格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • 予約方法について

2019.08.15

【最安】飛行機を当日でも格安運賃で予約購入できる方法・コツ|航空券は当日空港でも購入可能?

空港
Pocket

急な予定で飛行機に当日中に搭乗しなければならなくなった!」という際、そもそも航空券の予約を搭乗日の当日にすることはできるのかという疑問が浮かびますよね。

結論からいえば、飛行機の当日予約・購入は可能です。しかし、急な予約となると各航空会社の格安割引が適用されず、実際に買う際の運賃が高くなってしまう傾向にあります。また、直前ともなるとなかなか座席が空いていないことも多いでしょう。

そこでここでは、飛行機の搭乗当日でも利用できる割引運賃や便利な「ソラハピ」を利用した予約・購入方法について、また各航空会社に設定されている当日予約可能な割引運賃の航空券を詳しく解説していきます。

↑ソラハピでの航空券の電話予約はコチラから↑

※ソラハピでは海外の路線の取り扱いはなく、国内の路線のみの取り扱いとなっています

1.ソラハピなら出発直前でも格安航空券を予約可能!


飛行機に当日中に乗らなければならないというときは、「ソラハピ」の利用がおすすめです。ソラハピは、ANAやJALをはじめとする国内主要航空会社の格安航空券を多く取り扱う、航空券比較販売サイトです。ここでは、そんなソラハピが航空券の当日予約でおすすめできる理由を3つ、ご紹介していきます。

・飛行機の出発90分前までOK!

ソラハピのおすすめポイント1つ目は、なんといっても飛行機の出発90分前まで航空券の予約をすることができる、という点です。

ソラハピでは主に、WEBからの予約と電話からの予約の2種類で対応しています。この対応期限はWEB予約が120分前、電話予約は90分前まで受け付けているため、ギリギリでも安心。

さらに、電話での問い合わせが無料、という点も魅力の1つです。フリーダイヤルで電話対応しているので、わからないことがあればいつでもお電話いただけます!

↑ソラハピでの航空券の電話予約はコチラから↑

※ソラハピでは海外の路線の取り扱いはなく、国内の路線のみの取り扱いとなっています

・当日でも「株主優待」でANA・JAL航空券を予約・購入できることも!

通常、当日で予約する場合はやや高額な普通運賃で予約する流れが一般的。しかしソラハピでは、ANAとJALに限り株主優待券運賃も取り扱っているため、当日でも公式の普通運賃以下の価格で航空券を購入できることがあるのです。

例えば2019年9月30日現在、羽田空港→新千歳空港への便のANA普通運賃最安値とソラハピの最安値を比較すると以下のようになります。

ANAの普通運賃 ソラハピの最安値
運賃 36,760円 28,240円

※消費税・旅客施設使用料込です。
※運賃は変動することがあります。

株主優待券は金券ショップなどで自分でも購入できますが、当日ともなると購入している時間があまりないことも。そんな株主優待券、ソラハピでははじめから株主優待の割引が適用された運賃(+手配料金)で販売しているため、わざわざ金券ショップなどに買いにいく手間がかからないのです。

お得かつ便利なソラハピの当日運賃、ぜひご確認ください!

・航空券の当日検索がカンタンに比較&予約できる!

日本の国内線にはさまざまな航空会社があり、それぞれ運賃や運航時間も異なります。ソラハピでは、そんな多くの航空会社を路線ごとに一括検索できるので、搭乗当日でも格安航空券を一目で比較できます!この比較・予約の操作方法も、ソラハピであれば非常にカンタンです。


①下記ボタン(トップページ)から希望の発着地・日付を選択。
②検索すると、その区間・日付の各社の航空券がリストアップされます。
③希望の便を選んで、申込者情報や決済方法(クレジットカード・コンビニ・銀行)などを入力・選択します。
④申込が完了したらソラハピ側からメールが届きます。メール内の案内に沿いながら、入金・決済をお済ませください。
⑤決済が完了したら再度、ソラハピからのメールが届きます。メール内には「予約/確認番号」が記載されていますので、当日空港まで大切にお控えください。

検索してみたらLCCや地方航空会社など、思わぬお得な航空券が見つかることもあるかもしれません。また、もし検索に見つからなくても電話であれば飛行機の出発90分前まで受け付けていますので、お気軽にお電話ください!

