格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2021.01.22

伊丹~松山間の飛行機移動は2つの方法がある!安くするコツも紹介!

airline
Pocket

大阪府と愛媛県は、近いようでじつは直線距離にして約270kmも離れています。そのためこの区間を移動しようというとき、飛行機を利用することを検討する方も多いのではないでしょうか。そこでとくに気になるのが、運賃と所要時間についてかと思います。

この記事では、大阪の空港のひとつである伊丹空港と、愛媛県の松山空港を飛行機で移動するときの基本情報についてをメインに解説していきます。 また、運賃を安くするコツや空港に到着してからのアクセスについても紹介しますよ。伊丹空港~松山空港を飛行機で移動するときには、この記事をぜひ参考にしてください。

以下のボタンから伊丹空港~松山空港間の航空券を検索できます。

伊丹~松山間の移動方法①:直行便

伊丹空港~松山空港を飛行機で移動しようと考えたとき、まず直行便があるのか、という点が気になりますよね。この点は、問題ありません。この区間には、JALとANAがそれぞれ直行便を持っています。 そこでこの章では、伊丹空港~松山空港の移動において直行便を利用したときの所要時間や便の本数、運賃について確認していきましょう。

所要時間と便の本数

伊丹空港~松山空港をJALとANAの直行便で移動したときの、それぞれの所要時間と便の本数は以下の通りです。

JAL ANA
所要時間 約45分 約45分
便の本数 往復6本(片道3本) 往復18本(片道9本)

※便の本数は2019年6月17日時点に調べたものです。 所要時間に関しては、JALとANAでほとんど変わりはありません。ただしこの所要時間は、あくまでも移動時間になります。実際の所要時間は、空港での搭乗手続き時間も考慮する必要がある
ので、予定を組むときには注意しましょう。 ちなみに搭乗手続き時間は、空港の混み具合などによっても変わる場合があります。そのため、余裕を持って1~2時間ほどは見積もっておくようにしましょう。 便の本数に関しては、大きな差があることがわかりますね。1日で、ANAはJALの3倍もの便の本数となっています。そのため、予定に合わせやすいのは多くの時間帯の便を持っているANAであるといえるでしょう。

普通運賃

飛行機を利用するとき、「運賃が最も気になる!」、という方も多いでしょう。そこでここでは、伊丹空港~松山空港におけるJALとANAの直行便の普通運賃を紹介します。

JAL ANA
普通運賃 19,260円~ 18,460円~

※2019年6月17日時点、2019年10月1日の伊丹空港→松山空港の運賃です。 ※表示運賃は消費税、旅客施設使用料込です。 ※運賃は変動することがあります。 直行便での伊丹空港~松山空港の普通運賃は上記の通りです。JALとANAのいずれの場合も20,000円は下回っていて、それほど大きな差はありません。しかしこの運賃を見て、「高いな」、と思われた方も多いでしょう。そんな普通運賃ですが、とある方法で半額以下にすることが可能なのです。

直行便は割引プランで安く移動しよう


前章では、伊丹空港~松山空港を飛行機で移動する方法として、JALとANAの直行便を利用することができることを紹介してきました。普通運賃に関しても紹介しましたが、JALとANAのいずれにおいても約20,000円と、決して安いとはいえない金額でしたね。しかしそんな運賃、早期予約割引プランを利用すれば、とても安く済ませる。

早期予約割引プラン

そもそも早期予約割引プランとは、簡単にいえば搭乗予定日の〇日前に予約することで割引される、というもの。この早期予約割引プランは、JALとANAのいずれにも設けられています。まずはそんな両社で、早期予約割引プランを利用したときの運賃がどれほどになるのかを見てみましょう。

JAL ANA
普通運賃 19,260円~ 18,460円~
75日前予約 8,960円~ 8,960円~
55日前予約 9,460円~ 9,260円~
45日前予約 10,560円~ 9,960円~
28日前予約 10,660円~ 10,460円~
21日前予約 11,260円~ 11,260円~
3日前予約 11,360円~ 11,360円~
1日前予約 17,660円~ 17,660円~

