格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 航路情報

2019.07.26

奄美大島へは飛行機一択!路線情報。安く行くコツを紹介

飛行機 飛行
Pocket

国内の観光地として有名な、自然豊かで海外にいるかのような気分になれる「東洋のガラパゴス」との名を持つ奄美大島。そんな奄美大島へ、これから観光に行こうと考えている方も多いのではないでしょうか?

奄美大島はその名の通り海に浮かぶ島であるため、飛行機もしくはフェリーで行くのが一般的となります。この記事では、そんななかでも飛行機にフォーカスを当てた内容となっています。

そもそも奄美大島へはどの空港から行くことができるのか?どれくらいの時間がかかるのか? などなど、その基本情報をまとめて紹介していきます。

また、 「飛行機の運賃は高い」と思われている方にはぜひ知っておいていただきたい、安く航空券を手に入れるコツについても紹介していきますよ。これから奄美大島へ行くという方は、ぜひ参考にしてくださいね!

あなたが知りたい情報はどれ?

・奄美大島との直行便について→基本情報を知ろう!
・飛行機で安く奄美大島へ行く方法1→予定まで期間がないならソラハピを使おう!
・飛行機で安く奄美大島へ行く方法2→予定まで期間があるなら早期予約割引を使おう!
・徳之島・喜界島・与論島から最安値を狙うなら→フェリーを使おう!

奄美大島への直行便の基本情報

奄美大島にある空港は、奄美空港ただひとつです。ここでは、そんな奄美空港との間の直行便路線・運航している航空会社・所要時間・便の本数・運賃などの基本情報を紹介していきます。

各路線の所要時間・便の本数

まずは、奄美大島との路線・運航している航空会社、所要時間・便の本数について確認していきましょう。

路線を持つ航空会社 所要時間 便の本数
羽田空港 JAL 約2時間5分~2時間15分 1往復
伊丹空港 JAL 約1時間35分~1時間45分 1往復
福岡空港 JAL 約1時間10分 1往復
那覇空港 JAL 約1時間~1時間10分 1往復
鹿児島空港 JAL・スカイマーク JAL:約55分~1時間15分
スカイマーク:約1時間
JAL:8往復
スカイマーク:2往復
徳之島空港 JAL 約30分 2往復
喜界空港 JAL 約20分 3往復
与論空港 JAL 約40分 1往復

※2019年7月24日時点の情報です。

上記の表のように、奄美空港へは大きく東京大阪福岡沖縄、そして奄美群島の3つの島から直行便が飛んでいます。運航している航空会社は、JAL・スカイマークがメインです。

奄美大島が観光地として人気であるということもあって、比較的多くの路線があることがわかりますね。ただし、便の本数はそれほど充実しているとはいえません。そのため、この点は旅程などを組む際には頭に入れておくようにしましょう。

各路線の普通運賃

ここでは、奄美大島との各路線の運賃を確認していきましょう。

路線を持つ航空会社 普通運賃
羽田空港 JAL 52,090円
伊丹空港 JAL 40,760円
福岡空港 JAL 36,000円
那覇空港 JAL 26,320円
鹿児島空港 JAL・スカイマーク JAL:25,900円
スカイマーク:13,000円
徳之島空港 JAL 14,900円
喜界空港 JAL 10,700円
与論空港 JAL 22,000円

※2019年7月24日時点、2019年10月15日の普通運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

東京・大阪から奄美大島へ行くという場合は、40,000円~50,000円と、非常に高くなっています。また、その他の地域から奄美大島へ行く場合でも10,000円は超えており、決して安いとはいえませんね。

しかし、「できるだけ運賃を安くしたい」と思われる方が大半でしょう。そこで次章からは、奄美大島への飛行機運賃を安く済ませるコツについて紹介していきます。

飛行機雲

旅程が数日後ならソラハピが安い!

まずここでは、「あと数日後に奄美大島に行きたい!」というお急ぎの方向けに、航空券を安く手に入れるコツを紹介していきます。その方法はずばり、当サイトのソラハピトを利用することです。

ソラハピとは?

ソラハピとは、国内の主要航空会社の航空券を多く取り扱っている航空券販売サイトです。航空券の検索方法はとても簡単で、出発地・到着地・出発日の3つの項目を選択するだけ

それらの項目を選択すると、希望の路線の航空券を安い順・時刻順に自動で表示してくれるのです。航空会社の運賃を比較したいという場合でも、わざわざ各航空会社のHPで調べる必要がないのでとても便利ですよ。

そんなソラハピは、奄美大島行きの航空券も多く取り扱っています。そして、近々で奄美大島に行きたいという場合には、なんと航空会社のHPよりも安く航空券を手に入れられる場合があるのです。

どれだけ安くなるのか?