↑ソラハピでの航空券の電話予約はコチラから↑

※ソラハピでは海外の路線の取り扱いはなく、国内の路線のみの取り扱いとなっています

2.航空券の当日購入方法!直接空港でも買うことは可能?

キャリーバッグ
航空券の当日予約・購入においては、大きく分けて以下のような4種類の方法があります。


・当日空港で買う
・公式のWEBサイトで買う
・電話で買う
・旅行代理店、航空券販売サイトで買う

主にこの4つが、飛行機の当日予約方法です。上記の3つは、基本的に多くの航空会社が導入している予約・購入方法。出発する空港でも、当日予約することはもちろん可能です。

空港の場合はカウンターでの予約が一般的ですが、航空会社や空港によっては自動チェックイン機から購入することもできます。

ただし、ピーチやジェットスターなどのLCCの場合は、空港や電話で航空券を予約・購入すると追加で手数料がかかります。ジェットスターもピーチもインターネット上で当日予約することは可能なので、余裕があるならそちらで購入したほうがお得でしょう。
※ピーチのインターネット予約の期限はプランごとに分かれており、最安値のプランは当日予約できません。

・当日予約の注意

当日予約の場合は予約期限が当日までの運賃のみしか利用できないため、注意が必要です。そのため早割など、出発以前に事前に予約しておくタイプの割引運賃は利用できなくなってしまいます

この場合は基本的に普通運賃を利用することとなるため、飛行機の当日券の値段は少々高額になってしまうことも。とはいえ、事前予約割引以外にも、当日でも利用できる割引を用意している航空会社は意外と多いのです。

3.当日予約可能な割引運賃の航空券


飛行機に当日中に搭乗しなければならないのに、フライト当日でまだ航空券が予約できていない、ということもあるでしょう。そのような状況でも、条件次第ではまだあきらめてはいけません。

ANAやJALをはじめとする各航空会社には、当日空港で予約できる条件付きの割引運賃が設定されているのです。

・年齢制限のある当日限定割引運賃

当日空港で直接買うことができる航空券のなかには、年齢制限付きで割引のきく運賃があります。ここでは、当日空港でのみ予約できるJALとANA、AIRDOの割引運賃を見てみましょう。

航空会社 運賃名 対象年齢
JAL ・当日シルバー割引
・スカイメイト
65歳以上
25歳以下
ANA ・スマートシニア空割
・スマートU25
65歳以上
25歳以下
AIRDO ・当日シニア65
・AIRDOスカイメイト
65歳以上
26歳以下

スマートU25やスカイメイト、AIRDOスカイメイトは、若者層向けの当日割引です。当日希望の便に空席があることが前提ですが、運賃は普通運賃の約半額とかなりの割引率。座席の埋まり具合にも左右こそされますが、条件が合うのであれば利用してみたい運賃ですね。

スマートシニア空割や当日シルバー割引、当日シニア65は逆に65歳以上のシニア層を対象とした当日割引。概要はおおむねスマートU25などと同じです。

ただし、これらの運賃は当日、空港で年齢確認のできる公的な書類が必要となります。そのため、空港へ行く際には、運転免許証健康保険証などの書類を忘れないようにしましょう。

また、ANAやJAL、エアドゥには便利な当日割引運賃がまだまだあります。より詳しい情報は「【国内線格安航空券】ANAの当日予約可能な割引運賃|空港で購入可能なスマートU25・シニア空割以外にも!」・「JALの当日航空券予約・購入・アップグレード総まとめ!スカイメイト、マイル……割引運賃を一挙解説」・「AIRDO(エアドゥ)の当日予約可能な割引運賃|スカイメイトやシニア65以外も!空港での搭乗手続き方法も紹介」をあわせてご確認ください。

・当日まで予約できる年齢制限アリの割引運賃

ここまでの運賃は当日空港で空席があるときのみ、という条件でした。しかし、数日前~当日の期間でWEB予約できる割引運賃を用意している航空会社もあります。

航空会社 運賃名 対象年齢
スカイマーク ・シニアメイト1
・U21直前割
60歳以上
21歳以下
スターフライヤー ・スターシニア
・スターユース
65歳以上
25歳以下
FDA ・みんなでシニア割
・U22 ハッピー割
65歳以上
22歳以下
ソラシドエア ・65歳からのシニア割
・予約ができるヤング割
65歳以上
21歳以下