※普通運賃~28日前予約:2019年6月17日時点、2019年10月1日の伊丹空港→松山空港の運賃です。
※21日前予約~1日前予約:2019年6月17日時点、2019年7月10日の伊丹空港→松山空港の運賃です。
※表示運賃は消費税、旅客施設使用料込です。この運賃は変動することがあります。
※逆路線の松山空港→伊丹空港の場合は、同日でも合があります。

伊丹空港~松山空港をJALとANAの直行便で移動する際、早期予約割引プランを利用すると、運賃をとても安く済ませることができることがわかりますね。とくに75日前予約に関しては、JALとANAのいずれにおいても普通運賃の半額以下となっています。

このことから、できるだけ早めに予約をすることで運賃を安く済ませることができるといえるでしょう。ただし、上記の表の金額はあくまでも一例です。予約をする時期によっては、金額が上下することもあるので注意しましょう。

早期予約割引プランの注意点

運賃をとても安く済ませることができる早期予約割引プランですが、じつは注意点がいくつかあります。ここではそんな注意点を、2つ紹介します。

まず1つ目の注意点は、予約の変更ができないという点。普通運賃の場合は、JALとANAのいずれも予約の変更が可能となっています。しかし、今回紹介した早期予約割引プランはいずれも予約の変更は不可となっているのです。

2つ目の注意点は、キャンセル料。ここではANAを例に見ていきましょう。ANAの普通運賃をキャンセルするとき、出発前では0円、出発後では運賃の約20%相当額というキャンセル料がかかります。一方早期予約割引プランの75日前予約の場合では、出発前でも運賃の0~60%相当額(キャンセルのタイミングによる)が、そして出発後では運賃全額がキャンセル料としてかかるのです。

これらの2つの注意点から、予定がなくなってしまったり変更になってしまったりした場合は、高額な変更手数料・キャンセル料を支払わなければいけないこともあるということがわかります。そのため、早期予約割引プランを利用するときは、予定が確定してからがよいといえるでしょう。

伊丹~松山間の移動方法②:LCCの利用

伊丹空港から松山空港を飛行機の直行便で移動するには、JALとANAのどちらかを利用する必要があります。しかし、大手航空会社だとどうしても運賃が高い……と思う方もいるでしょう。移動の運賃は、やはりできるだけ安く済ませたいですよね。

そんなときは、伊丹空港ではなく、あえて関西国際空港を利用するという方法もあります。この関西国際空港を利用すれば、松山空港との運賃を安く済ませることができる可能性もあるのです。

ピーチで関西国際空港を経由する

飛行機を安く利用することを考えたとき、LCCの利用を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。LCCとはいわゆる格安航空会社のことで、大手航空会社とは違い人件費やサービス面のコストカットをすることで航空券を安く販売しています。

そんなLCCが、関西国際空港には就航しているのです。その名を、ピーチと呼びます。

このピーチは、関西国際空港~松山空港の路線を持っています。そこで、ここでは伊丹空港~関西国際空港~松山空港という経路を利用します。この経路を利用することで、破格の運賃となることも。詳しくは以下の表をご覧ください。

利用交通手段 運賃 所要時間
伊丹空港→関西国際空港 空港リムジンバス 1,950円 約1時間20分
関西国際空港→松山空港 ピーチ(シンプルピーチ) 3,300円~ 約55分

※表示運賃は消費税、旅客施設使用料込です(ピーチ)。運賃は変動することがあります。
※同一路線の松山空港→関西国際空港の場合は、同日でも運賃が異なることがあります。
※シンプルピーチ:ピーチの運賃プランのなかで最も安いものです。

まず経路についてですが、上記の表の場合は伊丹空港を出発地としています。伊丹空港から関西国際空港へは、空港間を直接結ぶバスがあるので、これを利用するとよいでしょう。乗り場は伊丹空港北ターミナルの5番になります。

このバスで関西国際空港のピーチの飛行機乗り場である第2ターミナルまで行くことができるので、バス→飛行機の乗り換えも非常にしやすいでしょう。関西国際空港の第2ターミナルに着いたら、そこから飛行機に乗って松山空港へ向かうという経路になります。