ここでは実際に、いくつかの路線を例に奄美大島行きの航空券の運賃を、航空会社のHP最安値とソラハピの最安値で比較してみましょう。

航空会社のHP最安値 ソラハピ最安値
羽田空港→奄美大島 47,990円(JAL) 36,520円(JAL)
伊丹空港→奄美大島 43,360円(JAL) 30,890円(JAL)
福岡空港→奄美大島 34,650円(JAL) 28,330円(JAL)

※2019年7月24日時点、2019年7月25日の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

上記の表のように、航空会社のHP最安値よりもソラハピ最安値の方が安い場合がある
のです。急に予定が決まった場合などには、ぜひソラハピを活用してみてください!

予定まで期間があるなら早期予約割引が安い!

奄美大島へ行く予定まで比較的期間があるという場合には、早期予約割引の利用がおすすめです。奄美大島行きの直行便路線を持つJAL・スカイマークには、搭乗予定日よりも早めに航空券を予約することで割引が適用される、早期予約割引が設定されています。

JAL・スカイマークの早期予約割引

JALには、搭乗予定日の75・55・45・28・21・7・3・1日前までに予約することで割引が適用される早期予約割引があります。なかでも、75日前までが予約期限となっているものが基本的には最安です。

一方、スカイマークの早期予約割引は、3・1日前までが予約期限となっている2つのみの設定となっています。こちらもJAL同様に、予約期限が早めに設定されている3日前の方が安い場合が多いです。

ではこれらを踏まえて、奄美大島へ行く際に早期予約割引を使った場合にどれほど安くなるのかを見てみましょう。

各路線の早期予約割引運賃

JAL・スカイマークの、奄美大島行きの早期予約割引を適用した運賃は以下の通りです。

路線を持つ航空会社 普通運賃 早期予約割引適用運賃
羽田空港 JAL 52,090円 18,590円(75日前)
伊丹空港 JAL 40,760円 7,660円(75日前)
福岡空港 JAL 36,000円 9,800円(75日前)
那覇空港 JAL 26,320円 14,020円(75日前)
鹿児島空港 JAL・スカイマーク JAL:25,900円
スカイマーク:13,000円
JAL:10,900円(75日前)
スカイマーク:4,400円(3日前)
徳之島空港 JAL 14,900円 6,900円(75日前)
喜界空港 JAL 10,700円 4,900円(75日前)
与論空港 JAL 22,000円 9,700円(75日前)

※2019年7月24日時点、2019年10月15日の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

上記の表から、早期予約割引が適用された運賃が安いことが一目瞭然でわかりますね。搭乗予定日よりも早めに予約をしなければいけないという制限こそありますが、大幅に運賃が安くなるため、利用可能な方は必ず利用するようにしましょう!

空港 夕日

【最新情報】これからはLCCも利用できる!

ここまで、奄美大島へ飛行機で安く行くコツについて紹介してきましたが、まだコツはあります。それは、LCC、いわゆる格安航空会社を利用するというもの。

奄美大島には、もともとLCCであるバニラエアが成田空港~奄美空港、関西国際空港~奄美空港という路線を運航していました。しかし前者の路線は2019年8月31日まで、後者の路線は2019年5月6日で運航が終了。

「LCCを利用できないのか」と思いきや、じつはこれら2つの路線は同じくLCCであるピーチに移管され、運航が継続されるのです!そもそもバニラエアは、2019年度中にピーチと経営統合をすることとなっており、それに伴い各路線を順次移管しています。

路線 運航開始予定日
成田空港~奄美空港 2019年10月1日から
関西国際空港~奄美空港 ウィンターダイヤ期間に運航
※ウィンターダイヤ期間:2019年10月27日~2020年3月28日

各路線のピーチでの運航予定は、上記のようになっています。LCCということもあるため、その運賃が気になりますよね。2019年7月現在、成田空港~奄美空港という路線に関しては、運航開始予定となっている2019年10月の運賃を確認することができます。その運賃は、なんと最安で最安6,330円!

同じく東京の羽田空港~奄美空港の路線を運航しているJALでは、前章で早期予約割引を適用しても21,590円でした。このことからも、ピーチの運賃は非常に安いといえますね。東京と大阪に限定はされますが、奄美大島へ安く行きたいという場合はピーチの利用も検討してみましょう!