このように、各社にはさまざまなユニークな運賃があります。対象年齢内の方は、積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

なお、この4社のより詳しい当日割引・予約は「スカイマークの当日予約方法|安い航空券・予約変更・搭乗の流れ総括」・「スターフライヤーの当日予約まとめ|スターユースなど当日格安運賃からキャンセル・座席指定まで一挙解説」・「フジドリームエアラインズ(FDA)の当日航空券予約・購入方法|割引運賃・空港での搭乗手続き・変更/キャンセル」・「【ソラシドエア】当日予約可能な割引運賃|空港での搭乗手続き・航空券購入方法・予約変更・取消しについて」でも解説しています。

4.LCCなら当日でも格安?安く予約するコツ

ジェットスター
飛行機に当日中に搭乗しなければならず、かつ航空券を安く予約して購入したい、という場合には、LCCを利用するという方法もあげられます。

LCCとは、人件費や燃料費などでコストカットをし、航空券を安く提供している格安航空会社のこと。日本では主に大阪に拠点を置くピーチや、東京・名古屋・大阪という3大都市から運航しているジェットスターなどがあげられます。

・空席数によって変動する運賃

LCCの航空券を安く予約するコツとしては、まずその運賃の決定方法を知ることが重要です。じつは、多くのLCCでは運賃を飛行機の空席数によって決定している場合があります。

カンタンにいえば、飛行機の空席数が多ければ運賃は安く、空席数が少なければ運賃は高くなる、ということです。つまり、飛行機の出発まで時間がないという場合でも、空席数が多ければ運賃が安い場合もあるということ。

そのため、飛行機に当日中に搭乗する場合でも、空席の少ない繁忙期でないのであれば、一度LCCの航空券の運賃も検索してみることをおすすめします。

そんな航空券を安く予約して買うことができるこのLCC、じつはさらに安く予約するコツがあるのです。

・荷物を軽くすれば総料金が安くなる?

運賃が非常に魅力的なLCCですが、これはさまざまな部分のコストカットによって実現しています。なかでも燃料費をコストカットするための施策として、LCCでは飛行機に積むことができる荷物のサイズ・重量に制限を設けていることが多いのです。

大手航空会社などでは、航空券に荷物の預託手数料がすでに含まれているため約20kgまでであれば無料で預けられます。しかし、LCCではこの手数料が含まれておらず、預託が有料になっていることが多いのです。

実際ピーチに関しては、荷物を預ける際には別途手数料が必要となる場合があるのです。

その手数料は、預ける荷物の重さや個数にもよりますが、1,000円~3,000円ほどになることもあります。そのため、旅行などの場合は難しいかもしれませんが、LCCの航空券を安く予約して買おうと考えている方は、極力荷物を少なくすることがおすすめです。

なお、ここで触れたピーチとジェットスターには、まだまだ当日でも安く航空券を予約して購入するコツはあります。詳しくは「【格安】ピーチの当日チケット予約購入方法|手荷物やキャンセルの手続きまで」・「ジェットスターの当日予約方法|航空券の購入からチェックインまで」をどうぞ。

5.地域限定の当日割引運賃の航空券を利用してみる

千葉で観光を楽しもう!
飛行機に当日でも安く搭乗するコツとしては、地域限定の運賃を利用するという方法もあります。

この地域限定、という制限を設けている航空会社は意外と多いのです。有名な会社でいえば、北海道を拠点とするエアドゥや首都圏と北九州を結ぶ路線に強いスターフライヤー、九州の宮崎を中心に運航しているソラシドエアなどがあげられます。

・エアドゥの地域当日割引

エアドゥには北海道発往復運賃道民割引という、北海道をメインに置いたユニークな運賃があります。

北海道発往復運賃はその名の通り、北海道を出発して往復する際に利用可能な当日割引航空券のこと。道民割引は、北海道在住の方や本籍が北海道である方などが対象となっている割引運賃のことを指します。

どれも非常にお得な運賃なので、北海道在住の方はぜひご利用ください。

・スターフライヤーの地域当日割引

スターフライヤーには、スターQ割という航空券があります。これは、山口・大分・福岡・佐賀・熊本のいずれかに本籍がある方や、勤務している会社の所在地がこれらの5県に含まれている方が対象の割引運賃です。