運賃は合計で5,250円~となっており、JALとANAの直行便を利用する場合(最安値:8,960円~)に比べても安くなっています。所要時間に関しては、直行便の場合が約50分+搭乗手続き時間であることに対して、約2時間20分+搭乗手続き時間。この点はややデメリットといえるかもしれませんね。

また、伊丹空港~松山空港をピーチの関西国際空港経由の経路を利用する場合は、ダイヤにも注意をする必要があります

というのも、2019年6月17日時点ではピーチの関西国際空港→松山空港の便は、1日に1本しか飛んでいないのです(16:05発→17:00着)。これは逆路線の松山空港→関西国際空港の場合も同様(17:35発→18:25着)。なお、このダイヤは変更となる場合もあるので、利用をする前にはしっかりと確認をするようにしましょう。

・とにかく運賃を安く済ませたい→ピーチの関西国際空港経由
・所要時間を短くしたい→JALとANAの直行便

上記のように、運賃と時間のどちらを優先するかで、移動方法も変わってきます。予定を組むときに、どちらがよいのかをしっかり考えて選ぶようにしましょう。

各空港のアクセス

bus
ここまでは、伊丹空港~松山空港を飛行機で移動する方法について解説してきました。しかし、空港に到着してゴール、という方は少ないでしょう。そこでこの章では、各空港から主要駅への移動方法について紹介していきます。

伊丹空港→梅田

伊丹空港から梅田への行き方には、バスとモノレール&電車の2つのパターンがあります。バスに関しては、空港リムジンバスで大阪マルビルまで行き、そこから梅田までは、歩いて約2~3分です。

モノレール&電車での行き方は、モノレールで大阪空港駅から蛍池駅まで行き、そこから阪急宝塚線で梅田駅まで行きます。それぞれの行き方の運賃と所要時間は以下の通りです。

【バス】
運賃:640円
所要時間:約30分(停留所は大阪マルビル。梅田駅まではここから徒歩3分)
【モノレール&電車】
運賃:420円
所要時間:約20分

伊丹空港→難波

伊丹空港から難波までの行き方も、バスとモノレール&電車の2つのパターンがあります。ただし、モノレール&電車を利用すると乗り換えが2回もあります。一方リムジンバスに関しては1本で行くことができるので、バスの利用がおすすめです。この2つの行き方の運賃と所要時間は以下の通りです。

【バス】
運賃:640円
所要時間:約25~35分
【モノレール&電車】
運賃:650円
所要時間:約40分

伊丹空港→新大阪

伊丹空港から新大阪までの行き方は、バスとモノレール&電車の2つの方法があります。バスに関しては、空港リムジンバスで新大阪駅まで直通で行くことができます。モノレール&電車の場合は、モノレールで千里中央まで行き、そこからは北大阪急行線で新大阪まで行きます。それぞれの行き方の運賃と所要時間は以下をご覧ください。

【バス】
運賃:500円
所要時間:約25分
【モノレール&電車】
運賃:650円
所要時間:約30~35分

松山空港→松山駅

松山空港から松山駅への行き方は、バスを利用するとよいでしょう。この区間は、空港リムジンバスで直通となっています。運賃と所要時間は以下の通りです。

【バス】
運賃:460円
所要時間:約15分

まとめ

伊丹空港~松山空港を飛行機で移動する方法は、大きく2つあります。まずは、JALとANAの直行便を利用するという方法。そして、ピーチの関西国際空港経由の経路を利用するという方法です。 前者の直行便を利用する場合、運賃を安く済ませたいときは早期予約割引プランを利用しましょう。場合によっては、普通運賃の半額以下になることもありますよ。 後者のピーチの関西国際空港経由は、直行便に比べて所要時間こそかかりますが、運賃が5,000円代と破格です。とにかく運賃を安く済ませたいという方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

とはいえ、本記事に記載されている運賃はあくまでも一例です。時期によっては、運賃が上下することもあるでしょう。そのようなときは、当サイトのソラハピを利用してみてはいかがでしょうか。 ソラハピでは、発着地と日付を選択するだけで、その条件のさまざまな航空会社の最安値の航空券を簡単に見つけることができますよ。安く航空券を手に入れて、伊丹空港~松山空港をお得に移動しましょう!

Pocket

一覧ページへ戻る