考えなければならないのは『どこから行くか?』というポイントです。出発する空港に応じて所要時間はもちろん、選べる航空会社も変動し、その分運賃も変動します。自分の現在地からの距離はもちろん、航空会社の観点からも空港を見ていきましょう。

・宮古島空港への路線がある空港

羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
福岡空港
那覇空港
多良間空港
石垣空港

このように、宮古空港へは合計7空港からの便が運航しています。それぞれの空港からフライトしている航空会社と直行便の便数、所要時間は以下の通りです。

空港 航空会社 便数 所要時間
羽田空港 ANA
JTA(JALグループ)
ANA:1日1往復
JAL:1日1往復
約2時間35分

40分
中部国際空港 ANA 1日1往復 約2時間20分

30分
関西国際空港 ANA 1日2往復
※10月以降は1往復
約2時間20分

25分
福岡空港 ANA 1日1往復 約1時間55分
那覇空港 ANA
JTA・RAC
(ともにJALグループ)
ANA:1日5往復
JAL:1日9往復
約50分~55分
多良間空港 RAC 1日2往復 約25分~35分
石垣空港 RAC 1日2往復 約30分

※2019年7月現在
※路線の本数は、シーズンなどの要因によって増便・減便することもあります。

2.宮古島行きの航空券運賃

前述したように、宮古島空港へ飛行機を飛ばしている航空会社は、ANA・JAL(JTA・RAC)の2社(正確にはANA・JTA・RACの3社)です。ではその運賃は、いったいどれほどのものなのでしょうか?

〇各空港の宮古島行き航空券の価格

空港ごとの普通運賃は、以下の通りです。

空港 ANA JAL
羽田空港 57,090円~ 62,490円~
中部国際空港 52,310円~
関西国際空港 47,730円~
福岡空港 44,900円~
那覇空港 18,120円~ 20,010円~
多良間空港 8,700円~
石垣空港 13,400円~

※2019年7月22日から計算した、2019年10月1日の最安値です。
※この運賃は、シーズンなどに応じて変動します。

このままだと少々高額に感じる飛行機運賃ですが、とある条件を満たせば格安で手に入れることも可能です。

〇ANA・JALの『早期予約割引』を利用しよう

ANAやJALでは、搭乗予定日よりも早めに予約しておくことで、その日数に応じた割引を受けられるという制度を実施しています。このお得な予約制度を利用すると、上記の航空券運賃は以下の額になることもあるのです。

例:羽田発 宮古行の運賃

運賃の種類 ANA JAL
普通運賃 57,090円~ 62,490円~
75日前投票 20,790円~ 23,290円~
55日前投票 21,390円~ 23,890円~
45日前投票 21,990円~ 24,490円~
28日前投票 23,890円~ 26,390円~
21日前投票 24,490円~ 26,990円~
3日前投票 41,390円~ 41,390円~
1日前投票 53,890円~ 53,890円~

※2019年7月22日から計算した、2019年10月16日の最安値です。
※この運賃は、シーズンなどに応じて変動します。

このように、早期予約割引を利用すれば、かなりの格安価格で航空券を購入することができます。たとえ1日前や3日前でも、最大10,000円前後の値引きがされるというのは、非常にお得ですよね。

お得に航空券を購入したいという方は、ぜひご活用ください!

3.LCC(格安航空会社)がいいなら『下地島空港』の利用もオススメ!

近年、その航空券運賃の安さから人気を高めているLCC(格安航空会社)。宮古島空港へはフライトしていないLCCの飛行機ですが、宮古島にはもうひとつ、最寄りの空港があります。その空港は、『下地島空港』です。

〇下地島空港とは

下地島空港のある下地島は、宮古島から約20km離れた小島です。伊良部島と隣接しており、その伊良部島は宮古島と橋でつながっています。

この空港はこれまで航空士の訓練のために使用されてきましたが、2019年春、ジェットスタージャパンが定期便を就航させました。これにより、宮古島へのアクセス方法がひとつ、増えることとなったのです。

2019年7月からは国際線も運航することとなった下地島空港。近年、非常に勢いのある空港のひとつです。

〇LCCで下地島空港へ行けばこんなに安い!

LCCであるジェットスターの下地島航路は、『成田空港』『関西国際空港』からフライトしています。所要時間は、各航路それぞれ約3時間と約2時間20分。そんなジェットスターの運賃は、以下の通りです。

成田~下地島 関西~下地島
最安値運賃 7,910円~ 6,960円~

※2019年7月22日現在。追加料金なしの基本プラン運賃です。
※この運賃は、シーズンや座席の埋まり具合などによって変動します。

最安値なら10,000円を切る航空券価格にもなるジェットスター。繁忙期には35,000円~45,000円ほどになることもありますが、8月の高額な時期を避ければ平均的には10,000円~20,000円程度で購入することができますよ。

ただし、LCCの運賃は大手のものより変動が激しいため、注意が必要です。日々変動する運賃は、数日で予想以上に高騰してしまうことも。目当ての日付の航空券が自分の理想に合う額であれば、できるだけ早めに購入した方がよいでしょう。

ジェットスター公式

〇LCC特有の注意点

安さがウリのLCCですが、いくつか注意していただきたい点もあります。

・荷物などの制約が多い

大手では無料であることの多い荷物の受託は、ジェットスターの基本プランでは有料になっています。預けるには受託荷物分の料金を払うか、もとより受託手荷物を預けられるプランに申し込んでおく必要があるのです。