購入期限はフライト20分前までとなっているため、ギリギリの当日予約でも安心ですよ。

・ソラシドエアの地域当日割引

那覇空港~石垣空港への路線を持つソラシドエアには、この路線限定のソラ島割という割引運賃があります。この運賃は、沖縄県の離島住民割引運賃カードまたは転入者用の証明書があれば利用できます

当日まで予約可能なこの運賃は、普通運賃の約半額とかなりの格安価格。カードをお持ちの方は、ぜひご利用ください。

6.条件が少なく予約しやすい当日割引運賃


ここまでご紹介してきた飛行機の当日割引は少々条件の厳しいものも多かったですが、中には予約がしやすく使いやすいものもあります。

・往復割引

往復割引は多くの航空会社が導入している割引運賃です。条件としてはその名の通り、往復で便を予約する、というもの。

割引率こそ少々低いですがその分条件がゆるく、予約・購入しやすいともいえます。移動の予定が決まっているのであれば、この往復運賃で復路の航空券も当日同時に購入してしまいましょう。

・乗り継ぎ運賃

これは、1日のなかで乗り継ぎで移動する場合に利用できる運賃です。ANAやJAL、スカイマークなどで採用されており、遠距離移動の際などは便利になっています。

なお、この乗り継ぎ運賃が適用される路線は航空会社ごとに異なることもあるため、注意しておきましょう。

・ビジネスきっぷ

ビジネスきっぷはANAやJALなどが採用している運賃で、当日まで予約可能です。ただしこの割引は、ANA・JALのカード会員であることが条件なのでご注意ください。

このビジネスきっぷは2枚組になっており、往復運賃のような形で使えます。また、同区間であれば片道だけビジネスきっぷを利用するということも可能なため、行きは当日予約でビジネスきっぷで帰りはその他の割引運賃、のような使い方もできますよ。

また、当日まで予定の変更なども可能なため、非常に使い勝手のいい運賃だといえますね。

7.航空券を予約できなかったら空席待ちという方法も

空港
飛行機を当日中に搭乗しなければならない状況で、「特定の航空会社を予約したい!」、ということもあるのではないでしょうか?しかし、当日予約ともなれば空席がない、ということも多いはず。そんなとき、どうにか航空券を手に入れたいのであれば、空席待ちを試してみましょう。

・空席待ちに対応している航空会社

空席待ちは他の搭乗者がキャンセルした場合に空いた席を待つ、というもの。以下の航空会社では、この空席待ちが可能となっています。


・ANA
・JAL
・エアドゥ
・スカイマーク
・スターフライヤー
・ソラシドエア
・FDA

基本的にLCC以外の航空会社は、空席待ちの受付をしていることが多いです。空席待ちの結果は当日予約の場合、出発直前に伝えられることが多く、運がよければそのまま搭乗できます

とはいえ、この方法はもちろん確実に席が空くというわけではありませんので、その点は頭に入れておきましょう。場合によっては、空港までいっても空席が出なかった、なんてこともありえます。

その区間を移動できればよいのであれば、ソラハピで同区間を運航している別航空会社を一度、探してみるのも得策といえるでしょう。

↑ソラハピでの航空券の電話予約はコチラから↑

※ソラハピでは海外の路線の取り扱いはなく、国内の路線のみの取り扱いとなっています

8.航空券を安く予約したいなら運賃比較で最安値を検索

携帯電話
ここまでは、飛行機に当日中に乗らなければならなくなった場合の割引運賃についてご紹介してきました。しかし、これ以前に運賃比較をすることが非常に重要なのです。

・運賃比較の重要性

希望路線を運航している航空会社が1社だけであるという場合は例外ですが、複数あるという場合に関しては航空会社ごとの運賃比較を怠ってはいけません。なぜなら、同じ路線であっても航空会社によって運賃が大きく異なる場合があるためです。また、LCCなどの空席数に応じて運賃を決定しているという航空会社では、日によって運賃が変動することもあります。

そのため、できるだけ安く航空券を予約して買いたいという場合には、航空会社ごとの運賃比較は必須なのです。航空会社ごとに運賃比較をおこなう場合、それぞれの公式HPを見比べるという方法が一般的です。しかし、この作業は手間である上に時間もかかります。このような場合においても、ソラハピがおすすめですよ。