安さ重視ならフェリーもあり

本記事の冒頭で、奄美大島へ行くには飛行機かフェリーを利用するのが一般的であるということをお伝えしました。奄美大島へフェリーで行くことができるのは、鹿児島・沖縄・徳之島・喜界島・与論島です。

このなかでも、鹿児島以外に関しては飛行機よりもフェリーを利用した場合の方が安くなるのです。

フェリーの運賃

早速、飛行機を利用した場合とフェリーを利用した場合の運賃を比較してみましょう。

フェリー最安値 飛行機
沖縄 9,570円 14,020円(75日前)
徳之島 2,980円 6,900円(75日前)
喜界島 3,600円 4,900円(75日前)
与論島 5,760円 9,700円(75日前)

※フェリー:2019年7月24日時点の運賃です。
※飛行機:2019年7月24日時点、2019年10月15日の運賃です。
※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

上記のように、飛行機の早期予約割引が適用された運賃と比較してみても、フェリーの方が安くなっています。しかし、フェリーには大きなデメリットが存在するのです。

所要時間がネック

フェリーの運賃は確かに飛行機よりも安いですが、見過ごすことができない大きなデメリットがあります。それは、所要時間です。以下の表で、飛行機を利用した場合とフェリーを利用した場合の奄美大島へ行くまでにかかる所要時間を確認してみましょう。

フェリー最安値 飛行機
沖縄 約13時間30分 約1時間~1時間30分
徳之島 約5時間 約30分
喜界島 約2時間 約20分
与論島 約8時間20分 約40分

上記の表から、フェリーを利用した場合には所要時間がとてもかかることがわかりますね。飛行機を利用した場合は、上記の時間プラス搭乗手続き時間が約1~1時間30分程度。このことを加味しても、飛行機を利用した方が圧倒的に早く奄美大島に到着することができます。

これらのことから、できるだけ早く奄美大島に到着したいという場合は、飛行機を利用することをおすすめします。

フェリー

奄美空港からの3つの移動手段

奄美大島へ観光で行く上で、島内の移動手段をしっかり知っておくことはとても大切です。なぜなら、奄美大島は北方領土を除けば沖縄本島・佐渡島に次ぐ日本で3番目に広い島であるためです。

いざ観光をしようと思っても、現地で迷ってしまっては大変です。そこで、ここでは奄美大島内の主な移動手段を紹介していきます。

路線バス

奄美大島内の移動手段の1つ目は、路線バスです。このバスは、「しまバス」とも呼ばれており、島の南北にわたり運行されています。奄美空港へも連絡バスとして路線が通っているため、到着してからの移動にも利用しやすいでしょう。

また、しまバスは乗り放題券のフリーパスを販売しています。

1日間 2日間 3日間
大人 2,100円 3,150円 4,200円
子供 1,050円 1,580円 2,100円

バスを利用して奄美大島を回るという場合は、定額で乗り放題となるためとてもお得となりますよ。このフリーパスは、奄美空港の総合案内所で購入することができるので、気になった方はぜひ利用してみてください!

タクシー

奄美大島内の移動手段としては、タクシーを利用するという選択肢もあります。タクシーは、奄美空港の到着ロビーを出てすぐのところに乗り場があるため、空港到着後スムーズに利用できるでしょう。

しかし、当然タクシーは移動距離が長くなればその分、運賃も高くなっていきます。そのため、短い距離の移動や目的地が決まっている方におすすめです。

レンタカー

最後の3つ目はレンタカーです。ここまで、奄美大島内の移動手段として路線バスとタクシーの2つを紹介してきましたが、「奄美大島へ観光をしに行く」という方にはレンタカーがおすすめですよ!

レンタカーであれば、タクシーのように移動距離によって運賃が変わったり、路線バスのように運行スケジュールに左右されることもありません。好きなときに、好きなところを回って奄美大島を満喫することができるでしょう。

奄美空港の近くにあるレンタカー会社は、以下のようになっています。

・奄美レンタカー
・ニコニコレンタカー
・タイムズカーレンタル
・オリックスレンタカー
・奄美ゆいレンタカー
・100円レンタカー
・ニッポンレンタカー
・トヨタレンタカー
・Jネットレンタカー
・西郷レンタカー
など

これらのレンタカー会社は、奄美空港まで無料で送迎もしてくれるので、非常に便利です。奄美大島の観光地を回りたいという方は、レンタカーを利用も検討しましょう!

まとめ

奄美大島へは、飛行機を利用して行くのがおすすめです。「運賃が高い」というイメージの強い飛行機ですが、安く済ませるコツとしてソラハピと早期予約割引を利用するというものがありました。予定までの期間に余裕がなければソラハピを、余裕があれば早期予約割引を利用して安く航空券を手に入れましょう。

また、奄美大島へはLCCも運航を開始するなど、複数の航空会社が路線を持っています。そこで、「安く奄美大島へ行きたい」という方はぜひソラハピを活用してみてください。ソラハピでは各航空会社の奄美大島行きの航空券を取り扱っており、そんな運賃を一覧で比較することができます。安い航空券を楽に見つけて、安く奄美大島へ行きましょう!

Pocket

一覧ページへ戻る