格安の国内航空券をお探しならソラハピ

キャンセル・変更について

     

新規会員登録

マイページ

  • コラム

2018.08.14

機内に持ち込みできる食べ物に制限はある?国内線と国際線の違いは?

飛行時間が長いと、おなかがすいたりのどが渇いたりしてしまいますよね。空港で購入したお弁当やお土産を食べたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。飛行機は機内への持ち込みは制限されているものが多いですが、飲食物は何かルールがあるのでしょうか?

そこで今回は、機内に持ち込み可能な食べ物についてご紹介していきます。国内線と国際線でのルールが少し違うことをみなさんはご存じですか?ぜひ、最後まで読んで参考にしてみてください。

食べ物は機内に持ち込み可能!ただし加熱式は不可

基本的に機内への食べ物の持ち込みは可能です。持ち込める食べ物をまとめてみましたので、持ち込みたいものがある場合は参考にしてみてください。

【機内持ち込み可能なもの】

・お弁当
・お菓子
・フルーツ、野菜
・離乳食
・調味料
・サプリメント
・飲料(お茶、栄養ドリンク、お湯、お酒)
※ただし、5リットル以上のものやアルコール度数が24%以上のお酒は機内に持ち込み不可。

これらは持ち込み可能ですので、機内でも楽しむことができます。しかし、お弁当の中でも加熱式のものは危険物に該当してしまうため持ち込みができません。せっかく楽しみに買ったお弁当が持ち込めないのはショックですよね。そうならないためにも、購入する前に加熱式のものでないか確認しましょう。

国際線の場合には注意が必要

国内線では持ち込み可能なものでも、国際線を利用するときは持ち込み不可になってしまうものがあります。それは「液体物」です。

・国際線は液体物が持ち込めない!

国際線の飛行機では、自宅から持ってきたペットボトルや化粧水のボトル、日焼け止めなど、100ml以上の液体が入った容器は機内に持ち込むことができません。危険物と判断されなければスーツケースなどに入れて預けることが可能なので、機内で使う必要がないものはなるべく預けることをおすすめします。

化粧水などの日用品を機内で使用したいと考えている場合は、事前に100ml以内の小さな容器に分けておきましょう。持ち込むときは透明な開閉可能な袋に入れるというルールがありますので気を付けてください。

それなら、「機内でペットボトルの飲み物は飲めないの?」と疑問に思うかもしれませんが、検査場を通過してから空港内で購入したペットボトル飲料などは持ち込むことができます。

また、飲料以外にも水分を含んだ食べ物(ゼリー、アイス、缶詰など)も規制の対象となります。国際線を利用する場合は、国内線よりもルールが少し厳しくなっていることに気を付けてくださいね。

・例外の液体物もある

検査場で申請すれば持ち込み可能となる液体物もあります。以下にまとめてみましたので参考にしてみてください。

【申請により持ち込める液体物】

・目薬や液状の風邪薬などの医薬品
・離乳食や乳児用の飲み物などの乳幼児食品
・障がい者用の食品 など

持ち込む必要があるものは、あらかじめ申請することで持ち込み可能であることを覚えておくとよいでしょう。

LCCで有料機内食を試すのも楽しい!

LCC(格安航空会社)によっては、機内に飲食物を持ち込むことを禁止しているところもあります。短距離ならまだしも、長距離のフライトの場合はおなかがへってしまうでしょう。「飲食持ち込み禁止なら、機内では何も食べられないの?」と思ってしまいますよね。ですが実は、有料機内食が充実しているLCCが増えているのです。

チケットが安いから食事も期待できないのでは?と侮ってはいけません。季節に合った食事や味にこだわった豊富なメニューなど、LCCによってさまざまな機内食が楽しめます。事前に予約しておけば安く購入できたり、注文後スムーズに提供してもらえるのも魅力のです。

お弁当で済ませてしまうのは簡単ですが、LCCを利用したときにしか味わえない機内食を旅行の楽しみの1つにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

機内に食べ物の持ち込みは基本的に可能ですが、国内線と国際線では少しルールが異なります。加熱式のお弁当は危険物と判断されてしまうため持ち込むことができません。また、国際線での液体物の持ち込みには制限があります。どうしても持ち込む必要がある場合は、検査場で申請するようにしましょう。

LCCの中には機内に飲食物を持ち込めないことがあります。そんなときは、機内でしか食べられない有料機内食を味わってみてはいかがでしょうか。

航空券をお探しでしたら、ぜひ一度【ソラハピ】のチケット検索ページのチケット検索ページをチェックしてみてください。きっとお得な航空券を見つけることができますよ。

一覧ページへ戻る