・ソラハピで一括比較

航空会社ごとに運賃比較をする際に、それぞれの公式HPを行ったり来たりすることは、飛行機に当日中に乗らなければならないという急な状況においては時間のロスになってしまいます。また、そうこうしている間に席が埋まってしまうこともあるかもしれません。

そのようなときには、ソラハピで運賃を一括比較しましょう。ソラハピでは、出発地・到着地・出発日を選択するだけで、希望路線の航空券を運賃の安い順に表示してくれます。この方法なら、手間も時間もかけずに素早く航空会社ごとの運賃を比較することが可能ですよ。

ソラハピを活用して、安く素早く乗りたい路線の格安航空券を予約して買いましょう!

↑ソラハピでの航空券の電話予約はコチラから↑

※ソラハピでは海外の路線の取り扱いはなく、国内の路線のみの取り扱いとなっています

9.航空券を本当に安く予約するなら……

電卓と手帳
飛行機に当日中に搭乗しなければならないという場合でも、航空券の予約は可能です。また、ここまででそのような状況でも利用可能な割引運賃の航空券はあるということを紹介してきました。

しかし、これはあくまでも当日中に飛行機に搭乗しなければならないという状況に関してのこと。それ以外の状況において、本当に安く航空券を予約してお得に飛行機に搭乗しようとするなら他にも方法はいくつかあるのです。今回は急ぎであるために利用できないという方も、次回飛行機に搭乗する際にぜひ参考にしてみてくださいね。

・早割を利用することで大幅に運賃を安くできる

その方法の1つが、割引運賃である早割を利用することです。早割というのはANAの商品としての呼び方ですが、他の航空会社にも似た割引運賃は設定されています。

どのようなものなのかをカンタンに紹介すると、航空会社側が定めた期限までに航空券を予約することで大きな割引を受けることができるというものです。実際にANAを例に見てみましょう。


・ANA SUPER VALUE 75
・ANA SUPER VALUE 55
・ANA SUPER VALUE 45
・ANA SUPER VALUE 28
・ANA SUPER VALUE 21
・ANA VALUE 3
・ANA VALUE 1

ANAにはこのような早割が設定されています。また、それぞれ語末の数字が予約期限となっています。つまり、ANA SUPER VALUE 75であれば、搭乗予定日の75日前が予約期限ということです。また、基本的にはこの予約期限を表す日数の数字が大きければ大きいほど割引も大きくなります。その割引はなんと、30,000円ほどになることもあるのです。

これらのことから、本当にお得に飛行機に搭乗するには、できるだけ早めに航空券を予約することがコツであるといえるのです。

・LCCのセールを狙う

本記事のここまででも触れてきたLCCですが、急に飛行機に搭乗しなければならないという状況でないならば、セールを利用することで非常に安く航空券を予約・購入することができる場合があります。

じつはLCCでは、不定期にセールを開催することがあり、その運賃はなんと1,000円未満となることもあるのです。しかし、このセールはいつ開催されるかわからない上に非常に人気なものとなっています。そのためセールが開催されてから、ものの数分で満席となってしまうということもあるのです。

そんなセールで格安航空券を手に入れるためには、開催されてすぐに反応できるようにしておくことが非常に大切となります。そのための対策としては、LCCの公式サイト公式SNSアカウントをこまめにチェックするというものがあげられます。

また、航空券を実際に予約する際には氏名や連絡先といった多くの情報を入力する必要のある場合が多いです。早い者勝ちとなっているセールで、せっかくスタートダッシュを切れたのに予約の直前でこの情報の入力に時間を取られて格安航空券を手にすることができなかったとなっては非常にもったいないですよね。

そのようなことにならないように、あらかじめLCCへの会員登録をしておくようにしましょう。LCCは、無料会員登録制度を設けていることがあり、これを済ませておくことで予約時の情報入力を省いてスムーズに航空券を予約することができるようになるのです。

10.飛行機の当日キャンセル・航空券の返金は可能?

空港にいる男性
ここまでは、飛行機に当日中に搭乗することになったときでも、安く利用するコツや当日でも予約可能な航空券について紹介してきました。ただ、逆に以下のような方もなかにはいるのではないでしょうか?

急に予定が入ったから飛行機を当日キャンセルしよう!