旅行などで宮古島に行く場合、荷物が多くなってしまうことも多いでしょう。このことを知っておかなければ、思わぬ出費が発生してしまうこともあるため、注意しておいてくださいね。

・成田空港の場合はターミナルにも注意

関西国際空港の場合はANAやJALと同様のターミナル内にあるジェットスターの窓口。しかし、成田空港の場合は別に存在しているため、注意が必要です。

成田空港内のジェットスター窓口・搭乗口は、第3ターミナルです。第1・第2からは少々離れた位置にあるため、遅れないよう事前に確認しておきましょう。

成田国際空港 第3旅客ターミナル(ジェットスター公式)

4.時期・乗り継ぎ・交通手段…知っておきたい宮古島の注意点

ここまでで宮古島への飛行機移動の基本情報については解説してきましたが、それ以外にも知っておいて得する情報はまだまだあります。

〇宮古島オススメの時期

宮古島の人気の時期は、やはり夏場です。実際、ツアーや航空券の料金を見てもこの時期は人気で、価格も高騰していることが多いでしょう。もちろん海が魅力の宮古島にとって夏場は非常によい時期なのですが、1点注意しておかなければならない点があります。

宮古島はその位置関係上、よく台風の被害に見舞われます。とくに台風の接近が多いのが、8~9月ごろ。すなわち、人気のシーズンは台風のシーズンとも重なっているのです。そのため、宮古島へ行く際は各航空会社の運航情報のチェックが必須です。

シーズンとしては3~5月ごろの春、または10月ごろの秋が意外と穴場になっています。予定を立てる際には、ぜひ参考にしてくださいね。

〇乗り継ぎで便利かつ、安くなることも?

宮古島への移動は直行便に乗る方法が一般的ですが、あえて乗り継ぐという方法もあります。この乗り継ぎルートでは主に『那覇空港』を利用しますが、あえて那覇を経由することで以下のようなメリットがうまれるのです。

・那覇空港は全国多くの空港に路線を持っているため、羽田や関西最寄りでなくとも移動しやすい!
・那覇空港へは多くのLCCが運航しているため、場合によっては直行便よりも航空券が安くなる!
・那覇~宮古島間は運航本数が多いため、予定が立てやすい!

時間こそ約2倍、またはそれ以上かかりますが、状況によっては乗り継ぎルートもオススメできます。ただし、那覇~宮古間はJALしか運航していないため、LCC→JALの乗り換えの際は注意が必要です。

この場合、預けた荷物をそのまま持ち越すことができず、もう一度手続きしなおす必要があるため、余分に手間がかかります。この作業を知っておかなければ次の便に間に合わなくなってしまうおそれもあるので、時間には余裕を持って予定を立てましょう。

〇現地到着後の交通手段は?

宮古島空港、または下地島空港到着後は、以下のような移動手段で市街や観光スポットに出ることができます。

バス
タクシー
レンタル系(車・バイク・自転車)

宮古島内にも、これだけの交通手段があります。下地島からは伊良部島を経由して宮古島へ橋がかかっているため、船などを使わなくともレンタカーやタクシーで移動できますよ。

5.宮古島空港へ安く行くなら『ソラハピ』の利用もオススメ!

宮古島へ直行便で行きたい方で、かつあまり日程に余裕のない方も多いのではないでしょうか。そんな方は、当サイト『ソラハピ』の利用をオススメします。
※ソラハピでは、下地島空港への航空券の取り扱いはありません。

〇ソラハピなら直近の航空券でも安く買える!

日程が迫ってくると、直行便の早期予約を使おうにも割引が少ない……なんてこともあります。そんなときは、ソラハピで航空券を検索してみてください。例として、ソラハピの運賃とANAの早期予約割引運賃を比較すると、以下のようになります。

・2019年7月22日~の関西~宮古島間運賃

日付 ソラハピ
ANA最安値
ANA
最安値
2019年7月23日 34,110円 49,630円
2019年7月29日 34,110円 46,330円
2019年8月5日 34,110円 41,730円
2019年8月12日 34,110円 35,630円

もちろん時期や区間によって差異はありますが、数日~数週間は公式の早期予約割引最安値よりも安い金額で航空券を購入できることもあります。また、数多くの航空会社を一括で比較検索できるので、予約の手間も減りますよ。

お得な航空券を楽に見つけて予約したい!という方は、ぜひ当サイトソラハピをご利用ください!

6.まとめ

宮古島へは、多くの直行便が出ています。主にANAとJALグループがフライトしていますが、安いLCCを利用したいなら下地島空港を利用したジェットスター便がオススメです。大手航空会社のまま安く行きたい!という方は、早期予約割引を有効に利用しましょう。

所要時間がかかってもよいのであれば、あえて那覇を経由する手もあります。ただしその場合は乗り換えの手間が増えますので、乗り遅れのないよう注意しましょう。

直行便で安く行きたいけど早割があまり残っていないという場合は、ソラハピの利用がオススメです。ソラハピは多くの格安航空券を取り扱っているほか、さまざまな航空会社のお得な航空券を簡単に比較し予約することも可能です。宮古島への航空券をお探しの方は、ぜひ一度ソラハピをご利用ください!

Pocket

一覧ページへ戻る