結論からいうと、当日でもキャンセルをすることは可能なケースが多いようです。しかし、これにはいくつか注意すべき点があります。そこでここでは、そんな注意点を中心に飛行機の当日キャンセルについて紹介していきます。

・航空券購入済みの場合は早めの連絡が大切

飛行機のキャンセルで、料金をまだ支払っていないという場合は、支払い期限を過ぎれば自動でキャンセル扱いとなるため、手続きや航空会社への連絡は不要です。しかし、航空券を購入しているという場合は、できるだけ早めにキャンセルの手続き・航空会社への連絡が必要となります。

その理由は、キャンセルをすることで発生する取消手数料にあります。航空会社や航空券の種類にもよりますが、飛行機のキャンセルのタイミングが予約便出発前か後かで取消手数料に大きな差が生じるのです。基本的には、予約便出発後のキャンセルの方が取消手数料が高額になります。場合によっては、なんと運賃全額分の取消手数料となるのこともあるのです。

また、キャンセル手続きに関しては、航空会社によって異なりますが基本的にはインターネット電話空港カウンターでおこなうことができる場合が多いようです。しかし、予約便出発後にキャンセルをしようとすると、インターネットからの手続きは不可となっている航空会社もあるため注意が必要です。

このように、予約便の出発後にキャンセルをしようとすると、取消手数料が高額になったり、手続き方法に制限が設けられたりするため、できるだけ早めにキャンセルを申し出るようにしましょう。

・払い戻しルールは航空会社や航空券の種類による

飛行機をキャンセルする際に気になることとして、支払った航空券の料金の扱いがあげられるでしょう。このことも航空会社や航空券の種類によって異なる部分はありますが、基本的には払い戻し手続きをすることで、支払った航空券の料金を返金してもらうことは可能となっています。

ただし、この払い戻しに関しても注意すべきことがいくつかあります。その注意点として、最も気をつけなければならいのが、払い戻しを受け付けてくれる期間が定められているという点です。例えば、予約便出発後から10日以内や1か月以内など。

そして、この払い戻し受付期間を過ぎてしまうと、一切手続きをおこなうことができなくなってしまうこともあるのです。そのため、この期間は必ず守るようにしましょう。

また、航空会社によってはお金としてではなく、航空券の購入などに利用できるポイントとして返金をすることがあるという点にも注意が必要です。これは主に、LCCに見られるシステムとなっています。そして、このポイントには有効期間が設けられている場合があるのです。

このように、飛行機を当日キャンセルする上では気をつけなければならない点がいくつかあります。なお、これらのことは航空会社ごとにルールが細かく設定されていることもあるので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。詳しくは、「【飛行機当日キャンセル・払い戻し方法】ANA・JAL・LCCジェットスターなど航空会社ごとのルール・取消/払戻手数料」、にて紹介しているので、あわせてご覧ください。

11.まとめ

飛行機に当日中に乗らなければならなくなった場合でも、航空券の予約は可能です。そのなかで、できるだけ安く航空券を買いたいという場合は、株主優待券やLCC・当日まで予約可能な割引運賃の航空券などを利用しましょう。

なお、希望路線を複数の航空会社が運航しているという場合は、運賃を比較することも大切です。大手航空会社にも多くの種類がありますし、近年ではLCCも人気があります。さまざまな航空会社をソラハピでカンタンに比較して、よりよい航空券をすぐに見つけましょう。

飛行機が出発するまでに時間がもうそんなにないという場合は、ぜひソラハピへお電話ください。飛行機の出発90分前までであれば航空券を用意できる場合もありますよ。ソラハピをうまく活用して、急な状況でも安く航空券を予約して買いましょう!

また、ソラハピでは取り扱いがありませんが、日本に就航している航空会社の中には海外の航空会社もあります。それらの情報について気になる方は、「チェジュ航空の当日予約・搭乗・キャンセル・荷物ルールまとめ」「エアアジアの当日予約まとめ|チェックイン・手荷物・変更まで解説!」「大韓航空の当日チケット予約・空港当日の流れ・キャンセルまとめ!」をどうぞ。

↑ソラハピでの航空券の電話予約はコチラから↑

※ソラハピでは海外の路線の取り扱いはなく、国内の路線のみの取り扱いとなっています

Pocket

一覧ページへ戻る